すっかり秋の夏休みは東北へ(9月27日)

Category : たま~に放浪記
この日は緊急地震速報で早朝に起こされ、朝風呂を済ませて朝食の会場に行くと早くも満席状態。
順番待ちしている間、中庭に出て清々しい空気を吸い込み、今日も天気に恵まれたことに感謝して、
無料コーヒーをいただいていると、7時半ごろ呼ばれました。もちろん洋食で美味しくいただきました。
170927terrace.jpg 170927breakfast.jpg
左/F6.3、1/500秒、ISO200、24mm相当、-1.3EV、AWB/A-2/G-1、Vivid
右/F2.8、1/40秒、ISO200、42mm相当、-0.3EV、AWB/A+5/G-1、Vivid

昨日行けなかったところがあったので、予定より30分早く出発して、高いところから十和田湖が見下ろせる
発荷峠(はっかとうげ)展望台へ。見渡せる範囲は超広角で足りましたが、大きな湖の全体を見るには、
もう少し高い場所が必要そうです。わずか15分程度でしたが、天気が良くて気持ちが良かったです。
170927hakka1.jpg 170927hakka2.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、14mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、Vivid
右/F6.3、1/800秒、ISO200、98mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、Vivid

パノラマ用にも撮ったので繋げてみました。
170927hakka3.jpg
F6.3、1/1000秒、ISO200、24mm相当、-0.3EV、AWB/A-4/G-1、Vivid ※4枚をパノラマ合成

ホテルからココまでが秋田県で、同じ十和田湖でも次の目的地は青森県。
休屋(やすみや)北駐車場に停めて、少し歩いて十和田神社へ。小さめな拝殿でしたが、杉並木の中に
不思議なパワーが感じられるスポットでした。
170927towadaj1.jpg 170927towadaj2.jpg
左/F5.6、1/125秒、ISO200、24mm相当、-2.0EV、AWB/A+2/G+2
右/F6.3、1/125秒、ISO200、24mm相当、-0.7EV、AWB/A+2/G+1

この神社には、さらに「占場」というスポットがありますが、社務所には落石により立入禁止と書かれて
いて、途中までは行けるそうなので、急な階段をのぼってみると木々に囲まれたところに出ました。
視界は開けておらず、一番高いところから辛うじて湖が見えました(写真左)。
続いて、神社から湖畔に出たところに「乙女の像」(写真右)。噂によると、ここが心霊スポットなのだとか。
※占場には断崖絶壁をチラっと見えた鉄はしごで降りるようで、観光気分では危険なので通行禁止にしたのかも。
170927towadaj3.jpg 170927otome.jpg
左/F6.3、1/640秒、ISO200、80mm相当、-1.3EV、AWB/A+2/G+2
右/F6.3、1/1250秒、ISO200、44mm相当、-1.0EV、AWB/A-2/G-1、Vivid

いろいろ歩き回って1時間半ぐらい。今回の旅はココまでで、あとは80分ほどかけて八戸まで行って、
12年前にも利用したスパ施設でのんびり&時間調整して、16時半過ぎに帰路につきました。

途中、夕食のための休憩を含め、5ヶ所のサービスエリアで休憩をして、途中で降り始めた雨は朝になって
首都高に入ったあたりで強くなりましたが、9月28日(木曜)の朝7時に無事帰宅しました。
※左ワイパーのゴムがスッポ抜けるハプニングがありましたが、その日のうちにディーラーで補修しました。

出発時に満タン給油して、732kmの距離を無給油で帰宅できたのは奇跡的かも。
総走行距離は1750kmでした。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

        

すっかり秋の夏休みは東北へ(9月26日)

Category : たま~に放浪記
この日に予定していたスポットは少ないものの、時間がかかりそうだから早い出発を。
と考えたら、やや寝坊した感もありました。それでも朝風呂にしっかり入って、朝食はあらかじめ用意
された箸休めのおかずに、ビュッフェ形式がプラスされたものでした。
※朝食がビュッフェ形式の場合、いつも洋食を選択しますが、箸休めが和食だったので和洋折衷で選択!
170926hakuchoza.jpg 170926breakfast.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、26mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G-1、Vivid
右/F2.8、1/100秒、ISO200、30mm相当、-0.3EV、AWB/A+5/G-1、Vivid

ホテルを出発してから、80分ほどで最初の目的地に着きました。
酸ヶ湯温泉の千人風呂は12年前に入ったのでパスして、そこから近い地獄沼で少しだけ撮影タイム。
正面の山が八甲田山で、標高が900mぐらいだと、すでに紅葉が始まっていました。
170926jigokunuma1.jpg 170926jigokunuma2.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、26mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G-1、Vivid
右/F2.8、1/100秒、ISO200、30mm相当、-0.3EV、AWB/A+5/G-1、Vivid

15分ほど撮って次の目的地へ。12年前は宿泊した蔦温泉には、一軒宿を取り囲むように当時は
気付かなかった「蔦野鳥の森」というハイキングコースがあって、6種類の沼めぐりが楽しめるというので、
1時間ほどの予定でひと汗かいてみることにしました。まずは最も大きい「蔦沼」から。
170926tsuta1.jpg 170926tsuta2.jpg
左/F6.3、1/400秒、ISO200、14mm相当、-0.7EV、AWB/A-3/G-1、Vivid
右/F6.3、1/50秒、ISO200、20mm相当、-1.0EV、AWB/A+2/G+2、Vivid

この蔦沼が紅葉で染まったJRのポスターがあるようですが、見たことなくてどこから撮るのか
分からなかったので、先入観なく撮れました。続いて、小さくて気付きにくい「鏡沼」へ。
※写真右には、分かりにくいですが手前の倒木にクワガタがいました。クリックして拡大してみてください。
170926kagami1.jpg 170926kagami2.jpg
左/F6.3、1/400秒、ISO200、14mm相当、-0.7EV、AWB/A-3/G-1、Vivid
右/F6.3、1/50秒、ISO200、20mm相当、-1.0EV、AWB/A+2/G+2、Vivid

続いて200mほど先にあった、わりと近めの「月沼」へ。
沼まで出れば少し開けていますが、それまでは森の中なので森林浴も楽しめました。
170926tsuki1.jpg 170926tsuki2.jpg
左/F6.3、1/200秒、ISO200、22mm相当、-1.3EV、AWB/A+2/G+2
右/F6.3、1/1600秒、ISO200、18mm相当、-2.3EV、AWB/A-2/G-1、Vivid

コースは平坦な道が続いていたと思いきや、やや起伏が出始めてハイキング感を味わえました。
続いて「長沼」です。ここでスタートから1時間が経ち、撮り歩きは時間がかかることを実感しました。
170926naga1.jpg 170926naga2.jpg
左/F6.3、1/200秒、ISO200、44mm相当、-1.3EV、AWB/A+2/G+3、Vivid
右/F6.3、1/800秒、ISO200、18mm相当、-1.7EV、AWB/A-2/G-1、Vivid

続いて「菅沼」は、沼に近づくために一旦コースを外れることになり、分かり難くて通過しそうでした。
写真右は水面の映り込みが見事だったので、さざ波が収まるのを待って撮りました。
170926suga1.jpg 170926suga2.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO200、18mm相当、-1.3EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish
右/F6.3、1/250秒、ISO200、14mm相当、-1.0EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish

最後に「瓢箪沼」。今までと違って沼が小さくて少し離れていたので、構図選びが慎重になりました。
170926hyotan1.jpg 170926hyotan2.jpg
左/F6.3、1/200秒、ISO200、18mm相当、-2.0EV、AWB/A+2/G+2
右/F6.3、1/320秒、ISO200、58mm相当、-1.7EV、AWB/A+2/G+3

ひととおり回って一軒宿の前に出たときは、スタートから2時間が経っていました。
看板には「一周2.9km、ゆっくり歩いて1時間半」と書いてあり、やや見積もりが甘かったです。
汗かいたので日帰り入浴したかったですが、次の時間を考えて食事だけとることにしました。
B級グルメの「十和田バラ焼き」定食です。疲れた体に美味しい肉を味わい、スタミナチャージできました。
170926lunch.jpg
F2.8、1/50秒、ISO200、30mm相当、-0.7EV、AWB/A+5/G-1

そして次の目的地、奥入瀬渓流に向かいました。
まずは「石ヶ戸(いしげど)休憩所」の近くに車を停めて、近くから路線バスに乗りました。
このバス、先ほど蔦温泉で数分間停車していて、先に出発した便でした。
追い越したことになるので、途中の奥入瀬渓流館あたりで停車していたときでしょうか。
※この路線バスが1時間に1本だったため、乗り遅れたら大変ということでしたがギリギリ間に合いました。

2つ先のバス停「雲井の滝」で降りて、来た道を撮り歩いて戻りました。距離にして2.9kmだそうです。
まずは「雲井の滝」(写真左)、続いては「飛金の流れ」(写真右)です。
バスが来る時間までが短く、慌ててしまい三脚を持ち出せなかったので撮影に難航しました。
170926kumoi_fall.jpg 170926tobigane.jpg
左/F8.0、1/6秒、ISO100、44mm相当、-1.7EV、AWB/A-2/G-1
右/F8.0、1/6秒、ISO200、34mm相当、-1.0EV、AWB/A+2/G+2

続いて、有名な「阿修羅の流れ」(写真左)です。12年前に撮ったときに満足できなくて、今回は
ここだけND32フィルタを使いましたが、やや暗くてやはりイマイチな感じになってしまいました。
そして滝でも川でもない「馬門岩」(写真右)。すでにバスを降りてから1時間以上が経っていました。
※阿修羅の流れなどで、観光バスや旅館のバスが客をおろさずに、狭い道路で駐車して塞ぐのはNGだと思います。
170926ashura.jpg 170926makado.jpg
左/F5.6、1/2.5秒、ISO200、80mm相当、-1.0EV、AWB/A-3/G-1
右/F4.0、1/15秒、ISO200、24mm相当、-1.0EV、AWB/A+2/G-1

続いて特に名前がない流れを、ダイナミックなところと穏やかなところで対比してみました。
適切なシャッタースピードが少し分かったところで、カメラの手ブレ補正に助けられました。
170926oirase1.jpg 170926oirase2.jpg
左/F8.0、1/3秒、ISO100、36mm相当、-0.7EV、AWB/A-2
右/F5.6、1/15秒、ISO200、46mm相当、-1.0EV、AWB/A-2/G-1

170926oirase3.jpg 170926oirase4.jpg
左/F8.0、1/2.5秒、ISO100、24mm相当、-0.7EV、AWB/A-2/G-1
右/F6.3、1/20秒、ISO200、52mm相当、-1.0EV、AWB/A+2/G+1

最後に撮った写真から後ろを振り向くと「石ヶ戸」がありました。
170926ishigedo.jpg
F6.3、1/10秒、ISO320、52mm相当、-1.3EV、AWB/A+2/G+1

何やら人が多くなってきたと思ったら、スタート地点の「石ヶ戸休憩所」に戻ってきたようで、ツアー客で
混雑していました。バスを降りてから2時間ほど歩いて、16時を過ぎてしまったので、次の目的地を
明日に持ち越すことにして、十和田湖畔の「十和田プリンスホテル」に向かいました。

夕食はレストランのコース料理。宿泊代がお手頃だったので、料理をグレードアップしました。
美味しくいただきましたが、どうもコース料理というと気取っていて自分には向いていないかも知れません。
170926dinner1.jpg 170926dinner2.jpg
左/F2.8、1/25秒、ISO200、30mm相当、-0.3EV、AWB/A+4、Vivid
右/F2.8、1/40秒、ISO200、34mm相当、-0.3EV、AWB/A+4/G-1、Vivid
左:陸奥湾産帆立とカンパチの軽い燻製、彩り野菜とピュレのソース
右:南瓜とアピオスのポタージュ、カプチーノ仕立て ※アピオスはジャガイモより鉄分が4倍など、栄養価たっぷりの食材

170926dinner3.jpg 170926dinner4.jpg
左/F2.8、1/25秒、ISO200、42mm相当、-0.7EV、AWB/A+4/G-1、Vivid
右/F2.8、1/15秒、ISO200、40mm相当、-0.3EV、AWB/A+4/G-1、Vivid
左:十和田湖ひめますのヴィエノワーズ風、アンチョビとバターのソース
右:国産牛ロースと岩手がものロティ、青森産カシスのソース

170926dinner5.jpg
F2.8、1/25秒、ISO200、40mm相当、-0.3EV、AWB/A+4/G-1、Vivid
青森産林檎のコンポート、獄きみのソルベを添えて ※獄(だけ)きみは、青森県産のブランドとうもろこし

風呂は済ませていましたが、食事の開始時間が19時からで、さらにコース料理だったので、
食べ終わったのが20時を過ぎていました。
このあと星空撮影に出掛けましたが、この日は月の沈む時刻が21時半ごろなので、一旦部屋に戻って
わりと余裕を持って準備しました。その模様は、「→続きを読む」のところにまとめました。

→続きを読む

        

すっかり秋の夏休みは東北へ(9月25日)

Category : たま~に放浪記
9月が終わりに近づいて、やっと夏休みになったので、今年は東北までロングドライブ
行き先は青森県に絞りました(後からコースの一部に秋田県が含まれていたことが発覚)。
昨年の夏は雨で撃沈した星空撮影、今年も懲りずにそれ目当てで宿を決めたら、青森県の一択でした。
青森県は12年前に初めて観光で行って今回が2回目。干支のひと回りが運命的だと思いました。

出発は24日(日曜)の夕方。出発から5kmでの渋滞は、春の大型連休と同じで学習できていませんが、
都心はスムーズに抜けられ、約2時間後に最初の休憩で夕食をとり、トータル6ヶ所で休憩して、
最初の目的地に着く前にコンビニ朝食を済ませ、朝8時前には岩木山神社(いわきやまじんじゃ)に到着。
170925iwakiyama1.jpg 170925iwakiyama2.jpg
左/F5.6、1/500秒、ISO200、34mm相当、-0.3EV、AWB/A+1/G-1
右/F5.6、1/40~60秒、ISO200、24~28mm相当、-1.0~-1.3EV、AWB/A+3/G-1 ※2枚を統合

鳥居の延長上には岩木山(いわきさん)がありますが、朝は山頂に雲がかかって見えませんでした。
楼門のそば、石柵につかまるポーズで2体の狛犬がいました。頭を上にしたほうが金運アップ、
逆立ちしているほうが恋愛運アップのパワーを与えてくれるそうです。

そして、本殿とともにパワーがあるといわれる手水舎。さらに、本殿で受けたパワーが強すぎて、邪気など
も受けやすくなるそうなので、脇にある「白雲大龍神」も参拝して、はじめてパワーが活かせるそうです。
170925iwakiyama3.jpg 170925iwakiyama4.jpg
左/F5.6、1/40秒、ISO200、30mm相当、-1.3EV、AWB/A+2/G-1
右/F8.0、1/8秒、ISO100、24mm相当、-0.7EV、AWB/A+2、コントラスト+2

170925iwakiyama5.jpg
F5.6、1/40秒、ISO200、62mm相当、-0.7EV、AWB/A+2/G+1

続いて岩木山への登山。神社からの登山道がありますが、ココは楽をするために津軽岩木スカイライン
で8合目(1247m)まで行って、さらにリフトで9合目(1470m)までのぼりました。
※写真左、すでに雲の中だった駐車場からの眺め。振り返ると山に沿ってのびるリフトのルート(写真右)。
170925iwakisan1.jpg 170925iwakisan2.jpg
左/F6.3、1/2000秒、ISO200、30mm相当、-1.3EV、AWB/A-2/G-1、Vivid
右/F6.3、1/400秒、ISO200、40mm相当、-0.7EV、AWB/A+2/G+1

9合目はさらに視界が悪く頂上(1625m)が見えないレベルでしたが、一瞬だけ晴れ間が広がると険しい
登山道が確認できました。軽い気持ちでの登山は厳しいと事前に調べてあったので、これより先の登山
は予定しておらず、写真だけ撮って満足しました。
170925iwakisan3.jpg 170925iwakisan4.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、14mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、42mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、Vivid

今回の旅では海を見ることはないはずでしたが、方角は北西なので遠くに日本海が見えました。
パノラマ写真に仕上げるために、数枚を撮影してつなげてみました。
170925iwakisan5.jpg
F6.3、1/1600秒、ISO200、24mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、Vivid
※位置をずらして撮影した6枚をMicrosoft Image Composite Editorで合成

続いて、津軽藩ねぷた村へ。
ひととおり見てまわったあと、津軽三味線の生演奏があったので、聞き入ってしまいました。
その後はちょうど昼だったので、エリア内の食事処で「貝焼き味噌とけの汁定食」をいただきました。
グルメっぽさはなく、B級グルメでもない、ザ・郷土料理といったヘルシーな感じでした。
170925neputa1.jpg 170925neputa2.jpg
左/F6.3、1/2500秒、ISO200、24mm相当、-1.3EV、AWB/A-3/G-1、Vivid
右/F2.8、1/1250秒、ISO640、14mm相当、-2.3EV、AWB/A+5/G-1、Vivid

170925neputa3.jpg 170925neputa4.jpg
左/F5.6、1/80秒、ISO200、14mm相当、-1.3EV、AWB/A+6/G-2、i-Finish
右/F2.8、1/60秒、ISO640、80mm相当、-1.7EV、AWB/A+4/G-2
※津軽三味線の生演奏は写真撮影可でしたが、動画(音声が入るもの)は撮影不可だそうです。

さらに、車を置いたまま隣の弘前公園へ行き、有名な時期外れの「桜のトンネル」を見てから、弘前城が
ある本丸へ向かいました。ココからも山頂の雲が消えた津軽富士・岩木山がよく見えました。
170925hiropark1.jpg 170925hiropark2.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO200、42mm相当、-2.0EV、AWB/A+2/G+1
右/F6.3、1/400秒、ISO200、270mm相当、-1.3EV、AWB/A+3/G+1

170925hiropark5.jpg 170925hiropark6.jpg
左/F5.6、1/640秒、ISO200、116mm相当、-1.7EV、AWB/A+3/G+2、Vivid
右/F6.3、1/2000秒、ISO200、64mm相当、-0.7EV、AWB/A-2/G-1、Vivid

弘前公園は広大でしたが、その中にある弘前城は石垣の修理で天守だけ移動していたため、わりと
小さく感じました。天守の中は急な階段をのぼりましたが、そこからも岩木山が見えました。
170925hiropark3.jpg 170925hiropark4.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、24mm相当、-1.0EV、AWB/A-3/G-1、i-Finish
右/F6.3、1/2000秒、ISO200、24mm相当、-1.7EV、AWB/A-4/G-1、i-Finish

初日はここまでで、宿泊地である「星と森のロマントピア」内の施設、「星の宿・白鳥座」に向かいました。
ココは敷地内に天文台があるというので、星空撮影ができそうと考え予約しましたが、リサーチ不足のため
泊まった日は天文台が休館日でした。
楽しみがひとつ減りましたが、ホテルの人に星空撮影ができそうなスポットを教えていただき、明るいうちに
ロケハンをしておきました。写真は夕食の「紅葉会席」です。
170925dinner1.jpg 170925dinner2.jpg
左/F2.8、1/60秒、ISO200、38mm相当、-0.3EV、AWB/A+5/G-1、Vivid
右/F2.8、1/80秒、ISO200、42mm相当、-0.3EV、AWB/A+5、Vivid

170925dinner3.jpg 170925dinner4.jpg
左/F2.8、1/20秒、ISO200、44mm相当、-0.3EV、AWB/A+6/G-2、Vivid
右/F2.8、1/125秒、ISO200、56mm相当、-0.3EV、AWB/A+5/G-1、Vivid

食事のあとは星空撮影を楽しみました。その成果は「→続きを読む」のところにまとめました。
撮影から帰ってきて、また風呂に入れたのがありがたかったです。

→続きを読む

        

初めて県外へ脱出 (2)

Category : たま~に放浪記
5月1日(月曜)は昼過ぎまで島根県をまわって、次の目的地である鳥取県の境港へ
ここへ向かうルートに江島大橋(通称:ベタ踏み坂)がありましたが、あまり急坂ではなかった記憶で、
普通に50km/hほどで走れました。勾配があって周りに何もない橋だから、急坂に見えるのでしょうか。

境港駅前駐車場に停めて、水木しげるロードを散策しながら、水木しげる記念館を目指しました。
昔ながらの商店街を進化させた形になっていました。途中の「妖怪神社」にも立ち寄りました
※記念館に駐車場がないので、必然的に水木しげるロードを歩くことになります。
170501mizuki-r1.jpg 170501mizuki-r2.jpg
左/F2.8、1/3200秒、ISO100、80mm相当、-1.0EV、Auto/A-3/G-1
右/F2.8、1/3200秒、ISO100、64mm相当、-2.0EV、Auto/A-2/G+1

神社めぐりでは曇り空だったのに、ここを歩き始めた頃から晴れて暑くなってきました。
水木しげる記念館では、ざっと見ただけですが、彼のことや鬼太郎ファミリーのことなど、
あらためて知ることができました。水木しげるロードでは、お店などもう少し時間をかけたかったです。
170501mizuki-m1.jpg 170501mizuki-m2.jpg
左/F5.6、1/500秒、ISO100、24mm相当、-0.7EV、Auto/A-2/G-2、i-Finish
右/F2.8、1/50秒、ISO640、40mm相当、-1.0EV、Auto/A+2/G-2

そして、皆生温泉の日帰り温泉オーシャンで今までの疲れを癒したあと、
敷地内のビジネスホテルオーシャンに宿泊しました。大型連休とはいえ平日だからか、一週間前でも
奇跡的に予約がとれました。素泊まりなので、近くのコンビニで朝食を調達しておきました。
---
翌朝、フロント前のスペースでパンとコーヒーの無料サービスがありました。
コンビニの朝食を食べた後、さらにパン(1人2個まで)をいただき、短い時間でもノンビリ過ごせました。
しかし、クルマのナビが設定できなくて、途方に暮れたり対策をとったりで30分出発が遅れました

当初の予定より20分以上遅れて、道の駅「神話の里白うさぎ」に着きました。
駐車場のすぐ横が白兎神社(はくとじんじゃ)への参道になっていて、その参道沿いは色々なうさぎの
像があって、足元には「縁」と書かれた石が積まれていました。この神社も出雲大社とともに、縁結びの
パワースポットとして有名だそうです。この参道を歩いていて、空気が変わったような気がしました。
170502hakuto1.jpg 170502hakuto2.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、26mm相当、-1.3EV、Auto/A-3/G-2、Vivid
右/F6.3、1/400秒、ISO200、44mm相当、-1.3EV、Auto/A-3/G-2

拝殿は大きくはなく、参拝後にぐるっと一周してパワーを戴いてきました。境内の前には神話に出てくる
「御身洗池(みたらしいけ)」がありました。小さい池ですが、このあたりも空気が澄んでいました。
引いたおみくじは「第一番 大吉」で、「朝日が昇るような大運勢です」だそうです。
※出発時間が遅れたトラブルは、おみくじで最高の結果が出ることを予告したものだと、都合よく解釈しました。
170502hakuto3.jpg 170502hakuto4.jpg
左/F6.3、1/250秒、ISO200、48mm相当、-1.3EV、Auto/A-3/G-2
右/F2.8、1/1000秒、ISO100、62mm相当、-1.0EV、Auto/A-1/G+1

到着が遅れたものの、参拝を済ませてもまだ時間があったので、道の駅から歩道橋を渡って白兎海岸を
見下ろしてみました。砂浜を歩いたり、展望台まで行くほど余裕がなかったので、白兎が流れ着いたと
される「淤岐ノ島(おきのしま)」を遠くから撮って、道の駅にあるレストランで昼食をとりました。
※白兎海岸の海岸線をパノラマ撮影しましたが、超広角で撮ったせいでキレイに繋がらずボツになりました。
170502hakuto5.jpg 170502hakuto6.jpg
左/F6.3、1/1600秒、ISO200、80mm相当、-0.7EV、Auto/A-2/G-1、i-Finish
右/F6.3、1/1250秒、ISO200、34mm相当、-1.3EV、Auto/A-3/G-2、i-Finish

ちょっと高かったですが、この日はこれで最後、あとは帰路となるので、奮発しました。
「海鮮彩丼」というだけあって、色々な具材が楽しめて美味しかったです。
170502lunch.jpg
F2.8、1/80秒、ISO200、50mm相当、-0.3EV、Auto/A+4/G-2、Vivid

ここを出発するときには、なぜかクルマのナビ設定ができるようになっていて助かりました。
渋滞を避けたくて平日に限定しましたが、新名神高速と東名阪道との接続と、それ以降で渋滞にハマリ、
昼食後は予定より40分早く出発したのに、夕食を予定していた休憩ポイントで20分遅れでした。

それでも、最後の休憩ポイント足柄サービスエリアでは、風呂に入ってノンビリして、湘南を経由するルート
で、5月3日(水曜)の午前3時半に無事に到着しました。総走行距離は1637.1kmでした。

(おまけ)
帰路の高速道路を走行した部分について、ドライブレコーダーの動画を編集する予定でしたが、4GBの
microSDカードには、直前の3時間半しか残っておらず、夜の高速道路は不鮮明でフロントガラスの
映り込みを拾っていたので、この企画は断念しました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

        

初めて県外へ脱出 (1)

Category : たま~に放浪記
新車が納車されてから2ヶ月。それまで北は横浜・みなとみらい、西は箱根と、神奈川県から
出ていなかったですが、大型連休をを迎えるタイミングで走行距離が1000kmに到達したので、
「可愛い子には旅をさせよ」ってことで、長距離走行を一番の目的にGo West してきました

連休の混雑を避けたくて、行った先で1泊しただけなので、今までの放浪記とは趣向を変えて、
その日の出来事すべてではなく、県境で分割して二部作でエントリーします。

出発は4月30日(日曜)の夕方。出発して6kmで早くも渋滞して焦りましたが、東名高速に乗ってからは
順調に走れました。ただ、スケジュール作成を間違え、1時間ズレてしまったので、途中6ヶ所で休憩を
少しずつ切り詰め、なんとか遅れ解消できました。その中の2ヶ所で撮影しておきました。
※浜松サービスエリア(写真左)、最後の休憩は翌日の蒜山高原サービスエリア(写真右)
170430hamamatsu.jpg 170501hiruzen.jpg
左/F2.8、1/60秒、ISO400、30mm相当、-2.0EV、Auto/A+3/G-5、トーンカーブ補正
右/F2.8、1/50秒、ISO400、80mm相当、-1.5EV、Auto/A-3/G-2

最初の目的地に着く前にコンビニ朝食を食べて、8時前には出雲大社に到着。曇り空でした。
6年前にも行って初めてではないですが、休憩を含めて所要16時間ほどは、まぁまぁ遠かったです。
170501izt1.jpg 170501izt2.jpg
左/F5.6、1/60秒、ISO200、30mm相当、-1.0EV、Auto/A+2/G-1、コントラスト+1
右/F5.6、1/40秒、ISO400、56mm相当、-0.3EV、Auto/A+2/G-1、コントラスト+1、トーンカーブ補正

被写体は6年前とあまり変わらないですが、構図が微妙に変わりました。進化しているのかな?
2013年に終わった平成大遷宮のあと、改めて色々なことへのリセットと、良縁祈願をしてきました。
170501izt3.jpg 170501izt4.jpg
左/F5.6、1/80秒、ISO400、72mm相当、-1.0EV、Auto/A+2/G-1
右/F5.6、1/100秒、ISO200、54mm相当、-0.7EV、Auto/A-2/G-2

170501izt5.jpg 170501izt6.jpg
左/F5.6、1/40秒、ISO200、68mm相当、-0.7EV、Auto/A+2/G-2
右/F3.5、1/160秒、ISO200、50mm相当、-1.0EV、Auto/A-3/G+1、トーンカーブ補正

続いて、すぐ近くの島根県立古代出雲歴史博物館へ。
ここは初めてでしたが、出雲大社がかつて巨大神殿だったという謎など、常設展だけでも楽しめました。
170501rekihaku1.jpg 170501rekihaku2.jpg
左/F2.8、1/15秒、ISO200、14mm相当、-1.3EV、Auto/A+3/G-1
右/F2.8、1/25秒、ISO640、56mm相当、-1.0EV、Auto/A-6/G-3

続いて八重垣神社。こちらも縁結びの御利益があるといわれています。
時間帯のせいか、こちらの神社のほうが、明らかに縁結びが目的という人たちが目立ちました。

境内奥にある「鏡の池」で、半紙に硬貨をおいて沈み方で縁結びなどの成就が占えるというのですが、
まさかの半紙が破れて硬貨が落ちてしまうという、絶対に沈まない状態に…。
半紙に浮かんだ文字には「誠実な人をさずかる 西と南 吉」と書かれていましたが、写真を撮るほうに
気が向いていたから、このような結果になったのでしょうか。
170501yaegaki1.jpg 170501yaegaki2.jpg
左/F5.6、1/125秒、ISO200、34mm相当、-0.7EV、Auto/A+2/G-1、トーンカーブ補正
右/F2.8、1/60秒、ISO400、76mm相当、-0.3EV、Auto/A+2/G+1、コントラスト+2

続いてすぐ近くで昼食をとりましたが、メニュー選択を間違えたような気がしました。
「八重垣そばセット」はライス付きでお得だと思いましたが、関西風のだしで少し物足りなかったのと、
ライスのお供にはきびしいアッサリ系のおかずで、何となく先ほどの結果が反映されているようでした。
※「八重垣そば」は、湯葉に三つ葉と鰹節を乗せて、鏡の池での占いを表しているそうです。
170501lunch.jpg
F2.8、1/60秒、ISO200、58mm相当、-0.3EV、6000K/A+4/G-2

続いて、さらに山奥へ走って熊野大社へ。
ご利益がどうとかではなく、出雲大社とともに出雲國一之宮なので、一緒に参拝したいと思いました。
170501kumano1.jpg 170501kumano2.jpg
左/F5.6、1/200秒、ISO200、36mm相当、-0.7EV、Auto/A+2/G+1
右/F5.6、1/100秒、ISO200、72mm相当、-1.7EV、Auto/A+2/G+1

島根県で巡ったところはここまで。
まだ昼過ぎでしたが、続いて鳥取県へ向かいましたので、次回エントリーに続きます。
神社が中心のコースでしたが、旧暦10月を神在月と呼ぶことで、これは必然だったようにも思えました。

        

関西を北上した夏(9月15日)

Category : たま~に放浪記
天気:曇り

最終日は、朝風呂・サウナで汗を流して、バイキングの朝食を食べたあと、出発までノンビリ過ごしました。
ホテルから最初の目的地に近いコインパーキングまで、10分ほどで着いて梅小路公園内を歩きました。

10:00 京都水族館
ちょうどオープンの時間に着いたところ、セブンチケットで京都鉄道博物館とのセット入場券を購入済み
だったので、チケット売場に何名か並んでいたところを通過して、すぐに入場できました。
160915kaquar1.jpg 160915kaquar2.jpg
左/F6.3、1/4000秒、ISO640、24mm相当、-0.7EV、Auto/A+2/G-1、トーンカーブ補正
右/F2.8、1/320秒、ISO500、32mm相当、-1.0EV、Auto/A-3/G-1

水族館というと、個別に撮ってまわる傾向がありましたが、動くもの撮影の練習にはなるものの、構図が
相手任せになって時間がかかるので、広角ぎみに水槽内をアバウトで撮るように心がけました。
160915kaquar3.jpg 160915kaquar4.jpg
左/F2.8、1/25秒、ISO1000、42mm相当、-0.7EV、Auto/A-4/G+1、トーンカーブ補正
右/F5.0、1/160秒、ISO200、70mm相当、-0.7EV、Auto/A+3/G-1、コントラスト+2

イルカショーが11時半からでしたが、次に行く京都鉄道博物館と1時間半ずつにしようと考えていたので、
それは見ないことにして、やや急ぎ気味でまわりました。
160915kaquar5.jpg 160915kaquar6.jpg
左/F2.8、1/60秒、ISO640、26mm相当、-0.7EV、Auto/A-4/G+1
右/F2.8、1/80秒、ISO400、30mm相当、-1.7EV、Auto/A+2/G-2、コントラスト+1

ほかにも色々撮りましたが、なんとなくパッとしなかったので、ブログでの採用はこの程度にしました。
屋外庭園のようなところで鯉が泳いでいたので、これを撮ったあたりで切り上げました。
160915kaquar7.jpg 160915kaquar8.jpg
左/F2.8、1/250秒、ISO400、32mm相当、-2.5EV、Auto/A-2/G-2
右/F2.8、1/320秒、ISO200、64mm相当、-1.0EV、Auto/A-2/G+2

11:25 京都鉄道博物館
水族館から梅小路公園内を5分ほど歩いて、こちらもチケット売場に並ばず、すぐに入場できました。
160915krm01.jpg 160915krm02.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、24mm相当、-1.3EV、Auto/A+2
右/F6.3、1/125秒、ISO200、24mm相当、-1.3EV、Auto/A-2/G-1

プロムナードという屋根付きのエリアで撮っていたら、食堂車を模した車両で軽食を提供していたので、
昼食のために入ってみると、冷たいコンビニ弁当が出てきて、味も想像どおりでした。現在ほぼ存在しない
食堂車の風情を味わうだけのようです。食事後は、トワイライトプラザ(写真左)から本館1F(写真右)へ。
※冷たいコンビニ弁当も撮りましたが、悲しくなるので載せません(笑)。当たり前ですが、本館2Fにレストランがありました。
160915krm03.jpg 160915krm04.jpg
左/F5.6、1/160秒、ISO200、24mm相当、-1.5EV、Auto/A+2、トーンカーブ補正
右/F5.6、1/30秒、ISO200、34mm相当、-1.7EV、Auto/A+2/G-1

懐かしいボンネット型のL特急(写真左)と、その運転席からの眺望(写真右)。
運転席はその部分をカットしたもので別車両です。運転席の左側に少し見えるのが、写真左の車両です。
160915krm05.jpg 160915krm06.jpg
左/F8.0、1/15秒、ISO200、44mm相当、-1.3EV、Auto/A+3/G-1
右/F5.6、1/5秒、ISO200、16mm相当、-2.0EV、Auto/A+2/G+1

本館2Fは1Fを見下ろす吹き抜けで、他にも運転シミュレータや鉄道ジオラマがあって、実物車両ではなく
ても、わりと人だかりがありました。このあたりで、1時間半では見切れないボリュームだと気づきました。
160915krm07.jpg
F5.6、1/25秒、ISO200、18mm相当、-1.3EV、Auto/A+2/G+1、トーンカーブ補正

本館3Fは特に何もなかったですが、屋外展望デッキのスカイテラスに出てみると、新幹線と在来線の両方
(東海道本線と山陰本線)が見えました。
※写真左は東寺、写真右は京都タワーといった、さりげなく京都のシンボルを入れてみました。
160915krm08.jpg 160915krm09.jpg
左/F6.3、1/400秒、ISO200、34mm相当、-0.3EV、Auto/A+2/G-1、トーンカーブ補正
右/F6.3、1/640秒、ISO200、52mm相当、0.0EV、Auto/A+2/G-1、トーンカーブ補正

最後は、屋外に出てSLの転車台と扇形車庫へ。SLの運転席(操縦室)は、ちょっと分かりにくいところに
ありましたが、入れたのは貴重な体験でした。
160915krm10.jpg
F6.3、1/250秒、ISO200、16mm相当、-1.0EV、Auto/A+3/G-1、トーンカーブ補正

160915krm11.jpg 160915krm12.jpg
左/F5.6、1/40秒、ISO200、24mm相当、-1.5EV、Auto/A+2/G-1、トーンカーブ補正
右/F5.6、1/5秒、ISO800、16mm相当、-1.0EV、Auto/A-2/G-2

見どころが多くて予定より1時間近くオーバーしましたが、予定はあくまでも目安です。高速道路へ乗る前
に最後の給油をしておこうと、寄り道のルート設定をして次の目的地に向かいました(13:57発)。

14:25 御寺・泉涌寺(みてら・せんにゅうじ)
最後はお寺で締めくくり。ココも何かで聞いた覚えがあったのと、高速道路のインターチェンジに近かった
ので行ってみました。位置的には、伏見稲荷大社と清水寺の間ぐらいです。
※内部は撮影禁止の場所が多かったので、写真は撮っていません。
160915mitera.jpg
F6.3、1/200秒、ISO200、32mm相当、-1.0EV、Auto/A+2/G-1、トーンカーブ補正

お寺なのに、おみくじあったので最後に引いてみたところ、大吉でした。
今回の旅で何度かおみくじを引きましたが、伏見稲荷大社の「大大吉」をはじめ、悪くても「中吉」でした。
天気には恵まれなかったものの、無事にまわることができて、それなりに楽しめたので、御利益があった
と考えたいと思います(15:10発)。

帰路は京都東インターチェンジから、名神~新名神~東名阪~伊勢湾岸~新東名のルートで 3ヶ所で
休憩しながら、翌16日の未明に無事帰宅しました。
※夕食は新東名の掛川パーキングエリアで、詳しくは書きませんが、フードコートのレベルを超えたメニューがありました。

今回は星空撮影での遠征よりも遠くへ行きたいという思いもあって、期待せずに撮れたらラッキーという
程度で、結局は一度も星空は撮影できませんでしたが、全体的には充実した旅行になりました。
今回もひとり旅になってしまい、少し残念な気持ちはありますが、それは次回以降の課題でしょうかね。

総走行距離は1286.4kmでした。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


関西を北上した夏(9月12日):出発~和歌山・熊野古道、川湯温泉
関西を北上した夏(9月13日):川湯温泉~橿原神宮~奈良(健康ランド)
関西を北上した夏(9月14日):奈良~京都・寺社めぐり
関西を北上した夏(9月15日):京都・水族館、鉄道博物館~帰着

        

関西を北上した夏(9月14日)

Category : たま~に放浪記
天気:曇り時々晴れ(一時雨)

もう少し遅い出発でも良かったのですが、京都へ向かうルートはおそらくナビ地図が古いと想定して、
事前に調べた経由ルートをナビに設定し、その通り行けるかが不安で、まだ暗いうちに出発しました。
設定どおりのルートを経由しましたが、早朝ゆえに事前調査の所要時間より30分以上も早く着きました。

05:25 伏見稲荷大社
ココでは誰もいない時間に千本鳥居を撮ってみたくて、早朝に着くようにしましたが、まだ薄暗かった
ので、風景としての撮影ではいい感じの「色」が出てくれました。
160914inari1.jpg 160914inari2.jpg
左/F5.6、1/6秒、ISO200、24mm相当、-0.5EV、Auto/A-2/G-1
右/F5.6、1/13秒、ISO640、28mm相当、-1.7EV、Auto/A-2/G-1

千本鳥居は奥社へ向かう途中、所要2分ほどの参道にありますが、そこで外国人カメラマンと金髪モデル
が撮影をしていたのを待って、15分以上かかりました。結局、一時的に退いてもらったのですが…。
おそらく許可もとっておらず、わりと長時間かかる撮影で、通行の妨げになっていて迷惑でした。
160914inari3.jpg 160914inari4.jpg
左/F2.8、1/5秒、ISO1000、58mm相当、-0.3EV、Auto/A+4/G-1、Vivid、コントラスト+1
右/F2.8、1/1.6秒、ISO1000、42mm相当、-0.3EV、Auto/A+3/G-1、Vivid、コントラスト+1

これで、とりあえずの目的は達成したのですが、朝が早くて社務所も開いておらず、ご朱印が貰えないし、
おみくじも引けないので、まだ先がありそうな稲荷山への登山にチャレンジしたところ、途中の「四ツ辻」
で力が尽きました。しかし、そこは京都南部が見渡せるビューポイントで、疲れを吹き飛ばしてくれました。
160914inari5.jpg
F5.6、1/200秒、ISO200、24mm相当、-0.5EV、5500K+1STEP、トーンカーブ補正、4枚をパノラマ合成

ここまで登ってきて勿体ないということで、同じ場所ですが縦構図でも撮ってから下山しました。
※Adobe Lightroomで現像(カメラキャリブレーションのプロファイルにCamera Vividを使用)
160914inari7.jpg
F5.6、1/800秒、ISO200、24mm相当、+0.21EV、5100K/色かぶり補正+40、コントラスト+4、シャドウ+50

下山すると社務所が開いていて、おみくじは引けたものの、ご朱印は8時半まで印刷したものを提供だった
ので、それをいただいきました。その後、朝食がとれる店を探しましたが、見つからなかったので、コンビニ
で購入して駐車場に戻って食べました(07:56発)。

あとで調べて分かったのは、伏見稲荷大社から熊野本宮大社が、ちょうど南の方角のようです。
橿原神宮は、それを結ぶ直線(約125km)から500m以内にあって、ほぼ一直線に並んでいました。
いずれも異なる目的で訪れたのが、このように繋がっていたので、何か不思議なパワーを感じました。

08:44 出雲大神宮
奈良や京都といえば神社やお寺が定番となるので、ここはそれに乗っておこうということで、日本一の
縁結びと謳っているパワースポットを選びました。
160914izumo1.jpg 160914izumo2.jpg
左/F5.6、1/320秒、ISO200、24mm相当、-1.0EV、Auto/A+3/G-1、トーンカーブ補正
右/F5.6、1/500秒、ISO200、24mm相当、-1.3EV、Auto/A+2、トーンカーブ補正

続いて本殿の裏手へまわり、「みかげの滝」と「磐座」でパワーを吸収してきました。
160914izumo3.jpg 160914izumo4.jpg
左/F5.6、1/2秒、ISO200、48mm相当、-1.0EV、Auto/A+2/G+1
右/F5.6、1/10秒、ISO200、34mm相当、-1.7EV、Auto/A+3/G-1、トーンカーブ補正

さらに御神体山へは、社務所でタスキを受け取って登山することになるので、パスして次のスポットへ
向かうことにしました(09:35発)。

10:10 鈴虫寺(華厳寺)
京都市街へ戻るルートの地図を見ていて、名前は聞いたことがあったなと思い、行ってみました。
神社ではなくお寺なので、どんな感じか想像つきませんでしたが、促されるように中へ入ると「鈴虫説法」
が始まり、面白くてためになる話が聞けました。写真は撮れる場所が少なかったので、庭園から見えた
景色を撮りました。中央に小さく見えるのが京都タワーです。
160914suzutera1.jpg 160914suzutera2.jpg
左/F5.6、1/100秒、ISO200、24mm相当、-1.3EV、Auto/A+3/G-1、トーンカーブ補正
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、Auto/A-1/G-1

予定では昼食ですが、各スポットでの時間に余裕をもたせたスケジュールだったので、まだ時間が早い。
しかし、京都市街に入るとクルマでの移動がしづらくなるので、近くで食事をとりました(写真ナシです)。

11:46 元離宮二条城
すでに記録が残っていない過去に訪れたことがありますが、日本の始まりの地(橿原神宮)へ行ったなら、
大政奉還の地に行ってみるのも良さそうということで選びました。中心地に近くなり、交通アクセスも便利
なので、外国人を含め混み合っていましたが、その人たちが揃って自撮りしているのを見て、写真を撮る
のを控えてしまいました。二の丸御殿の内部も撮影禁止だったので、写真はありません。

本丸御殿にも行ってみようとしましたが、雨が降ってきたので駐車場に戻りました。予定では、この日の
日程は終了でしたが、ホテルのチェックインまで時間があって、他にどこか行ってみようと思ったものの、
車で移動してこれ以上ホテルから遠ざかるのは厳しそうと考え、駐車場に留まって時間を潰しました。
※チェックインを遅らせる案もありましたが、ホテル駐車場が先着順26台だったので、時間を変えたくなかったのです。

15:12 ドーミーイン PREMIUM 京都駅前
ビジネスホテルなのに、最上階にある風呂が温泉でサウナや露天風呂もある充実ぶりだったので、1時間
ほどマッタリしてしまいました。少し休んで、JR京都駅の南北自由通路にある伊勢丹のSUVACOという
スポットの3F「はしたて」で食事をしました。
160914hasitate.jpg 160914tower.jpg
左/F2.8、1/13秒、ISO640、36mm相当、0.0EV、Auto/A+5/G-2、トーンカーブ補正
右/F2.8、1/50秒、ISO640、38mm相当、-1.7EV、Auto/A-1/G-2

滅多にないことなので贅沢してみました。「戻りがつおの漬け丼・名残り鱧煮麺」は、少なそうに見えました
が、美味しかったのと気分的なこともあって満腹になりました。
写真右はホテルへ戻る途中に見えた京都タワーです。
前日と違ってボリュームのある行程でしたが、それでも二条城での時間潰しは勿体ない感がありました。

        

関西を北上した夏(9月13日)

Category : たま~に放浪記
天気:雨のち曇り

ペンションで迎えた朝、まず風呂に行きましたが、昨夜とは違って湯がぬるくなっていました。
ひと晩で冷めてしまったか、熱くて他のお客さんが水を入れたか…体が温まるまで時間かかりました。
朝食は 8時から洋食。スクランブルエッグと温泉卵のタマゴ被りがお茶目でした。
※パンはおかわり自由ですが、今日の行動内容を考えて、おかわりは控えておきました。
160913kawayu5.jpg
F2.8、1/400秒、ISO640、28mm相当、0.0EV、Auto/A+3/G-1

ペンションの方たちから本日の行き先を聞かれ、目的地を伝えると 2時間半から3時間かかるとのこと。
Google mapも 2時間半なので覚悟していましたが、天候を考え少し早めに出発しました(08:40発)。

和歌山から奈良への国道168号線は、センターラインありが7割という情報で、新しいバイパスのように
車線幅が広い道もあれば、対向車とすれ違えない道もあり、集中しっぱなしの運転でした。
やっと景色が開けて安心したら、今度は土砂降りの雨で思うように進めず、ほぼ 2時間半ほどで到着。

11:14 橿原神宮(かしはらじんぐう)。
日本書紀で日本建国の地と記され、「ここから日本という国が始まりました」という響きから「行きたい」
と考え実現しましたが、この雨ではカメラ・レンズが防塵防滴でも、満足な写真は撮れませんでした。
160913kashihara1.jpg 160913kashihara2.jpg
左/F5.6、1/400秒、ISO200、24mm相当、-0.7EV、Auto/A+2/G+1
右/F5.6、1/125秒、ISO200、24mm相当、0.0EV、Auto/A+1/G-1

外拝殿から参拝を済ませ、内拝殿を望むと雨が強くなってきました。拝殿の中で雨は避けられましたが、
この雨を何とか表現しようと高速シャッターにしたものの、やはり分かりにくかったです(写真左)。
南側にあった深田池は、屋根がある休憩所から何とも寂しげな感じで撮りました(写真右)。
160913kashihara3.jpg 160913kashihara4.jpg
左/F2.8、1/2500秒、ISO200、58mm相当、-2.0EV、Auto/A+2
右/F6.3、1/640秒、ISO200、28mm相当、-2.0EV、Auto/A+2/G-1

昼になって、まわりに食事ができそうなところがなく、鳥居から 5分ほど歩いて昭和っぽい雰囲気の定食屋
で食事をしました。想像したよりボリュームがあり安かったですが、味は好みではなかったかな。
駐車場に戻って今後の予定を練りなおし、残念ながら本日の行動終了を決断しました。

この日は夜に晴れれば、「フォレストパーク神野山(こうのやま)」で星空撮影を考えていましたが、
100%無理だし、星空撮影のために関西まで出掛けることはないと思い、下見にも行かないことにしました。
さらに、次に行く予定だった、石舞台古墳も屋外なので断念して、健康ランドへ向かいました(13:15発)。

13:45 奈良健康ランド
関西方面に行った際、過去には2002年、2009年、2012年と、事あるごとに3回も訪れていました。
今回は急きょ宿泊を決めたので、併設ホテルは利用せず、水着も持っていないのでプールにも行かず、
風呂に入って食事したあとは、レストルームで早朝の出発まで寝ることになったのですが、周りのイビキ
より睡眠妨害の強敵がいました。それは、誰もいない他の席から大音量でテレビの音が流れていたこと。

軽いうたた寝を何度かした程度で、完全にテレビが消えた15分後には、出発の準備をすることに。
せめて、風呂でも入ってからと考えたものの、午前 3時から掃除が始まって入れなかったので、着替えて
チェックアウトしました。なんとも消化不良となった奈良滞在でした(04:28発)。

        

関西を北上した夏(9月12日)

Category : たま~に放浪記
今年の夏休みは関西あたりに行ってみようと、ざっくり考え始めてから詳細を調べているうちに、なんとなく
ルートが決まってきて、和歌山~奈良~京都を北上する旅になりました

天気:曇りのち雨

11日(日曜日)の夜に出発、距離のある旅がわりと久しぶりで、新東名高速道路が伊勢湾岸自動車道と
接続していたり、紀勢自動車道にGoogle mapでも未完成なパーキングエリアができていたりと、眠さと
ともに刺激を受け、途中 4ヶ所で休憩しながら、コンビニで朝食を調達して最初の目的地に到着。

06:23 熊野本宮大社・駐車場。
ここで朝食を食べて、最初に向かったのは、徒歩5分ほどの旧社地・大斎原(写真左/おおゆのはら)
明治22年の大洪水で被害を受けるまで、この地に現在の8倍の規模で社殿があったそうです。
そして、戻ってきて現在の本宮大社の鳥居(写真右)を撮り、まだ中には入らず、バスに乗り込みました。
160912hongu01.jpg 160912hongu02.jpg
左/F5.6、1/200秒、ISO200、24mm相当、-0.3EV、Auto/A-2/G-1
右/F5.6、1/40秒、ISO200、24mm相当、-1.3EV、Auto/A+2/G-1

07:58 発心門王子(ほっしんもんおうじ)・バス停
バスで15分ほど、熊野古道ウォークの難易度が低くて(約7km)、人気コースの出発点です。
ちょっと意外だったのは、車も通れる舗装された道路がしばらく続いたことでした。
※最初は○○王子の意味が分からず、発心門王子では看板だけ撮っていたのが心残りです。
160912hongu03.jpg 160912hongu04.jpg
左/F2.8、1/100秒、ISO200、24mm相当、-1.3EV、Auto/A+3/G-1、コントラスト+2、ヴィンテージ2
右/F5.6、1/50秒、ISO200、24mm相当、-1.8EV、Auto/A+2/G-1、トーンカーブ補正

出発してすぐの休憩所はスルーして、水呑王子(みずのみおうじ)で少し休憩(写真左)。
ここから先は、昔の道(地道というらしい)が約1km続きました(写真右)。
160912hongu05.jpg 160912hongu06.jpg
左/F5.6、1/100秒、ISO200、30mm相当、-1.0EV、Auto/A+2/G+2
右/F4.5、1/30秒、ISO200、18mm相当、-1.3EV、Auto/A+3/G+1、コントラスト+1

舗装された道路は、風情を感じませんが歩いていて楽でした。全体がゆるやかな下りですが、しっかり
した靴を選ばないと、地道では足を取られるので疲れます。再び舗装された道路を歩いて、
トータル3.6km。約半分のところに伏拝王子(ふしおがみおうじ)がありました(写真左)。
ここから、最初に行った大斎原が見えることを知らず、確認できませんでした。曇っていて見えなかった
のかも知れません。
160912hongu07.jpg 160912hongu08.jpg
左/F6.3、1/160秒、ISO200、32mm相当、-1.0EV、Auto/A-2/G-1
右/F5.6、1/10秒、ISO400、24mm相当、-1.0EV、Auto/A+3/G+1、トーンカーブ補正

写真を撮っていて背中が熱いぐらい晴れていたのに、出発したら急に暗くなってきて、森の中であっても
暗すぎて、三軒茶屋跡(写真左)では雨が降ってきました。周りの木々が雨を受け止めてくれて、直接は
濡れずに済んだのが救いでした。ということで、残りは写真を撮らず最後の気力で歩いて、本宮大社が
近づくと中学生の団体に少し足止めを食らいましたが、約3時間弱で裏鳥居に到着しました(写真右)。
160912hongu09.jpg 160912hongu10.jpg
左/F2.8、1/250秒、ISO400、24mm相当、-1.0EV、Auto/A+3/G-1、ヴィンテージ2+上下ぼかし
右/F5.6、1/30秒、ISO400、24mm相当、-1.0EV、Auto/A+2/G-1、トーンカーブ補正

このあと熊野本宮大社で参拝して、参道の石段を下りて(上る場合は結構キツそう)、大鳥居近くの
瑞鳳殿(ずいほうでん)にある「茶房・珍重庵」で昼食をいただきました。
※神殿は撮影禁止なので、その外側から撮りました(写真右)。
160912hongu11.jpg 160912hongu12.jpg
左/F5.6、1/125秒、ISO400、24mm相当、-1.5EV、Auto/A+2/G-1
右/F5.6、1/640秒、ISO200、24mm相当、-1.7EV、Auto/A+2/G-1

その後、道路向かいの「世界遺産・熊野本宮館」に車を移動して、建物内を見学して時間を潰しました。
まだ時間があったのと少し疲れていたので、車内で昼寝してから、本日の宿・川湯温泉に向かいました。

14:52 ペンションあしたの森
※実は12年前にも川湯温泉に宿泊していました。そのとき宿泊した旅館の隣が今回の宿でした(笑)。
宿に着いて荷物をおいてから、カメラだけ持って目の前の河原におりてみました。この川が文字通り、
温泉なので水着で入れます。外国人が入っていたのを見かけましたが、その人たちが皆、同じ宿の客だと
知ったのは、食事のときでした。
160912kawayu1.jpg 160912kawayu2.jpg
左/F5.6、1/30秒、ISO200、32mm相当、-1.3EV、Auto/A+2/G-1
右/F5.6、1/640秒、ISO200、16mm相当、-1.3EV、Auto/A+2/G-1、ドラマチックトーン

宿のお風呂はもちろん温泉で、最初は熱めでしたが、すぐに慣れてとても温まりました
18時からの食事は、なんと!ステーキでした。お肉も美味しくて、付け合わせの野菜も手抜きがなく、
豪華な気分が味わえました。食事が終わって部屋に戻るころには、雨が降り出してきました。
※写真のほかにスープとサラダ、もちろんライスも付きました。
160912kawayu3.jpg 160912kawayu4.jpg
左/F2.8、1/10秒、ISO640、32mm相当、-0.3EV、Auto/A+5/G-2
右/F2.8、1/15秒、ISO640、34mm相当、-0.3EV、Auto/A+5

宿の目の前が川なので、あわよくば星空撮影でもと考えましたが、雨が降っていたら話になりません。
部屋の窓際には、三脚を置くのに適した高さの机があったのに、室内からも撮れず残念でした。
目の前が道路なので、時々クルマが通りますが、それ以外は川のせせらぎ、小鳥のさえずり、夜は
秋の虫の声が聞こえて、とても癒される空間でした。

たぶん、この日は早く寝たように記憶しています

        

夏旅・ピンポイントな長野(9月17日)

Category : たま~に放浪記
天気:雨のち曇り

朝は6時ごろ起きて、もちろん朝風呂へ。サウナは閉まっていましたが、次々に人が増えてきました。
風呂のあと、しばらく休憩してから朝食を食べに個室に向かいました。
※左:鮭の漬け焼き・ふりかけ三種盛、だし巻き玉子、お造り(サーモン・タイ・イカ)、お漬物
※右:せいろ蒸し(キャベツ・カボチャ・ニンジン・ジャガイモ・ブロッコリー)~おろしポン酢で
 ほかに、ご飯+3種類から選べる味噌汁(赤みそ&なめこをチョイス)が付きました。
150917bfast1.jpg 150917bfast2.jpg
左/絞り:F2.8、SS:1/50秒、ISO:1000、焦点距離:36mm相当、露出補正:-0.2、WB:3300K+1STEP
右/絞り:F2.8、SS:1/30秒、ISO:1000、焦点距離:36mm相当、露出補正:-0.2、WB:3300K
※両方とも仕上がりをVividに変更しました。

朝から刺身とは豪華ですね。せいろ蒸しも朝にはちょうどいいボリュームでした。
食後は親戚用のお土産を調達して、チェックアウト時にスタンプカードと給油割引券を貰って、さらに
紹介キャンペーンのチラシが入っていました。諏訪湖といえば花火大会が有名ですが、混み合うので
それを避けて、また泊まりたくなる宿でした(08:53発)。

09:03 SUWAガラスの里。 ※宿に置いてあった割引券を使って10%引きで入館できました。
諏訪大社上社本宮に行く予定でしたが、雨予報のために昨日行ったので、帰りのインターから近い屋内
スポットを急きょ追加しました。
150917suwags1.jpg 150917suwags2.jpg
左/絞り:F6.3、SS:1/125秒、ISO:200、焦点距離:24mm相当、露出補正:+0.3、WB:曇天/A+2/G-1
右/絞り:F2.8、SS:1/20秒、ISO:1000、焦点距離:24mm相当、露出補正:-1.2、WB:Auto/A+2

美術館はそれほど興味がなくても、ゆっくり見ることでリラックスできたような気がします。
150917suwags3.jpg 150917suwags4.jpg
左/絞り:F2.8、SS:1/250秒、ISO:1000、焦点距離:50mm相当、露出補正:-1.2、WB:蛍光灯/A+1/G+1
右/絞り:F2.8、SS:1/500秒、ISO:1000、焦点距離:24mm相当、露出補正:+0.8、WB:蛍光灯/A-1/G+1

一つ下のフロアには、かなり広いガラスショップがあって、何も買わなくても見て楽しめるスポットでした。
ココに来ると決まっていたら、慌てて買わなくてもと思うほどお土産も充実していました(10:16発)。

このあとは帰路となり、中央自動車道を甲府南インターチェンジで降りて、精進湖や本栖湖を経由して、
富士山ビューを楽しむルートでしたが、あいにくの雨で何も見えず、写真も撮りませんでした。
道の駅・朝霧高原で休憩したあとは、東名高速道路で沼津まで行って、少し遅めの昼食にしました。

回転寿司・沼津すし之助で、こぼれ寿司を食べてみたくてスケジュールしていました。やっぱりイクラの
こぼれ寿司が迫力ありました(写真なしです)。母親と2名で7000円というのも、攻撃力ありましたが、
ネタが大きめで美味しかったので、旅の最後を飾るには十分満足しました。

ここから、カーナビに出ていない伊豆縦貫道から箱根~湘南を経由しました。
旅行前に冷蔵庫を空にしてきた関係で、途中で買い出しをしてから16:45に帰着となりました。

たった一度の星空撮影のチャンスでは空模様に恵まれず、いつかリベンジしたいと思える旅でした。
今回、母親と常に一緒でしたが、特にトラブルはなくても、2泊ぐらいが限界かなと感じました。
また別の相手だと、感じかたも変わってくるとは思いますが、ひとりではない旅も、たまにはいいですね。

総走行距離は594.3kmでした。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


夏旅・ピンポイントな長野(9月15日):出発~山梨・清里、長野・野辺山
夏旅・ピンポイントな長野(9月16日):野辺山~長野・諏訪湖(上諏訪温泉)
夏旅・ピンポイントな長野(9月17日):諏訪湖~本栖湖~朝霧~沼津~箱根~帰着

        
プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR