FC2ブログ

撃沈したけれど、記録として

Category : 気まぐれ日記
今月は「ふたご座流星群」のピークがあるというので、新月期は撮影に行かず(行けずに)、14日に休みを
とって遠征してきました。その日の月齢は6.8、月が沈むのが23時ぐらいだから、それ以降に撮れれば…。

雲量予報を見たら、山梨県の富士五湖あたりから南に晴れてくるのが、ちょうどその頃の微妙な時間帯。
それより前の時間帯に富士山周辺で雪の予報があり、一抹の不安がありながら、方角を考えると
撮影場所の選択肢が少なくなってきて、今回は「道の駅・朝霧高原」にしてみました。
撮影スポットは、少し奥の「富士山展望台」という小高い丘にしました。

全天が雲で覆われていたのは予報どおりとはいえ、まったく雲が切れる気配がなく、車内待機するのも
限界がきて、待ちきれずに20時半ごろからセッティングを始め、雲が切れた21時半ごろに撮れた
オリオン座が精一杯でした。肝心な流星は雲が薄いところで 2個ぐらい見えただけでした。
その後も雲が切れる気配がなく雪が降り始めたので、「こんな場所で撮りました」という記録を撮影
してから、23時すぎに撤収しました。ホントはこの正面が富士山なのですけどね。
※オリオン座はピン甘めです。もっと星が見えればピントを追い込みたかったです。
asagiri18a.jpg asagiri18b.jpg
左/F2.0、15秒、ISO3200、24mm相当、3800K/色被り補正+35、コントラスト、トーンカーブなど補正
右/F1.8、20秒、ISO2000、16mm相当、3500K/色被り補正+35、コントラスト、ハイライトなど補正

正面に富士山が見えていれば、風景としては良さげですね。
地上が明るいのは、左後方の建物からの照明の影響ですが、これが星空と組み合わさったとき、
よい味を出してくれるのか、邪魔ものとなるのかは分かりません。
手元照明がなくても歩けるし、レンズ交換は可能でしたが、星を撮らない人が頭に付けたライトや懐中電灯
を持って歩き回ることがあるので、そこは意識しておいたほうが良さそうです。

ふたご座流星群ということで、今回は富士山の西側から東に向かって撮れる場所を選びました。
帰路では行ったことがない富士山の南側、水ヶ塚公園でロケハンしようと向かいましたが、かなり雪が
降ってきて、道路が真っ白で悠長にロケハンしていたら帰りが危険だと思い、早々に退散しました。

流星の数が多めの「ふたご座流星群」で、今年は月齢的にチャンスでしたが、残念な結果となりました。
今年の星空撮影は終了となりますが、流星に限らず来年の撮影チャンスに期待したいと思います。

        

Comment

非公開コメント

プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活に疲れ気味な独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR