FC2ブログ

令和の星初め@12年越しの福島

Category : たま~に放浪記
訳あって夏の天の川が出現するまで駐車場で待機しましたが、そろそろ待ちくたびれた23時半ごろ、
ようやく駐車場から観音沼のほうに向かいました。方角としては東南~南なので、10分ぐらい歩いた
でしょうか。周囲は真っ暗で、沼にはカエルの大合唱が響き渡っていました

ロケハン時のイメージよりも思いのほか開けていたので、Fisheyeレンズで撮り始めましたが、山の稜線
あたりの低空に薄雲がかかっていました。バッテリー残量を気にしながら、5~10分おきに電源を入れて
シャッターを切っていたら、少し晴れて天の川が見えてきたものの・・・。

明るい木星の写りが何かおかしい。5分後には確認画像でもレンズが結露したのがハッキリ分かり、
レンズヒーターを車に置いてきたのを悔やみながら、令和になって初めての天の川は何とも中途半端な
幕開けとなり、この場を撤収して駐車場に戻ることにしました
諦めきれず、駐車場でレンズヒーターを装着して、撤収から30分後に撮ったのが写真右です。
※右の写真を1枚撮ったらバッテリーが赤点滅しはじめたので、覚悟を決めて打ち止めにしました。
190504kan_numa1.jpg 190504kan_numa3.jpg
左/F1.8、20秒、ISO3200、16mm相当、4100K/色被り補正+50、トーンカーブ補正ほか
右/F1.8、25秒、ISO3200、16mm相当、4100K/色被り補正+50、トーンカーブ補正ほか

このあとは駐車場での車中泊でしたが、旅のスケジュールは続くのにバッテリーが終わってしまい、
途方に暮れ悶々としていたのと、標高900mでは寒さに震えて、ほとんど眠れないまま朝を迎えました。
---
5月4日(土曜)は、もともと観光しないスケジュールだったので写真は撮らず、星空撮影(のロケハン)に
備えて日帰り温泉施設「スパホテルあぶくま」で過ごしました。
17時すぎに退館して、次の目的地へ向かう前に、駐車場でカメラのバッテリー装着する蓋へのアドバイス
を基に、指先で回したところ蓋がオープン。奇跡のできごとに喜び、早速バッテリー交換してから出発!
※旅から帰って、メーカーの拠点にカメラを持ち込み、蓋を交換して現在は元通りになっています。

安心して向かった目的地は羽鳥湖高原。はじめに羽鳥湖展望台(西向き)に着きましたが、湖まで
遠かったので日没の写真だけ撮って、星空撮影は断念しました。
190504hatoriko1.jpg
F2.8、1/160秒、ISO1600、40mm相当、5800K/色被り補正+45、ハイライト、明瞭度など補正

続いて、あらかじめ調べておいた羽鳥湖畔第一駐車場は、入口に鎖があって入れませんでした
少し戻ったところの第二駐車場も、同じく鎖があって入れませんでした。最後に、やすらぎ橋の駐車場
に停めて撮影場所を確認して歩いていたら、クマ注意の看板と「ガサゴソ」と物騒なサウンドが
もはや湖は見えないし、やすらぎ橋と一緒に撮るにしても、せいぜい北斗七星が見える程度で、構図
としては中途半端だったのと、クマにビビっていたこともあって、ここでも撮影は断念しました

あまりにも消化不良な感じだったので、道の駅羽鳥湖高原へ。
建物の照明が明るすぎるのは仕方ないとして、何も成果がないよりは少しでも撮っておきたいと思い、
まずは北天をライブコンポジットで10分間(写真左)、続いて天の川の方角は露出を変えて2回撮影し、
星空と地上風景を合成してみました(写真右)。
190504hatoriko2.jpg 190504hatoriko3.jpg
左/F2.0、15秒×40コマ、ISO640、24mm相当、4500K/色被り補正+45、ハイライト、明瞭度など補正
右(地上)/F2.0、25秒、ISO200、24mm相当、4200K/色被り補正+48、ハイライト、明瞭度など補正
右(星空)/F2.0、15秒、ISO2500、24mm相当、4200K/色被り補正+48、トーンカーブ補正ほか

写真左はゴーストが激しかったのでソフトフィルターを外しました。写真右は地上部分だけフィルター
を外しました。Photoshop Elementsのレイヤーマスクとグラデーションツールで、2つの画像を合成
しました。新星景というジャンルで、少しやりすぎ感はありますが、初めてにしては上出来かなと

撮り終わったら、すでに5月5日(日曜)の未明。
高速道路の渋滞を避けるため、30分ほど休憩してから帰路へ。早朝には都内に入ったので、
天然温泉平和島で夕方まで過ごし、睡眠不足と疲れを解消してから、残り1時間ほどかけて帰りました。

大型連休とはいえ、星空撮影の遠征で距離が少し長くなった感覚で、旅行気分は味わえませんでした。
一人だからできたことで、ガッツリ旅行も楽しもうと思ったら、もっと疲れていたような気がします。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

(おわり)
        

12年越しの福島へ

Category : たま~に放浪記
今年の大型連休の旅は、メディアが大袈裟に10連休と騒いでいたことに萎縮してしまい、改元して
からの後半だけにして、新月期でもあるので星撮りをメインに考え、宿を確保しないプランにしました。

行き先は、12年前に計画して行けなかった福島にして、当時のプランを参考にしました
当時は(職場は変わらず)会社が変わった転機だったし、今年は4月に職場が変わる転機だったこと
もあり、12年という意味ありげな周期もあって、福島に引き寄せられるような気がしました。

連休後半とはいえ、渋滞にハマらないように5月3日(金曜)の深夜に出発し、東北自動車道で
休憩を長めにとって、那須高原サービスエリアで朝を迎えました。
190503naskogen.jpg
F5.6、1/320秒、ISO200、24mm相当、5800K/色被り補正+35、コントラスト、明瞭度など補正

最初の目的地は早朝だったので、旅の安全祈願や気持ちを引き締めるため、神社にしました。
磐椅神社(いわはしじんじゃ)は小さな神社(写真左)で、時間が早くて社務所も閉まっていました。
すぐ近くの土津神社(はにつ神社)のほうが広くて(写真右)、桜の咲きっぷりも見事でした。
190503iwahashi.jpg 190503hanitsu1.jpg
左/F6.3、1/320秒、ISO200、36mm相当、5100K/色被り補正+45、ハイライト、シャドウなど補正
右/F5.6、1/1250秒、ISO200、44mm相当、5200K/色被り補正+35、明瞭度、自然な彩度など補正

土津神社は、この日がちょうど春季大祭で大勢の人が集まっていて、準備で宮司さんも忙しいとのことで、
ここでも御朱印をいただくことができませんでした。待望の「令和元年」までの道のりは険しかったです。
190503hanitsu2.jpg 190503hanitsu3.jpg
左/F5.6、1/640秒、ISO200、24mm相当、5100K/色被り補正+40、ハイライト、シャドウなど補正
右/F5.6、1/500秒、ISO200、36mm相当、5800K/色被り補正+40、ハイライト、シャドウなど補正

次の目的地は12年前も計画していた裏磐梯・五色沼へ。
ただ、すべてを見るには歩く距離が長く時間もかかるので、裏磐梯物産館をスタートして柳沼を通過し、
青沼~るり沼~弁天沼まで行って折り返すコースにしました。きれいな色をした沼を巡るコースなので、
歩いた距離もほどほどに欲張ることなく撮影も楽しめました。
※まずは青沼(写真左)と、その湖畔で萌えいずるゼンマイ(写真右)です。
190503aonuma1.jpg 190503aonuma2.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO200、20mm相当、5100K/色被り補正+35、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F6.3、1/500秒、ISO200、34mm相当、5800K/色被り補正+15、コントラスト、シャドウなど補正

続いて、るり沼(写真上段左)と、るり沼から青沼を流れる川(写真上段右)、弁天沼(下段)です。
190503rurinuma1.jpg 190503rurinuma2.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、44mm相当、5000K/色被り補正+35、コントラスト、明瞭度など補正
右/F18、1/15秒、ISO200、42mm相当、5800K/色被り補正+15、コントラスト、明瞭度など補正

190503benten1.jpg 190503benten2.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、16mm相当、5000K/色被り補正+35、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F4.0、1/2500秒、ISO200、40mm相当、5000K/色被り補正+35、コントラスト、自然な彩度など補正

続いて、昼食に喜多方ラーメン(店決めは省略して12年前の計画を参考にしました)を食べてから、
会津若松・飯盛山と白虎隊記念館へ。メジャーなスポットなので、駐車場に入るまで50分も待ちました。
190503mt_iimori.jpg 190503byakkotai.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、46mm相当、5300K/色被り補正+35、コントラスト、明瞭度など補正
右/F6.3、1/3200秒、ISO200、24mm相当、5400K/色被り補正+40、コントラスト、シャドウなど補正

写真左が飯盛山の白虎隊墓地への階段ですが、駐車場待ちでパワー低下気味ゆえ、有料のスロープ
コンベアを利用しました。鶴ヶ城が見える展望台にも行きましたが、心が荒んでいたのか、モヤっていた
のか、望遠レンズを使っても見えませんでした。最後に「さざえ堂」を経由して駐車場に戻りました。

観光としての終盤は「塔のへつり」へ。川岸が切り立った崖のことを「へつり」というそうです。
吊り橋を渡ったところの景色(写真左)と、パワースポットの「虚空像菩薩」が祀られた岩のお堂
を背にして撮った吊り橋(写真右)です。神社ではないですが、ここでやっと御朱印がいただけました。
190503hetsuri1.jpg 190503hetsuri2.jpg
左/F5.6、1/320秒、ISO200、24mm相当、5200K/色被り補正+40、ハイライト、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/250秒、ISO200、52mm相当、5800K/色被り補正+15、明瞭度、自然な彩度など補正

全体像が分かるように、「へつり」側と、吊り橋を渡る前の「へつり」を見渡した景色をパノラマで
※吊り橋を渡る前の通路からは、広角レンズで全体を入れたためパースペクティブが強調されました。
190503hetsuri3.jpg
F5.6、1/250秒、ISO200、24mm相当×4枚、5200K/色被り補正+40、ハイライト、明瞭度など補正

190503hetsuri4.jpg
F5.6、1/500秒、ISO200、16mm相当×7枚、5300K/色被り補正+35、シャドウ、明瞭度など補正

旅の日程は続きますが、星撮りをメインに考えていたため、観光としては初日のここまでで終了です。
このあと、居酒屋で夕食を食べて星空撮影スポットの観音沼森林公園に向かいました。
---
18時半ごろ駐車場に着いて、トイレの場所を確認して、明るいうちに沼の周囲(約1.2km)を歩いて、
撮影プランを考えながら確認しました。どんどん暗くなってしまい、西向きの写真は撮れませんでした。
※写真は上段左が東向き、上段右が東南~南向き、下段が北向き
190503kan_numa-e.jpg 190503kan_numa-s.jpg
左/F2.8、1/15秒、ISO640、24mm相当、6000K/色被り補正+10、ハイライト、明瞭度など補正
右/F2.8、1/5秒、ISO1000、24mm相当、6100K/色被り補正+15、シャドウ、明瞭度など補正

190503kan_numa-n.jpg
F2.8、1/2秒、ISO1000、24mm相当、7000K/色被り補正+35、シャドウ、明瞭度など補正

19時を過ぎて少しずつ星が見え始めた頃、星空撮影に備えてバッテリー交換や三脚の準備をしようと
駐車場に戻ったとき、最悪な事態が発生!
バッテリー装着する蓋を開閉するツマミが破損して開かなくなりました。すなわち、残ったバッテリーで
星空を撮影しなければならず、先ほど考えた撮影プランが無駄になってしまいました。
そのため、天の川狙いに絞って、満天の星空が広がる駐車場で、撮影せずに待機していました

(星空撮影編へつづく)


        

藤の香りで平成が終わる

Category : 気まぐれ日記
今年で3年目になり恒例となったことで、スポットとしての新鮮さよりも、撮りかたに工夫を求められる
ようになった「横須賀しょうぶ園」の藤の花ですが、開園時間の9時を数分過ぎた頃には駐車場が
すでに満車で、30分待ってやっと停められて、少し出遅れた形になってしまいました。

新元号を迎える大型連休の前半は、ぐずついた天気が続いていましたが、束の間の晴れ間が
広がった 4月28日に撮ってきました。
※ブログのエントリが改元後になってしまいましたが、撮影したのは平成です。
wisteria19a.jpg wisteria19b.jpg
左/F5.6、1/1250秒、ISO200、28mm相当、5200K/色被り補正+45、コントラスト、明瞭度など補正
右/F4.0、1/3200秒、ISO200、70mm相当、5200K/色被り補正+45、コントラスト、明瞭度など補正

藤の花は垂れ下がるように咲くので、広角で風景としてではなく近づいて撮ると、どうしても縦構図に
なってしまいます。数種類が咲いていましたが、構図がワンパターンにならないように意識しました。
wisteria19c.jpg wisteria19d.jpg
左/F5.6、1/1000秒、ISO200、60mm相当、5200K/色被り補正+40、コントラスト、明瞭度など補正
右/F2.8、1/6400秒、ISO100、80mm相当、5200K/色被り補正+45、コントラスト、自然な彩度など補正

wisteria19e.jpg wisteria19f.jpg
左/F5.6、1/800秒、ISO200、34mm相当、6000K/色被り補正+40、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F5.6、1/400秒、ISO200、80mm相当、6100K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正

風景としても撮っておきたいと思っても、藤が咲いているエリアが一部なので、景色が限られて
しまいます。そこで切り取りかたが試されますが、今回はこれを採用してみました。
ほかにも、藤の花を背景にしてボカすことができるスポットでパシャってみました。
wisteria19g.jpg wisteria19h.jpg
左/F5.6、1/1250秒、ISO200、62mm相当、6000K/色被り補正+40、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/500秒、ISO200、140mm相当、5800K/色被り補正+30、明瞭度、自然な彩度など補正

連休中ということもあり、入口近くではフラダンスのショーが始まっていました。
出遅れて混雑していたことと、試行錯誤を繰り返したことで、2時間近くかかってしまいました。
wisteria19i.jpg wisteria19j.jpg
左/F5.6、1/500秒、ISO200、90mm相当、5800K/色被り補正+45、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/2000秒、ISO200、240mm相当、5200K/色被り補正+40、シャドウ、自然な彩度など補正

この日は午後から星空撮影の遠征を考えていたので、撮り終えてからは、ひと息つく間もなく
何も購入せず帰宅しました。このあとの雲予報がどうなっているか知る由もなく…。

【おまけ】
その星空撮影の遠征ですが、前々回のエントリに書いたとおり富士五湖の西湖に行ってきました。
雲予報は星空撮影に向かないと出ていて、「行かない」選択肢もありましたが、連休中なのに
行かなかったとなると後悔しそうなので、有言実行してみました。
※写真の正面が雲で見えない富士山です。西湖に行ったのは、おそらく2002年以来の17年ぶりだと思います。
saiko1905a.jpg
F5.6、1/2500秒、ISO200、24mm相当、5200K/色被り補正+35、明瞭度、自然な彩度など補正

風景として撮ったあと雲が切れるのを待ちましたが、実現することなく21時で撤退を決めました。
星空撮影が目的なのは初めてなのでロケハンにはなりましたが、平成最後の星空撮影はグズグズな
形で終了してしまったので、令和の星空撮影は良いスタートを切りたいと思います。

        
プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活に疲れ気味な独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR