FC2ブログ

2日目は押上から羽田へ

Category : 気まぐれ日記
宿泊した浅草ではチェックアウトの9時まで過ごし、外に出たときはまだ雪は降っていませんでした。
前日にプラネタリウムが見られなかったので、ふたたび都営バスで東京スカイツリーに向かうと、
イーストヤードの「天空」には早めに着いてしまいました。少し待って、10時開始のチケットを購入し、
会場に案内されて撮影可能な上映開始前に1枚だけパシャリと。
tenku19a.jpg
F2.8、1/13秒、ISO1600、14mm相当、5400K/色被り補正+45、シャドウ、明瞭度など補正

観賞したタイトルは「スターアフリカ・星降る動物の楽園 with [ALEXANDROS]」で、終始にわたって
星空というよりは、映画と融合した形の「マニア」じゃなくても楽しめる内容で、タイトルどおり
赤道付近の馴染みのない星座の紹介では個人的にも楽しめました。

上映が終わって外の景色を見ると、かなり雪が降っていたので、このあとのスケジュールが心配になり、
足早に都営浅草線・押上駅に向かい、エアポート快特に乗り込み、羽田空港に向かいました。
※雪の量に焦って、スマホ撮影だけしてカメラを出せませんでした。駅までは2~3cm積もっていました。

羽田空港に着いたときに雪は止んでいたものの、第2ターミナルの展望デッキは閉鎖されていたので、
まずは暖房が効いた室内でウォーミングアップ(写真左)。閉鎖が解除された展望デッキからは、
着陸したJAL機と沖合を滑走するジェットフォイルの競演(写真右)。とーっても寒かったです
haneda1902a.jpg haneda1902b.jpg
左/F5.4、1/2000秒、ISO1600、500mm相当、6300K/色被り補正+60、コントラスト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/800秒、ISO400、600mm相当、6500K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正

天気も良くないし寒くて思考が鈍るので、離陸と着陸だけ撮れればいいかなと、この日は撮影練習と
割り切っていたら、ANA機の「HELLO 2020 JET」がプッシュバックされ、タキシングしていきました。
haneda1902c.jpg haneda1902d.jpg
左/F5.6、1/640秒、ISO400、272mm相当、6300K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/500秒、ISO400、200mm相当、6300K/色被り補正+40、コントラスト、ハイライトなど補正

haneda1902e.jpg haneda1902f.jpg
左/F5.6、1/500秒、ISO400、200mm相当、6300K/色被り補正+40、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F5.6、1/800秒、ISO400、200mm相当、6500K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正

この機体が滑走路に進入したのが見えなかったので、D滑走路に向かったのかも知れません。
ということで第1ターミナルへ移動しました。着陸機の接地タイミングで撮っていても何かしっくりこない
ため、国際線ターミナルに向かって(写真左)。さらに、着陸直前のタイミングに切り替えて(写真右)。
※流し撮りの練習でISOをLOWにした痕跡がありますが、もちろん全ボツということで悪しからず(笑)
haneda1902g.jpg haneda1902h.jpg
左/F5.6、1/160秒、ISO100、600mm相当、6400K/色被り補正+35、コントラスト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/320秒、ISO400、600mm相当、6400K/色被り補正+35、コントラスト、明瞭度など補正

第1ターミナル前のA滑走路からは、離陸機が「ほぼ」撮れないので、切り上げて国際線ターミナルへ。
国際線ターミナルからA滑走路は離れているので、駐機している機体を撮るのがセオリーでしょうか。
haneda1902i.jpg haneda1902j.jpg
左/F5.6、1/125秒、ISO200、68mm相当、6700K/色被り補正+45、コントラスト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/160秒、ISO200、140mm相当、6000K/色被り補正+45、明瞭度、自然な彩度など補正

曇天でサンセットは期待できないので、そろそろ終わりかなと思っていたら、15時半を過ぎたころから
大粒の雪が降り始めたため、撤収することにしました。少し消化不良な感じだったので、4階の江戸小路
を撮って締めくくりました。
haneda1902k.jpg haneda1902l.jpg
左/F5.6、1/10秒、ISO200、68mm相当、6300K/色被り補正+45、ハイライト、明瞭度など補正
右/F2.8、1/50秒、ISO400、24mm相当、4800K/色被り補正+35、明瞭度、自然な彩度など補正

アフター人間ドックというと、昨年に引き続き(というか毎年のように)羽田空港に寄り道してしまいます。
ふだん飛行機に乗る機会がないので、近くで見る機体の大きさや、色々なところへ旅立つ雰囲気に
ワクワクしてしまいます。今回は空模様に恵まれず、モヤモヤしましたが、また来年ということで(笑)。

まだまだ寒いですが、立春を過ぎると三浦の河津桜や田浦の梅といった、春の足音も聞こえてくる
ので、ギヤチェンジしていこうと思います。お付き合いいただき、ありがとうございました。

        

人間ドックのあとは逆向き電車に乗って

Category : 気まぐれ日記
今年の人間ドック終わりは、逆向きの電車に乗って都営浅草線の終点・押上まで行って
東京スカイツリーに行ってきました。あいにくの曇天でしたが、横浜から京急一本で行けることと、
まだ登ったことがなかったことと、昨年行った水族館が消化不良で、そこにも行きたかったのです。
※人間ドックの結果は、昨年から少しだけサイズが大きくなったかな。他は異常なしです(^^)/

スカイツリーは隅田川から見たのが今までで一番近かったので、さらに近くから全景を撮るチャンス
でしたが、撮影スポットのリサーチをしておらず、適当に撮ったのが満足できずにボツとなりました。
※ということで、いきなり天望デッキのフロア350より見た景色からはじまります(^^)v
skytree19a.jpg skytree19b.jpg
左/F6.3、1/500秒、ISO200、14mm相当、5400K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正
右/F6.3、1/500秒、ISO200、80mm相当、5400K/色被り補正+45、コントラスト、明瞭度など補正

天望デッキでも東京タワーより高い場所なので、見えた景色のサイズ感に圧倒されました。
アサヒビール本社ビルの金色オブジェの延長上に東京ドームが見えたのは新たな発見でした。
天望デッキからの風景(写真左)のあとは、天望回廊のフロア445(写真右)にも登りました。
skytree19c.jpg skytree19d.jpg
左/F6.3、1/250秒、ISO200、14mm相当、5800K/色被り補正+55、コントラスト、シャドウなど補正
右/F6.3、1/320秒、ISO200、14mm相当、5400K/色被り補正+50、ハイライト、明瞭度など補正

天望回廊は構造上、ゆるやかな傾斜になっていて、フロア450の最高到達点451.2mからは、
両国国技館の延長上に東京タワー(写真左)、東京ゲートブリッジや風の塔(写真右)まで見えました。
skytree19e.jpg skytree19f.jpg
左/F6.3、1/500秒、ISO200、140mm相当、5600K/色被り補正+45、コントラスト、明瞭度など補正
右/F6.3、1/500秒、ISO200、134mm相当、5800K/色被り補正+50、コントラスト、明瞭度など補正

景観としては地味ですが、桜橋の延長上は榛名山や赤城山なんですね。曇天で見えないので低い雲
の様子を表現してみました(写真左)。最後に天望デッキのフロア345に降りて、さらにエスカレーターで
フロア340まで来るとガラス床があったので、興味本位に撮ってみました(写真右)。
skytree19g.jpg skytree19h.jpg
左/F6.3、1/640秒、ISO200、16mm相当、5600K/色被り補正+45、コントラスト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/60秒、ISO200、40mm相当、5200K/色被り補正+80、シャドウ、明瞭度など補正

地上に出てからは、イーストヤードにあるプラネタリウムに行ってみたのですが、この日に限って15時で
終了していて入れませんでした。そこで、次は反対側のウエストヤードにある「すみだ水族館」へ。
イーストヤードから東京スカイツリーを挟んでウエストヤードへは、上下移動も含めてかなり歩きました。
sumidaq19a.jpg sumidaq19b.jpg
左/F2.8、1/30秒、ISO800、36mm相当、6700K/色被り補正+45、ハイライト、明瞭度など補正
右/F2.8、1/60秒、ISO800、24mm相当、6700K/色被り補正+50、ハイライト、明瞭度など補正

薄暗いエリアで、予想できない動きのある被写体は難易度が高いですが、時間をかければチャンスが
訪れます。特に写真右の金魚は、水槽に貼りついて撮っている姿は決してお見せできません(笑)
sumidaq19c.jpg sumidaq19d.jpg
左/F5.6、1/15秒、ISO1000、240mm相当、4800K/色被り補正+45、ハイライト、明瞭度など補正
右/F2.8、1/100秒、ISO2500、38mm相当、5400K/色被り補正+45、コントラスト、明瞭度など補正

展示物ばかりではなく水槽全体も撮ってみたら、ダイバーの上に悠然と泳ぐサメ。なかなか圧巻でした。
何やら騒がしい声が聞こえたほうへ向かうと、ペンギンの食事タイムでした。誰が何匹食べたかを点呼を
とりながら記録していました。この数のペンギンの名前を覚えるのって、常人の業ではないですね(笑)
sumidaq19e.jpg sumidaq19f.jpg
左/F2.8、1/25秒、ISO1000、16mm相当、5000K/色被り補正+45、ハイライト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/40秒、ISO3200、270mm相当、5000K/色被り補正+40、ハイライト、自然な彩度など補正

このあとは都営バスで浅草に向かい、「浅草ROXまつり湯」でのんびり過ごして宿泊しました。
宿泊は2段ベッドでしたが、特別仕様のベッドでカーテンもあってプライバシーが確保できていました。
以前の経験を活かし耳栓をしていたので、快適に眠ることができました

        

今年初の遠征は満足

Category : 気まぐれ日記
2月の新月が近かった先週末、今年初めての星空撮影の遠征に出掛けてきました
標高が高いところは冬用タイヤが必要になるので、以前から気になっていた伊豆・下田まで
一気に南下して、メジャー観光地である爪木崎(つめきさき)へ初めて行ってみました。
夜でも星空スポットとしては有名なはずですが、それが目的の人は見かけませんでした。

まずは駐車場から下る途中の灯台への入口(写真左)と、海水浴場(写真右)。
冬だと超有名なオリオン座しか思いつかず、今回はそれを中心に撮影していましたが、写真右は
Fisheyeレンズで広範囲を撮影したので、「冬の大三角」「冬のダイヤモンド」が入りました。
※説明のために線を引いた画像を用意しました。こちらをクリックしてみてください。
tsumeki19a.jpg tsumeki19b.jpg
左/F2.0、20秒、ISO3200、24mm相当、4700K/色被り補正+40、明瞭度、トーンカーブなど補正
右/F1.8、20秒、ISO3200、16mm相当、4700K/色被り補正+45、シャドウ、トーンカーブなど補正

続いて灯台に向かう道を歩き始めましたが、周りを見渡しながら空を見ていると、オリオン座を主役に
していても、色々な構図を選べるのが魅力的でした。灯台まで400m、なかなか辿り着きません(笑)
※水仙のほかにアロエの花も有名です(写真左)、階段の下から見上げています(写真右)
tsumeki19c.jpg tsumeki19d.jpg
左/F2.0、20秒、ISO3200、24mm相当、4700K/色被り補正+50、シャドウ、トーンカーブなど補正
右/F2.0、20秒、ISO3200、24mm相当、4700K/色被り補正+45、シャドウ、トーンカーブなど補正

灯台が近くなると「あずまや」近くにハート型のオブジェ(写真左)、これは撮らずにスルーできません。
冬の薄い天の川、すばる(プレアデス星団)、おうし座、ふたご座が写りました。
「あずまや」から見えた岩場の先には漁船の灯りが眩しいですが、満天の星空でした(写真右)
※左の写真で説明を追加した画像はこちらをクリック。レンズを替えたとき、Fisheyeなのに忘れてF2.0で撮っていました。
tsumeki19e.jpg tsumeki19f.jpg
左/F2.0、20秒、ISO3200、16mm相当、4800K/色被り補正+45、シャドウ、トーンカーブなど補正
右/F2.0、20秒、ISO3200、16mm相当、4800K/色被り補正+50、シャドウ、トーンカーブなど補正

やっとのことで灯台に辿り着いたのは20時半でした。この灯台の灯りは回転ではなく点滅でした。
撮っていたときは気付きませんでしたが、水平線の近くにカノープスが写りました(写真左)。
中国では南極老人星などと呼ばれ、日本の七福神の寿老人や福禄寿の元になった神様で、
見られると縁起が良いとされ、寿命が延びるという話が有名です。説明画像を用意しました。
写真右はソフトフィルターが付けられない超広角レンズで撮りましたが、星空が分かりにくいです。
tsumeki19g.jpg tsumeki19h.jpg
左/F1.8、20秒、ISO3200、16mm相当、4600K/色被り補正+45、シャドウ、トーンカーブなど補正
右/F2.8、25秒、ISO4000、18mm相当、4500K/色被り補正+45、シャドウ、トーンカーブなど補正

灯台で撮り終えたあと、引き返すときに北東の方角には北斗七星が見えました(写真左)。
方角的に熱海~湘南方面なので、21時ごろでは空が明るくなりました。
途中から右に曲がって海水浴場に向かう道を下ると、階段下からオリオン座が見えました(写真右)。
※写真右、階段は露光中に少しだけLEDライトを光らせました。
tsumeki19i.jpg tsumeki19j.jpg
左/F2.0、13秒、ISO3200、24mm相当、4300K/色被り補正+50、明瞭度、トーンカーブなど補正
右/F2.0、25秒、ISO3200、24mm相当、4700K/色被り補正+45、シャドウ、トーンカーブなど補正

車を停めたところまで戻る途中には、水仙の花が群生していました(写真左)。
水仙まつりは前日の1月末に終了しましたが、夜に星空と一緒に撮るには十分な咲きっぷりでした。
最後に車を入れて撮ってみました。自動販売機が明るくて、車もバッチリ写りました(写真右)。
時間は22時ごろ。すでに結露が始まっていて、これ以上はレンズが曇るので撤収することにしました。
tsumeki19k.jpg tsumeki19l.jpg
左/F2.0、25秒、ISO3200、16mm相当、4800K/色被り補正+50、シャドウ、トーンカーブなど補正
右/F2.0、15秒、ISO3200、24mm相当、4700K/色被り補正+50、明瞭度、トーンカーブなど補正

途中の足柄サービスエリアでは雲で富士山が見えずに心配しましたが、現地では雲は下層だけで、
撮り終えるまでは満天の星空に恵まれ、はるばる下田まで来た甲斐があり満足できました。
ただ、星座や惑星について事前に調べていなかったので、オリオン座ばかりを撮ってしまい、
もう少し捻りがあってもよかったかなと思いました。

まだ冬ですが、明け方に木星と金星が見え始める時間帯には、夏の天の川が見えてくるようで、
次回の遠征が楽しみになってきました。

        

フライング初不動

Category : 気まぐれ日記
本来なら明日、1月28日が近くの武山不動尊が初不動ということで、山頂が賑わいますが、
今年は月曜で休めないので、前の日にフライングして賑わっていない山頂を目指しました。

初不動の日が日曜だった昨年に行ったときは、「次に行けるのは2023年」なんて書きましたが、
近日中に人間ドックが控えているので、運動不足解消ということにも後押しされました。
いつもは家から近い荒れ果てた道からショートカットしますが、今回は慌てて行く必要がなかったので、
小学校の学校行事以来のハイキングコースを思い出しながら、かなり遠回りして歩いてみました。
※「関東の富士見百景」から富士山がクッキリと(写真左)、最寄バス停から50分で着きました(写真右)。
firstFudo19a.jpg firstFudo19b.jpg
左/F6.3、1/2000秒、ISO200、108mm相当、5100K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正
右/F6.3、1/250秒、ISO200、48mm相当、6300K/色被り補正+35、ハイライト、明瞭度など補正

やはり山頂は賑わっていなかったですが、参拝はできたので手水舎に行くと、11時近いというのに
氷が張っていました。標高200mぐらいでも寒かったようです。初不動であれば参拝後に甘酒を
いただきますが、もちろんサービスはなく、なんだか目立ちそうだったので鐘も突きませんでした。
※もちろん、おみくじも引くことができませんでした(笑)
firstFudo19c.jpg firstFudo19d.jpg
左/F6.3、1/20秒、ISO200、24mm相当、6300K/色被り補正+40、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、24mm相当、5100K/色被り補正+40、ハイライト、自然な彩度など補正

参拝を終えて、展望台への通路は明日に備えて露店が準備中でした。ほとんど人がいなかったので、
こんなアングルからも撮れてしまいました(写真左)。今年は快晴でクリアに見渡せたので、展望台からは
横浜ランドマークタワーが余裕で見えました(写真右)。
firstFudo19e.jpg firstFudo19f.jpg
左/F5.6、1/1000秒、ISO200、24mm相当、5100K/色被り補正+35、ハイライト、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/3200秒、ISO200、300mm相当、5200K/色被り補正+35、コントラスト、明瞭度など補正

ほとんど風もなく、これほどクリアな視界は珍しいというので、仕事場のYRP付近(写真左)と、意外と
小さく見えた猿島(写真右)を撮ってみました。
firstFudo19g.jpg firstFudo19h.jpg
左/F5.6、1/2000秒、ISO200、62mm相当、5200K/色被り補正+35、コントラスト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/3200秒、ISO200、300mm相当、5200K/色被り補正+35、コントラスト、明瞭度など補正

三浦半島の形が分かる南側からは、伊豆大島とたぶん三宅島も見えましたが、逆光だったので写真
としてはボツにして、逆方向の肉眼でも見えた東京スカイツリーを、地元の高層マンションとともに
捕りました(写真左)。昨年は砲台山まで歩きましたが、今年は昼が近かったのでこれで下山して、
ふたたび途中の富士見ポイントから撮りました(写真右)。
※写真右は、下山の途中だったので1枚目の写真とは違った構図で撮れました。
firstFudo19i.jpg firstFudo19j.jpg
左/F5.6、1/3200秒、ISO200、270mm相当、5200K/色被り補正+35、コントラスト、明瞭度など補正
右/F6.3、1/3200秒、ISO200、240mm相当、5100K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正

もちろん、帰りはショートカットで荒れ果てた道を選択して、山頂から20分ほどで下山できました。
上りのほうが距離が長かったですが、下りでは一気に降りたせいか、足が少し痛くなりました。

その上りでは、ほとんど記憶がない新鮮さがあったので、登山口からの行程をインターバル撮影して
みました。機会があれば、タイムラプス動画でも作成してみようと思います。
残念ながら定番の「おでん」が食べられなかったですが、代わりに素晴らしい景色が堪能できました。

初不動のイベントで登ったときは転機が訪れるようですが、昨年はそうでもなかった気がするので、
どこかに「今年こそ」という思いがあったのかも知れません(笑)

        

海岸の風景@津久井浜

Category : 気まぐれ日記
連休中ではありますが、ちょいと身の回りに変化が生じてハネが伸ばせなくなったものの、
昨日は少し時間が空いたので、津久井浜で開催されていたウィンドサーフィンの大会に立ち寄りました。

駐車場は海岸沿いにありますが、大会参加者でいっぱいなので、隣駅の駅前駐車場に停めて、
電車+徒歩で向かいました。電車や徒歩で行く機会がなく、お馴染みの場所でも新鮮に感じました。
tukuihm19a.jpg tukuihm19b.jpg
左/F6.3、1/1600秒、ISO200、84mm相当、6000K/色被り補正+35、コントラスト、自然な彩度など補正
右/F6.3、1/1600秒、ISO200、600mm相当、5200K/色被り補正+40、コントラスト、自然な彩度など補正

この海岸では昨年にウィンドサーフィンのワールドカップが開催され、地元としては盛り上がってほしいと
思いますが、今回はそこまで大きなイベントではないので告知も限られていたようです。
知っている選手がいたわけでもなく、レースの内容も分からなかったので、少しだけ撮って切り上げました。
tukuihm19c.jpg tukuihm19d.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、516mm相当、5200K/色被り補正+40、コントラスト、自然な彩度など補正
右/F9.0、1/2500秒、ISO100、160mm相当、5200K/色被り補正+35、明瞭度、自然な彩度など補正

会場の向かいでは、津久井浜シーサイド朝市が開催されており、それを調べていてこの大会を知りました。
朝市のほうも見てきましたが、現状の自分にとっては目ぼしいものがありませんでした。
海岸の風景というと、地元では岩場に打ちつける波の荒々しさとか、砂浜に打ち寄せる静かな波とか、
いくつか考えられますが、今回のようなイベントに絡めた風景もたまには良いのかなと思いました。

        

Nojima park

Category : 気まぐれ日記
正月三箇日が終わったので、地元・横須賀を少しだけ越えて野島公園に行ってきました
いままで、夕照橋(ゆうしょうばし)~帰帆橋(きはんばし)、さらに八景島へと、野島公園を
迂回するルートは通っていましたが、目的地を野島公園にしたのは初めてでした。

展望台をめざして緩やかな坂をのぼると、標高が低いわりには見晴らしのいい景色に出会えました。
※展望台に上がる前に横須賀市のほうを見ると、日産の工場にあるテストコースが見渡せました(写真右)。
nojimap19a.jpg nojimap19b.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、32mm相当、5200K/色被り補正+40、ハイライト、明瞭度など補正
右/F6.3、1/1600秒、ISO200、52mm相当、5200K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正

この日も快晴で空が澄んでいたので、展望台からは富士山がクッキリと(写真右)、対岸の八景島と
その先には東京湾アクアラインの「風の塔」まで見渡せました(写真右)。
nojimap19c.jpg nojimap19d.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、160mm相当、5200K/色被り補正+40、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F6.3、1/2000秒、ISO200、150mm相当、5100K/色被り補正+40、コントラスト、白レベルなど補正

金沢八景からの金沢シーサイドラインは、野島公園駅を経由するようにカーブしているので、展望台から
ちょっとした撮り鉄の気分を味わうことができました。
※初めて行ったので準備していなかったですが、これを撮るならもっと望遠のレンズが欲しかったです。
nojimap19e.jpg nojimap19f.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、300mm相当、5000K/色被り補正+45、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F6.3、1/1600秒、ISO200、300mm相当、5200K/色被り補正+40、コントラスト、ハイライトなど補正

展望台の周りを歩いていると、分かりづらい階段があったので降りてみました。
このまま海岸沿いを歩くことができそうなので、歩いているとバーベキュー場・キャンプ場がありました。
まだ両方とも営業していなかったので、静かでのどかな風景に佇むことができました。
nojimap19g.jpg nojimap19h.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、300mm相当、5200K/色被り補正+40、シャドウ、明瞭度など補正
右/F6.3、1/1250秒、ISO200、134mm相当、5100K/色被り補正+45、コントラスト、明瞭度など補正

公園を出たところには「旧伊藤博文金沢別邸」があって、無料で見ることができました。資料の展示
もあって、思わぬところで歴史に触れることができて、短時間でしたが旅の気分に浸れました。
nojimap19i.jpg nojimap19j.jpg
左/F6.3、1/500秒、ISO200、42mm相当、5300K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F2.8、1/160秒、ISO200、24mm相当、6300K/色被り補正+40、ハイライト、明瞭度など補正

ひととおり見たあと、どこかで食事でもと思っても、土地勘がなく事前リサーチもしていなかったので、
とりあえず駐車場を出たものの遠回りのドライブをして、結局は地元に戻ってから食事となりました。

本来なら、新月期なので遠征しようと考えていましたが、夜の雲予報が残念な感じで新年早々ガッカリ
したくなかったので、星空撮影は諦めて昼間の風景を楽しむことにしました。
それはそれとして、あまり混み合わなくて、風景を楽しめたことで新年から良い気晴らしになりました

        

富士山で撮り始め

Category : 気まぐれ日記
新年が明けてから文句のない快晴が続いていたので、そろそろ撮り始めに出掛けたいと思い、
5年前に偶然通ったところで撮った景色が忘れられなかった、諸磯湾から富士山を撮ってきました。
※三箇日は家の用事で外出しづらく、昼までに帰ってくる条件でチャチャっと出掛けてきました。

あれから、空気が澄んだ冬に通りかかって確認しても、富士山が見えることがなかったので、
快晴とはいえ今回も覚悟していましたが、完璧ではないものの「何とか」見ることができました。
※写真右、マストのスプレッダーで偶然鳥が休憩していました。
moroiso1901a.jpg moroiso1901b.jpg
左/F6.3、1/2000秒、ISO200、150mm相当、5300K/色被り補正+35、コントラスト、明瞭度など補正
右/F6.3、1/2000秒、ISO200、324mm相当、5300K/色被り補正+35、コントラスト、明瞭度など補正

5年前は偶然見つけたスポットで数分間だけ路上駐車しましたが、ここには駐車スペースがないので、
油壷の有料駐車場に停めて15分ほど歩きました。正月モードで体が鈍っていたので、ちょうどいい運動
になったかな。悠々と撮影できましたが、撮影できる構図が限られてしまうのと、富士山にかかる雲が
増えてきたので、30分ほどで切り上げました。
moroiso1901c.jpg moroiso1901d.jpg
左/F6.3、1/2000秒、ISO200、324mm相当、5300K/色被り補正+35、コントラスト、明瞭度など補正
右/F6.3、1/2000秒、ISO200、324mm相当、5200K/色被り補正+35、コントラスト、明瞭度など補正

早い時間のほうが富士山がクッキリ見えるということで、早めに行動しましたが、帰りは反対車線が渋滞
していたので、そういった点でも正解だったようです。

ラッキーな撮り始めでしたが、実は昨日は徒歩圏内の神社に初詣に行って、富士山を撮っていました。
【おまけ】
mishima_s19a.jpg
F6.3、1/2000秒、ISO200、270mm相当、5200K/色被り補正+35、コントラスト、明瞭度など補正

先に参拝を済ませ、甘酒をいただいてから、振り返ると富士山が見えましたが、雲がかかっていて
昨年のようには撮れませんでした。ココで富士山がキレイに撮れるかで、一年の撮影運勢を占って
いますが、果たして今年はどうなるのでしょう。楽しみと不安が混在しています。
ちなみに、おみくじは「第41番 吉」だったので、昨年よりは「少しだけ」期待がもてるかも…。

        

新年のごあいさつ2019

Category : 気まぐれ日記
明けましておめでとうございます

昨年は当ブログを閲覧していただき、ありがとうございました。
今年もカテゴリー名のように「気まぐれ」で更新していきますので、お時間のあるときにお付き合い
いただけると、とても嬉しく思います。

最近の、特に昨年のフォトライフでは、単独で出掛けることが多かったので、スキル向上を進めるうえでも
「人とのつながり」を意識して行動していきたいと思います。

毎年最初に撮影する鏡餅は、いつもホームセンターで購入していますが、特に理由はなく今年は
異なるメーカーにしてみました。上に載っているのは、毎年本物の「橙」(=代々)です。
玄関の正月飾りは28日に飾ったものの、風でスッ飛んでしまったのでちゃんと固定しました。
※ミカンは種無しとなって縁起が悪いので、決して使いません(笑)
kagami2019.jpg hall_deco2019.jpg
左/F2.8、1/40秒、ISO640、56mm相当、-0.3EV、6000K
右/F5.6、1/125秒、ISO200、68mm相当、-0.3EV、7500K

今年のフォトライフは、おそらく星空撮影が中心になりそうですが、ここ数年の懸案である「赤道儀」を
使った撮影にチャレンジして、守備範囲を広げたいと思います。まずは購入からとなりますが…。
ほかの被写体では、地元の定番スポットを含め、いろいろ撮って表現力をつけたいと思います。

今年は改元となって日本にとっての転機が訪れそうなので、これに便乗して個人的にも何かしらの
転機をもたらすアクションをとりたいと思います。それには、今までの考え方を変えていく必要がある
ので、少しずつでも進めていけたらと考えています。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

        

2018年、ありがとうございました。

Category : 気まぐれ日記
もうすぐ2018年が終わろうとしています。
今年の個人的なニュース・できごとがパッと出てこなかったのは、たぶん一人で行動することが多くて、
記憶に残らなかったのだと思います。

2017年の大晦日に「ラスト日の入り」を撮った記憶があって、今年もソレイユの丘に行ってきましたが、
太陽の位置も分からない雲の厚さで、ココから見える富士山も見えず、残念な撮り納めとなりました。
soleil1812a.jpg soleil1812b.jpg
左/F5.6、1/15秒、ISO640、134mm相当、8600K/色被り補正+45、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F5.6、1/8秒、ISO640、98mm相当、8600K/色被り補正+35、ハイライト、明瞭度など補正

個人的なニュースの記憶がなくても、「記録」としては残してあったので振り返ってみました。

2017年末に腰を痛め、2018年が明けて早々にカイロ屋さんに通い始めたり、人間ドックで指摘された
緑内障の疑いで再検査を受けに行ったり。いずれも問題なかったですが、遠近両用レンズのメガネを購入
したりと、年齢に対する衰えを意識した行動が目立ちました。

それでもクルマの走行距離が1月には1万キロ、12月には2万キロに達成して、そういえば4月と9月の
旅行と、それ以外は梅雨の6月を除いて毎月星空撮影の遠征に出掛けていました。
今年も写真展にチャレンジというモチベーションが成し遂げたのだと思っていますが、成績としては
5勝4敗で「辛うじて勝ち越し」のレベルなので、上達できたかは疑問が残ります。

星空以外にも、ちょこちょこ撮っていましたが、星空撮影を優先したせいか、撮影に出掛ける回数が
減ったような気がしました。ちょっとしたことはスマホで撮影していたのも撮影機会を減らした要因かも。
今年に関しては「準備の年」だったと考えて、来年からは行動しただけの結果を残していきたいと思います。

さて、本日のソレイユの丘での日没後は、思ったほど焼けてくれなかったので、RAW現像でちょっと
細工してみました。大晦日なので、17時ごろでほとんどのお客さんが帰ってしまいました。
soleil1812c.jpg soleil1812d.jpg
左/F5.6、1/3秒、ISO640、98mm相当、8600K/色被り補正+45、コントラスト、明瞭度など補正
右/F2.8、1/13秒、ISO1000、48mm相当、7800K/色被り補正+50、ハイライト、明瞭度など補正

いつもブログを読んでいただき、「いいね」を戴けたことに感謝いたします。
毎度ながらの挨拶となりますが、懲りずにお付き合いいただけると嬉しいです。
それでは皆さん、よいお年をお迎えください。

        

撃沈したけれど、記録として

Category : 気まぐれ日記
今月は「ふたご座流星群」のピークがあるというので、新月期は撮影に行かず(行けずに)、14日に休みを
とって遠征してきました。その日の月齢は6.8、月が沈むのが23時ぐらいだから、それ以降に撮れれば…。

雲量予報を見たら、山梨県の富士五湖あたりから南に晴れてくるのが、ちょうどその頃の微妙な時間帯。
それより前の時間帯に富士山周辺で雪の予報があり、一抹の不安がありながら、方角を考えると
撮影場所の選択肢が少なくなってきて、今回は「道の駅・朝霧高原」にしてみました。
撮影スポットは、少し奥の「富士山展望台」という小高い丘にしました。

全天が雲で覆われていたのは予報どおりとはいえ、まったく雲が切れる気配がなく、車内待機するのも
限界がきて、待ちきれずに20時半ごろからセッティングを始め、雲が切れた21時半ごろに撮れた
オリオン座が精一杯でした。肝心な流星は雲が薄いところで 2個ぐらい見えただけでした。
その後も雲が切れる気配がなく雪が降り始めたので、「こんな場所で撮りました」という記録を撮影
してから、23時すぎに撤収しました。ホントはこの正面が富士山なのですけどね。
※オリオン座はピン甘めです。もっと星が見えればピントを追い込みたかったです。
asagiri18a.jpg asagiri18b.jpg
左/F2.0、15秒、ISO3200、24mm相当、3800K/色被り補正+35、コントラスト、トーンカーブなど補正
右/F1.8、20秒、ISO2000、16mm相当、3500K/色被り補正+35、コントラスト、ハイライトなど補正

正面に富士山が見えていれば、風景としては良さげですね。
地上が明るいのは、左後方の建物からの照明の影響ですが、これが星空と組み合わさったとき、
よい味を出してくれるのか、邪魔ものとなるのかは分かりません。
手元照明がなくても歩けるし、レンズ交換は可能でしたが、星を撮らない人が頭に付けたライトや懐中電灯
を持って歩き回ることがあるので、そこは意識しておいたほうが良さそうです。

ふたご座流星群ということで、今回は富士山の西側から東に向かって撮れる場所を選びました。
帰路では行ったことがない富士山の南側、水ヶ塚公園でロケハンしようと向かいましたが、かなり雪が
降ってきて、道路が真っ白で悠長にロケハンしていたら帰りが危険だと思い、早々に退散しました。

流星の数が多めの「ふたご座流星群」で、今年は月齢的にチャンスでしたが、残念な結果となりました。
今年の星空撮影は終了となりますが、流星に限らず来年の撮影チャンスに期待したいと思います。

        
プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活に疲れ気味な独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR