FC2ブログ

CP+2019@横浜

Category : 気まぐれ日記
「カメラと写真映像のワールドプレミアショー シーピープラス」
(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2019)を見るため、今年もパシフィコ横浜に行ってきました。
今年も平日狙いで仕事を休んで金曜日に行ってきましたが、かなり混んでいました。
2012年2013年2014年2015年2016年2017年2018年

会場までの手段など、すべて昨年と同じでしたが、高速バスで事故渋滞に遭って20分遅れでした。
それでも駅構内でのコーヒータイムは、参戦する前の準備としてしっかりと。
今年は曇っていたのと建物に足場が設置されていたので、会場の外観は撮影せず、
開始30分ほど前の入場待ちの写真から始まります。
cpp1901.jpg
F2.8、1/100秒、ISO800、80mm相当、4900K/色被り補正+45、明瞭度、彩度など補正

最初に向かったのはオリンパスブース。ほかの大手メーカーが会場奥に広大なスペースを確保していた
のに対し、出入口からわりと近くで「ちょうどいい広さ」で頑張っていました。
今年はE-M1X推しで、超望遠レンズも参考出品されていましたが、どちらも手が出ないので、カメラ内
センサーの動きが見られる手ぶれ補正体験や、カメラ内でNDフィルター処理ができる機能を見てきました。
cpp1902.jpg cpp1903.jpg
左/F5.6、1/50秒、ISO400、34mm相当、5800K/色被り補正+60、ハイライト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/50秒、ISO400、48mm相当、5400K/色被り補正+60、ハイライト、明瞭度など補正

新たに発表されたPROシリーズではない、高倍率ズームレンズも見てきました。
14-150mm/F4-5.6を持っていったので、自分のSDカードで撮り比べさせていただきました。
cpp1904.jpg cpp1905.jpg
左/F5.6、1/125秒、ISO200、90mm相当、0.0EV、AWB ※12-200mm/F3.5-6.3で撮影
右/F5.4、1/125秒、ISO200、90mm相当、0.0EV、AWB ※14-150mm/F4.0-5.6で撮影

ブログ用写真の制限で75%にリサイズしたので、比較には無理がありますが、クリックで大きいサイズが
表示されます。展示用カメラでの撮影で、JPEGのみ保存だったので一切補正していない撮って出しです。
現行品で撮影したほうは、拡大すると微妙にピントが合っていないですが、撮影者の技量とカメラ性能が
関係しているので、さらに比較が難しいかも知れません・・・。

午前中は他のブースを写真は撮らずにザックリと見て回り、少し早めに食事をとることにしました。
昨年に比べて、2階の飲食店が大きく変わっていて、楽しみが一つ減ってしまいました(笑)
昼食後の徘徊では、Vixenブースで赤道儀の参考出品に興味が惹かれました。
発売するのかも未定だそうですが、待ったほうがいいのか、他メーカー品に手を伸ばすのが先か
cpp1906.jpg cpp1907.jpg
左/F2.8、1/50秒、ISO400、56mm相当、6000K/色被り補正+60、シャドウ、明瞭度など補正
右/F2.8、1/125秒、ISO400、62mm相当、6000K/色被り補正+60、シャドウ、白レベルなど補正

ほかにも興味のあるブースに絞って見ましたが、動きのあるドローンのデモだけ写真を撮ってしまいました。
写真右の大きいドローンは、撮っていて風圧を感じました。搭載しているカメラも本格的でした。
cpp1908.jpg cpp1909.jpg
左/F2.8、1/80秒、ISO640、80mm相当、6600K/色被り補正+60、コントラスト、ハイライトなど補正
右/F2.8、1/80秒、ISO640、72mm相当、6600K/色被り補正+60、コントラスト、ハイライトなど補正

あとはオリンパスブースで3種類と、AdobeブースでLightroomをテーマにしたトークイベント
を2種類聴いてきました。オリンパスブースでは、PROレンズの魅力を作例とともに説明してくれました。
基本的なことでしたが、「分かっているつもり」な部分があって復習になりました。
cpp1910.jpg cpp1911.jpg
左/F5.6、1/320秒、ISO640、24mm相当、6000K/色被り補正+45、コントラスト、シャドウなど補正
右/F5.6、1/400秒、ISO640、32mm相当、6000K/色被り補正+40、ハイライト、明瞭度など補正

最近は星景写真以外もLightroomを使うようになったので、AdobeブースでのLightroomのセッションは、
基本的なことでも聞きごたえがありました。現在は買い切りタイプのを使っていますが、近いうちに
サブスクリプションタイプを導入しようかと考えるようになってきました。
cpp1912.jpg cpp1913.jpg
左/F5.6、1/40秒、ISO640、24mm相当、5600K/色被り補正+15、ハイライト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/125秒、ISO640、24mm相当、5600K/色被り補正+20、シャドウ、明瞭度など補正

オリンパスブースに戻って、「コムロミホが語る 旅スナップの魅力」。いわゆる紀行ものですが、旅先の
紹介もほどほどに、その人の世界観とともに表現するためのヒントが聴けました(写真左)。
最後は自然星景と都市星景をテーマにしたトークバトルでした。いまのスタイルは自然星景が中心ですが、
手軽に楽しめるわりに難易度が高い都市星景のほうにも、トークの面白さで引き込まれました(写真右)
cpp1914.jpg cpp1915.jpg
左/F5.6、1/125秒、ISO400、42mm相当、6400K/色被り補正+60、コントラスト、明瞭度など補正
右/F5.6、1/100秒、ISO400、34mm相当、6400K/色被り補正+60、ハイライト、シャドウなど補正

最後が星景写真がテーマということで、星撮影の仲間とバッタリ。CP+の閉会が迫る音楽が流れるなか、
そのまま一緒に食事することになり、会場外の夜景は撮りませんでした。
今回も空き時間でフォトアクセサリーのアウトレットに行きました。高価なものや、持ち帰るのが大変なもの
をスルーしていたら、ミニ三脚のサイズにちょうどいいベルボンの袋があって、500円で購入しました。

そして、恒例の「特別篇」もありますので、興味があれば見て行ってくださいませ

【特別篇】
昨年に比べたら興味レベルが浅くなったかも知れず、撮った人数は少なかったと思いますが、
滅多にない機会を楽んで、非日常の刺激を味わってきました。厳選したという意図はありませんが、
みなさん素敵な女性でございました。
※今回はLightroomでRAW現像したので、顔が影になっても補正することができました。

左:ベンキュー。ポーズがプロっぽいのか、何だか引き寄せられました。
右:タムロン。ちょっと大人な雰囲気の素敵な女性でした。
※そういえば、今年のオリンパスブースには、このような女性がいなかったような?
cpp1916.jpg cpp1917.jpg
左/F2.8、1/40秒、ISO400、62mm相当、6600K/色被り補正+60、ハイライト、明瞭度など補正
右/F2.8、1/50秒、ISO400、62mm相当、6800K/色被り補正+50、ハイライト、白レベルなど補正

左:DJIジャパン。少しハーフっぽい雰囲気に目が留まりました。
右:ハクバ。やや丸顔で自然な感じの笑顔がステキでした。
cpp1918.jpg cpp1919.jpg
左/F2.8、1/15秒、ISO400、58mm相当、6400K/色被り補正+60、ハイライト、明瞭度など補正
右/F2.8、1/200秒、ISO640、80mm相当、6800K/色被り補正+50、ハイライト、自然な彩度など補正

最後にレキサージャパン。やっぱり笑顔は疲れを癒してくれますね。
cpp1920.jpg
F2.8、1/80秒、ISO640、62mm相当、6700K/色被り補正+60、ハイライト、自然な彩度など補正

高倍率ズームレンズ体験を除いて、今回もレンズ交換せず、標準ズームレンズだけで済みました。
オリンパスは100周年ということで、E-M1Xが記念モデルとして発売されましたが、ほかにも開発
しているという噂があるので、そろそろ所有カメラの後継機種を期待したいところです。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

        

Comment

非公開コメント

プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活に疲れ気味な独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR