FC2ブログ

梅雨の遠征はプチ観光気分

Category : 気まぐれ日記
今月の新月期(といっても先月末)は、写真教室のイベントで乗鞍高原に行ってきました
梅雨の真っ只中で天候が期待できないのと、さすがに遠いので、星空撮影だけでは勿体ないと思い、
朝早くに出発して少し寄り道してきました。
まずは中央自動車道を途中で降りて、「山梨県立リニア見学センター」の「どきどきリニア館」へ。
屋内展示の試験車両を外観と車内から。開業時は分かりませんが、ふつうに新幹線と同じでした(笑)
linear19a.jpg linear19b.jpg
左/F5.6、1/80秒、ISO200、44mm相当、4300K/色被り補正+45、シャドウ、明瞭度など補正
右/F5.6、1/2.5秒、ISO200、38mm相当、6200K/色被り補正+40、ハイライト、明瞭度など補正

そして実験線を通過する車両の撮影。試験走行なので通過時刻は決まっておらず、通過のタイミングで
スタッフが案内してくれます。この日はけっこう頻繁に通過してくれました。単線で往復方向を撮れました。
3階(写真左)では角度的に良いですがガラス越し(今回は大阪方面から)で、2階では(写真右)は
屋外から撮れますが手前に網があるので置きピンになります(今回は東京方面から)。
※通過時は504km/hなので連写しないと撮れません。もちろん流し撮りなんて余裕ありません(汗
linear19c.jpg linear19d.jpg
左/F5.3、1/1600秒、ISO640、78mm相当、5300K/色被り補正+45、コントラスト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/2000秒、ISO400、180mm相当、6000K/色被り補正+45、ハイライト、明瞭度など補正

この実験線は現在、石和温泉(笛吹市)あたりから、神奈川県境の上野原市まで、約43kmぐらいある
そうで、実際の営業路線となるそうです。駐車場まで歩いて行く途中に「線路」の下を通りますが、騒音は
普通の電車と同じ程度だと思います。ただ、速度が早いのでドン!と一瞬、音が聞こえるだけです。

このあとは中央自動車道の諏訪湖サービスエリアで昼食をとり、早めに乗鞍高原に着いてロケハンへ。
小雨が降っていて夜の星空は期待薄となるなか、池を中心に傘を持って撮影していました。
※ロケハンとして空を入れて撮った写真は、曇天だったので割愛します。
norikura19a.jpg
F6.3、1/125秒、ISO200、62mm相当、6500K/色被り補正-15、コントラスト、明瞭度など補正

まずは牛留池(写真上)から。駐車場から5分以上歩くうえに、開けた場所が西側だけなので、星空撮影
には不向きでしょうね(なので写真は一枚です)。東屋で屋根があって、今回は雨でも撮影できました。
続いて「一の瀬園地」へ。駐車場から10分ほど歩いたところの、あざみ池を1周してみました。
※色々な場所から撮りましたが方角は忘れました。駐車場から遠いので、星空撮影は厳しそうです。

norikura19b.jpg norikura19c.jpg
左/F5.6、1/160秒、ISO200、46mm相当、6600K/色被り補正-10、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F5.6、1/800秒、ISO200、40mm相当、6500K/色被り補正+15、コントラスト、ハイライトなど補正

norikura19d.jpg norikura19e.jpg
左/F5.6、1/1600秒、ISO200、34mm相当、5200K/色被り補正+45、ハイライト、自然な彩度など補正
右/F5.6、1/250秒、ISO200、38mm相当、6600K/色被り補正-15、コントラスト、ハイライトなど補正
※写真左、一瞬だけ青空が見えました。

かつて、2000年に「一の瀬園地」を訪れて、写真を撮っていたようですが、このブログの前身である
ホームページを始める前なので写真も残っておらず、景色として薄い記憶しかありませんでした。
ところが、駐車場から「あざみ池」への道が「それっぽい」感じがして、約20年ぶりにスッキリしました。

続いて写真教室の実習場所となる「まいめの池」へ。
昨年8月に駐車場まで行きましたが、土砂降りでロケハンもできなかったので、少しだけ進展しました(汗)
ここは駐車場から近くて、水辺ギリギリまで近づけるので(夜は注意が必要ですが)、よく知られたスポット
だそうです。偶然にも今回の写真教室の主催者であり、星空撮影の師匠に会いました。
norikura19f.jpg norikura19g.jpg
左/F5.6、1/320秒、ISO200、44mm相当、6200K/色被り補正+5、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F5.6、1/125秒、ISO200、56mm相当、5400K/色被り補正-15、コントラスト、明瞭度など補正

norikura19h.jpg
F5.6、1/500秒、ISO200、24mm相当、6000K/色被り補正-10、コントラスト、ハイライトなど補正
※5枚分をMicrosoft ICEでパノラマ合成、左端にはロケハンに来ていた師匠が(汗)

車で10分ほどの宿に戻って18時から夕食をいただいたあと、空を見ると木星が見えていたので、20時すぎ
に集合して「まいめの池」へ。夕食後に宿の外から撮っておきました。
norikura19i.jpg
F2.0、1.3秒、ISO1600、24mm相当、7500K/色被り補正+45、コントラスト、ハイライトなど補正

単独行動ではないので、撮影開始まで時間がかかってしまい、撮っている間に次第に雲が広がって
きて(写真左)、全天に渡って星が見えなくなってしまったので、23時ごろ撤収することになりました。
宿に戻ってみると、皮肉にも天の川が見えていたので急きょ撮影開始(写真右)。
norikura19j.jpg norikura19k.jpg
左/F1.8、30秒、ISO3200、16mm相当、4200K/色被り補正+45、トーンカーブ補正ほか
右/F2.0、30秒、ISO3200、24mm相当、4100K/色被り補正+45、トーンカーブ補正ほか

もう少し広く撮りたくてFisheyeレンズに替えましたが、構図を決めている間に雲が広がって撮れなくなり、
撮影を24時すぎに諦めて、風呂(温泉)に入って寝てしまいました

【宿泊した宿】
乗鞍高原 ホテルガルニ・ローリーホフ

翌朝は7時ごろ起きて、部屋のベランダにあった花壇を撮って、8時から朝食をいただいて、1時間ほど
星空撮影に関連したソフトウェアの使用方法など、インドアで講習を受けてから宿をあとにしました。
norikura19l.jpg
F2.8、1/125秒、ISO200、50mm相当、6500K/色被り補正+50、コントラスト、ハイライトなど補正

遠征の2日目、昼間は車で1時間ほどの健康ランドで過ごして、本来なら星空撮影を考えていましたが、
弱い雨がやむことがなく、前日より天候が悪かったので、夜までノンビリしてから帰路につきました

今回の「まいめの池」では、星が見えるチャンスが限られていたので、赤道儀を初めて使うことは避け、
その後も使う機会がなかったので、未だデビューを果たせていません。
そんな中、赤道儀がなくてもそれに近いクオリティに仕上げることができるソフトウェア「Sequater」の
存在を知ったので、いろいろと駆使しながらステップアップができればと考えています。

        
プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活に疲れ気味な独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR