横須賀しょうぶ園☆2年ぶり

Category : 気まぐれ日記
この時期が見頃となる菖蒲といえば「横須賀しょうぶ園」ですが、昨年は行けなかったので2年ぶりです。
梅雨入りしても雨の降らない日が続いていましたが、本日は曇天で少し強めの風が吹いていました。
曇天で色の表現はイマイチでしたが、撮り終わるまで降られずに済んだのでラッキーだったのかも…。
iris17a.jpg iris17b.jpg
左/F5.6、1/200秒、ISO200、300mm相当、-0.3EV、AWB/A-1/G-2
右/F5.6、1/200秒、ISO200、300mm相当、0.0EV、AWB/A+2/G-2

2年前は花摘みのおねぇさん達が撮れませんでしたが、今回は駐車場のことを考えて早い時間に行った
にも関わらず、お目にかかることができました。菖蒲と一緒に撮れば、彩りを添えてくれるわけですが、
どの角度から撮ればいいのかが悩みどころでした。かたや作業中なので、もちろん移動もします
iris17c.jpg iris17d.jpg
左/F5.6、1/500秒、ISO200、134mm相当、-0.5EV、AWB/A-2/G-2
右/F5.6、1/250秒、ISO200、300mm相当、-0.7EV、AWB/A-2/G-2

ココは藤の花も楽しめるので先月撮ってきましたが、園の名前になっている菖蒲は植えてある規模も広く、
起伏のあるところなど、いろいろ撮り歩きました。撮っているときは良いと思っても、帰って見直してみると
なんとなく気に入らなかったり、同じような構図になっていたりで、ボツを量産していました。
iris17e.jpg iris17f.jpg
左/F5.6、1/320秒、ISO200、300mm相当、-0.3EV、AWB/A+3/G+1
右/F5.6、1/250秒、ISO200、240mm相当、-1.0EV、AWB/A-2/G-2

やはり、この水車と一緒に撮るのは定番だと思いますが、過去3回で一度も撮っていませんでした。
少し離れたところにあって気づかなかったかな? そして水飲み場のワンポイント…単なる思い付きです。
iris17g.jpg iris17h.jpg
左/F5.6、1/200秒、ISO200、150mm相当、-0.3EV、AWB/A-2/G-2
右/F8.0、1/40秒、ISO200、300mm相当、-1.0EV、AWB/A+2/G-2、コントラスト+1

菖蒲を撮りにきていても、同じ時期に咲く紫陽花が目立っていたので、これは撮るしかないとパシャリ。
紫陽花は色々なところで見られるので、どうしてもコレが目的という感じにはならないです…。
寄りで撮った菖蒲をほとんどボツにしたので、紫陽花は今回でなんとなく満足しちゃったのかも。
iris17i.jpg iris17j.jpg
左/F3.5、1/640秒、ISO200、48mm相当、-0.3EV、AWB/A-2/G-3、i-Finish
右/F3.2、1/200秒、ISO200、70mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-2、Vivid

園内を一周してきて、最後は何だか分からない花を撮って終わりにしました。
iris17k.jpg iris17l.jpg
左/F6.3、1/200秒、ISO200、160mm相当、-0.3EV、AWB/A-2/G-3、Vivid
右/F5.6、1/250秒、ISO200、94mm相当、0.0EV、AWB/A+2/G-2

撮影が終わったあと、初めてのとき以外はかき氷を注文していましたが、今回は出ていませんでした。
かき氷が食べたくなる暑さでもなかったし…。代わりに、地元で有名な関口牧場のソフトクリームを
いただき、約2時間の撮り歩きを締めくくりました。
今週末は早くも新月期。梅雨で空模様は怪しいですが、星空撮影にも行きたいです。

        

東京ベイクルーズ(後編)

Category : 気まぐれ日記
(前編からつづく)

クルーズは羽田空港を離れ、東京ゲートブリッジが見えたと思ったら、東京ディズニーシーが見え、
あれれ?という間に浦安の少し先にある、エアレースの機体が飛び立つ「ハンガー」と呼ばれる、
F1でいうピットのようなところの近くへ…。はるか遠くにエアレース会場のパイロンが見えました。
エアレースの観戦はできませんが、ここで少しだけ感じを味わってから、クルーズ再開となりました。
Cruise17062a.jpg Cruise17062b.jpg
左/F6.3、1/640秒、ISO200、600mm相当、-0.3EV、AWB/A-4/G-2、i-Finish、コントラスト+1
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、600mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、i-Finish、コントラスト+2

前編と同じく、飛行機の撮影に少し時間をかけていただけたので、東京ゲートブリッジの周囲でも、羽田に
向かう飛行機を撮っていました。続いて、さらに奥へと進んでいったところ、クルーザーの水しぶきに
虹が見えていたので、思わずパシャリと。そして、ビルの間から東京タワーが下のほうまで見えるという
奇跡的な構図があったので、こちらもチャンスを逃さず撮っておきました。
※水しぶきの虹は中央あたりですが、分かりにくかったのでLightroomで調整してみましたが…。なかなか難しいです。
Cruise17062c.jpg Cruise17062d.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、28mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish
右/F6.3、1/1250秒、ISO200、200mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、Vivid、コントラスト+2

Cruise17062e.jpg Cruise17062f.jpg
左/F4.0、1/2000秒、ISO200、28mm相当、0.0EV、4600K、色かぶり補正+43、ほか各種フィルター使用
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、300mm相当、-0.5EV、AWB/A-4/G-2、Vivid、コントラスト+2

そして話題の豊洲市場を脇に見て、隅田川を上って築地市場へ。地図上では大したことない距離ですが、
色々な意味で両者に距離感があります。川から見ると、たしかに築地市場の老朽化は否めないです。
築地で昼食を調達していただいている間、写真はないですが浜離宮恩賜庭園の中にも入りました。
そのあとで見かけた観光船が目を惹きました。松本零士氏のデザインだそうですが暑そうですね。
※15時半を過ぎて遅い昼食になりましたが、海鮮丼は新鮮なネタでとっても美味しかったです。
Cruise17062g.jpg Cruise17062h.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、58mm相当、0.0EV、AWB/A-4/G-2、Vivid、コントラスト+2
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、50mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、Vivid

Cruise17062i.jpg
F6.3、1/1000秒、ISO200、240mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、Vivid、コントラスト+1

さらに隅田川を上って、アサヒビールのビール色のビル(ややこしい…)に写り込んだ、東京スカイツリーで
ダブル・スカイツリー。雲が増えてきたのでドラマチックトーンで仕上げてみました。
その雲はすぐに晴れたので、さらに上流のほうで「ちゃんとした」スカイツリーも撮りましたよ。
※ダブル・スカイツリーはもう少し広角で撮りたかったです。
Cruise17062j.jpg Cruise17062k.jpg
左/F6.3、1/500秒、ISO200、28mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-1、Vivid、ドラマチックトーン2
右/F6.3、1/800秒、ISO200、44mm相当、+0.3EV、AWB/A-4/G-2、Vivid

続いて隅田川をUターンして下流に向かい、JR総武線と東京スカイツリー、さらに水上バスまで入れた
豪華な構図でパシャリと。電車が通過するのを待つ間、ふと横を見ると神田川に佇む屋形船に、川の
キラキラ感が幻想的だったので、思わずシャッターを押してしまいました。
Cruise17062m.jpg Cruise17062l.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、78mm相当、-0.7EV、AWB/A-3/G-2、Vivid
右/F11、1/500秒、ISO200、62mm相当、-1.0EV、AWB/A-3/G-1、Flat、ファンタジックフォーカス
※写真右はスターライト効果を追加し、さらにシャープネス-2、彩度+2、トーンカーブ補正しました。

いよいよクルーズは終盤へ。レインボーブリッジをくぐって、お台場を経由したあと、
前編のときも撮った大井ふ頭のガントリークレーンを脇に見て、運河に入って天王洲へと戻りました。
同じ被写体でも時間帯で大きく変わりますね。下段の右は天王洲の直前にある水門で、クジラの
絵が描いてあります。ここに文字が隠れているそうですが、自分には分かりませんでした…。
※文字は左半分に「しな」、右半分に「がわ」が隠れているそうです。言われればそんなようにも見える…。
Cruise17062n.jpg Cruise17062o.jpg
左/F6.3、1/640秒、ISO200、40mm相当、0.0EV、AWB/A-4/G-2、Vivid
右/F6.3、1/1600秒、ISO200、44mm相当、-0.7EV、AWB/A-4/G-2、i-Finish

この水門を入ってすぐのところが、今回お世話になった「天王洲ヤマツピア」さんです。
Cruise17062p.jpg Cruise17062q.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO200、108mm相当、0.0EV、AWB/A+3/G-2、Vivid
右/F6.3、1/320秒、ISO200、98mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、ハイライト-7

【おまけ】
船を降りたのが17時30分。ちょうど7時間の長いクルーズでした。
その後、天王洲アイル駅からモノレールで羽田空港へ。
第一ターミナルの展望デッキから、まだ使い慣れない望遠レンズで、着陸機を撮って自主練習しました。
日没を迎え、シャッタースピードが稼げずブレブレ写真が増えてきたので、30分ほどで切り上げました。
※写真右は雲間から差し込む光が印象的だったので、Lightroomで現像してみました。
hnd_ap1706a.jpg hnd_ap1706b.jpg
左/F6.3、1/160秒、ISO200、456mm相当、0.0EV、AWB/A+3/G-1、コントラスト+1
右/F5.6、1/200秒、ISO200、600mm相当、-1.5EV、7500K、色かぶり補正+40、ほか数種類を補正

この日の土曜日はエアレースの予選で、観戦できなかったのは残念でしたが、それを忘れさせてくれる
クルーズが楽しめました。そんな気分を象徴するかのように、日曜日の決勝では日本人パイロットの
室屋選手が優勝を果たしました。その模様は録画したビデオで楽しむことにしましょうか。

クルーズに参加された皆様、お疲れ様でした。
そして、クルーズを企画されたスタッフの皆様、急な予定変更による対応をありがとうございました。

        

東京ベイクルーズ(前編)

Category : 気まぐれ日記
先週の土曜日は、幕張で開催されるエアレースを船上から撮影するクルーズの予定でしたが…。
大人の事情によりクルーズが中止になってしまい、同じ時間に出航する東京ベイクルーズに変更
となりましたので、そちらに参加してきました。

エアレースの日本開催は今年で3年目となり、一昨年は夢の島マリーナから出航したクルーズに
参加しましたが、今年は天王洲からの出航でした。ここからは3年以上前にクルーズに参加した
のが初めてですが、カメラのコミュニティ関連で何度かお世話になっています。

まずは、のんびりと運河をクルージング。そしてモノレールを撮って、大井ふ頭に出るコースです。
※大井ふ頭に出るまでのコースを記憶を頼りに載せてみました。
Cruise17061a.jpg Cruise17061b.jpg
左/F8.0、1/2000秒、ISO200、24mm相当、-2.3EV、AWB/A-2/G-1、デイドリーム+ピンホール効果
右/F8.0、1/320秒、ISO200、24mm相当、-0.7EV、AWB/A-4/G-2、ポップアート+ソフトフォーカス効果

天王洲アイル駅を出たばかりのモノレール。タイミングを少しずらせば、駅名まで入ったのに…。
右側の画像が大井ふ頭までのルートです(たぶん)。頭上スレスレの橋を通ったり、海洋大学カッター船の
練習風景に出会えるなど、スタート早々から盛り上がりを予感させてくれました。
Cruise17061c.jpg Cruise1706map1.png
左/F6.3、1/640秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-1、トーンカーブ補正

大井ふ頭のコンテナターミナルでは、ズラっと並んだガントリークレーン(通称:赤白キリン)が圧巻でした。
コンテナ船への積み込み風景も撮りましたが、側面から広角で撮れなかったことが悔やまれます。
Cruise17061d.jpg Cruise17061e.jpg
左/F8.0、1/1000秒、ISO200、30mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish
右/F6.3、1/1250秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A-4/G-2、i-Finish

続いて、城南島海浜公園の近くから、羽田空港のB滑走路に着陸する飛行機を撮りました。
100-300mmレンズの出番ですが、使い慣れない上に揺れる船からでは、難易度が高かったです。
※下段右のルフトハンザB747、B滑走路への着陸はレアだそうです。ラッキーな場面に出会うことができました。
Cruise17061f.jpg Cruise17061g.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、600mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish、トーンカーブ補正
右/F6.3、1/1600秒、ISO200、560mm相当、+0.3EV、AWB/A-4/G-2、i-Finish、コントラスト+1

Cruise17061h.jpg Cruise17061i.jpg
左/F6.3、1/1600秒、ISO200、254mm相当、-0.5EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish
右/F6.3、1/1600秒、ISO200、240mm相当、0.0EV、AWB/A-4/G-2、i-Finish

続いて、C滑走路の沖合から離陸する飛行機を撮りました。
新たに仲間入りした望遠レンズに慣れるのに必死で、流し撮りをする余裕どころか、まともに撮れたのが
少なく、下段右の写真だけはD滑走路に移動して撮った着陸機です。この場所は空港の展望デッキから
では遠すぎるので、撮れた枚数は少ないながらも貴重なアングルでの撮影が楽しめました。
Cruise17061j.jpg Cruise17061k.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、600mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish、コントラスト+1
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、600mm相当、-0.3EV、AWB/A-4/G-2、i-Finish、コントラスト+1

Cruise17061l.jpg Cruise17061m.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、600mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、i-Finish、コントラスト+1
右/F6.3、1/2000秒、ISO200、342mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish、コントラスト+1

この時点で、すでに昼を過ぎていましたが、夢中で撮影していて時間を忘れていました。
東京ベイクルーズの続きをということで、羽田空港の沖合での撮影はここで切り上げました。
残りの写真がどのぐらいか確認していませんが、ブログのほうも前編はここまでにしようと思います。

(後編につづく)
        

リベンジ果たせず@山梨

Category : 気まぐれ日記
すでに一週間経ってしまいましたが、5月の新月期でクルマが変わってから初めての星景撮影として、
遠征しようと思い立って、当日の雲予報を見て行き先を決めようと、出発直前まで悩んでいました。

午前中に地元から見えた富士山に結構雪が残っていたし、長野の野辺山は雨雲がかかる予報だった
ので、昨年初めて行った「全国育樹祭記念広場」に目的地を決めて、昨年とは逆に東名高速を経由
するルートを選択しました
※出発した時間が早かったので渋滞でもいいと思いましたが、ハマり過ぎて思ったより時間がかかりました。

駐車場に着いたのが20時ごろ。初めての場所ではないので、暗闇でも撮影ポイントまで辿り着いて、
30分後にはポイントが決まり、まずは定番の12mmF2.0レンズで撮影(写真左)。
この時間帯は富士山の真上に木星が輝き、おとめ座、てんびん座と、さそり座が少し見え始めました。
昨年はもう少し富士山が大きければ…と思ったので、25mmF1.8レンズでも撮影(写真右)。
※12mmのレンズで使っていたソフトフィルターがそのまま使えてラッキーでした。25mmでも星空撮影で活躍しますね。
nt_fmpark17a.jpg nt_fmpark17b.jpg
左/F2.0、20秒、ISO3200、24mm相当、マニュアル露出、4400K、トーンカーブなど色々補正
右/F1.8、13秒、ISO3200、50mm相当、マニュアル露出、4400K、トーンカーブなど色々補正

もちろんFisheyeレンズでも撮影しました。富士山や地面はLightroomの段階フィルターで少し明るく
しています。富士山の方角は南ですが、北斗七星まで写ってしまう画角の広さはスゴいです。
このあとに訪れる悲劇など、知る由もなく3種類のレンズで夢中になって撮っていました。
nt_fmpark17c.jpg nt_fmpark17d.jpg
左/F1.8、15秒、ISO3200、16mm相当、マニュアル露出、4400K、トーンカーブなど色々補正
右/F1.8、20秒、ISO3200、16mm相当、マニュアル露出、4400K、トーンカーブなど色々補正

さそり座が富士山に近づいて、いよいよ天の川が見え始めるかという21時半ごろ。
急に雲がかかり始め、明るい星と富士山が辛うじて見えるレベルになってしまいました。
nt_fmpark17e.jpg
F2.0、15秒、ISO3200、24mm相当、マニュアル露出、4200K、トーンカーブなど色々補正

なかなか雲が取れなくて時間を持て余していたのと、カメラバッグに触れて結露を確認したので、
購入してから約2年、初めてレンズヒーターをセッティングして使用感を確かめたり…。
今回は富士山に背を向けても、ポラリス(北極星)が確認できないぐらい雲が広がり、ぐるぐる撮影も
できない状態でした

上の写真から1時間半以上経って、少しだけ星が見えたチャンスを狙って撮ってみました。
土星のなかに天の川の濃い部分が辛うじて見えましたが、雲の量が多くて富士山もチラっとしか
見えませんでした。最初は順調だったのに、天の川の撮影リベンジは果たせませんでした。
nt_fmpark17f.jpg nt_fmpark17g.jpg
左/F2.0、20秒、ISO3200、24mm相当、マニュアル露出、4200K、トーンカーブなど色々補正
右/F2.0、20秒、ISO3200、24mm相当、マニュアル露出、4200K、トーンカーブなど色々補正

その後、24時を過ぎても空が晴れる気配が全くなく、ついに富士山が完全に隠れてしまったので、
「こういう芝生の広場で撮っていましたよ」という写真で締めくくり、撤収することにしました。
※Fisheyeレンズを上に向けず、空の割合を少なく芝生がメインになるように撮りました。正面は富士山のはずですが…。
nt_fmpark17h.jpg
F1.8、25秒、ISO5000、16mm相当、マニュアル露出、4200K、トーンカーブなど色々補正

今回は初めてのときのように移動せず、というか移動できずに1ヶ所で撮りつづけました。
4時間以上も立ちっぱなしで、クルマに戻ってすぐに出発すると、疲れが出て運転に影響が出ると思い、
車内で休憩していると寒くて震えてきました。昼間は25度以上あったのに、この標高では冷えますね。

昨年とは逆に、帰りは中央自動車道を利用しましたが、所々で雨が降っていました。このスポットは、
富士山の北側で、富士山と天の川を絡めて撮れると思いましたが、そろそろ雪が溶けてしまうので、
今年はもうココには行かないと思います。

今週にも梅雨入りすると言われていますが、今回の遠征では消化不良だったのと、ある目標に向けて
今年はあと何回かは星景撮影で遠征したいと思います。

        
プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR