開国花火大会@横須賀

Category : 気まぐれ日記
地元での今年初めての花火撮影は、毎年の恒例行事となりつつある弟のマンションから。

打ち上げまで1時間以上あるので、まだ明るいうちからアルコール補給です
ほどよく酔っ払ったころ、空が焼けはじめたので、セッティングを兼ねて打ち上げ方向を撮影しました。
fw_yksk1601.jpg fw_yksk1602.jpg
左/F2.8、1/40秒、ISO640、48mm相当、-0.5EV、Auto/A+4/G-1
右/F2.8、1/60秒、ISO640、30mm相当、0.0EV、Auto/A+3/G-2、Vivid、トーンカーブ補正

昨年はSDカードを入れ忘れて、急きょ借りたSDカードで満足に撮れなかったという失態をしました。
今年はNDフィルタを使って、絞りを開けてみようと考えたのですが、レンズに合ったのがND32しかなく、
試しに使ってみたところ、暗すぎる写真を量産して、打ち上げ開始から10分ほどがすべてボツに
横位置で撮り始めましたが、NDフィルタ使用を諦めて、縦位置で仕切りなおして再開しました。
※昨年の教訓から、花火撮影では3Way雲台に付け替え、BULB時のLVブーストをOFFにしました。
fw_yksk1603.jpg fw_yksk1604.jpg
左/F8.0、11.9秒、ISO250、120mm相当、マニュアル露出、5700K+1STEP、トーンカーブ補正
右/F8.0、計13.9秒、ISO250、120mm相当、マニュアル露出、5700K+1STEP、トーンカーブ補正
※写真右は同じ構図の2枚を比較明合成しました。

最初の1/3がボツになり、残りを無駄にしないようにというプレッシャーで、酔いが醒めてきました。
水中花火は高く上がらないからズームしたり、高く上がる花火は広角にしたりと、その都度ピント合わせ
で忙しい撮影でした。感度を落とす余裕はなかったし、ピントが甘いのが結構ありました。
※露光間ピントずらしは試してみたい分野ですが、30分間の短期決戦(実質20分間)では厳しいですね。
fw_yksk1605.jpg fw_yksk1606.jpg
左/F10.0、4.2秒、ISO250、240mm相当、マニュアル露出、5500K+2STEP、トーンカーブ補正
右/F11、計17.7秒、ISO250、108mm相当、マニュアル露出、5300K+1STEP、トーンカーブ補正
※写真右は同じ構図の2枚を比較明合成しました。

せっかく高い位置から撮っていたので、なるべく水面に花火が反射する構図を狙っていました。
fw_yksk1607.jpg fw_yksk1608.jpg
左/F13、12.9秒、ISO250、94mm相当、マニュアル露出、5100K+1STEP、トーンカーブ補正
右/F13、8.7秒、ISO250、94mm相当、マニュアル露出、5000K+1STEP、トーンカーブ補正

明らかに乱れ打ちになり、終盤に近づいていたのが分かりました。
最後には構図を変える余裕もなくなりましたが、ラストスパートの閃光まで楽しむことができました。
fw_yksk1609.jpg fw_yksk1610.jpg
左/F13、5.0秒、ISO250、94mm相当、マニュアル露出、5000K+1STEP、トーンカーブ補正
右/F13、4.1秒、ISO250、94mm相当、マニュアル露出、5100K+1STEP、トーンカーブ補正

花火撮影は風物詩であり、年に数回しかチャンスがないので、毎回何かしらの失敗がつきもので、
その失敗のほかにも新たな課題ができます。今年の撮影は2回目ということで、特にRAW現像は
時間をかけずにできましたが、縦構図だけになったのは少し寂しかったです。

酔っ払っていながらも、少しでも余裕のある撮影を目指したいと思いました。

        

Comment

非公開コメント

プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR