FC2ブログ

撃沈したけれど、記録として

Category : 気まぐれ日記
今月は「ふたご座流星群」のピークがあるというので、新月期は撮影に行かず(行けずに)、14日に休みを
とって遠征してきました。その日の月齢は6.8、月が沈むのが23時ぐらいだから、それ以降に撮れれば…。

雲量予報を見たら、山梨県の富士五湖あたりから南に晴れてくるのが、ちょうどその頃の微妙な時間帯。
それより前の時間帯に富士山周辺で雪の予報があり、一抹の不安がありながら、方角を考えると
撮影場所の選択肢が少なくなってきて、今回は「道の駅・朝霧高原」にしてみました。
撮影スポットは、少し奥の「富士山展望台」という小高い丘にしました。

全天が雲で覆われていたのは予報どおりとはいえ、まったく雲が切れる気配がなく、車内待機するのも
限界がきて、待ちきれずに20時半ごろからセッティングを始め、雲が切れた21時半ごろに撮れた
オリオン座が精一杯でした。肝心な流星は雲が薄いところで 2個ぐらい見えただけでした。
その後も雲が切れる気配がなく雪が降り始めたので、「こんな場所で撮りました」という記録を撮影
してから、23時すぎに撤収しました。ホントはこの正面が富士山なのですけどね。
※オリオン座はピン甘めです。もっと星が見えればピントを追い込みたかったです。
asagiri18a.jpg asagiri18b.jpg
左/F2.0、15秒、ISO3200、24mm相当、3800K/色被り補正+35、コントラスト、トーンカーブなど補正
右/F1.8、20秒、ISO2000、16mm相当、3500K/色被り補正+35、コントラスト、ハイライトなど補正

正面に富士山が見えていれば、風景としては良さげですね。
地上が明るいのは、左後方の建物からの照明の影響ですが、これが星空と組み合わさったとき、
よい味を出してくれるのか、邪魔ものとなるのかは分かりません。
手元照明がなくても歩けるし、レンズ交換は可能でしたが、星を撮らない人が頭に付けたライトや懐中電灯
を持って歩き回ることがあるので、そこは意識しておいたほうが良さそうです。

ふたご座流星群ということで、今回は富士山の西側から東に向かって撮れる場所を選びました。
帰路では行ったことがない富士山の南側、水ヶ塚公園でロケハンしようと向かいましたが、かなり雪が
降ってきて、道路が真っ白で悠長にロケハンしていたら帰りが危険だと思い、早々に退散しました。

流星の数が多めの「ふたご座流星群」で、今年は月齢的にチャンスでしたが、残念な結果となりました。
今年の星空撮影は終了となりますが、流星に限らず来年の撮影チャンスに期待したいと思います。

        

残念な紅葉@三溪園

Category : 気まぐれ日記
今年の紅葉狩りを先月末の大山だけで終わらせるのは、なんだか消化不良だったので
その翌週(の今月初め)に毎年出掛けている横浜・三溪園に行ってみました
大山では曇天でしたが、この日は青空が出迎えてくれたので、紅葉とのコントラストを期待したものの~。
※内苑に入ってこの臨春閣までの間で撮れる紅葉が、昨年のように色づいてなくて…。
momijis18a.jpg
F4.5、1/1250秒、ISO200、14mm相当、5400K/色被り補正+45、ハイライト、自然な彩度など補正

今年は気温が下がらなかったので、12月に入ったとはいえ紅葉のピークはもう少し先なのかな?
と思いつつも、海から近い三溪園では台風による塩害で見るも無残な感じになっていました。
momijis18b.jpg momijis18c.jpg
左/F5.6、1/320秒、ISO200、68mm相当、5400K/色被り補正+45、ハイライト、明瞭度など補正
右/F6.3、1/50秒、ISO200、70mm相当、5700K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正

こうなったら、必ずしも紅く染まった景色ではなくてもと割り切って、聴秋閣のほうに向かいました。
あまり混み合うと写真が撮りづらいですが、こんな感じなので何となく人が少ないように思いました。
※写真右は、あえてクモの巣を入れてみましたが分かりますでしょうか?
momijis18d.jpg momijis18e.jpg
左/F5.6、1/2500秒、ISO200、52mm相当、5400K/色被り補正+40、シャドウ、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/1250秒、ISO200、80mm相当、5800K/色被り補正+45、シャドウ、明瞭度など補正

聴秋閣の遊歩道は見下ろす構図が撮れるので、毎回どうやって撮るか悩むのも楽しみの一つですが、
しだいに写欲が低下してきて、それとは違った悩みに支配されてきました。
momijis18f.jpg momijis18g.jpg
左/F5.6、1/125秒、ISO200、94mm相当、5700K/色被り補正+50、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F6.3、1/60秒、ISO200、150mm相当、5600K/色被り補正+45、シャドウ、明瞭度など補正

紅葉がダメだったら、せめて黄葉だけでも…と、イチョウの絨毯とその周りで、ありきたりの構図になって
しまいましたが、それを考える余裕もなく、人が少ないチャンスを狙って撮ってみました。
momijis18h.jpg momijis18i.jpg
左/F5.6、1/500秒、ISO200、36mm相当、5800K/色被り補正+40、シャドウ、自然な彩度など補正
右/F6.3、1/640秒、ISO200、24mm相当、6000K/色被り補正+40、シャドウ、自然な彩度など補正

このあとも海岸門を出て少し撮り歩きましたが、なんだか「撮らされている」感の写真でボツにしました。
昨年のように広範囲を歩き回ることなく、今年の紅葉は見納めとなりました。今年のようなことを
考えると、そろそろ新たな紅葉スポットを開拓してもいいかなと思えてきました。撮影のモチベーションが
あがれば、上達するスピードが変わってくるような気がしました。

        

もみじ狩り@大山

Category : 気まぐれ日記
今年の紅葉狩りは、4回目となる伊勢原・大山に行ってきました。
当初は先週に行く予定でしたが、見頃が分からずイベントスケジュールから判断し、一週間ずらして
連休前の平日に行くことにしました。前日に雨が降り、当日も曇天で青空のもとでは撮れなかった
ですが、この微妙な天候のせいか、すぐ満車になる駐車場がかなり余裕で停められました。

昨年同様、ケーブルカーの始発時間前なので、「大山寺」を目指して登山をはじめました。
今回は紅葉を撮った写真の前に、階段が多い登山道を少し紹介してみたいと思います。
※スタート時の気温は13度でしたが、防寒対策なしでも立ち止まると暑かったです。
momijio18a.jpg momijio18b.jpg
左/F5.6、1/40秒、ISO1000、78mm相当、5600K/色被り補正+20、コントラスト、明瞭度など補正
右/F2.8、1/160秒、ISO400、44mm相当、5700K/色被り補正+20、コントラスト、ハイライトなど補正

momijio18c.jpg momijio18d.jpg
左/F5.6、1/20秒、ISO400、44mm相当、5800K/色被り補正+20、ハイライト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/20秒、ISO200、44mm相当、6000K/色被り補正+45、ハイライト、シャドウなど補正

龍神堂を過ぎると、すぐに大山寺へと続く階段下に出て、見事な紅葉が広がっていました。
曇天で太陽光が当たらないと色味が地味になったので、Lightroomの助けを借りて仕上げました。
森の中で開けていないですが、間近に迫る紅葉のトンネルは圧巻でした。
momijio18e.jpg momijio18f.jpg
左/F2.8、1/100秒、ISO200、62mm相当、6000K/色被り補正+45、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F5.6、1/50秒、ISO400、72mm相当、7100K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正

momijio18g.jpg momijio18h.jpg
左/F2.8、1/60秒、ISO400、68mm相当、6600K/色被り補正+45、コントラスト、明瞭度など補正
右/F8.0、1/20秒、ISO400、54mm相当、6100K/色被り補正+45、コントラスト、明瞭度など補正

大山寺では、この日はご開帳され本堂の中を見て回ることができて、何か得した気分になりました。
お寺の脇にある鐘には誰も近づかなかったですが、一人だった強み?で思いっきり突いてきました。
momijio18i.jpg momijio18j.jpg
左/F5.6、1/60秒、ISO400、48mm相当、6100K/色被り補正+30、コントラスト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/15秒、ISO200、76mm相当、6000K/色被り補正+40、コントラスト、シャドウなど補正

momijio18k.jpg
F5.6、1/15秒、ISO200、30mm相当、6000K/色被り補正+40、ハイライト、シャドウなど補正

この先もケーブルカーに乗らずに、大山寺の脇から登山道へ。
今回もケーブルカーを撮るために登山を選択しましたが、この先は階段の段差が大きく
「女坂」といえどもキツかったです。「男坂」との分岐の看板まで来たら、大山阿夫利神社まで近いです。
momijio18l.jpg momijio18m.jpg
左/F6.3、1/100秒、ISO200、300mm相当、6000K/色被り補正+20、ハイライト、自然な彩度など補正
右/F6.3、1/13秒、ISO200、24mm相当、5800K/色被り補正+20、ハイライト、明瞭度など補正

登山道ではあまり人には会いませんでしたが、大山阿夫利神社・下社周辺ではケーブルカーの駅が
近いので、ぼちぼち人が増え始めた感じがしました。赤(紅)、黄色、緑が混ざって、大山寺とは違った
色づきを楽しむことができました。標高700mほどからの見晴らしは、なんとか三浦半島が見えるかな?
といった感じで、昨年のような視界はLightroomの力を借りても再現できませんでした。
※神社で参拝してから「もみじ汁」をいただくというのがルーティンになりました。
momijio18n.jpg momijio18o.jpg
左/F6.3、1/80秒、ISO200、70mm相当、6000K/色被り補正+40、ハイライト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/50秒、ISO200、300mm相当、6200K/色被り補正+50、コントラスト、ハイライトなど補正

momijio18p.jpg momijio18q.jpg
左/F6.3、1/160秒、ISO200、60mm相当、5400K/色被り補正+40、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F8.0、1/25秒、ISO200、52mm相当、5800K/色被り補正+30、コントラスト、明瞭度など補正

momijio18r.jpg momijio18s.jpg
左/F2.8、1/50秒、ISO200、80mm相当、6000K/色被り補正+40、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F8.0、1/20秒、ISO200、80mm相当、6100K/色被り補正+45、ハイライト、明瞭度など補正

momijio18t.jpg
F5.6、1/25秒、ISO200、80mm相当、6000K/色被り補正+45、コントラスト、ハイライトなど補正

ひととおり撮ったあと、売店の脇から「二重滝」にも行ってみましたが、水量が少なく滝の感じが伝わらない
ので、写真はボツにしました。帰りはケーブルカーで下山しました。今回はあえて座席に座らず車内から
撮ってみました。大山寺の駅には跨線橋に撮り鉄が一人、撮られていることに気付いたかな?
momijio18u.jpg momijio18v.jpg
左/F6.3、1/100秒、ISO200、80mm相当、6200K/色被り補正+45、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F6.3、1/80秒、ISO200、62mm相当、6200K/色被り補正+45、ハイライト、明瞭度など補正

今回も、ふもとの「大山ケーブル駅」から駐車場までの間で昼食にしました。
豆腐や「いのしし鍋」といった名物ではなく、なぜかトンカツ屋さんがあったので入ってしまいました。
お店に入らず、「いのしし鍋」の美味しい店を聞く人がいたのが微笑ましかったです。

ケーブルカーの駅にはわりと人が多かったですが、食事を終えて店を出たら雨が降り出すといった微妙な
天気だったので、毎年長蛇の列になる駐車場待ちの車がいませんでした(駐車場は満車でした)。
撮影している間だけでも雨が降らなくて良かったです。曇天だったので、写真で見ると紅葉の色合いが
イマイチな感じになりましたが、久しぶりの撮り歩きに満足して、大量放出してしまいまいた。
次の紅葉スポットは恒例の横浜・三溪園ですが、はたして行けるのでしょうか。

        

市民感謝デー@ソレイユの丘

Category : 気まぐれ日記
最近、地元で撮っていないなぁ。というモヤモヤ感に、ソレイユの丘では毎月第2・第3日曜日が
横須賀市民感謝デーで駐車料金が無料なので、ちょうど距離的にも手軽ということで行ってきました
といっても、家族連れで賑わう各施設はスルーして、一番奥のほうから最近行けるようになった
「海へ繋がる散策路」から海のほうへ降りてみました。 ※写真はすべてLightroomでRAW現像しました。
soleil1811a.jpg
F5.6、1/250秒、ISO200、36mm相当、4800K/色被り補正+40、ハイライト、自然な彩度など補正

賑わっていた園内とは対照的に、穏やかに打ち寄せる波と、砂浜のなかに点在する磯が静かな
雰囲気を醸しだして、何となく癒されている気分になりました。背後には小さな洞窟もあって、
どこから撮って行こうか構図の選定を試されているようにも感じました。
soleil1811b.jpg soleil1811c.jpg
左/F6.3、1/2500秒、ISO200、300mm相当、4800K/色被り補正+50、コントラスト、明瞭度など補正
右/F6.3、1/2000秒、ISO200、34mm相当、5400K/色被り補正+35、シャドウ、明瞭度など補正

位置的には荒崎と長浜(なはま)海岸の中間なので、両方が見渡せました。
荒崎の方角には富士山がありますが、残念ながら今回は見えませんでした(写真左)。
岩場に貼りついた苔のコントラストが豊かだったので、ちょいと撮ってみました(写真右)。
soleil1811d.jpg soleil1811e.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、90mm相当、5100K/色被り補正+40、コントラスト、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/1000秒、ISO200、52mm相当、5100K/色被り補正+45、コントラスト、シャドウなど補正

方向によっては海のキラキラ感も撮れました。見ていても眩しかったので、撮りづらいし現像で補正するのも
悩みどころでした。静かな海岸もボチボチと人が目立ち始めました。
soleil1811f.jpg soleil1811g.jpg
左/F9.0、1/2500秒、ISO200、80mm相当、6100K/色被り補正+30、ハイライト、明瞭度など補正
右/F6.3、1/4000秒、ISO200、80mm相当、5000K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正

写真を撮っている合間で、岩場に腰かけて波の音を聞いていると、時間がゆっくり流れているような感じが
してきて、大して歩き回っていないのに 1時間以上も経っていました。ということで、来た道を戻ることに
しましたが、この階段を勢いよく上ったら最後のほうで息切れでした(笑)
最後に、園内のまだ行ったことがなかったルートを歩いて撮りました(写真右)。
soleil1811h.jpg soleil1811i.jpg
左/F6.3、1/2000秒、ISO200、94mm相当、5200K/色被り補正+45、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F6.3、1/1600秒、ISO200、36mm相当、4800K/色被り補正+45、コントラスト、ハイライトなど補正

快晴とはいかない天気でしたが、久しぶりの地元で撮り歩き、久しぶりの風景撮りを味わって、爽快な
気分を感じることができた午前中でした。風景撮影にツキものの構図選びの感覚を取り戻すには、
もう少し時間がかかりそうです(汗

        

11月の遠征は待ちぼうけ

Category : 気まぐれ日記
新月期の星空撮影で遠征するときは、土・日でバタバタしないように金曜日に休んで余裕をもって
行きたかったのですが、今月は紅葉も撮りに行きたいので星空撮影は土曜日にスケジュールしました。
さらに、日曜日の昼に用事があったので、明け方までには帰れるような距離感で行き先を考えました。

そこで決めたのが、昨年12月にロケハンだけで星空撮影をしなかった、静岡県の田貫湖でした。
ロケハンで目星をつけていた、トイレと駐車場が近くて、富士山を背景にいくつかの構図が選べそうな
北側のボート乗り場に決めました。
この時期、ちょうど富士山の方角からオリオン座が昇ってくることも調べたうえでしたが…。

昼間は晴れて青空も見えたのに、休憩で立ち寄った足柄サービスエリアでは富士山がまったく見えず、
嫌な予感とともに日没前に現地に着いたときも、ほぼ全天が雲で覆われ、やはり富士山が見えず、
ロケハン日より雲が多いというオチでした。仕方なく、ピークを過ぎた紅葉を少しだけ撮っておきました。
※このあとの残念感を象徴した地味な写りを隠すため、Lightroomで少し大袈裟にRAW現像しました。
tanukiko18a.jpg tanukiko18b.jpg
左/F5.6、1/40秒、ISO400、24mm相当、8000K/色被り補正+50、ハイライト/シャドウなど補正
右/F5.6、1/200秒、ISO400、40mm相当、8000K/色被り補正+50、シャドウ、明瞭度など補正

雲予報では、遅くとも日付が変わる頃には晴れる予想だったので、バッテリーを消費しないように、
遠くまで歩いていくと撮りたくなるので、近くで控えめに残り2枚を撮って、夜になるのを待ちました。
日没直後のマジックアワーとか、富士山が赤く染まる「紅富士」は妄想だけで実現しませんでした。
tanukiko18c.jpg tanukiko18d.jpg
左/F5.6、1/50秒、ISO400、30mm相当、9800K/色被り補正+50、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F5.6、1/80秒、ISO400、44mm相当、9800K/色被り補正+45、コントラスト、黒レベルなど補正

このあと、雲が晴れるまで車内で待機していました。コンビニで調達した食事を18時頃に済ませてから、
運転席で動かないとエコノミークラス症候群になりそうだったので、30分おきに外に出て空の状態を
確認していました。しかし、待てど暮らせど雲は晴れてくれず、ついに日付が変わってしまいました。

現地に着いてから8時間が経過し、心が折れたので帰ろうとしたら、オリオン座がクッキリと見えました。
しかし、何もしていないが故の疲労感があったのと、星景としての構図にはオリオン座の位置がイマイチ
だったので、どうしようか迷っているうちに雲に隠れてしまい、この時点で撤収しようと決意しました。

次回は星空撮影としては今年最後なので、たまには海のほうはどうかな?なんて考えています。
帰りは、足柄サービスエリアで風呂に入って休憩し、午前4時半ごろに帰宅しました。
【データ】 現地の標高677m、撤収時の気温13度、総走行距離314km

        

ヨコハマ夜さんぽ

Category : 気まぐれ日記
先日、11月3日にパシフィコ横浜で開催されていたイベントを少し見てまわった後、16時ごろ会場を出て
「スマートイルミネーション横浜2018」の会場である象の鼻パークへ歩いて向かいました。

その途中、赤レンガ倉庫で「全国ふるさとフェア2018」が開催されていたので寄り道したところ、
会場の奥のほう、海に近いところで愛知・豊橋の手筒花火が見られるというので、始まるまで待ちました。
日没を少し過ぎたころ、演者が整列して挨拶がはじまりました。
ya_tezutu18a.jpg
F2.8、1/40秒、ISO640、62mm相当、0.0EV、AWB/A+2/G-1、コントラスト+2、ヴィンテージ3

現地の紹介や説明のあと「わっしょい」の掛け声とともに、手筒花火に点火されると、あっという間に
燃え尽きて、最後は底が抜ける爆発音で終わり。この爆発音はタイミングが読めないので、
手持ち撮影で露光中だと確実に手ブレします(笑)
※まだ薄暗かったですが、花火に露出を合わせると周囲が真っ暗になりました。
ya_tezutu18b.jpg ya_tezutu18c.jpg
左/F8.0、1/13秒、ISO200、80mm相当、-0.5EV、AWB/A+5/G-1、i-Finish
右/F8.0、1/6秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A+5/G-2、i-Finish

15分ぐらい撮ったあと、後方の人垣を避けながら脱出して「象の鼻パーク」へ。
スマートイルミネーションでは、クイーンの横浜税関に白い幕が覆われ、光の演出がされていました。
象の鼻テラス前の広場には、ミニ三脚を使うのにちょうどいいテーブルと、その先の木々には
カラフルな照明が取り付けられていたので、ちょっと撮ってみました。
※ここから先はLightroomでRAW現像しました。
s-illumi18a.jpg s-illumi18b.jpg
左/F2.8、1/13秒、ISO1000、64mm相当、4200K/色被り補正-10、ハイライト/シャドウなど補正
右/F8.0、8秒、ISO200、40mm相当、6200K/色被り補正+45、コントラスト、明瞭度など補正

手持ち撮影では厳しくて三脚を使いましたが、荷物を少なくするためミニ三脚にしたので、低い位置からの
構図が多くなりました。三脚が置ければ低くてもいいのですが、置けない場所では試行錯誤してみました。
そのうち、イルミネーション撮影か、夜景撮影か分からなくなってきましたが、そこは大目にみてください。
s-illumi18c.jpg s-illumi18d.jpg
左/F6.3、6秒、ISO200、24mm相当、4200K/色被り補正+45、ハイライト、明瞭度など補正
右/F5.6、1.0秒、ISO400、40mm相当、6200K/色被り補正+45、コントラスト、ハイライトなど補正

s-illumi18e.jpg s-illumi18f.jpg
左/F6.3、3.2秒、ISO200、40mm相当、5200K/色被り補正+55、ハイライト、自然な彩度など補正
右/F8.0、4秒、ISO200、28mm相当、6000K/色被り補正+60、コントラスト、ハイライトなど補正

作り物のバラ(写真左)は、スマホで撮影を試みる人が群がっていましたが、露出補正ができないので
厳しいでしょうね。そして「象の鼻防波堤」に続くオブジェ(写真右)まで来たら最後なので引き返しました。
s-illumi18g.jpg s-illumi18h.jpg
左/F6.3、1/30秒、ISO800、64mm相当、7000K/色被り補正+60、ハイライト、自然な彩度など補正
右/F2.8、1/15秒、ISO1000、38mm相当、6300K/色被り補正+45、明瞭度など補正

引き返す途中で、ふと海のほうを見ると先ほどは気付かなかった「あやとり」のオブジェ(写真左)。
対岸の赤レンガ倉庫の照明が、いい感じにボケてくれました。象の鼻テラスの屋上からは、光の演出が
投影されていて、横浜の夜景とマッチしていたので、手すりにカメラを固定して撮ってみました(写真右)。
s-illumi18i.jpg s-illumi18j.jpg
左/F2.8、1/20秒、ISO1000、68mm相当、6200K/色被り補正+45、ハイライト、自然な彩度など補正
右/F2.8、1/4秒、ISO800、34mm相当、6000K/色被り補正+45、ハイライト、自然な彩度など補正

赤レンガ倉庫の近くにある、シーバスのりばで横浜行きの時刻を調べていて、それで戻るのもいいかな
と思いましたが、帰りの高速バスの時間と食事をする時間を考えたら、ちょっと無理そうだったので、
みなとみらい線「日本大通り」駅まで歩いて、横浜まで戻りました。
この日は15,000歩以上、距離にして10km以上歩いたことになり、旅先以外では初めてかもしれません。
もちろん、帰りのYCATから乗った高速バスでは、よく眠ることができました

        

10月の遠征は観光なしで奥日光へ

Category : 気まぐれ日記
10月なのに昼間が猛暑で30度を軽く超えた先週、遠征先に選んだ日光は標高が高く、夜の気温低下
を想定して防寒対策をして、初めての場所だから明るいうちに着きたいと早めに出発しました

途中の佐野サービスエリアまで2時間、さらに宇都宮を過ぎて日光から帰る反対車線の渋滞を尻目に
順調でしたが、いろは坂から大渋滞にハマり、中禅寺湖の先にある戦場ヶ原で19時になってしまい、
駐車場近くのお店では夕食がとれませんでした。

そして、撮影地はさらに3kmほど先の「湯ノ湖」の南端にしました。
すでに撮影している人がいて、少し話したあとで常用している12mmレンズで構図を決めようとしたら、
この場所では空が広く感じられず、念のため持参した7-14mmレンズにチェンジしました。
yunoko18a.jpg yunoko18b.jpg
左/F2.8、30秒、ISO3200、14mm相当、4200K/色被り補正+55、トーンカーブほか色々補正
右/F2.8、30秒、ISO4000、14mm相当、4200K/色被り補正+55、トーンカーブほか色々補正

色の濃い天の川が見られるのは時期的に終わりに近く、夏の大三角も入りました(写真左)が、
出目金レンズなのでソフトフィルターが使えず、あまり目立たないです。
奥日光は紅葉が早めに始まるそうで、全体的には少し早かったようですが、時々クルマのライトに
照らされて紅く見えるところもありました。ライトの光は大敵ですが、今回はそれで味が出ました。
yunoko18c.jpg yunoko18d.jpg
左/F2.8、30秒、ISO4000、14mm相当、4250K/色被り補正+60、トーンカーブほか色々補正
右/F2.8、30秒、ISO4000、14mm相当、4250K/色被り補正+57、トーンカーブほか色々補正

上の写真を見てみると、今までいかにソフトフィルターに頼っていたかが分かります。写真右はフィルター
なしで多くの星が写りましたが、天の川がなく星座が分からないので、イマイチな感じがします。
写真右の対岸の灯りは、日光湯元温泉です。そういえば、撮影場所でも硫黄のニオイがしました。

ここまで超広角で撮ってきたのだからと、Fisheyeを使うことにしました(写真左)。
これも出目金レンズですが、星空撮影にしか使わないということで、シート状のソフトフィルターを
貼り付けています。さらに、対岸が北の方角なので少しだけライブコンポジットも試しました(写真右)。
yunoko18e.jpg yunoko18f.jpg
左/F1.8、25秒、ISO3200、16mm相当、4200K/色被り補正+55、トーンカーブほか色々補正
右/F2.8、25秒×16、ISO1600、14mm相当、4100K/色被り補正+55、トーンカーブほか色々補正

ライブコンポジットを12mmレンズでもと思い、7分ほどで撮影を切り上げレンズを変えようとしたら、
雲が湧いてきてしまったので、今回は常用している12mmF2.0+ソフトフィルターの組み合わせはナシです。
その後も雲は流れるものの、なかなか晴れないのでタイムラプス動画用に連続撮影に切り替え、
90枚ほど(約45分間)撮影してから撤収しました。このときの気温は9度でした

ふたたび戦場ヶ原の駐車場に寄ったところ、24時近くても車が多く、車の往来が激しい中で三脚を立てて
撮影している猛者が複数いました。3年前の春は、月が出ていたからか、駐車場の真ん中で撮影していた
人はいなかったのですが…。

このまま帰っても疲れるだけだと思い、宇都宮まで行って24時間営業の健康ランドに宿泊して、翌朝に
朝食を食べてから帰りました。行きは5時間半もかかってしまいましたが、帰りは宇都宮からは2時間少々。
往復で530kmの遠征となりました。

        

グループ写真展が終了しました。

Category : 気まぐれ日記
今年も昨年に引き続き、グループ写真展「星々の集い」に参加しました。
前期と後期で作品を入れ替え、2週間にわたる展示期間では昨年を上回ったような盛況ぶりで
幕を閉じました。たくさんのご来場、ありがとうございました。

仕事の関係で平日には行けなかったですが、それでも昨年同様、最終日の金曜の午後に休みを
とって、15時半ごろから在廊していました。最終日は写真を撮る余裕がなかったり、撤去した作品
を持ち帰るのに荷物になるからと、カメラを持参しなかったので、金曜日に少しだけ撮っておきました。
※今年は写真展への準備など、ほとんど写真を撮っていませんでした。
photoexhi_1809a.jpg
F2.8、1/15秒、ISO640、42mm相当、-0.5EV、AWB/A+4/G-1、コントラスト+2、彩度-2

平日の夕方近い時間帯で、ゆったりした時間が流れるなか、会場の様子をパシャリと。
カフェスペースに展示した自分の作品もさりげなく撮っておきました(写真右)。
photoexhi_1809b.jpg photoexhi_1809c.jpg
左/F2.8、1/60秒、ISO200、28mm相当、+0.3EV、AWB/A+4/G+1
右/F2.8、1/50秒、ISO200、56mm相当、-0.7EV、AWB/A+4/G+1、コントラスト+1

作品の入れ替えで土曜日に行ったときは、会場が見渡せないぐらい混雑していたので、少し拍子抜け
しましたが、このほうがゆったり見られて、在廊している出展者にテクニックなどを聞くのも良さそうです。
自分も「星空がうまく撮れない」というお客さんに、少しだけですがコツを教えて差し上げました。
photoexhi_1809d.jpg photoexhi_1809e.jpg
左/F3.2、1/80秒、ISO200、26mm相当、-0.3EV、AWB/A+3/G+1、Flat
右/F2.8、1/60秒、ISO200、34mm相当、0.0EV、AWB/A+3/G+1、Flat、コントラスト+1

17時を過ぎると会社帰りの方々がお見えになって少し賑わいましたが、それも落ち着いてきた
ので、会場のカフェで夕食をいただきました。今回はデザートも付けてみました
photoexhi_1809f.jpg photoexhi_1809g.jpg
左/F2.8、1/25秒、ISO200、38mm相当、0.0EV、AWB/A+6/G+1、Vivid、コントラスト-2
右/F2.8、1/40秒、ISO200、42mm相当、0.0EV、AWB/A+5/G-1、Vivid

最終日の土曜日は、前期と同様に出展者によるギャラリートークがありました。
今年は出展者が多く2部構成でしたが、前半が始まるまでに会場に着けなかったので、後半に話しました。
終了時刻の17時には、撤収ということで作品を取り外しました。今年は額装だったので、あっという間に
終わりました。そして雨がポツポツ降るなか打ち上げへ。
※カメラは持っていなかったので、iPhoneで撮った写真(北京ダックと大辛マーボー豆腐)を載せます。
photoexhi_1809h.jpg photoexhi_1809h (2)

写真展のテーマが「あたらしい一枚」ということで、昨年が海で撮った写真だったことから、海ではない場所
で撮りましたが、満足できる作品ではなく、何となく中途半端な感じになってしまいました。
今年は額装したので見た目はカッコ良くなりましたが、裏打ちシートを貼る必要があったり、展示中に
ちょっとしたトラブルが発生したりと、色々勉強になったことが収穫でした。
写真展への出展はプレッシャーですが、モチベーションにもなるので機会があれば来年も参加したいです。

関係者のみなさん、ありがとうございました。そして、お疲れさまでした。

        

初秋だけど夏休みで兵庫県へ(9月12日)

Category : たま~に放浪記
旅の最終日はのんびりスタートで。
朝風呂に行くと、昨日とは男女の場所が入れ替わっていて、サウナが無くて少し狭かったです。
朝食はビュッフェ・スタイルでした。ホテル泊では非日常を味わいたくて、和食は選択しない
のですが、それだと皿が寂しい感じだったので和洋中ごちゃ混ぜ。お目汚し失礼しました(笑)
180912bfast1.jpg
F2.8、1/40秒、ISO400、42mm相当、5000K/色被り補正+40、コントラスト/彩度など補正

お昼は地下鉄の最寄駅まで歩いて、三宮まで行って神戸牛のステーキをいただきました
そういえば関西だから、エスカレーターでは左側を空けるのでした
「神戸牛なら三宮」という 8年前の記憶がどこかにあって、今回は地下鉄からなので当時とは
アプローチ方法が違うのに、下調べをしなくても何故か同じ店に辿り着いてしまったという…。
ステーキランド神戸店/神戸牛ステーキランチ(150g) \3,180
180912lunch1.jpg 180912lunch2.jpg
※iPhoneで撮影、写真左はトリミング

イケメンシェフが目の前の鉄板で焼いてくれる本格的なステーキは、ジューシーで美味しかったですが、
お客さんがズラっと横並びで、回転率が速く落ち着きませんでした。
満腹になったあとはホテルの駐車場に戻って、帰路となるため少しずつ東に向かっていきました

出発してから25分ほどで、えびす宮総本社・西宮神社に到着。
ここは正月の10日に「開門神事」が行われ、福男選びで230m離れた本殿へ走っていく行事があります。
本殿までの道のりが分かるように、写真を撮ってみましたが伝わるでしょうか。
※下の写真は表大門(スタート地点/右端)から最初のカーブまでをパノラマ合成しました。
180912ebisu1.jpg
F5.6、1/250秒、ISO400、14mm相当、5600K/色被り補正+40、ハイライトなど補正×3枚を合成

最初のカーブからしばらく直線が続き(写真左)、手水舎を過ぎて左折すると本殿です(写真右)。
180912ebisu2.jpg 180912ebisu3.jpg
左/F5.6、1/800秒、ISO400、24mm相当、5600K/色被り補正+40、ハイライト/明瞭度など補正
右/F5.6、1/400秒、ISO400、46mm相当、5600K/色被り補正+40、ハイライト/明瞭度など補正

境内には池があって散策していて癒されました。
目の前に高速道路が通っているのに、ここでも異空間の感じがしました。
180912ebisu4.jpg
F5.6、1/320秒、ISO400、34mm相当、5200K/色被り補正+45、ハイライト/明瞭度など補正

続いて、30分ほどで伊丹スカイパーク(南エントランス)に着きました。大阪国際空港の離着陸が間近で
見られる公園です。県境が近いですが、いちおう兵庫県です。空港全体でも半分以上は兵庫県です。
天気が心配でしたが、撮影している間は大丈夫でした。
180912itami1.jpg 180912itami2.jpg
左/F5.6、1/500秒、ISO400、600mm相当、5300K/色被り補正+45、コントラスト/ハイライトなど補正
右/F5.6、1/800秒、ISO400、480mm相当、5200K/色被り補正+45、コントラスト/ハイライトなど補正

羽田空港よりも便数は少ないですが、空港施設ではないため低い位置から撮れたのが良かったです。
そして背景が山と住宅地で撮れたことも新鮮でした。中央エントランスのほうへ移動しながら撮りましたが、
離陸機は300mmの望遠レンズでも少し遠かったように思いました。
そのぶん、着陸機は羽田では味わえない大きさで撮れました。
180912itami3.jpg 180912itami4.jpg
左/F5.6、1/500秒、ISO400、600mm相当、5100K/色被り補正+45、コントラスト/明瞭度など補正
右/F5.6、1/1000秒、ISO400、600mm相当、5300K/色被り補正+40、コントラスト/明瞭度など補正

小雨が降ってきたので、40分ほどで切り上げました。
これで完結となりますが、帰宅が翌朝になるため、それまでに風呂に入っておきたいということで、
兵庫県に別れを告げ、30分ほど走って大阪府に入った万博記念公園内の端っこにある
スーパー銭湯「源気温泉・万博おゆば」で一日の疲れをとり、時間調整&旅行の一人反省会をしました。
帰路のために地図を見ていて偶然見つけたスポットですが、風呂が多く岩盤浴もあって楽しめました。

少しのんびりし過ぎて、21時ごろ出発しました(インターチェンジが近かったのも選んだ理由の一つ)。
利用した高速道路は、平日だったせいか深夜でもトラックが多くて、以前は感じませんでしたが、今回は
マナーの悪さが目立ちました。業界は人出不足なのでしょうが、プロ意識をもって運転してほしいです。
※追い越し車線で急に車線変更され危険な目に遭いました。ドライブレコーダーにも残っていたのでバックアップしておきました。

途中3ヶ所で休憩し、翌朝の6時45分に無事到着しました。総走行距離は1369.5kmでした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

        

初秋だけど夏休みで兵庫県へ(9月11日)

Category : たま~に放浪記
翌朝、ホテルの部屋から見えた景色は、山に霧がかかって寒々しさが伝わってきました。
気持ちまで寒くならないように、朝風呂で温まり、眠気を覚ましてからレストランで朝食
ビュッフェ・スタイルではなく、一人ひとりに用意されていました。お客さんが少ないからかな?
※左側のご飯の釡の下はとろろです。ご飯も味噌汁も一人用コンロで作るなんてプチ贅沢でした。
180911courtyard.jpg 180911bfast.jpg
左/F5.6、1/80秒、ISO400、28mm相当、5800K/色被り補正+10、コントラスト/ハイライトなど補正
右/F5.6、1/80秒、ISO200、26mm相当、7000K/色被り補正+50、明瞭度/彩度など補正

チェックアウト後はロングドライブ、1時間半ほど走って裏六甲ドライブウェイから六甲ガーデンテラスの
自然体感展望台・六甲枝垂れに着きました。
ただのオブジェだと思って近づいてみると、中に入れたり採光できる地下室があったりと、色々な用途で
利用されていました。入場料だけでガイドさんが説明してくれるツアーもあって、所々聞いていました。
180911shidare1.jpg 180911shidare2.jpg
左/F6.3、1/1600秒、ISO200、34mm相当、5300K/色被り補正+40、コントラスト/明瞭度など補正
右/F6.3、1/1600秒、ISO200、24mm相当、5200K/色被り補正+35、コントラスト/ハイライトなど補正

※写真右のアミアミの先に見える景色は大阪方面の港です。
180911shidare3.jpg 180911shidare4.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO200、14mm相当、5200K/色被り補正+35、シャドウ/明瞭度など補正
右/F2.8、1/2000秒、ISO100、80mm相当、5200K/色被り補正+40、ハイライト/明瞭度など補正

六甲ガーデンテラスの「見晴らしの塔」からは、雲が多いながらもポートアイランド&神戸空港と、
六甲アイランド(写真左)や、明石海峡大橋と淡路島(写真右)がクッキリ見えました。
※関西国際空港も何となく形だけ分かりましたが、ちょっと遠かったです。
180911shidare6.jpg 180911shidare7.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、38mm相当、5400K/色被り補正+40、ハイライト/明瞭度など補正
右/F6.3、1/800秒、ISO200、120mm相当、5300K/色被り補正+45、コントラスト/ハイライトなど補正

六甲枝垂れの展望台から地下に入ると、光が射しこみ下には水が溜まっていて、写真を撮りたくなる
雰囲気を醸し出していました(写真左)。
中央の白いのは「六甲ミーツ・アート芸術散歩」で飾られたオブジェで、11月末までの限定だそうです。
ちょうど昼になり、展望レストランで「六甲枝垂れカレー・淡路鶏とトマトのカレー」を注文(写真右)。
人参のポタージュは別注文ですが、それぞれがカラフルで写真に撮られる前提のインパクトさでした。
※かくいう自分も撮りました(笑)、見た目も影響したのか、もちろん美味しかったです。
180911shidare5.jpg 180911lunch.jpg
左/F6.3、1/13秒、ISO640、14mm相当、7500K/色被り補正+35、ハイライト/明瞭度など補正
右/F5.6、1/125秒、ISO200、30mm相当、7200K/色被り補正+50、コントラスト/彩度など補正

続いて、3分ほど走ったところの六甲高山植物園へ。
「六甲ミーツ・アート」の展示作品会場へのセット券がありましたが、行かないところまで含まれて
いたので、ココとこのあと行く予定の共通入場券を購入しました(個別購入より420円お得)。
180911garden1.jpg 180911garden2.jpg
左/F5.6、1/160秒、ISO200、80mm相当、5700K/色被り補正+10、コントラスド/彩度など補正
右/F22、1/6秒、ISO100、80mm相当、5800K/色被り補正+10、コントラスト/明瞭度など補正

緑に囲まれたエリアの散策は気持ち良く、このようなスポットの撮影が久しぶりで、何をどのように
撮り歩くか考えながらだと、いつの間にか時間が経っていて、駐車場に戻るルートでは少し急ぎました。
※写真左はインパクトがあって驚かされましたが、六甲ミーツ・アートの作品のようです。
180911garden3.jpg 180911garden4.jpg
左/F5.6、1/250秒、ISO200、80mm相当、7000K/色被り補正+40、コントラスト/明瞭度など補正
右/F2.8、1/250秒、ISO200、64mm相当、6000K/色被り補正-10、ハイライト/彩度など補正

さらに、3分ほど走ったところの六甲オルゴールミュージアムへ。
ここには貴重なオルゴールが展示されていましたが、写真を撮るより聴くことに徹しました。
植物園で体力を使い果たしたのと、自然を目で満喫したので、次は耳で癒されることにしました。
180911museum1.jpg 180911museum2.jpg
左/F5.6、1/640秒、ISO200、24mm相当、5300K/色被り補正+40、ハイライト/明瞭度など補正
右/F2.8、1/10秒、ISO200、14mm相当、4800K/色被り補正+30、ハイライト/明瞭度など補正

六甲山をあとにして、表六甲ドライブウェイを経由して賑やかな三宮まで来ました。
途中、豪雨被害で通行止めや片側交互通行がありましたが、30分少々で生田神社に着きました。
駅から近い賑やかなところにあって訪れる人も多いのに、喧騒を忘れるような静けさが漂っていました。
180911ikuta1.jpg 180911ikuta2.jpg
左/F6.3、1/320秒、ISO200、30mm相当、5300K/色被り補正+40、ハイライト/明瞭度など補正
右/F6.3、1/640秒、ISO200、24mm相当、5300K/色被り補正+40、ハイライト/明瞭度など補正

ここは縁結びの神様で、藤原紀香が初婚のときに式を挙げた神社です。すでに11年前のことでした。
その2年後には縁起が悪いなど言われたようですが、格式の高い神社に対して失礼な話であって、
今となっては過去のことは忘れられ、良縁を求める多くの人たちで賑わっていました。

これで2日目の日程を終えて、10分足らずで神戸ポートタワーホテルに着きました。
神戸ポートタワーといえば、8年前にも行きましたが、今回は周辺観光はせずに、このホテルを
選んだ理由でもある、風呂&岩盤浴で一日の疲れをとりました。

食事の写真は【→続きを読む】のところにまとめました。

→続きを読む

        
プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活に疲れ気味な独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR