FC2ブログ

藤の香りで平成が終わる

Category : 気まぐれ日記
今年で3年目になり恒例となったことで、スポットとしての新鮮さよりも、撮りかたに工夫を求められる
ようになった「横須賀しょうぶ園」の藤の花ですが、開園時間の9時を数分過ぎた頃には駐車場が
すでに満車で、30分待ってやっと停められて、少し出遅れた形になってしまいました。

新元号を迎える大型連休の前半は、ぐずついた天気が続いていましたが、束の間の晴れ間が
広がった 4月28日に撮ってきました。
※ブログのエントリが改元後になってしまいましたが、撮影したのは平成です。
wisteria19a.jpg wisteria19b.jpg
左/F5.6、1/1250秒、ISO200、28mm相当、5200K/色被り補正+45、コントラスト、明瞭度など補正
右/F4.0、1/3200秒、ISO200、70mm相当、5200K/色被り補正+45、コントラスト、明瞭度など補正

藤の花は垂れ下がるように咲くので、広角で風景としてではなく近づいて撮ると、どうしても縦構図に
なってしまいます。数種類が咲いていましたが、構図がワンパターンにならないように意識しました。
wisteria19c.jpg wisteria19d.jpg
左/F5.6、1/1000秒、ISO200、60mm相当、5200K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正
右/F2.8、1/6400秒、ISO100、80mm相当、5200K/色被り補正+45、コントラスト、自然な彩度など補正

wisteria19e.jpg wisteria19f.jpg
左/F5.6、1/800秒、ISO200、34mm相当、6000K/色被り補正+40、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F5.6、1/400秒、ISO200、80mm相当、6100K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正

風景としても撮っておきたいと思っても、藤が咲いているエリアが一部なので、景色が限られて
しまいます。そこで切り取りかたが試されますが、今回はこれを採用してみました。
ほかにも、藤の花を背景にしてボカすことができるスポットでパシャってみました。
wisteria19g.jpg wisteria19h.jpg
左/F5.6、1/1250秒、ISO200、62mm相当、6000K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/500秒、ISO200、140mm相当、5800K/色被り補正+30、明瞭度、自然な彩度など補正

連休中ということもあり、入口近くではフラダンスのショーが始まっていました。
出遅れて混雑していたことと、試行錯誤を繰り返したことで、2時間近くかかってしまいました。
wisteria19i.jpg wisteria19j.jpg
左/F5.6、1/500秒、ISO200、90mm相当、5800K/色被り補正+45、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/2000秒、ISO200、240mm相当、5200K/色被り補正+40、シャドウ、自然な彩度など補正

この日は午後から星空撮影の遠征を考えていたので、撮り終えてからは、ひと息つく間もなく
何も購入せず帰宅しました。このあとの雲予報がどうなっているか知る由もなく…。

【おまけ】
その星空撮影の遠征ですが、前々回のエントリに書いたとおり富士五湖の西湖に行ってきました。
雲予報は星空撮影に向かないと出ていて、「行かない」選択肢もありましたが、連休中なのに
行かなかったとなると後悔しそうなので、有言実行してみました。
※写真の正面が雲で見えない富士山です。西湖に行ったのは、おそらく2002年以来の17年ぶりだと思います。
saiko1905a.jpg
F5.6、1/2500秒、ISO200、24mm相当、5200K/色被り補正+35、明瞭度、自然な彩度など補正

風景として撮ったあと雲が切れるのを待ちましたが、実現することなく21時で撤退を決めました。
星空撮影が目的なのは初めてなのでロケハンにはなりましたが、平成最後の星空撮影はグズグズな
形で終了してしまったので、令和の星空撮影は良いスタートを切りたいと思います。

        

春は確実にやってくる@葉山

Category : 気まぐれ日記
桜に続いては彩り鮮やかなツツジですが、第一弾は昨年が初めてだった「葉山・花の木公園」から。
近所の「太田和つつじの丘」よりも、色とりどりだった印象があって最初に行ってきました

あまり広くはない公園にひしめき合って咲く姿に、ほとんどの人がスマホを向けていました。
隅のほうには八重桜が満開だったので、背景をツツジにしてコラボしてみました。
※すべて4月20日撮影
hym_azalea19a.jpg hym_azalea19b.jpg
左/F6.3、1/500秒、ISO200、70mm相当、5400K/色被り補正+35、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/800秒、ISO200、116mm相当、5500K/色被り補正+40、コントラスト、自然な彩度など補正

空には雲が多めでしたが、色合いが派手なツツジの場合は太陽光でさらに味付けが濃くなって
目がチカチカするよりも、やわらかい感じに仕上がるので、かえって良かったのかも知れません。
hym_azalea19c.jpg hym_azalea19d.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、18mm相当、5200K/色被り補正+35、ハイライト、自然な彩度など補正
右/F4.0、1/1600秒、ISO200、42mm相当、5500K/色被り補正+35、明瞭度、自然な彩度など補正

そういえばツツジの場合はあまり接写をしなくなりました。
特にこの公園では、色の種類があるので接写で単一色にするよりも、ワイドで撮ってみることにしました。
※接写で数種類の色を配置する構図もありますが、思い付かなかったか、ココでは無理だったのかも。
hym_azalea19e.jpg hym_azalea19f.jpg
左/F6.3、1/500秒、ISO200、14mm相当、5400K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F6.3、1/320秒、ISO200、14mm相当、5500K/色被り補正+40、ハイライト、自然な彩度など補正

公園としては広いほうではないですが、役場の前でランドマークだからか、ハイキングの団体客が大勢で
特にツツジに興味を示すでもなく休憩していました。それを避けながらワンパターンにならないように
撮っていたら、時間が経つのが早かったです。
hym_azalea19g.jpg hym_azalea19h.jpg
左/F6.3、1/640秒、ISO200、140mm相当、5500K/色被り補正+40、ハイライト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/1250秒、ISO200、140mm相当、5700K/色被り補正+45、ハイライト、明瞭度など補正

新元号・令和へのカウントダウンとともに大型連休に入りましたが、初日から季節が逆戻りしたような
寒さと冷たい雨で、春を感じられる花々を撮影するには、出鼻を挫かれた形となりました。
それでも春は確実にやってきます。そう思うことにすれば、フォトライフも充実するのではないでしょうか。

        

春めいた星空を求めて

Category : 気まぐれ日記
今月の初めは、前回エントリした桜を土曜日に撮る予定だったので、金曜に仕事から帰ったあとで
星空撮影に出掛けてきました。この時期の天の川が撮りたくて、南房総を考えていたのですが、
激しい暴風だったので断念。行き先を内陸に変更して、構図に富士山が入る朝霧高原へ

最初に立ち寄ったのは田貫湖の湖畔。昨年の11月に何も撮れなかった場所からのリベンジです。
富士山は近くていいですが、方角的に天の川は期待できません。しかし、先に撮影していた人と、
少し後から来た人(いずれも初対面)が天の川狙いだったので、一緒に乗っかってみることに

しかし、天の川が出現する方角の南東から南は、富士宮市街で思いのほか空が明るくて、さらに
花粉なのか、この時期特有の春霞なのか、雲は出ていないのに、どうにもキリっとしない空でした。
せめて水面に映る星を期待しましたが、微風が吹いていてちょっと厳しかったです。
※写真左は午前0時50分ごろ、その30分後が写真右です。実際の空の暗さは同じぐらいでした。
tanukiko19a.jpg tanukiko19b.jpg
左/F2.0、15秒、ISO2500、24mm相当、4200K/色被り補正+48、トーンカーブ補正ほか
右/F2.0、13秒、ISO3200、24mm相当、4200K/色被り補正+45、トーンカーブ補正ほか

街明かりをLightroomで目立たなくして、天の川を炙り出してみましたが、自分のスキルではこれが限界。
写真右の横向きになった天の川、分かりますでしょうか。こんな感じだったので、一緒に撮っていた2名は
午前1時ごろ撤収して、お互い初対面だったのに、連れ立って富士五湖の西湖に向かっていきました。

一人になって、これ以上粘っても…というのと、まだ満足度が低かったので、車で15分ほど走って
初めてのスポット、朝霧アリーナに着きました。駐車場から階段を昇って、広い芝生の広場から撮影。
※クリア感のない空に星を目立たせようと、いつもより色温度を低くしてみました。
a-arena19a.jpg a-arena19b.jpg
左/F2.0、15秒、ISO3200、24mm相当、4300K/色被り補正+45、トーンカーブ補正ほか
右/F1.8、15秒、ISO3200、16mm相当、4100K/色被り補正+50、トーンカーブ補正ほか

天の川はなんとか浮き出てくれましたが、街明かりが明るくてボヤっとした空は、場所を変えても同じ。
しだいに薄雲が出てきたので、午前2時20分ごろ撤収することにしました。
ブログに載せられる写真が少なくなってしまったので、最後の写真で星空の説明画像を作ってみました。

星空が何も撮れずに、待ちぼうけした昨年に比べたらリベンジが果たせたし、初対面の人達との話せて
ある程度の満足感はありますが、この時期特有の空のボヤっと感と街明かりで、成果としてはイマイチ、
いわゆる消化不良な状態です。これを平成最後の星空撮影遠征にするのは心残りなので、連休に
なったら、元号が変わる前に遠征してみたいと思います。行き先は、とりあえず「西湖」にして(笑)

帰りは先月と同じく、足柄サービスエリアで風呂に入って、少し仮眠してから朝7時ごろに帰宅しました。
そのあとで、少し休んでから桜の撮影へと向かったのでした。

        

4年目にして桜と空がバッチリ!

Category : 気まぐれ日記
地元で咲いている今年のソメイヨシノは、満開を少し過ぎて前日には強風が吹いて、やや不安な面も
ありましたが、まだ桜としての満足度が足りなかったので、徹夜明けの疲れは考えないようにして、
一般公開のタイミングだった海上自衛隊・田戸台分庁舎に行ってきました。
※なぜ徹夜明けなのかは、最後に少し書いておきました。

4月6日撮影。
初めて行ったのが2016年で、今年で4年目。昨年は公開日が遅すぎて、寂しく2枚しか撮れなかったし、
ココでは今まで曇天か雨でしたが、今年は抜けるような青空と咲きっぷりが文句なしでした。
tadodai_sa19a.jpg tadodai_sa19b.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO200、76mm相当、5200K/色被り補正+40、コントラスト、自然な彩度など補正
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、30mm相当、5200K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正

近くに駐車場がなくて不便なのか、あまり混雑していなくて写真撮影に向いていました。
とはいえ、敷地は広くないし桜の数も少ないので、条件が揃っていても撮影は困難が伴いました。
tadodai_sa19c.jpg tadodai_sa19d.jpg
左/F5.6、1/2000秒、ISO200、200mm相当、5300K/色被り補正+45、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/1000秒、ISO200、36mm相当、5200K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正

前日の強風で散った花びらが、苔で覆われた庭園で川のように見えたので思わずパシャリ(写真左)。
一昨年に撮ったときの構図を思い出せず、全体的にありきたりの構図が多くなりましたが、桜と空の
コントラストに救われたような気がします。
tadodai_sa19e.jpg tadodai_sa19f.jpg
左/F5.6、1/800秒、ISO200、150mm相当、5600K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正
右/F6.3、1/1250秒、ISO200、80mm相当、5200K/色被り補正+45、明瞭度、自然な彩度など補正

高台で東京湾が見渡せましたが、桜と絡めて撮ろうとすると構図に無理が出てしまうので断念。
建物は一部見学可能なので、あくまでも「桜を撮りにきた」ことを念頭に撮ってみました(写真左)。
最後は名残惜しさから、門の近くの桜を撮って締めくくりました(写真右)。
tadodai_sa19g.jpg tadodai_sa19h.jpg
左/F5.6、1/400秒、ISO200、108mm相当、6200K/色被り補正+45、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/1600秒、ISO200、54mm相当、5200K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正

そして、駐車場に戻ってその周りと近くの中央公園にも行ってみました。
逆光でしたが、雄大な枝っぷりを撮るために、あえて太陽を入れてみました(写真左)。
花見客は少なく閑散としており、写真は撮りやすかったですが、なんだか寂しくなりました(写真右)。
※写真右の構図が撮れる場所で、かなり奇抜な人が自撮りをしていて驚いたことを備忘録として(笑)
cpark_sa19a.jpg cpark_sa19b.jpg
左/F5.6、1/2000秒、ISO200、24mm相当、4800K/色被り補正+40、シャドウ、自然な彩度など補正
右/F6.3、1/1600秒、ISO200、76mm相当、5200K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正

【おまけ】
公園と隣接する横須賀市自然・人文博物館のとある場所からは、ガラス越しで京急の線路が見える
ので、電車が通過するのを待って撮ってみました。
cpark_sa19c.jpg
F5.6、1/640秒、ISO200、300mm相当、5400K/色被り補正+30、コントラスト、明瞭度など補正

この日は土曜日でしたが、前日には星撮りで静岡まで遠征していたので、ほぼ徹夜明けでした。
そのときの成果はイマイチでしたが、次回のエントリで少しだけ出してみようと思います。

今年の桜撮影はこれで終わりになります。
米海軍横須賀基地の一般開放から始まり、走水水源地の施設開放、最後が田戸台分庁舎の一般開放と、
すべてこの時期しか入れない場所から撮ることができて、撮れ高としては少なくても満足できました。
ここ数年、毎年撮っていた「通研通り」とその周辺の桜は、今年は撮りに行くタイミングがありませんでした。
通勤のときに車から毎日見ていたから、それでヨシとしましょうか。

        

施設開放日&ほぼ満開の桜

Category : 気まぐれ日記
毎年、ソメイヨシノが咲く時期は、休みのタイミングでどれぐらい咲いているのかが気になります。
今年の走水水源地が開放されるタイミングでは、蕾が少しあったり、散り始めているところがありましたが、
全体的にはほぼ満開で見頃だったと思いました。
※ここは2週間ごとに水汲みに来ていて、今回がその日でしたが、ボトルを忘れて水汲みができませんでした。

3月31日撮影。9時半ごろ着きましたが、当然ながら駐車場は満車に近い状態でした。
hsrmz_sa19a.jpg hsrmz_sa19b.jpg
左/F5.6、1/1000秒、ISO200、42mm相当、5300K/色被り補正+40、コントラスト、自然な彩度など補正
右/F8.0、1/500秒、ISO200、104mm相当、5300K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正

着いたときは青空もあったのですが、しだいに薄雲が広がってきて風が冷たく感じました。
施設内は樹の保護用に柵があったのと、昼前という時間帯のせいか、シートを広げた花見客は疎らでした。
hsrmz_sa19c.jpg hsrmz_sa19d.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO200、104mm相当、5300K/色被り補正+45、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F6.3、1/500秒、ISO200、200mm相当、5200K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正

施設の端から外に出てから、国道に面した歩道で時間をかけて撮ると、車からの見慣れた風景とは違う、
ちょっと新鮮な気分になれました。できれば、もっとクリアに晴れていて欲しかったのですが。
※下段右、この時期は人通りが多い歩道ですが、ほんの一瞬だけ人が途切れるチャンスがありました。
hsrmz_sa19e.jpg hsrmz_sa19f.jpg
左/F8.0、1/320秒、ISO200、80mm相当、5400K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F6.3、1/400秒、ISO200、270mm相当、5400K/色被り補正+45、明瞭度、自然な彩度など補正

hsrmz_sa19g.jpg hsrmz_sa19h.jpg
左/F5.6、1/500秒、ISO200、240mm相当、5300K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F6.3、1/2500秒、ISO200、180mm相当、5200K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正

すでに存在しない「走水海水浴場」ですが、写真として風景の一部となる看板はあったほうがよいです。
駐車場出口のミラーは狙って撮ったわけではありませんが、桜に囲まれていい感じになりました。
hsrmz_sa19i.jpg hsrmz_sa19j.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、200mm相当、5200K/色被り補正+40、コントラスト、自然な彩度など補正
右/F6.3、1/640秒、ISO200、200mm相当、5400K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正

昨年と同じく、ここまでで1時間半ほどかかりました。
この日までに今年の桜はまだ多くを見ていませんが、ここの桜は散りはじめが早いなと思いました。
ほかのスポットは「まだ散らないで」という思いで、新元号の発表と同じく気になってしまいました。

        

国境を越えて桜見物(^^)/

Category : 気まぐれ日記
この日は午前中に通院だったこともあり、終了後にヴェルニー公園で桜を撮る予定でしたが、早い時間
から駐車場が混雑していて、周りに人が多かったので「日米親善よこすかスプリングフェスタ 2019」で、
米海軍横須賀基地(地元では「ベース」と呼びます)が開放されることを知り、予定を変更しました。

通院が終わってから、駐車場近くの三笠公園内ゲートに向かうと、すでに三笠公園の入口前から行列に
なっていて、戦艦三笠の前で待たされたあと、荷物検査を受けて約45分で会場内に入れました。
cfay1903a.jpg cfay1903b.jpg
左/F5.6、1/400秒、ISO200、34mm相当、5400K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F6.3、1/400秒、ISO200、80mm相当、5400K/色被り補正+40、ハイライト、自然な彩度など補正

最近では、米空母の一般公開のとき基地に入っていて、桜の時期は初めてだと記憶していましたが、
遠い昔に一度だけ来たことを思い出し、人も店も少なくてノンビリ花見が楽しめた記憶が甦りました。
今回は空模様が生憎の曇天でしたが、会場内は人々で埋め尽くされイベントなどで賑わっていました。
※太陽光がなく写真が眠たい感じになりましたが、RAW現像で何とか救済してみました。
cfay1903c.jpg cfay1903d.jpg
左/F5.6、1/640秒、ISO200、72mm相当、5400K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/1000秒、ISO200、24mm相当、5400K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正

1時間近く待って入った時間が遅かったので、すぐ昼になってしまい、どこで食べようか彷徨っていると、
定番「アンソニーのピザ屋」の前は大行列。裏方の調理風景をチラっと、さらに屋台ではTボーンステーキ
を豪快に焼いていたので、その風景もパシャリと。他の店も行列が目立ち、購入を躊躇っていました。
※結局、屋台であまり並ばずに、アメリカを味わえるハンバーガーとドリンク、チリビーンズを購入しました。
cfay1903e.jpg cfay1903f.jpg
左/F5.6、1/125秒、ISO200、54mm相当、6600K/色被り補正+35、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/400秒、ISO200、80mm相当、6600K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正

例年のスプリングフェスタでは、桜の開花とタイミングが合わないことが多かったですが、今年は満開では
なかったものの見頃だったので、予定を変更して入って良かったです。
お腹がいっぱいだったのと、久しぶりに基地内を歩き回って、少しずつ疲れが出てきました。
cfay1903g.jpg cfay1903h.jpg
左/F5.6、1/1000秒、ISO200、80mm相当、5400K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/1600秒、ISO200、70mm相当、5400K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正

基地内にはマクドナルドがあって、日本とはメニューが違うので、珍しさからお客さんで賑わっていました。
最後に入退場口の近く、海に面した桜並木です。これは対岸の三笠公園からも見えますね。
cfay1903i.jpg cfay1903j.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO200、108mm相当、5700K/色被り補正+45、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F6.3、1/800秒、ISO200、270mm相当、5300K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正

このあと、2kmほど歩いて当初の目的だったヴェルニー公園へ。
こちらは昨年も撮っていて構図がワンパターンになりがちですが、基地の桜が存分に撮れたこともあり、
そのへんを気にすることもなく、なんだかオマケのような感覚で撮っていました。
verny1903a.jpg verny1903b.jpg
左/F5.6、1/1250秒、ISO200、34mm相当、5300K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/640秒、ISO200、72mm相当、5400K/色被り補正+45、明瞭度、自然な彩度など補正

すぐ近くのショッパーズプラザが3月末で改装のため一年ほど休業するということで、その建物を絡めた
構図で撮れば良かったと今さらながら思いました。昨年は撮っていたのに(笑)
休業前の閉店セールには行かなかったし、今回も目の前を通ったのに何故か足が向きませんでした。
verny1903c.jpg verny1903d.jpg
左/F8.0、1/640秒、ISO200、80mm相当、5300K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F8.0、1/640秒、ISO200、180mm相当、5400K/色被り補正+45、明瞭度、自然な彩度など補正

ここから駐車場まで2kmぐらいあるので、バスに乗ろうと思いましたが、駐車場近くを経由するバスが早朝
だけというオチ。仕方なく歩きましたが、目の前じゃなくても近くのバス停まで行けば良かったのだと、
またしても気付くのが遅れました・・・。結局、トータルで15,000歩以上歩きました。

曇天だったとはいえ、滅多にない基地に入れるチャンスに見頃の桜が撮れて、疲れましたが楽しめました。
基地内があれほど賑やかだとは思わなかったので、一人で撮っているより何人かで行きたいと思いました。

        

年度末のリセット旅

Category : 気まぐれ日記
まもなく年度末を迎えるということで、今年は飛び石連休だった22日に休みをとって、毎年恒例となった
パワースポットで充電のプチ旅に行ってきました

今年は3月いっぱいで17年半ほど在籍した職場に別れを告げて、4月から新たな職場でゼロからの
スタートになるので、積もる思いをリセットして気持ち良くスタートが切れるようにと、特別な思いで
茨城県・鹿島神宮にしました。途中で渋滞して遅れて着きましたが、参道を歩くと気持ち良かったです。
※写真右の鹿園(ろくえん)では、エサを買わなかったので外側のフェンスから離れて撮りました。
kashima19a.jpg kashima19b.jpg
左/F6.3、1/500秒、ISO200、34mm相当、5300K/色被り補正+40、ハイライト、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/500秒、ISO200、300mm相当、6100K/色被り補正+40、コントラスト、白レベルなど補正

参道ではパワーを受けながら歩いて、奥宮(写真左)では裏手の御神木でもパワーを授かり、
さらに歩いて御手洗池(写真右)へ。池の水の透明度に気持ちまで洗われた感覚でした。
kashima19c.jpg kashima19d.jpg
左/F5.6、1/40秒、ISO200、54mm相当、6000K/色被り補正+45、ハイライト、自然な彩度など補正
右/F2.8、1/40秒、ISO200、24mm相当、6000K/色被り補正+15、ハイライト、明瞭度など補正

遅れて着いたとはいえ、足早に済ませては来た意味が半減するので、慌てずしっかりパワーをいただき、
続いて次の目的地までの途中にあった大洗磯前(おおあらいいそさき)神社に立ち寄りました。
isosaki19a.jpg
F6.3、1/1250秒、ISO200、34mm相当、5300K/色被り補正+35、コントラスト、明瞭度など補正

この神社はアニメの聖地だそうですが、そんなことは知らず3年前に少しだけ「神磯の鳥居」で星を
撮っていて、そのときは本殿を参拝しなかったので、今回はあらためて訪れることができました。
もちろん昼間の「神磯の鳥居」も見てきましたが、潮が引いていて波も穏やかで迫力ありませんでした。
isosaki19b.jpg isosaki19c.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、30mm相当、5300K/色被り補正+40、シャドウ、自然な彩度など補正
右/F6.3、1/2000秒、ISO200、32mm相当、5300K/色被り補正+40、コントラスト、自然な彩度など補正

この時点でお昼を過ぎていて、少し歩けば周辺にお店があったのに、次の目的地で食べればいいと
思ったのが失敗でした。ということで、車で5分ほどでアクアワールド茨城県大洗水族館に着きました。
※着いてすぐにフードコートで食事をとりましたが、見晴らしは良かったものの落ち着かなかったです。
aquaw-o19a.jpg aquaw-o19b.jpg
左/F5.6、1/1000秒、ISO200、34mm相当、5300K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正
右/F6.3、1/800秒、ISO200、58mm相当、5100K/色被り補正+35、コントラスト、明瞭度など補正

館内は思いのほか広くて、平日でも賑わっていました。
大水槽ではイワシの群れの下で悠然と泳ぐエイのシルエット(写真左)、タカアシガニの上にちょこんと
乗ったメバルが可愛らしかったです(写真右)。
※写真右はオートフォーカスが効かずにマニュアルフォーカスですが、難易度が高かったです。
aquaw-o19c.jpg aquaw-o19d.jpg
左/F2.8、1/200秒、ISO1000、34mm相当、4300K/色被り補正+55、ハイライト、自然な彩度など補正
右/F2.8、1/6秒、ISO800、80mm相当、6000K/色被り補正+75、コントラスト、シャドウなど補正

マンボウは水の流れに委ねるだけでしたが、動きは予測がつかず微妙に被写体ブレしました(写真左)。
ならばと開き直って、動きのある派手な魚を流し撮りしましたが、かなり難しかったです(写真右)。
aquaw-o19e.jpg aquaw-o19f.jpg
左/F2.8、1/30秒、ISO800、64mm相当、4800K/色被り補正+60、コントラスト、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/5秒、ISO200、80mm相当、4500K/色被り補正+60、明瞭度、自然な彩度など補正

最後はイソギンチャクに群がるクマノミ。「ニモ」といったほうが通じるでしょうか。
館内が広くて歩き疲れましたが、なんだかこれで癒されました。
aquaw-o19g.jpg
F5.6、1/80秒、ISO640、80mm相当、5200K/色被り補正+45、コントラスト、自然な彩度など補正

このあと、新しくできたスパ施設「岩盤温浴リゾート・ココプララ」でノンビリしてから帰りました。
内風呂や露天風呂がありましたが、健康ランドには定番のアカスリがなく、岩盤浴がウリの施設でした。
中学生以下は入れないので、そこそこ混んでいましたが落ち着いていて過ごせました。
施設を出たのが22時半ごろになってしまい、昼間の暖かさから一転、気温9度で湯冷めしそうでした。

これを機に心機一転できるほど甘くはないと考えていますが、今週末には見頃になるという桜
を愛でながら、そして、もがきながら過ごしてみようと思います。

        

爪木崎ふたたび

Category : 気まぐれ日記
今月はCP+で平日に休んだばかりだったので、その翌週の星撮り遠征は、金曜に仕事から帰ったあとで
出撃しました。到着が遅くなるので、初めての場所は避けて、先月と同じ爪木崎をセレクトしました。
着いたのは24時少し前、先月撮ったオリオン座はすでに西の空に沈んでいました。
※土曜日なら昼間に出発できましたが、帰ってから疲れてしまうので金曜日にしました。

今回は先月とは逆ルートの海水浴場から灯台に向かいました。
満天の星空でしたが、星座が何だか分からず撮っていました。あとで調べたら、写真左は
「おとめ座」と「てんびん座」の一部でしょうか。灯台の真下(写真左)からは、さらに分かりません。
唯一、分かったのは「こと座のベガ」(織姫星)でしょうか。
※写真右、方角は東ですが北の光害が強烈に影響しています。
tsumeki193a.jpg tsumeki193b.jpg
左/F2.0、30秒、ISO3200、24mm相当、4550K/色被り補正+50、白レベル、トーンカーブなど補正
右/F2.0、25秒、ISO3200、24mm相当、4300K/色被り補正+50、白レベル、トーンカーブなど補正

先月とは時間帯が違うので見える星座も違いますが、星景写真なので構図がなるべく同じに
ならないようにしました。灯台の真下から見上げると、北斗七星が灯台の近くに見えました(写真左)。
灯台の真下は思いのほか風当りが強く、心が折れそうになりましたが、夏の天の川が出現する時間帯
なので、インターバル撮影しながら根気よく待ちました(写真右)
※写真右は午前2時半、さそり座と木星が天の川を連れて昇ってきたところです。
tsumeki193c.jpg tsumeki193d.jpg
左/F2.0、30秒、ISO3200、24mm相当、4700K/色被り補正+45、ハイライト、トーンカーブなど補正
右/F2.0、30秒、ISO3200、24mm相当、4500K/色被り補正+45、明瞭度、トーンカーブなど補正

特に目的を決めないまま、Fisheyeレンズに替えたあともインターバル撮影を続けて枚数だけは多くなり
ましたが、どう料理するかはこれから考えるとして、待ちに待った夏の天の川が見えてきました(写真左)。
インターバル撮影を終えて灯台をあとにしたら、灯台に向かって撮影している人が数多くいました。
振り返ってみると灯台と天の川がナイスな感じ。ただ雲が出てきてしまったので、少しだけ撮って
撤収することを決断しました(写真右)。
※このとき、午前3時半。風が強かったので、少し待てば雲は取れてきましたが、眠かったので(笑)
tsumeki193e.jpg tsumeki193f.jpg
左/F1.8、25秒、ISO3200、16mm相当、4500K/色被り補正+45、白レベル、トーンカーブなど補正
右/F2.0、25秒、ISO3200、24mm相当、4500K/色被り補正+40、ハイライト、トーンカーブなど補正

1ヶ月後の再訪ということで、初めてのような感動がなく、採用できた写真が少なくなってしまいました。
今回、インターバル撮影を続けてみて、今まで漠然と「あったらいいな」だった赤道儀が欲しくなりました。
季節は春を迎え、空気が澄んでいた冬のように、綺麗な星空は期待できないかも知れませんが、一歩を
踏み出すという意味で本気で検討しようと思います。

帰りは天城越えして足柄サービスエリアに向かいましたが、途中で夜が明け、のんびり風呂に入ることが
できたのは6時過ぎていました。とても長い一日だったような気がしました。

        

田浦・梅の里2019

Category : 気まぐれ日記
三浦海岸の河津桜と、ほぼ同時期の「田浦・梅の里」。こちらは山の上だからか、一週間ずらしたら
ちょうど見ごろでした。ただ、CP+の翌日ということで、登山に耐えられる体力があるのか不安でした。
昨年はCP+の翌日だからという理由で、葉山で妥協していたので、2017年以来となりました。

今年も今までと同じ手段で向かいましたが、少し出遅れていつもの1本後の電車でした
登山口では梅と京急を撮るのが「お約束」になっていて、今年は撮影場所を変えてみたら、
電車を大きく写すことができました。ただ、このときは気付いていなかったか、忘れていたかで、
桜と違って花が少ない梅なのに前ボケにしてしまったのが心残りでした。
※梅にピントを合わせたのも撮りましたが、そちらは電車が小さかったのでボツです(泣)
taura_ume19a.jpg
F5.6、1/800秒、ISO200、300mm相当、5300K/色被り補正+40、コントラスト、自然な彩度など補正

目的地の展望塔まで、まだ3分の1ぐらいでしたが紅梅が咲いていたのがココだけなので、
思わずパシャリと。今年は快晴に恵まれてラッキーでした。梅を撮るのが難しいと感じるのは、
花が密集していないからでしょうか。欲張って背景に凝ると、目で見たイメージと違ってしまいます。
taura_ume19b.jpg taura_ume19c.jpg
左/F6.3、1/640秒、ISO200、62mm相当、5400K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/1600秒、ISO200、26mm相当、5200K/色被り補正+45、シャドウ、自然な彩度など補正

何回も歩いているルートですが、どこなら今までと違う構図で撮れるかを探すのも面白いです。
その正解がないので、辛い思いをしてまで来てしまうのでしょうね。
※長く続く階段に耐えられるか、自分の体力を確認するためにも続けていきたいです。
taura_ume19d.jpg taura_ume19e.jpg
左/F6.3、1/640秒、ISO200、54mm相当、5400K/色被り補正+45、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F5.6、1/12000秒、ISO200、126mm相当、5200K/色被り補正+50、ハイライト、自然な彩度など補正

ようやく展望塔の近くまで辿り着いたところで、ピンクの梅が出迎えてくれました。
横須賀の最北端にある遠くのガントリークレーンが、ピンクの梅と青い空にマッチしていました。
taura_ume19f.jpg taura_ume19g.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、200mm相当、5400K/色被り補正+40、コントラスト、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/1000秒、ISO200、120mm相当、5400K/色被り補正+45、ハイライト、自然な彩度など補正

横浜横須賀道路からも見える「田浦梅の里」の看板、ただ撮るだけだと説明チックになってしまうので、
ちょうど散乱してきた雲と、看板の前で寛ぐ人達をワンポイントで入れてみました(写真左)。
もちろん、展望塔に登る前は後方にあった梅も、構図を考えながら撮ってみました(写真右)。
taura_ume19h.jpg taura_ume19i.jpg
左/F6.3、1/2000秒、ISO200、30mm相当、5500K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正
右/F8.0、1/800秒、ISO200、44mm相当、5400K/色被り補正+40、コントラスト、自然な彩度など補正

最後は展望塔に登ったところから。晴れていたとはいえ、遠くの景色は霞んでいたように思います。
毎年同じ構図なので、超望遠レンズなら何か変わるかも知れませんが、これだけのために重量増にして
登山するのも違うと思うので、LightroomによるRAW現像で味が出せればと思いました。
taura_ume19j.jpg taura_ume19k.jpg
左/F6.3、1/2000秒、ISO200、300mm相当、5400K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正
右/F6.3、1/800秒、ISO200、300mm相当、5400K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正

いつもより登山が30分ほど遅くなり、展望塔のまわりには人が増えてきました。
駅に着くころは昼を過ぎていましたが、飲食店が全くないのがこの地域のネックですね。
これから向かう人に、弁当を売っているところを聞かれ、「残念ながら」という答えになりました。
飲食店は無理だとして、梅まつりの期間中だけでも弁当販売ぐらいすればいいのにと思いました。

        

CP+2019@横浜

Category : 気まぐれ日記
「カメラと写真映像のワールドプレミアショー シーピープラス」
(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2019)を見るため、今年もパシフィコ横浜に行ってきました。
今年も平日狙いで仕事を休んで金曜日に行ってきましたが、かなり混んでいました。
2012年2013年2014年2015年2016年2017年2018年

会場までの手段など、すべて昨年と同じでしたが、高速バスで事故渋滞に遭って20分遅れでした。
それでも駅構内でのコーヒータイムは、参戦する前の準備としてしっかりと。
今年は曇っていたのと建物に足場が設置されていたので、会場の外観は撮影せず、
開始30分ほど前の入場待ちの写真から始まります。
cpp1901.jpg
F2.8、1/100秒、ISO800、80mm相当、4900K/色被り補正+45、明瞭度、彩度など補正

最初に向かったのはオリンパスブース。ほかの大手メーカーが会場奥に広大なスペースを確保していた
のに対し、出入口からわりと近くで「ちょうどいい広さ」で頑張っていました。
今年はE-M1X推しで、超望遠レンズも参考出品されていましたが、どちらも手が出ないので、カメラ内
センサーの動きが見られる手ぶれ補正体験や、カメラ内でNDフィルター処理ができる機能を見てきました。
cpp1902.jpg cpp1903.jpg
左/F5.6、1/50秒、ISO400、34mm相当、5800K/色被り補正+60、ハイライト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/50秒、ISO400、48mm相当、5400K/色被り補正+60、ハイライト、明瞭度など補正

新たに発表されたPROシリーズではない、高倍率ズームレンズも見てきました。
14-150mm/F4-5.6を持っていったので、自分のSDカードで撮り比べさせていただきました。
cpp1904.jpg cpp1905.jpg
左/F5.6、1/125秒、ISO200、90mm相当、0.0EV、AWB ※12-200mm/F3.5-6.3で撮影
右/F5.4、1/125秒、ISO200、90mm相当、0.0EV、AWB ※14-150mm/F4.0-5.6で撮影

ブログ用写真の制限で75%にリサイズしたので、比較には無理がありますが、クリックで大きいサイズが
表示されます。展示用カメラでの撮影で、JPEGのみ保存だったので一切補正していない撮って出しです。
現行品で撮影したほうは、拡大すると微妙にピントが合っていないですが、撮影者の技量とカメラ性能が
関係しているので、さらに比較が難しいかも知れません・・・。

午前中は他のブースを写真は撮らずにザックリと見て回り、少し早めに食事をとることにしました。
昨年に比べて、2階の飲食店が大きく変わっていて、楽しみが一つ減ってしまいました(笑)
昼食後の徘徊では、Vixenブースで赤道儀の参考出品に興味が惹かれました。
発売するのかも未定だそうですが、待ったほうがいいのか、他メーカー品に手を伸ばすのが先か
cpp1906.jpg cpp1907.jpg
左/F2.8、1/50秒、ISO400、56mm相当、6000K/色被り補正+60、シャドウ、明瞭度など補正
右/F2.8、1/125秒、ISO400、62mm相当、6000K/色被り補正+60、シャドウ、白レベルなど補正

ほかにも興味のあるブースに絞って見ましたが、動きのあるドローンのデモだけ写真を撮ってしまいました。
写真右の大きいドローンは、撮っていて風圧を感じました。搭載しているカメラも本格的でした。
cpp1908.jpg cpp1909.jpg
左/F2.8、1/80秒、ISO640、80mm相当、6600K/色被り補正+60、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F2.8、1/80秒、ISO640、72mm相当、6600K/色被り補正+60、コントラスト、ハイライトなど補正

あとはオリンパスブースで3種類と、AdobeブースでLightroomをテーマにしたトークイベント
を2種類聴いてきました。オリンパスブースでは、PROレンズの魅力を作例とともに説明してくれました。
基本的なことでしたが、「分かっているつもり」な部分があって復習になりました。
cpp1910.jpg cpp1911.jpg
左/F5.6、1/320秒、ISO640、24mm相当、6000K/色被り補正+45、コントラスト、シャドウなど補正
右/F5.6、1/400秒、ISO640、32mm相当、6000K/色被り補正+40、ハイライト、明瞭度など補正

最近は星景写真以外もLightroomを使うようになったので、AdobeブースでのLightroomのセッションは、
基本的なことでも聞きごたえがありました。現在は買い切りタイプのを使っていますが、近いうちに
サブスクリプションタイプを導入しようかと考えるようになってきました。
cpp1912.jpg cpp1913.jpg
左/F5.6、1/40秒、ISO640、24mm相当、5600K/色被り補正+15、ハイライト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/125秒、ISO640、24mm相当、5600K/色被り補正+20、シャドウ、明瞭度など補正

オリンパスブースに戻って、「コムロミホが語る 旅スナップの魅力」。いわゆる紀行ものですが、旅先の
紹介もほどほどに、その人の世界観とともに表現するためのヒントが聴けました(写真左)。
最後は自然星景と都市星景をテーマにしたトークバトルでした。いまのスタイルは自然星景が中心ですが、
手軽に楽しめるわりに難易度が高い都市星景のほうにも、トークの面白さで引き込まれました(写真右)
cpp1914.jpg cpp1915.jpg
左/F5.6、1/125秒、ISO400、42mm相当、6400K/色被り補正+60、コントラスト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/100秒、ISO400、34mm相当、6400K/色被り補正+60、ハイライト、シャドウなど補正

最後が星景写真がテーマということで、星撮影の仲間とバッタリ。CP+の閉会が迫る音楽が流れるなか、
そのまま一緒に食事することになり、会場外の夜景は撮りませんでした。
今回も空き時間でフォトアクセサリーのアウトレットに行きました。高価なものや、持ち帰るのが大変なもの
をスルーしていたら、ミニ三脚のサイズにちょうどいいベルボンの袋があって、500円で購入しました。

そして、恒例の「特別篇」もありますので、興味があれば見て行ってくださいませ

→続きを読む

        
プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活に疲れ気味な独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR