花火クルージング

Category : 気まぐれ日記
firewk2006.jpg
昨日はヨットに乗って「よこすか開国祭」の花火大会を海上から見物してきたので、スペシャル版で書いてみます。

ふだんヨットの集合時間はベイサイドマリーナのショップが開く前ですが、今回は夕方出航だったので、早めに着いて店をまわっていました。
「早く着いたら準備を手伝う」というのをすっかり忘れてしまいました(反省)。

ヨットに集合して、出航するまでの間は船上パーティでした。
料理も用意されていて、いつもながらに感謝です。今回は大人13名と子供3名の満員でした。
そして17:30すぎ、横浜ベイサイドマリーナを出航しました。

海上からの見物では人ゴミは気になりませんが、同じ考えのヨットやクルーザーが続々と集まってきます。
fw06-01.jpg

fw06-02.jpg

打ち上げ1時間ほど前に着いて、猿島沖でアンカーをおろしましたが、
fw06-03.jpg

集まる船の引き波で予想外に揺れました。
すっかり暗くなった19:30ごろ、花火の打ち上げが始まりました。
集まる船が落ち着いてきたのか、大きな揺れは感じなくなり、花火のほうに夢中になりました。
破裂音が猿島で反射して鈍い音として返ってきます。
花火が周囲の夜景とマッチし、さらに水面に映えて感動は最高潮に達しました。

打ち上げ花火の撮影は、タダでさえ露出やタイミングが難しいですが、揺れる船からは手ブレでさらに困難になります。
撮った写真の8割以上をボツにして、なんとか残ったのがこんな感じです。
fw06-04.jpg fw06-05.jpg
fw06-06.jpg fw06-07.jpg
fw06-08.jpg fw06-09.jpg
fw06-10.jpg fw06-11.jpg
fw06-12.jpg fw06-13.jpg
fw06-14.jpg fw06-15.jpg
fw06-16.jpg

fw06-17.jpg fw06-18.jpg
fw06-19.jpg fw06-20.jpg
なかには手ブレ効果で模様になったものもあります。
約40分で花火はフィナーレを迎え、ほどなく周りの船が一斉に帰っていきます。

道路のような照明がない海上を慎重に航行していく途中、あり得ない方向から横切る船がいましたが、無事に港へ戻ってきました。そこから再び船上パーティが始まりました。
偶然にもシャンパンがあり、8月誕生日のひとりとして、幸せな気分を味わうことができました。

        
プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR