FC2ブログ

Discover 神奈川 (2)

Category : 気まぐれ日記
翌朝は部屋に差し込む光で目が覚めました。少なくとも雨ではないと確信し、
朝食を部屋でいただく(=30分前に布団を片付けにくる)前に、朝風呂で眠気覚まし。
昨夜とは男女入れ替えで少し広い浴室になっていて、予想に反して貸し切り状態でした。
200915kamata.jpg
F5.6、1/50秒、ISO200、36mm相当、5800K/色被り補正+0、シャドウ、かすみの除去など補正

朝風呂へ行って空腹だったのか、朝食も美味しくいただきました。 ※4枚撮影してパノラマ合成
200915bfast.jpg
F2.8、1/40秒、ISO400、38mm相当、4300K/色被り補正+25、シャドウ、自然な彩度など補正

早くも帰路なので、少しずつ東へ向かいます。
旅のコンセプトがDiscoverなので、メジャー過ぎる箱根には行かないですが、昨日とは違って
海沿いを通らないルートを選択して、箱根の外側・ターンパイク箱根を利用しました。
まずは大観山展望台(アネスト岩田スカイラウンジ)で、芦ノ湖が霧の中から辛うじて見えました。
※写真右はOlympus WorkspaceでRAW現像して、Lightroomで透かしを入れました。
200915taikanzan1.jpg 200915taikanzan2.jpg
左/F6.3、1/100秒、ISO200、48mm相当、6000K/色被り補正+0、コントラスト、かすみの除去など補正
右/F6.3、1/320秒、ISO200、112mm相当、+1.0EV、AWB、コントラストなど補正、ドラマチックトーン2

続いて、東名高速道路・大井松田インター近くのme-byo valley BIOTOPIAという施設へ
東名高速道路の下り線を走ると、正面の富士山とセットで左側にかなり目立つビルです。
敷地内の遊歩道で森林浴ができるので、昼食前に撮り歩きました。
※写真左は高速道路から見える角度とは反対側から撮影しました。
200915biotopia1.jpg 200915biotopia2.jpg
左/F6.3、1/500秒、ISO200、30mm相当、5400K/色被り補正+15、ハイライト、かすみの除去など補正
右/F6.3、1/200秒、ISO200、42mm相当、6000K/色被り補正+0、明瞭度、自然な彩度など補正

「森のみち」と呼ばれる散策コースは3種類あって、30分/2000歩のミドルコースを歩きました。
200915biotopia3.jpg 200915biotopia4.jpg
左/F6.3、1/15秒、ISO200、24mm相当、5800K/色被り補正+20、ハイライト、かすみの除去など補正
右/F6.3、1/320秒、ISO200、80mm相当、5400K/色被り補正+25、明瞭度、かすみの除去など補正

ビルはオフィス棟で一般人は入れませんが、レストランとショップがあるマルシェという施設まで、
1F部分を通り抜けることはできます。散策が終わって昼になり、レストランで食事をとりました。
お肉メニューでも、たっぷり野菜でヘルシーなので満足度が高かったです。
※ビュッフェは80分食べ続けられないのでパス。他のお客さんも誰も選択していませんでした。
200915biotopia5.jpg
F2.8、1/50秒、ISO200、46mm相当、5800K/色被り補正+20、明瞭度、かすみの除去など補正

続いて、秦野にある出雲大社・相模分詞
今は島根県の本社には行けないので、同じご利益がいただけるということで(これは重要)。
疫病除け祈願の「茅の輪くぐり」もしてきました(これも重要)。
200915izumo1.jpg 200915izumo2.jpg
左/F5.6、1/400秒、ISO200、56mm相当、5400K/色被り補正+15、ハイライト、かすみの除去など補正
右/F5.6、1/320秒、ISO200、46mm相当、5400K/色被り補正+20、テクスチャ、かすみの除去など補正

旅は終盤、このあとは高い場所からの景色を求めて「菜の花台展望台」へ
箱根や富士山、三浦半島は見えませんでした。辛うじて真鶴半島と江の島は見えました。
ということで、これも8枚撮影した写真をパノラマ合成しました。
200915nanohana.jpg
F5.6、1/1000秒、ISO200、24mm相当、5400K/色被り補正+15、シャドウ、かすみの除去など補正

ここまで来たら、セットでヤビツ峠にも行かないと。
記録が残っていないほど昔、一度だけ夜に来たことがあって、新月が何かを知らない、星空撮影に
興味がなかった頃、月が出ていなくて真っ暗で何も見えず、浮遊感を伴って歩いた記憶があります。
※これより先、台風被害の影響で宮ヶ瀬まで行けないと案内がありました。
200915yabitsu1.jpg 200915yabitsu2.jpg
左/F5.6、1/50秒、ISO200、34mm相当、5100K/色被り補正+10、ハイライト、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/50秒、ISO200、58mm相当、5200K/色被り補正+0、かすみの除去、自然な彩度など補正

ここまでで、撮影スポットとしては打ち止めです。以前は夜だったので気になりませんでしたが、
下り坂で正面からバスに出くわし、200mぐらいバックして回避しました。
行き(登り)で遭遇しなかったのはラッキーだったのかな。
最後は厚木・七沢温泉の七沢荘の日帰り入浴で締めくくり。
6年前の年末に行った記憶が微かにありました。

帰りは新しくできた新東名高速道路の伊勢原大山インターチェンジから高速道路を利用。
横浜町田インターまで混雑していて、高速道路での渋滞が久しぶりで、少し緊張しましたが、
近場の神奈川県内で、たった1泊2日でも、色々な経験ができたし、これだから旅ってやめられない
のだなあと、考えるきっかけになりました。

総走行距離は246.1km、歩いた歩数は両日ともに9000歩以上でした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

        

Discover 神奈川 (1)

Category : 気まぐれ日記
世の中より一ヶ月遅れで夏季休暇となり、恒例の旅行をしたくても今の情勢では難しい。
5月の連休で旅行できなかったので、今回はどこかに行きたい。と考えたとき、
「そうだ、県内から出なければいいんだ」ということで、一泊だけと決めて、その日程で
濃い中身が過ごせるスポットを選んで、「Discover 神奈川」と銘打った「旅」をしてきました。
※約7ヶ月ぶりに三浦半島の「外側」に出ることができました(汗

遠出のときは深夜に高速道路を走るパターンですが、今回は日帰りでも行ける距離なので、
(偶然ですが)いつも仕事へ行くときと同じ時間に出発して、ひたすら西へ向かいました。
最初に着いたのは小田原城。幼少の頃に行ったらしいですが、全く記憶がないうえに、
あえて行こうとは思わないスポットゆえ、今回のような旅には最適だと思ったのです。
200914odawara_cas1.jpg 200914odawara_cas2.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、30mm相当、5400K/色被り補正+15、ハイライト、かすみの除去など補正
右/F2.8、1/20秒、ISO1000、34mm相当、4400K/色被り補正+45、テクスチャ、明瞭度など補正

上の写真右は「常盤木門SAMURAI館」のプロジェクションマッピング。動きのあるシーンを
静止画で表現するのはタイミングが難しいです。下の写真は天守閣から見える景色、左は南方向で
真鶴半島が見えました。右は北方向で小田原駅が見えて、思いのほか高かったです。
200914odawara_cas3.jpg 200914odawara_cas4.jpg
左/F6.3、1/1600秒、ISO200、36mm相当、5300K/色被り補正+15、ハイライト、かすみの除去など補正
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、54mm相当、5300K/色被り補正+15、コントラスト、かすみの除去など補正

このあと、隣接する「報徳二宮神社」で参拝して、昼になったので近くの早川漁港へ。
駐車場は満車(写真左)でしたが、店は数分並んで入れました。店内は混雑して「密」でした。
海鮮丼は刺身が多く、こちらも「密」で、ご飯をほじくり出して食べました。
もちろん新鮮で美味しかったです。他にもいろいろなメニューがあって迷いました。
※西湘バイパスの下からの景色は、あまり見る機会がないので圧巻でした。
200914hayakawa.jpg 200914uoichiba.jpg
左/F5.6、1/640秒、ISO200、34mm相当、5400K/色被り補正+15、シャドウ、かすみの除去など補正
右/F2.8、1/50秒、ISO200、42mm相当、6200K/色被り補正+30、テクスチャ、自然な彩度など補正

続いて、真鶴半島の先端・真鶴岬へ。今まで伊豆方面への通過点だったので、行きたくなりました。
写真の「三ツ石」は三浦半島の城ヶ島と緯度がほぼ同じ、どちらも最南端で親近感が湧きました。
柔らかな潮騒と、時折感じる涼しい風が心地よくて、心が洗われました。
200914manaduru1.jpg 200914manaduru2.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO200、64mm相当、5300K/色被り補正+15、テクスチャ、かすみの除去など補正
右/F5.6、1/640秒、ISO200、150mm相当、5300K/色被り補正+15、ハイライト、テクスチャなど補正

右側を見ると磯には釣り人。磯釣りでも有名なスポットですね。正面の景色は湯河原~熱海です。
磯へ向かう階段を下りていて、うすうす気づいていましたが、帰りは地獄の上り階段が250段以上!
登りきったところから、南のほうに初島が見えました。しばらく汗がひくまで休憩していました。
200914manaduru3.jpg 200914manaduru4.jpg
左/F8.0、1/500秒、ISO200、200mm相当、5300K/色被り補正+15、シャドウ、かすみの除去など補正
右/F8.0、1/800秒、ISO200、300mm相当、5300K/色被り補正+15、ハイライト、明瞭度など補正

当初のイメージでは初日の日程はここまででしたが、旅館へ向かうまでに少し時間があったので、
真鶴の貴船神社(京都のとは別モノ)に立ち寄り、静岡県境の千歳川を脇目に湯河原の不動滝へ。
落差は15mぐらいでしたが、薄暗くてスローシャッターには最適でした。
※マイナスイオンを浴びたあとは、飲む点滴「冷やし甘酒」をいただいてカラダも健康に。
200914fudofall1.jpg 200914fudofall2.jpg
左/F8.0、1.3秒、ISO200、54mm相当、5400K/色被り補正+20、シャドウ、テクスチャなど補正
右/F5.6、1/5秒、ISO200、108mm相当、5400K/色被り補正+15、テクスチャ、明瞭度など補正

このあとは1kmちょっと先の奥湯河原温泉の旅館「加満田」へ。
この旅館はGoToキャンペーン対象外でしたが、外部の予約サイトを利用して適用されました。
旅館を決めるのに迷いましたが、予約サイトの一番上に表示されていて口コミを見て決めました。
200914kamata.jpg
F2.8、1/15秒、ISO200、24mm相当、4400K/色被り補正+15、コントラスト、テクスチャなど補正

市街地から離れているので、夜は星空を少し期待しましたが、夕食後は雨になり夢と消えました。
撮影に行けないぶん、貸し切り状態の温泉を堪能して、美味しい食事で満足できました。

食事の写真は【→続きを読む】のところにまとめました。


→続きを読む

        

わずか10分間に一大決心

Category : 気まぐれ日記
毎年8月の最終土曜日は、三浦半島で夏の終わりを告げる「西地区納涼花火大会」が開催
されていましたが、今年はコロナ禍の影響で開催されず、花火は撮影できないと諦めていました。

ところが、あるルートから「花火が上がる」という情報を仕入れました。
このイベントは自衛隊の駐屯地が会場で、すぐ近くに病院があるので、医療従事者へのエール
という意味で、打ち上げ開始を遅くして、時間をたった10分間にして打ち上げるとのこと。
もちろん会場には入れませんが、いつも撮影している対岸なら撮れると考え、意を決してGo!

イベントが開催されていれば、照明があって打ち上げ時に消えるので、対岸でも撮影方向
は明確ですが、今年は照明がついていません。建物の位置で覚えていても、特別なので
昨年と同じとは限らず緊張しましたが、10分前に空砲があり煙の軌跡で救われました。
fw_jtai2001.jpg fw_jtai2002.jpg
左/F9.0、計27秒、ISO200、72mm相当、5400K/色被り補正+20、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F9.0、計29秒、ISO200、72mm相当、6000K/色被り補正+30、明瞭度、自然な彩度など補正

毎度ながら、2枚撮影した画像の比較明合成で賑やかにしたものが多いです。
今回は10分間という短期決戦のため、小細工はせず焦点距離などの構図は最後まで
同じなので、余白(余黒?)が目立つ画像もあります(笑)
※写真左だけは他に組み合わせられる画像がなかったので、1枚撮りの画像です。
fw_jtai2003.jpg fw_jtai2004.jpg
左/F9.0、9.5秒、ISO200、72mm相当、5400K/色被り補正+20、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F9.0、計19.3秒、ISO200、72mm相当、6000K/色被り補正+20、明瞭度、自然な彩度など補正

もともと撮影する機会が少ない花火ですが、今年は写真撮影そのものの機会が少なく、
少し慣れてきたと思った頃には終わってしまう時間でした。今回は高度のある盛大な
花火は上がらなかったですが、今年最初で最後の花火は存分に楽しめました。
fw_jtai2005.jpg fw_jtai2006.jpg
左/F9.0、計20.8秒、ISO200、72mm相当、5300K/色被り補正+20、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F9.0、計6.8秒、ISO200、72mm相当、6000K/色被り補正+20、明瞭度、自然な彩度など補正

最後だけは分かりやすい「開かない花火」で締めてくれました。急きょ出撃を決めて
準備に時間をかけず、すぐに終わってしまったので、まさに「夢のような時間」でした。
※縦構図では迫力がないので、トリミングして横構図にしました。
fw_jtai2007.jpg
F9.0、7.1秒、ISO200、72mm相当をトリミング、5600K/色被り補正+20、明瞭度、自然な彩度など補正

【おまけ】
撮影場所に着いて準備の途中、背後の空では左から「土星・月・木星」がそろい踏み。
月が強烈に明るいので、カメラを固定して「月だけ」「土星と木星」を別々の露出で撮影し、
あとから合成しました。分かりにくいので拡大して見てください。
fw_jtai200e.jpg
月/F5.5、1/200秒、ISO200、134mm相当、5400K/色被り補正+15、その他補正なし
土星・木星/F5.5、2.5秒、ISO200、134mm相当、5700K/色被り補正+19、その他補正なし

花火が上がるという情報を得たのが直前で、まだ撮影を楽しむ気分ではないけれど、
今年の花火は最初で最後になるし、家からすぐに行ける場所だし、色々なことが
頭をかけ巡って、出発直前まで行くか悩みましたが、一大決心して行ってよかったと思いました。

        

さて、どこへ撮りに行こう?

Category : 気まぐれ日記
今年の梅雨明けから一週間。8月の梅雨明けは13年ぶりだそうで、ただでさえ長いのに、
7月下旬まで雨の降った日が多かったので、それだけで長く感じていました。
かと思えば、梅雨が明けたら暑い日が続いて、そのわりにクリアに晴れた日が少ないような?

それでも本日は誕生日ということで、少し気分も上向きだったので、カメラ持ってお出掛け。
前回ブログのミッション遂行ですが、海は人が多すぎて、どこで撮るか悩んだ挙句・・・。
山の上にある霊園(お墓)が思い浮かび、想像どおり人がいなかったので、マスクなしでしたが、
暑かったので短時間でチャチャっと撮って、熱中症対策もバッチリ(笑
kuri0en2008a.jpg kuri0en2008b.jpg
左/F5.6、1/1000秒、ISO200、30mm相当、5200K/色被り補正+20、ハイライト、かすみの除去など補正
右/F5.6、1/640秒、ISO200、200mm相当、5600K/色被り補正+30、テクスチャ、自然な彩度など補正

ここは頂上まで行くと色々なオブジェがあるので、テーマを決めずに撮るにはいいスポットです。
初めて行ったのが11年前、その次が8年前、人がいなくて落ち着いて撮れたはずなのに、
当時と変わらない構図になってしまい、まだまだリハビリが必要だなと感じました。
kuri0en2008c.jpg kuri0en2008d.jpg
左/F5.6、1/800秒、ISO200、78mm相当、5800K/色被り補正+30、シャドウ、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/1600秒、ISO200、64mm相当、5500K/色被り補正+15、ハイライト、明瞭度など補正

この場所を思いついたのは、「海へと続く道路に電車が横切る写真」を高台から撮りたかったから。
Lightroomでココまでクリアにできましたが、ジメっと暑くて実際はこのぐらいモヤっていました。
最後はズラっと並んだお地蔵さんを撮って、トータル30分ぐらいで終わりにしました。
kuri0en2008e.jpg kuri0en2008f.jpg
左/F7.1、1/640秒、ISO200、200mm相当、5500K/色被り補正+20、コントラスト、かすみの除去など補正
右/F3.2、1/1250秒、ISO200、48mm相当、6000K/色被り補正+0、テクスチャ、自然な彩度など補正

暑かったですが、青い空は見えませんでした。写真の空が青いのは、Lightroomの効能です。
ヘロヘロになる前に撮り終えたので、気持ち良い疲れでしょうか。記憶に残る誕生日になりました。
これでパートナーがいれば、暑さも吹っ飛ぶのかも知れませんが(笑

世間はお盆休みですね。例によってこの時期に夏季休暇はとりませんが、今年は遠くへの旅に
行けないので、どこへ行こうか悩みどころです。
夏季休暇の前に、また「何か」撮りたいと思っています。

        

Suddenly comes a chance

Category : 気まぐれ日記
ちょっとした買い物などで頻繁に外出していても、行動範囲が隣接地域だけだったという、
じつは慎重派なのか? ましてや、カメラ持って外出となると3ヶ月以上、星撮影だと4ヶ月が
過ぎていた7月19日、チャンスは突然やってきました。

星撮りフリークの間で話題の「ネオワイズ彗星 C/2020 F3」が、夕方から宵にかけて見えますが、
梅雨のさなか休日で空が晴れていて、そんな日はしばらく訪れないときたら、行くしかない!
方角が北西の低空といっても、慎重派ゆえ遠征できないので(翌日仕事ということもあり)、
久々にカメラ持ってやや緊張しつつ、車で15分の「秋谷・立石(たていし)」に行ってきました。
※日没が19時ごろなので、ついでにサンセットが撮れればと考え出発しましたが・・・。

無料駐車場は満車、入庫待ちが15分ぐらいでサンセットは実現ならず(雲に阻まれたようですが)。
さらに7月、8月は駐車場が20時で閉門だと知らされ、さらに貴重なチャンスのなか慌ただしく準備
しましたが、2等星に成長したとはいえ、まだ明るさが残っていて肉眼では到底見えず、だいたいの
方角を合わせて撮った画像を拡大したら、辛うじて認識できるレベルで写っていました。
※そんなレベルから彗星を浮き立たせるため、これまた久々のLightroomの力を借りました。
neowise200719a.jpg
F2.8、1.6秒、ISO800、80mm相当、7500K/色被り補正+15、コントラスト、シャドウなど補正

どれか分かるでしょうか? 高い木の左上のほうです。彗星(ほうき星)なので尾を引いています。
この写真が閉門の15分前。しだいに暗くなり、彗星を知らない客が帰りはじめ、これから彗星を狙う
車が20時閉門と知らず、続々と入ってきました。北斗七星が見えるようになった閉門の10分前。
薄雲が広がってきて、もう無理だと思いながら、運だめしで撮った数枚の中から発掘できました。
※どこに彗星があるのか分かるように線を引いた画像を用意しました。
neowise200719b.jpg
F2.8、1.6秒、ISO800、80mm相当、8000K/色被り補正+15、コントラスト、シャドウなど補正

久しぶりの撮影だったので、雲が取れるのを待って、いろいろ工夫して撮りたかったのですが、
そんな余裕はなく、閉門ギリギリで駐車場をあとにしました。

【おまけ】
星空撮影の頼もしい味方のPCソフト、ステラナビゲータを購入しました。
最新版のVer.11が2019年発売で、1世代前のVer.10が2014年発売だから、さらに新しいVer.が
2024年ごろだとすると、そこまで待てないので、アップグレード版で6000円ほど安くゲット。
※今までのVer.9ではこの彗星をシミュレートできず購入しましたが、ちょっと間に合いませんでした(汗
StellaNavi11.jpg

これまでは「梅雨が明けたら」でワクワクしていましたが、現状では特に遠征となると、
いろいろと慎重にならざるを得ないので、まずは星空撮影は我慢して、地元周辺の昼間の風景から
リハビリを始めてみましょうかね。夏の暑さに耐えられるか微妙ですが♪

        

写真を撮りに行けない期間に

Category : 気まぐれ日記
写真撮影を趣味とするうえでは、カラーマネジメント対応ディスプレイを導入したいと思いつつ、
使用中ディスプレイの発色がよく、特に不自由しておらず買い替え優先度が低くなっていました。

ところが、在宅勤務により職場で使用しているPCにリモート接続するようになると、解像度が低くて
視認性が悪くなり、仕事への影響が少しだけ出てきました。
現行のディスプレイについて調べると、2008年5月に購入のSXGA(1280×1024)対応で、
すでに12年が経過していました。ここまで確認して、新たなディスプレイ購入の踏ん切りがついて、
そこからは機種選定などのアクションが早かったです。新たに購入するならと、
sRGB対応より倍近い価格のAdobeRGB対応「EIZO ColorEdge CS2420-Z」にしました。

今までは設置場所の関係でスクエア型(写真左)がギリギリでしたが、ワイド型ということで、
少しだけ机の上を模様替えして、新たなディスプレイ(写真右)を出迎えました。
onceusedRDT195LM.jpg newdispkay1.jpg
左/F4.0、1/30秒、ISO640、34mm相当、+0.5EV、AWB
右/F4.0、1/3秒、ISO800、34mm相当、-0.3EV、AWB

実際に設置してみると、事前に調べたとおりスペース的にちょうど良かったです。
サイズ的には27インチも入りそうでしたが、視線移動が多くなるし、ギリギリのサイズでは何かと
不便そうなので、24インチで良かったです。大きくなった感触にまだ慣れていないですが…。
newdisplay2.jpg newdisplay3.jpg
左/F4.0、1/25秒、ISO640、24mm相当、+0.5EV、AWB
右/F4.0、1/60秒、ISO640、80mm相当、+0.3EV、AWB

カラーマネジメント対応なので、キャリブレーション・センサーも同時購入しました。
このモデルにはフードも用意されていますが、ディスプレイの購入動機を考えたら、さすがに
そこまでは手が出ませんでした。必要になったら買い足せばいいかなという程度です。

新たなディスプレイになって、キャリブレーションを済ませたあとで真っ先に感じたのは、
今までよりも「彩度が高い」ということです。個人的には彩度を高めに仕上げる傾向がありますが、
まだ画像編集をしていない段階で感じるので、Lightroomで過去の画像を見たら
「あっ!」となるかも知れません。

購入動機は在宅勤務がキッカケで背中を押された形ですが、6月に入り出社人数が5割となって
週3日出社となり、さらに1週間後にはそれが撤廃され、在宅勤務そのものが消滅しました。
つまり、仕事でこのディスプレイのメリットを享受することが(当分の間)なくなりました。
このようなキッカケがなければ、買い替えなかったと思うので、コレで良かったのかなと思います。

        

在宅勤務だから

Category : 気まぐれ日記
いまの仕事は在宅勤務ではできない仕事だからと、しばらくは普通に出社していましたが、
そんな我々でも出社人数を3割以下とする流れになり、在宅勤務の割合が多くなりました。
現在は週2日出社ですが、在宅勤務で体力が落ちたのか、出社した翌日は疲れが残ります。

ミーティングがほぼない仕事なので、在宅勤務になっても考えたことなかったですが、
所属する会社では、「リモート接続」でミーティングを開催するようになってきました。
PCにカメラもマイクもないので、スマホ接続するために、固定するものを調達したというお話。

今まで必要な(たまに至急な)買い出しは、地元で済ませていたので、ネット通販は利用して
いませんでしたが、このタイミングでまとめてポチってしまいました。
ミニ三脚のような見た目に、(仕事で使うのに)趣味が写真ということで引き寄せられました。
stayhome20m1.jpg stayhome20m2.jpg
左/F4.0、1/30秒、ISO200、80mm相当、6000K、シャドウ、かすみの除去など補正
右/F4.0、1/8秒、ISO200、70mm相当、6300K、シャドウ、かすみの除去など補正

この製品、角度は調節できますが、高さが変えられないので、用途に向かないかな?
でも、脚を閉じれば持ち手になったり、脚を外すと1/4インチのネジがあるので、普通の三脚で
使えそうです。ということで、もうひとつ。こちらは実際にミーティングで使ってみました。
stayhome20m3.jpg stayhome20m4.jpg
左/F4.0、1/30秒、ISO200、64mm相当、6200K、シャドウ、明瞭度など補正
右/F4.0、1/13秒、ISO200、80mm相当、6300K/色被り補正+15、シャドウ、かすみの除去など補正

この製品は、角度も高さも調節できるし、PCのキーボードにも干渉しないので重宝しています。
どちらも中国製で、説明書も保証書もなく、簡易的なパッケージが価格相応だったわけです。

スマホのミーティング環境を試す前に、画面が大きいということで、休眠状態のタブレット端末を
使おうと思い、microUSB端子のイヤホンマイクを一緒に購入しましたが、タブレット端末には
ヘッドセット接続端子があって、microUSB端子の接続では使えないことが判明しました。
スマホ(iPhone)はLightning端子なので途方に暮れていたところ、付属品にあったことを
思い出しました。スマホで音楽聴かないので、箱に入ったまま完全に忘れていました(笑)
stayhome20m5.jpg
F4.0、1/15秒、ISO200、80mm相当、6200K、シャドウ、かすみの除去など補正

リモート接続のミーティングは、巷の定番アプリではなく、IT業界で定番のciscoのWebExを
使っています。iOS版のアプリだけ(現時点)は、背景が変えられるので助かっています。

前回エントリから1ヶ月以上経ってしまいましたが、外で写真を撮っていなくてブログが書けない
ので、こんなことをネタにしてみました。今回このタイミング、本日は新月なんですよね。
今までなら星を撮りに行くからと、天候に一喜一憂していましたが、そんな日が待ち遠しいです。

        

次に会えるのはいつ?

Category : 気まぐれ日記
前回の桜撮影よりも前、3月20日の3連休初日だったので、1ヶ月近く前になります。

途中コンビニで夕食を調達し、千葉県は外房・御宿から近い、大波月(おおはづき)海岸に
着いたのは18時半ごろ。先に食事をとり、駐車場から暗くて鬱蒼とした道を10分ほど歩いて、
途中、ガサゴソと何かの動物に会い、波の音だけが響く、誰もいない海岸に着きました。

目の前は砂浜の波打ち際でしたが、少し下がると三脚を立てるのにピッタリな平らな岩でした。
オリオン座が西へと向かい始め、冬は終わりだと物語っていました。
20分ほど撮って後ろを振り向くと北斗七星。残念ながら北極星は画角に入りませんでした。
o-hazuki2003a.jpg o-hazuki2003b.jpg
左/F2.0、20秒、ISO1600、24mm相当、4200K/色被り補正+25、テクスチャ、トーンカーブなど補正
右/F2.0、20秒、ISO2000、24mm相当、4000K/色被り補正+30、明瞭度、かすみの除去など補正
※星空用に撮影した複数枚から、代表的な画像のパラメータです(詳しくは以下で説明します)。

今回は地上用を低感度・フィルタなしで複数枚、星空用はフィルタ付けて複数枚を同じ構図で
撮影し、地上用はPhotoshopで加算平均によるノイズ除去、星空用はSequatorでノイズ除去、
それぞれをPhotoshopでマスクを作成して合成しました。
地上と星空の境目が不自然だったり、岩を明るくしすぎたという課題がありますが、初めてに
してはソコソコできたので、撮影した枚数分が達成感となりました。

今回は全体の枚数が少ないので、サムネイルをクリックして開く画像を、アップロード可能な
最大サイズにして、上の2枚には星座の説明付き画像(を作成しました。

誰にも邪魔されずに撮っていて余裕が出たのか、比較明合成の素材用に撮影を始めました。
カメラの合成機能は使わず、RAW現像した画像をStarStaXで比較明合成しました(写真左)。
かなり枚数を撮ったので、そろそろ場所移動しようかと見上げたら、オリオン座が山に隠れそう
だったので、いつもより少し長い焦点距離で慌てて撮りました(写真右)。
o-hazuki2003c.jpg o-hazuki2003d.jpg
左/F2.0、30秒×42枚、ISO1600、24mm相当、4200K/色被り補正+40、テクスチャ、自然な彩度など補正
右/F2.8、10秒、ISO3200、68mm相当、4400K/色被り補正+35、テクスチャ、トーンカーブなど補正

写真左は水平線に漁船の灯りが動いていて、比較明合成すると眩しい直線になってしまうので、
後から消しましたが、星空にある飛行機の光跡は消すと星も消えてしまうので残しました。
星は時間とともに右上に向かって動きましたが、見映えの面で逆向きにTail処理をしました。
写真右は焦点距離が長くなれば、星も動いてしまうので、限界点を探りながら撮りました。
※ベテルギウスが一時期よりも明るくなったように見えました。

そして、移動すること約1時間。外房・いすみ市の雀島(夫婦岩)に着きました。
まだ天の川には早い時間なので車内で休憩していましたが、周りの騒がしさに寝てもいられず、
0時過ぎに撮影を始めました。
さそり座が見えてきましたが、岩を入れようとするとイマイチな構図になってしまいますね。
※星座の説明付き画像を作成しました。
suzumeIs2003a.jpg
F2.0、20秒、ISO3200、24mm相当、4000K/色被り補正+30、コントラスト、テクスチャなど補正

ここでは地上と星空は合成せず、同じ構図の画像(8枚)をSequatorでノイズ除去しました。
というのも、駐車場が広めで、車から降りてすぐ撮影できるので、次々と入ってくる車のライトで
岩が照らされた画像はボツになり、地上用と星空用など枚数を稼ぐことができませんでした。

天の川が見える前に、さそり座が岩から遠ざかってしまったので、天の川狙いでさそり座を諦め、
少し画角を変えた2種類の構図で撮りました。写真右は地上用と星空用を別々に撮って、
それぞれノイズ除去して合成しましたが、どちらも天の川メインでは、構図としてイマイチでした。
suzumeIs2003b.jpg suzumeIs2003c.jpg
左/F2.0、20秒、ISO3200、24mm相当、4300K/色被り補正+40、テクスチャ、かすみの除去など補正
右/F2.0、20秒、ISO3200、24mm相当、4100K/色被り補正+35、テクスチャ、かすみの除去など補正

ここは車の近くで撮影できるので人気スポットなのか、0時半には駐車場が満車でした。
車の出入りが多く、撮影ごとに色合いが微妙に変わり、現像後もしっくり来ませんでした。
さらに一軒だけある民家の照明が防犯用なのかずっと点灯していて、なかなかキツかったです。
駐車場だから車がライトつけて入ってくるのは当たり前なのに、それだけでイラつく人がいたり、
手元を照らし続ける人が目立ち、撮影者が多く撮影マナー的にも残念なスポットでした。
この日は木星・火星・土星が集まる日でしたが、眠かったので待っていられず退散しました。

最初に撮ったスポットとは正反対の賑わいでしたが、どちらも伊豆半島に比べたら空が明るくて、
満足度は低めでした。東京から近いのは都合がいいかも知れませんが、外出自粛となった現在、
房総半島のほとんどの駐車場が閉鎖されていると聞きました。しばらく星空はお預けですかね。
次に星空撮影で遠征できるのはいつになるのでしょうか。

星空に限らず、撮影に出掛けられず素材がなくなってしまったので、ブログはしばらくお休みかな。

        

それでも桜は咲く

Category : 気まぐれ日記
東京では雪が降った3月29日、三浦半島は午前中がみぞれ混じりの雨でしたが、昼過ぎには
冷たい風が強かったものの雨が止みました。この日は2週に1度、走水水源地へ水汲みに行く日。
桜が咲く時期なのに、撮影目的で出掛けにくいので、「ついでに」短時間で撮影してきました。

桜の向こうに海が見える景色って珍しいのかな?
風が強くて、ときどき出現する荒波がいい背景になりました。
hsrmz_sa20a.jpg hsrmz_sa20b.jpg
左/F5.6、1/100秒、ISO400、300mm相当、5700K/色被り補正+25、コントラスト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/200秒、ISO800、134mm相当、5700K/色被り補正+20、明瞭度、かすみの除去など補正

毎年、この施設は桜が咲く時期に合わせて開放され、施設内で花見をする人たちを見かけますが、
今年はココも例外なく中止で入れないので、昨年のように撮れず、周りから撮ってきました。
hsrmz_sa20c.jpg hsrmz_sa20d.jpg
左/F5.6、1/80秒、ISO800、62mm相当、5200K/色被り補正+25、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F6.3、1/125秒、ISO800、94mm相当、5600K/色被り補正+25、ハイライト、明瞭度など補正

今年は桜が咲くのは早いとはいえ、東京よりも遅れてやっと満開になった感じでしたが、
冷たい風が強く、早くも散り始めていて、散った花びらの上を歩くのが忍びなかったです。
施設内を撮り歩かなかったので、あっという間に駐車場に戻ってきて撮影終了となりました。
hsrmz_sa20e.jpg hsrmz_sa20f.jpg
左/F6.3、1/125秒、ISO800、160mm相当、5700K/色被り補正+20、明瞭度、かすみの除去など補正
右/F5.6、1/50秒、ISO800、38mm相当、5500K/色被り補正+25、ハイライト、かすみの除去など補正

---
撮影目的で出掛けにくいとはいえ、日本人の「心」である桜の撮影を曇天の1回だけで済ませては
後悔するので、1週間後の4月4日に身近な岩戸中学への桜のトンネルを撮ってきました。
2年前は五分咲きでしたが、今年はほぼ満開でした。人と接しないところで安心して撮れました。
iwato_sa20a.jpg iwato_sa20b.jpg
左/F5.6、1/1000秒、ISO200、62mm相当、5200K/色被り補正+25、コントラスト、かすみの除去など補正
右/F5.6、1/1250秒、ISO200、160mm相当、5200K/色被り補正+25、明瞭度、かすみの除去など補正

人と接しないものの、車はけっこう通っていました。さらに路上駐車して見物する人もいたので、
その数が増えないうちにワンポイントで構図に入れてみようと思いまいた。
iwato_sa20c.jpg iwato_sa20d.jpg
左/F5.6、1/1250秒、ISO200、126mm相当、5200K/色被り補正+25、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F8.0、1/500秒、ISO200、120mm相当、5100K/色被り補正+25、ハイライト、かすみの除去など補正

ほぼ満開ということは、散り始めでもあるということ。やや葉っぱが目立つ木も見かけました。
最後は仕事先の建物を少し入れてみました。分かりにくいですが、写真左は5Gデモ用バスです。
iwato_sa20e.jpg iwato_sa20f.jpg
左/F5.6、1/500秒、ISO200、300mm相当、5100K/色被り補正+25、ハイライト、明瞭度など補正
右/F8.0、1/500秒、ISO200、240mm相当、5100K/色被り補正+25、ハイライト、かすみの除去など補正

ここまで来たら、通研通りの桜も撮りたいと思い、さらに歩いて望遠レンズ中心で撮ってきました。
先ほどと大して離れていないのに、こちらはピークを過ぎて葉桜が目立ちました。
※写真左、道路には盛大に散った花びらが舞っています。写真右は、もはや花吹雪ですね。
ecl_sa20a.jpg ecl_sa20b.jpg
左/F8.0、1/800秒、ISO200、600mm相当、5200K/色被り補正+20、明瞭度、かすみの除去など補正
右/F8.0、1/400秒、ISO200、342mm相当、5100K/色被り補正+25、ハイライト、かすみの除去など補正

望遠レンズの圧縮効果を使って、通りの桜を賑やかにする手法ですが、ココは車がよく通るので
タイミングによって渋滞しているよう見えます。何も通っていないのも寂しいので適度に入れて。
ecl_sa20c.jpg ecl_sa20d.jpg
左/F8.0、1/500秒、ISO200、410mm相当、5200K/色被り補正+20、かすみの除去、自然な彩度など補正
右/F6.3、1/1250秒、ISO200、600mm相当、5100K/色被り補正+25、明瞭度、自然な彩度など補正

この日は10時すぎに撮り始めましたが、歩いた距離が長く、撮影しながらだと時間がかかって、
昼が近づくにつれ車の数も増えてきたので、引き返しながら今年の桜は撮り納めにしました。
ecl_sa20e.jpg ecl_sa20f.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、160mm相当、5100K/色被り補正+25、明瞭度、かすみの除去など補正
右/F6.3、1/800秒、ISO200、446mm相当、5100K/色被り補正+25、明瞭度、かすみの除去など補正

今年の桜については、花見が自粛だから撮りやすくなったと思いきや、最初に書いた走水水源地
のほか、ベースの桜まつり、田戸台分庁舎と、桜スポットの施設開放がすべて中止で撮影が
制限され、ある意味記憶に残りそうです。
そして、最近は外出そのものが自粛となっては、桜のあとも残念な思いが続きます。
一人で車を運転すれば人と接しませんが、撮影するのに人と接しない場所を探すとなると、
同じ考えの人が集まるので、広いところとか深夜とか、かなり限られてしまいますね。
月並みですが、ホント早く終息してほしいです・・・。

        

今年初の星景撮影で遠征

Category : 気まぐれ日記
新月だった2月の最終週、今年から23日が天皇誕生日となり、翌日が振替休日だったのと、
雲予報も文句ナシだったので、こんなチャンス滅多にないと今年初の遠征をしてきました
待ちわびた夏の天の川を撮りたくて、イメージ的に海辺へ行こうと思い、昨年2月の初訪問で
満足した伊豆・爪木崎の一択となりました。
※もちろん、天の川が出現する時間帯まで粘りましたが、訳あって写真はまた別の機会に

この時期、河津桜の名所を通るので渋滞に巻き込まれ、到着後にコンビニ飯を食べてすぐ、
オリオン座が南から西へ移動し始めたころ、20時ぐらいに撮り始めました。
※久しぶりの星景撮影だからか、最初の写真はピントが甘めだったかな?
tsumeki20a.jpg tsumeki20b.jpg
左/F2.0、20秒、ISO3200、24mm相当、4400K/色被り補正+30、コントラスト、トーンカーブなど補正
右/F2.0、15秒、ISO3200、24mm相当、4400K/色被り補正+30、コントラスト、トーンカーブなど補正

爪木崎は色々な構図で撮れるのが魅力ですが、星空は時間帯で見える場所が変わるので、
過去の撮影と同じ構図でも、同じ写真になりにくいのが何度も通ってしまう要因だと思います。
ただ、北斗七星の方角(写真右)を狙おうとすると、光害が激しいので向いていないかな。
※新しいカメラで高感度が改善されたと聞きましたが、撮り方が悪いのかちょっと厳しいような?
tsumeki20c.jpg tsumeki20d.jpg
左/F2.0、20秒、ISO3200、24mm相当、4500K/色被り補正+35、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F2.0、8.0秒、ISO6400、24mm相当、4500K/色被り補正+30、コントラスト、テクスチャなど補正

この日は赤道儀を持って行かなかったですが、代わりにSequatorを使うことを意識して、
同じ構図で何枚も撮影+レンズキャップをしてダークフレームも撮影しました。
写真左は星座としては何も特徴がない(多分しし座の一部)ですが、Sequatorの練習とともに
効果を確認してみました。写真右は階段下からふたたびオリオン座です。
※オリオン座の右肩のベテルギウス(左上のオレンジ色)は、昨年よりもかなり小さくなりましたね。
tsumeki20e.jpg tsumeki20f.jpg
左/F2.0、5秒×12枚、ISO6400、24mm相当、4200K/色被り補正+35、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F2.0、15秒、ISO3200、24mm相当、4300K/色被り補正+30、コントラスト、トーンカーブなど補正
【メモ】
固定撮影12枚をLightroomで現像してTIFF出力、その12枚をSequatorでノイズ除去してTIFF出力
合成後のTIFFをさらにLightroomでコントラスト、シャドウ、明瞭度などを補正

ひととおり撮ってから、Fisheyeレンズを使っていなかったことに気づき、オリオン座が見えている
うちに、5枚撮ってSequatorでノイズ除去してみましたが、5枚だと効果が分かりませんでした。
せっかく超広角で撮ったので、星座の説明画像を作りました。
tsumeki20g.jpg
F1.8、20秒×5枚、ISO3200、16mm相当、4300K/色被り補正+30、コントラスト、トーンカーブなど補正

このあとは、夏の天の川に備えてどこで撮影しようか、構図を考えながらリハーサルして23時半ごろ
一旦撤収しました。車内で2時間ほど仮眠をとって、目が覚めると駐車場が満車になっていました。
2時20分ごろに撮影場所へ向かう途中には、さそり座が見え始めていました。
---
天の川を撮り終えたのは4時10分ごろ。今になってもう少し粘れば良かったと思いましたが、
帰りに思いのほか時間がかかるので撤収しました。天城越えで東名高速の足柄サービスエリア
に着いたのは6時15分でした。ここで風呂に入って朝食をとって帰宅となりました。

今回、赤道儀を使ったこともないのにSequatorを試してみましたが、必ずしも「赤道儀いらず」
にはならないと感じました。いずれ場所を変えて、赤道儀も使ってみたいと思います。

        
プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、細々と婚活をしている独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR