CP+2017@横浜

Category : 気まぐれ日記
「カメラと写真映像のワールドプレミアショー シーピープラス」
(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2017)を見るため、今年もパシフィコ横浜に行ってきました。
土曜・日曜の混雑を避けて、今年も仕事を休んで金曜日に行きました。
2012年2013年2014年2015年2016年

昨年同様、高速バスを利用して横浜に着いた時間が早かったので、今年はみなとみらい駅構内で
コーヒータイムでした。今年は駅から一番遠いところに入口があり、2階で受け付けて1階に降りて
入場時間まで待ちました。
※今年は入場口が2ヶ所あって、最初に行きたかったオリンパスブースから遠い入場口のほうに並んでいました。
17cpp01.jpg 17cpp02.jpg
左/F3.5、1/13秒、ISO200、36mm相当、-0.3EV、AWB、モノトーン(調色:青)
右/F3.5、1/20秒、ISO200、42mm相当、-0.3EV、AWB、モノトーン(調色:青)

今年のオリンパスブースは、フラッグシップ機のE-M1 MarkⅡのイチ押しで、いままで苦労していた
ことがストレスなくできるようになった。というアピールでした。ミルククラウンや、スローシャッター
でも強力手ブレ補正で手持ち撮影可能とか…進化したものです。
17cpp03.jpg 17cpp04.jpg
左/F2.8、1/40秒、ISO200、26mm相当、-0.5EV、AWB/A+2/G-1
右/F2.8、1/200秒、ISO200、24mm相当、-0.7EV、AWB/A+2/G-1

動体撮影の連写性能も上がったということで、バスケットのデモが試し撮りできました。
一眼レフでは当たり前でも、ミラーレスでは苦手だった分野を克服したそうです。動きの速いものはあまり
撮らないので感動は薄かったですが、スゴイことが分かるようにPhotoshop Elementsで遊んでみました。
※よーく見たときの粗は、ご愛嬌ということで…・。
17cpp05.jpg 17cpp06.jpg
左/F1.2、1/1000秒、ISO500、50mm相当、0.0EV、AWB、Vivid、C-AF撮影×7枚合成
右/F1.2、1/1000秒、ISO500、50mm相当、0.0EV、AWB、Vivid、C-AF撮影×7枚合成

ほかには、今年も興味のあるところに絞ってブースを見て、写真はあまり撮りませんでした。
ポータブル赤道儀はポラリエ(写真右)だけではなく、ケンコーのスカイメモ(写真左)も気になりました。
17cpp07.jpg 17cpp08.jpg
左/F2.8、1/100秒、ISO500、48mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-1
右/F2.8、1/160秒、ISO500、44mm相当、-0.7EV、AWB/A+2/G-1

そしてビックリする値段だった魚眼レンズ、いつかは操縦してみたいドローンなど…。
ほかにも見てまわったブースはありましたが、写真は撮っていませんでした。
※パナソニックのブースで100-300mmのレンズを試し撮りしました。「→続きを読む」のところに載せました。
17cpp09.jpg 17cpp10.jpg
左/F2.8、1/60秒、ISO200、80mm相当、-0.5EV、AWB/A+2/G-2
右/F2.8、1/125秒、ISO200、40mm相当、+0.3EV、AWB/A+2/G-2

ブログの構成上、撮った時間が前後していますが、先に昼食を済ませてから、今回はオリンパスブースで
ステージを見ることがメインだったと思います。
もちろん、お楽しみのお姉さん達も撮りましたので、「続きを読む→」のところにまとめて載せました

「OM-D E-M1 MarkⅡ徹底解剖~ファーム制御編~」では、何となくしか分からなかったE-M1 MarkⅡの
スゴい機能が詳しい説明で理解が深まり、「私がOM-D E-M1 MarkⅡを選ぶ理由~鉄道編~」では、
最近「マツコの知らない世界」に出演された写真家さんの話を興味深く聞きました。
あの番組を見たとき「オリンパスのカメラ持った人が出ていたな」ぐらいの記憶でしたが、このときやっと
つながりました。撮る機会が少ない鉄道写真ですが、カメラが買えなかった少年期から興味がありました。
17cpp11.jpg 17cpp12.jpg
左/F2.8、1/30秒、ISO200、24mm相当、+0.5EV、AWB/A+2
右/F2.8、1/25秒、ISO200、34mm相当、+0.7EV、AWB/A+2/G-2

デジタルカレッジステージでは、被写体・テーマ別撮影特別講座「ファンタジック 夕景・夜景・星空編」と、
「アートフィルター活用編」を見ました。前者はニュージーランドで南の極軸を中心に「ぐるぐる」を撮影して
いたのが特に印象に残りました。後者はアートフィルターの中であまり使う機会がないものが紹介され、
まさに活用編として再認識することができました。
そして、最後は「都市とスナップ論」として、なぎら健壱氏と写真家さんのクロストークを聞きました。
こちらは紹介される写真が全てモノクロで、単にスナップといっても表現が難しい分野だと感じました。
17cpp13.jpg 17cpp14.jpg
左/F2.8、1/125秒、ISO200、52mm相当、0.0EV、AWB/A+2/G-2
右/F2.8、1/100秒、ISO200、52mm相当、0.0EV、AWB/A+2/G-2

17cpp15.jpg
F2.8、1/200秒、ISO200、50mm相当、+0.5EV、AWB/A+3/G-3

会場を出て駅に向かう途中で少しだけ撮ってから、横浜に戻って高速バスで帰りました。
いつも同じ場所からの撮影、色んな人が撮影していたので、表現方法を変えてみました。
17cpp16.jpg 17cpp17.jpg
左/F2.8、1/30秒、ISO800、24mm相当、-1.5EV、4300K+2STEP、ドラマチックトーン
右/F2.8、1/5秒、ISO800、80mm相当、0.0EV、4400K+3STEP、i-Finish、コントラスト+2

今回、会場でゲットしたのは(E-M1 MarkⅡではなく)E-M5 MarkⅡのステッカー、SDカードケース、
スタンプラリーでもらった手拭いなどです。今回は何も購入しませんでした。
17cpp18.jpg
F3.5、1/10秒、ISO200、62mm相当、-1.0EV、AWB/A+2/G-2

興味があるところを絞って見ていたとはいえ、たぶん見ていないブースがあったり、聴きたいステージが
あったかも知れず、別会場の写真展も見てみたかったですが、土曜・日曜はもう一つの大事な用事が
あって、今年は1日だけの参戦となりました。

もし興味があれば、特別篇の続きも見ていってくださいね

→続きを読む

        

田浦・梅の里2017

Category : 気まぐれ日記
三浦海岸の河津桜と、ほぼ同じ時期の「田浦・梅の里」。今年は桜がかなり早くて、こちらは山の上
だからもう少し先かな?という情報のもと、今月はスケジュールが詰まっていたので、本日行きました。

今年も昨年と同じ手段で向かいました。少し早めに行きたかったですが、行きも帰りも昨年とまったく同じ
時間の電車でした。横須賀線は本数が少ないから仕方ないのかな
※前日の抜歯で過激な運動を控える必要があり、わりとハードなこのコースでは休憩の割合を増やしました。

登山のスタート地点では梅と京急を毎年撮っていますが、今までと趣向を変えズーム気味にして、
梅のほうにピントを合わせました。花の数が少なくて難易度が高いですが、なにごともチャレンジ!
※そのスタート地点には「山ガール」の団体が集合していたので、出発するまで待ってから撮りました。
taura_ume17a.jpg
F5.6、1/320秒、ISO200、200mm相当、-1.5EV、AWB/A-1/G-2、Vivid

今年は快晴で青空に恵まれたのがラッキーでした。梅はよく見ると蕾がありますが、ほぼ満開といっても
いいのではないでしょうか。これがあるから、毎年息を切らしながらでも登ってしまうんですよね。
taura_ume17b.jpg taura_ume17c.jpg
左/F4.5、1/1600秒、ISO200、56mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、i-Finish
右/F5.5、1/1250秒、ISO200、180mm相当、-0.5EV、AWB/A-1/G-2、Vivid

寄りの構図ばかり撮っていては、どこに行ったか分からなくなってしまうので、梅の花の色彩はひと休み、
梅の木を風景としてアートフィルターで表現してみました。
taura_ume17d.jpg taura_ume17e.jpg
左/F5.6、1/500秒、ISO200、28mm相当、-0.7EV、AWB/A-2/G+1、ファンタジックフォーカス
右/F5.6、1/1250秒、ISO200、70mm相当、-1.3EV、AWB/A-2/G-1、ジオラマ

梅の花はやはり色が濃いほうが撮りやすいですね。ここには水仙も咲いていて、たいてい梅の時期と
合わずに枯れていますが、今年は行った時期が早かったのか、まだ咲いている水仙も多かったです。
taura_ume17f.jpg taura_ume17g.jpg
左/F5.6、1/640秒、ISO200、80mm相当、-1.3EV、AWB/A-2/G-2、Vivid
右/F5.6、1/1000秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A-4、i-Finish、コントラスト+1

ようやく展望塔が見えるところに辿り着きました。展望塔から撮ったら終了にしていたので、まだ人が
疎らな広い芝生広場のまわりを撮り歩いてみました。
taura_ume17h.jpg taura_ume17i.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO200、64mm相当、-0.3EV、AWB/A-2/G-2、Vivid
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、54mm相当、-0.5EV、AWB/A-3/G-2、Vivid

taura_ume17j.jpg taura_ume17k.jpg
左/F6.3、1/1600秒、ISO200、80mm相当、-0.7EV、AWB/A+1/G-1、Vivid
右/F5.6、1/2000秒、ISO200、64mm相当、-0.7EV、AWB/A-2/G-1、Vivid

毎年撮っている「田浦梅の里」の看板、昨年は魚眼レンズを使いましたが、今年はお留守番だったので、
今まで考えたことがない構図で撮ってみました。展望塔の後方にある梅も忘れないように撮ってから…。
taura_ume17l.jpg taura_ume17m.jpg
左/F6.3、1/1600秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A-4/G-2、i-Finish
右/F5.6、1/1250秒、ISO200、36mm相当、-0.3EV、AWB/A-4/G-2、Vivid

最後は展望塔に登ったところから。晴れていて見通しが良かったので、手前の八景島からベイブリッジと
つばさ橋(写真左)、通称:キリンとスカイツリー(写真右)を撮りました。毎年、同じような構図になって
しまいますが、高いところからの景色は写欲が湧いてしまうのでしょうね。
taura_ume17n.jpg taura_ume17o.jpg
左/F6.3、1/2000秒、ISO200、300mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、Vivid、コントラスト+2
右/F6.3、1/2000秒、ISO200、300mm相当、-0.5EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish、コントラスト+2

駅まで戻ったあと、昨年はトンネルや駅看板を撮りましたが、最初に少し書いたように抜歯した翌日という
ことで、口の中のことが気になって今年は撮れませんでした。
今回も日曜日に行きましたが、今月はCP+とか、ほかにも写真を撮る予定があって、RAW現像やブログ
を書くことを後回しにすると、楽しみが苦痛になってしまうので、早めにアップするようにしています。

このあと、ダブルヘッダーで「ソレイユの丘」へ、菜の花と富士山を撮りに行きましたが、気温が上がって
富士山が見えなくなってしまったので、何も撮らずに帰ってきました。
※駐車場が市民無料デーだったのが救いです。というか、それを狙って行ったのですけどね。

        

三浦海岸桜まつり2017

Category : 気まぐれ日記
今年の三浦海岸は、桜まつりが始まった段階ですでに満開…という情報があったので、
土曜日は駅前周辺、日曜日は小松ヶ池周辺と、両日とも天候に恵まれたなかで撮ってきました
※今年は6回目ですが、年々人が増えてきて、土曜は昼過ぎに行ったら見事に渋滞に巻き込まれました。

昨年は2月末で「今年は早かった」と書きましたが、今年は桜まつり開催初日で、さらに早かったです。
まずは駅前から。昨年は短時間で済ませましたが、今年は先に行ったせいかボリューム多めです。
miura_sakura17a.jpg miura_sakura17b.jpg
左/F8.0、1/250秒、ISO200、42mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G-3、Vivid
右/F5.6、1/1000秒、ISO200、160mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G-3、Vivid

駅前のほうは低い木が多いので、いろんなアングルで変わった撮りかたができるのが嬉しいです。
写真右は昨年末に購入した超広角のPROレンズで撮りましたが、いまいち使いこなせていないです。
miura_sakura17c.jpg miura_sakura17d.jpg
左/F5.6、1/1250秒、ISO200、180mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G-3、Vivid
右/F4.5、1/800秒、ISO200、14mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G-2、i-Finish

駅前で咲いているエリアは狭いですが、テント屋台が出ていて賑やかでした。それと相反するような
表現を思い付き、一輪の花びらを見つけましたが、やはり桜は華やか、賑やかなイメージがありますね。
miura_sakura17e.jpg miura_sakura17f.jpg
左/F5.6、1/160秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-1、Vivid、コントラスト+1
右/F5.6、1/800秒、ISO200、94mm相当、-0.5EV、AWB/A-2/G-2、Vivid

桜の木の全体像を撮っていたら、長い望遠レンズで連写する人がいて、何を撮っているのかと思って
よく見るとメジロがいました。しかもかなり多くいましたが、換算300mmでは小さくしか撮れませんでした。
miura_sakura17g.jpg miura_sakura17h.jpg
左/F5.6、1/800秒、ISO200、26mm相当、0.0EV、AWB/A-1/G-2、i-Finish
右/F5.6、1/1250秒、ISO200、300mm相当、-0.3EV、AWB/A-1/G-2、i-Finish

やはり駅のそばなので、桜と絡めて電車も撮っておきたいところ。ちょっと難しい構図でしたが…。
そして最後は、桜ではない花と一緒に、ピンク一色でチカチカした目を回復してくださいませ
miura_sakura17i.jpg miura_sakura17j.jpg
左/F5.6、1/500秒、ISO200、300mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G-2、Vivid
右/F8.0、1/400秒、ISO200、60mm相当、-0.3EV、AWB/A-2/G-2、Vivid、トーンカーブ補正

---

そして翌日。小松ヶ池周辺は範囲が広く、人出が多いことが想像できたので、早めに到着しました。
こちらでは菜の花と河津桜のコラボで毎年構図に悩むのですが、人が増え始めてきたのでササっと…。
miura_sakura17k.jpg miura_sakura17l.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO400、270mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、Vivid、コントラスト+2
右/F6.3、1/800秒、ISO400、34mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish

駅前に比べて、まだ咲き揃っていないのか、ダメージを受けて萎れているのか、なんとなく「いつもと違う」
感じがして、撮っていてもしっくり来ませんでした。やはり超広角だと周辺歪みが極端に出ますね。
miura_sakura17m.jpg miura_sakura17n.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO400、200mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、Vivid、コントラスト+2
右/F5.6、1/1250秒、ISO400、14mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G-2、i-Finish

6回目にして初めて気づきましたが、天気が良いと富士山が見えるんですね。電線が邪魔で色々な
撮りかたを試した中の1枚です。定番となった陸橋は、場所によっては撮影禁止の看板がありました。
看板は、昨年大人数が脚立や三脚で陣取って、長時間撮影していた場所だったので、マナーを守れない
一部の人達のために、苦肉の策だったのでしょうか。全面的に撮影禁止にならないことを願いたいです。
※ということで、写真右は看板がなかった場所から撮りました。金網越しなのが逆に雰囲気が出て…。
miura_sakura17o.jpg miura_sakura17p.jpg
左/F6.3、1/2000秒、ISO400、300mm相当、-0.5EV、AWB/A-3/G-1、Vivid、コントラスト+2
右/F6.3、1/800秒、ISO400、108mm相当、-0.7EV、AWB/A-2/G-1

そして小松ヶ池では珍しく鴨が群れていたので、すかさずパシャリと。毎年同じ場所で撮る場合は、
構図を考える楽しみもありますが、今回はちょっと手抜きしちゃいました。今年は池の奥でカワセミを発見
しましたが、トリミングが必要なほど小さかったので、Facebook限定公開にしました。
※このあと線路沿いを駅方面へ歩いて、少し撮りましたがイマイチだったので、ボツにしました。
miura_sakura17q.jpg miura_sakura17r.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO400、104mm相当、-0.5EV、AWB/A-3/G-2、Vivid、コントラスト+2
右/F5.6、1/1600秒、ISO400、76mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、Vivid
※前日に撮ったとき、ISOを400にしたまま忘れて撮りつづけていました…。

今年は2日間にわたって撮ったため、ブログに載せた枚数が(ボツになった枚数も)多くなりましたが、
時期的に少し早いとはいえ、春を感じさせてくれる風物詩なので、一気に出してしまいました。
ソメイヨシノはもう少し先ですが、季節的な「春」とともに、個人的なほうも、そろそろ引き寄せたいです。

        

人間ドックからの2days

Category : 気まぐれ日記
今年は人間ドックが終わって、横浜・鶴見の「RAKU SPA」というスパ施設に行ってきました。
詳しく書くと長くなるので割愛しますが、風呂と岩盤浴が充実していて、リピートしたくなるところでした。
その日はJR鶴見駅前のホテル宿泊、翌土曜日は羽田空港で飛行機を撮ったという2日間の話です。
※人間ドックでは、特に意識していなかったのに、昨年とは体重が-4kg、ウエストが-6cmという結果が嬉しかったです。
haneda170201.jpg
F5.6、1/640秒、ISO200、40mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-2
※羽田空港で撮った写真のほうがボリュームが多くて、このような前フリにしましたが、長いので覚悟してください(笑)

人間ドックの前は食事していなかったので、速攻でコンプリートした初日の昼食と、ホテルの部屋から
撮った京急鶴見駅の周辺です。初日に撮った写真はこれだけです
※部屋の窓は結露が激しいうえに殺風景だったので、クロスフィルターでを付けてゴマかしてみました。
tsurumi1702a.jpg tsurumi1702b.jpg
左/F3.5、1/60秒、ISO200、24mm相当、-0.7EV、AWB/A+6/G-1
右/F2.8、1/10秒、ISO200、46mm相当、-1.3EV、AWB/A+2/G-1、コントラスト+1

翌朝は早めに目が覚めたので、結露して濡れていた窓を拭き取って日の出撮影。そしてホテル1Fでセット
の朝食をいただきました。あとで分かりましたが、ホテルもこの店もJR東日本の系列だったようです。
tsurumi1702c.jpg tsurumi1702d.jpg
左/F5.6、1/250秒、ISO200、38mm相当、-2.0EV、AWB/A-2/G-1
右/F2.8、1/60秒、ISO200、40mm相当、-0.3EV、AWB/A+5/G-3

ここからが本編です。京急のエアポート急行に乗って、まずは「国際線ターミナル」で降りました。
撮影を始めたのが1枚目の写真だったのです。羽田空港が新しくなってから初めてで、どこで何を撮れば
いいのか、しばらく立ち尽くしていました。
※事前に撮影ポイントが3ヶ所あることを調べてをおきましたが、本気のカメラマンが多かったことに圧倒されました。
haneda170202.jpg haneda170203.jpg
左/F5.6、1/1250秒、ISO200、300mm相当、-0.7EV、AWB/A-4/G-2、コントラスト+2
右/F5.6、1/1600秒、ISO200、300mm相当、-0.3EV、AWB/A-4/G-2、コントラスト+2

飛行機を撮るなら、もっと焦点距離が長いレンズが良いのでしょうが、動いている飛行機は追うスキルが
伴ってないかも知れません。そこは構図を工夫するとか、止まっている飛行機を撮るなどありますね。
haneda170204.jpg haneda170205.jpg
左/F5.6、1/2500秒、ISO200、160mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2
右/F5.6、1/3200秒、ISO200、300mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G-1、コントラスト+1

国際線ターミナルでは他にも色々撮ったのですが、ここから撮れるA滑走路まで距離があって、飛行機が
小さくなるし、コツが掴めないまま時間が過ぎてしまい、次の第2ターミナルへ移動することにしました。
※各ターミナル間の移動手段として、無料循環バスがあることを事前に調べて利用しました。
haneda170206.jpg haneda170207.jpg
左/F5.6、1/1600秒、ISO200、300mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、コントラスト+2
右/F5.6、1/1250秒、ISO200、200mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、Vivid、コントラスト+2

こちらはC滑走路なので、飛行機までわりと近く、東京ゲートブリッジや東京スカイツリーを入れた構図
が決めやすくなりました。そして、マイクロフォーサーズのレンズは、フードを外せばワイヤー柵の間に
入るほどコンパクトなのも魅力ですね。機動性がよくて荷物が多くならずに済みました。
※国際線ターミナルに駐機していたルフトハンザ航空の機体が、国内線ターミナルの滑走路から飛んだのが不思議でした。
haneda170208.jpg haneda170209.jpg
左/F5.6、1/1250秒、ISO200、300mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish、コントラスト+2
右/F5.6、1/1000秒、ISO200、300mm相当、-0.5EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish、コントラスト+2

こちらはANAが多く目立っていて、たまに珍しい塗装の機体が飛んできますが、どんな種類があるとか
分からず、ただ飛んできたのを撮る戦法でした。
haneda170210.jpg haneda170211.jpg
左/F5.6、1/1000秒、ISO200、112mm相当、0.0EV、AWB/A-4/G-2、Vivid
右/F5.6、1/1250秒、ISO200、300mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-2、Vivid、コントラスト+2

国際線のデルタ航空は一部スカイツリーに被ってしまいました。連写にすればよかったと反省です。
着陸シーンを撮りたくて端のほうまで行きましたが、もっと手前で着陸するので、チャレンジしたものの
構図的に厳しかったです。風の塔が見えるD滑走路は遠くて、これも厳しかったです。
しだいに太陽が低くなってきたので、第2ターミナルは撮り納めにして、第1ターミナルに向かいました。
haneda170212.jpg haneda170213.jpg
左/F5.6、1/1250秒、ISO200、300mm相当、0.0EV、AWB/A-4/G-2、Vivid、コントラスト+2
右/F5.6、1/640秒、ISO200、28mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G-3、i-Finish

いよいよ日没時刻を迎え、飛行機よりも風景を重視するようになっていました。
富士山がシルエットで撮れるような天気に恵まれて良かったです。
haneda170214.jpg haneda170215.jpg
左/F5.6、1/200秒、ISO200、94mm相当、-1.0EV、AWB/A+3/G-2、Vivid
右/F8.0、1/400秒、ISO200、140mm相当、-1.5EV、AWB/A+4/G-2、i-Finish

シャッタースピードが遅くなってきたので、着陸してスピードが落ちた機体でも被写体が流れています。
この時間帯は三脚使用者が多く、いちおう用意はしていましたが、これ用ではない低い三脚だったので、
使いませんでした。
haneda170216.jpg haneda170217.jpg
左/F6.3、1/80秒、ISO200、270mm相当、-1.3EV、AWB/A+4/G-2、コントラスト+2
右/F5.6、1/20秒、ISO200、94mm相当、-2.0EV、AWB/A+4/G-2

暗くなってきて感度を上げて対応しましたが、ちょっと厳しくなってきたので、望遠レンズ使うのをやめて、
F値の明るい標準レンズにしました。オートフォーカスが効かなくなったら終わろうと思いましたが、
照明が明るかったです。18時ごろまで撮ってから、最後はターミナルビルで食事をして、YCATを経由して
バスで帰宅しました。
haneda170218.jpg haneda170219.jpg
左/F2.8、1/30秒、ISO640、80mm相当、-1.0EV、AWB/A-3/G-2、Vivid
右/F2.8、1/20秒、ISO1000、80mm相当、-1.0EV、AWB/A+4/G-2

haneda170220.jpg haneda170221.jpg
左/F2.8、1/13秒、ISO1000、80mm相当、-0.7EV、AWB/A+4/G-2
右/F2.8、1/25秒、ISO200、30mm相当、-0.5EV、AWB/A+5/G-3

人間ドックが終わったあとは、京急鶴見で降りたのが初めて、RAKU SPAに行ったのが初めて、羽田空港
も新しくなって初めてという「初めてづくし」でした。RAKU SPAやホテル宿泊では非日常を味わい、2日目
は大して飛行機に詳しくないのに、5時間も撮影していたという、色々な場面で新たな経験ができました。

めずらしく2日間もクルマを運転しなかったり、暦は節分から立春となり、家では豆まきをサボってしまい
ましたが、気分を一新して新たな年を迎えた気持ちになって、近づきつつある春を待ちたいと思います。
長い文章に付き合っていただき、ありがとうございました。

        
プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR