FC2ブログ

わずか10分間に一大決心

Category : 気まぐれ日記
毎年8月の最終土曜日は、三浦半島で夏の終わりを告げる「西地区納涼花火大会」が開催
されていましたが、今年はコロナ禍の影響で開催されず、花火は撮影できないと諦めていました。

ところが、あるルートから「花火が上がる」という情報を仕入れました。
このイベントは自衛隊の駐屯地が会場で、すぐ近くに病院があるので、医療従事者へのエール
という意味で、打ち上げ開始を遅くして、時間をたった10分間にして打ち上げるとのこと。
もちろん会場には入れませんが、いつも撮影している対岸なら撮れると考え、意を決してGo!

イベントが開催されていれば、照明があって打ち上げ時に消えるので、対岸でも撮影方向
は明確ですが、今年は照明がついていません。建物の位置で覚えていても、特別なので
昨年と同じとは限らず緊張しましたが、10分前に空砲があり煙の軌跡で救われました。
fw_jtai2001.jpg fw_jtai2002.jpg
左/F9.0、計27秒、ISO200、72mm相当、5400K/色被り補正+20、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F9.0、計29秒、ISO200、72mm相当、6000K/色被り補正+30、明瞭度、自然な彩度など補正

毎度ながら、2枚撮影した画像の比較明合成で賑やかにしたものが多いです。
今回は10分間という短期決戦のため、小細工はせず焦点距離などの構図は最後まで
同じなので、余白(余黒?)が目立つ画像もあります(笑)
※写真左だけは他に組み合わせられる画像がなかったので、1枚撮りの画像です。
fw_jtai2003.jpg fw_jtai2004.jpg
左/F9.0、9.5秒、ISO200、72mm相当、5400K/色被り補正+20、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F9.0、計19.3秒、ISO200、72mm相当、6000K/色被り補正+20、明瞭度、自然な彩度など補正

もともと撮影する機会が少ない花火ですが、今年は写真撮影そのものの機会が少なく、
少し慣れてきたと思った頃には終わってしまう時間でした。今回は高度のある盛大な
花火は上がらなかったですが、今年最初で最後の花火は存分に楽しめました。
fw_jtai2005.jpg fw_jtai2006.jpg
左/F9.0、計20.8秒、ISO200、72mm相当、5300K/色被り補正+20、明瞭度、自然な彩度など補正
右/F9.0、計6.8秒、ISO200、72mm相当、6000K/色被り補正+20、明瞭度、自然な彩度など補正

最後だけは分かりやすい「開かない花火」で締めてくれました。急きょ出撃を決めて
準備に時間をかけず、すぐに終わってしまったので、まさに「夢のような時間」でした。
※縦構図では迫力がないので、トリミングして横構図にしました。
fw_jtai2007.jpg
F9.0、7.1秒、ISO200、72mm相当をトリミング、5600K/色被り補正+20、明瞭度、自然な彩度など補正

【おまけ】
撮影場所に着いて準備の途中、背後の空では左から「土星・月・木星」がそろい踏み。
月が強烈に明るいので、カメラを固定して「月だけ」「土星と木星」を別々の露出で撮影し、
あとから合成しました。分かりにくいので拡大して見てください。
fw_jtai200e.jpg
月/F5.5、1/200秒、ISO200、134mm相当、5400K/色被り補正+15、その他補正なし
土星・木星/F5.5、2.5秒、ISO200、134mm相当、5700K/色被り補正+19、その他補正なし

花火が上がるという情報を得たのが直前で、まだ撮影を楽しむ気分ではないけれど、
今年の花火は最初で最後になるし、家からすぐに行ける場所だし、色々なことが
頭をかけ巡って、出発直前まで行くか悩みましたが、一大決心して行ってよかったと思いました。

        

Comment

非公開コメント

プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、細々と婚活をしている独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR