出発~川湯温泉

Category : たま~に放浪記
※出発は4月29日でしたが、ほとんどが4月30日の行程なので、この日の登録としました。

天気:晴れ時々曇り

ETCの前払い割引登録は間に合いましたが、出発前日にガソリンが空だったので、
ゲート通過の「練習」ができず、ぶっつけ本番でETC初体験になります。
出発直前が慌しく、予定より10分遅れで出発しました(20:30発)。

いつものように秦野中井から東名高速道路に入ります。
交通量は多いものの、目安にしていた「大磯まで1時間」はなんとかクリアしました。
ところが、国道1号線が工事で片側通行になり渋滞していました。
余裕をもって予定を立てましたが少し遅れました。
ETCゲートではスピードメーターを見る余裕がありませんでしたが、
シフトダウンが必要なぐらい減速しました(秦野中井インターチェンジ 21:55通過)。

22:17 足柄サービスエリア(神奈川県)着。
040429asig.jpg
外に出ると少し冷えます。外気温を調べたら11℃でした。
混み具合は普通で、駐車場は6割ほど埋まっていました。
いつも思うのですが、相変わらず駐車スペースを探そうと逆走する車が目立ちます。
車を停めたところのそばに前後ともナンバーがない、汚れた車がずっと停まっていました。
とっても怪しいです(23:23発)。

00:38 牧之原サービスエリア(静岡県)着。
040430makin.jpg
外気温は15℃になっていました。
ほぼスケジュールどおりに到着し、出発時間の遅れはここで解消できました。
この後に備えて「眠気スッキリガム」を買いましたが、結局使う機会はありませんでした。
駐車スペースはわりと混んでいました(01:40発)。

02:53 上郷サービスエリア(愛知県)着。
040430kamig.jpg
手前に豊橋本線という検札所があり、2回目のETCゲート通過になります。
スピードは50km/hぐらいでした。
以前45分休憩にして寝過ごしたので、今回は1時間休憩にしています。
しかし、寒くて(外気温12℃)あまり眠れませんでした(03:54発)。

05:08 多賀サービスエリア(滋賀県)着。
040430taga.jpg
4:20ぐらいから夜が明け始め、5:00ごろには完全に明るくなりました。
しかし、さらに寒くなり息が白いです。
この先、事故渋滞の情報があり、
遅れると朝食がとれなくなる可能性があるので、ここで食べることにしました。
昼にラーメンを食べることにしていたので、
麺類を避けた結果「ソースカツ丼」という重た~いものになってしまいました(06:22発)。

07:01 大津サービスエリア(滋賀県)着。
040430ootsu.jpg
事故の情報があった場所は、既に片付けた後で車線規制はされていましたが渋滞は解消していました。
スケジュールではここで給油の予定でしたが、
まだ余裕があったのと、次の休憩場所にガソリンスタンドがあるのを確認したので見送りました。
確認の際に入手した「エリアガイド」という冊子は、
普段インターネットで調べるので不要ですが、これがあとで役に立つことになります。
ここでは何故か関東ナンバーが目立ちました。
ようやく暖かく(外気温18℃)なってきました(08:12発)。

吹田ジャンクションで名神高速道路から近畿自動車道に入り、
さらに松原ジャンクションで阪和自動車道に入りました。その間、何度もETCゲートを通過しました。
こまめに小銭を用意しなければならないことを考えると、やはりETCにして良かったです。
大阪の中心部では、やや交通量が増えてきました。

09:23 岸和田サービスエリア(大阪府)着。
040430kishiwa.jpg
予定では45分休憩でしたが、早く着いたので時間調整で1時間休憩しました。
ここが最後の休憩で、この後は昼食(和歌山ラーメン)です。
それを考えると、早い時間に朝食をとっておいて良かったです。
外気温が21℃になり、車内で寝るのが辛くなってきました。
ここで給油をして、出発からの燃費は15.47km/Lになりました(給油終了後 10:28発)。

残りの高速道路45kmは順調でしたが、
予定を作成した時の計算が間違っていたのか、5分遅れで海南インターチェンジを降りました。
目的地のラーメン屋さんには迷わずに着いたのですが、中央分離帯のある反対車線側にあって、
引き返してくるのに時間がかかってしまいました(海南インターチェンジ 11:00通過)。

11:24 元車庫前・丸宮中華そば着。
040430marumiya.jpg
和歌山ラーメンの店は大きく分けて2系列あったので、
元車庫前系でこの時間でも開いている店を選びました。
新横浜ラーメン博物館で有名になった「井出商店」は、
行列ができていて観光バスのコースにもなっているそうですが、地元での評価は低いようです。

注文したのは中華そば(\550)。
半ライスではなく寿司を一緒に注文するのが基本だそうで、寿司のサッパリが調和するようです。
この店にも「あせ寿司」(\100)というサバの寿司がテーブルに置いてありました。
040430soba.jpg
※中華そば(\550)

040430asezushi.jpg 040430ase_open.jpg
※左/あせ寿司(\100)、右/あせ寿司・オープン(長さ7cm)

中華そばは、丼が小さく物足りない感じでした。値段相応といったところです。
麺は細ストレートで、スープはかなり濃い醤油味ですが、
しつこくなく、寿司と一緒だとちょうど良かったです。
店を出たのは12時前ですが、駐車場が満車になっていました。(11:48発)。

次の目的地は、無料化された「高野龍神スカイライン」の途中にある、「ごまさんスカイタワー」です。
国道370号線はセンターラインがまれにあり、ほぼ平坦ですが狭い道です。
三浦半島では葉山御用邸~逗子・渚橋のルートが近い感じです。
しかし、すれ違えるだけ恵まれているということに、この時点では知る由もありませんでした。
道端には「祝・国道昇格」なんて看板がありました。
国道といっても国が管理しているだけで、走りやすいいう意味ではないのです。

続く国道480号線は、高野山に続く上りの峠道で、小刻みなカーブが連続して結構楽しめました。
高野山は通過しただけですが、不便なところにも関わらず、かなりの人出でした。

高野龍神スカイラインは、元有料道路だけあって走りやすい道路でした。景色もよく爽快でした。
奈良と和歌山の県境を通るので、カーナビが「○○県に入りました」を連発していました。

14:00 ごまさんスカイタワー着。
040430goma3.jpg
\300でエレベーターに乗って展望台に行けます。
周りの山々を見渡すと、見晴らしはいいのですが青空が見えず残念でした。
エレベーターに乗らなくても見晴らしがいいので、
わざわざ\300使う人が少ないのか、展望台は閑散としていました。

見えるのは山だけでイマイチな感じになりそうなので写真は撮りませんでした。
大阪湾が見える方角は、それらしき感じがありましたが、ハッキリ見えませんでした。
駐車場は無料で100台は停められると思います(14:28発)。

次は旅館に向かいます。
当初は国道425号線を通る予定でしたが、地元の人もあまり通らない「酷道」との情報があり、
並行する県道735号線に迂回するコースを選択しました。旅館まで102km、これが悲劇の始まりでした。

鬱蒼とした林の中を走りますが、道幅3m程度の箇所もあり、当然すれ違いはできません。
対向車が来た場合は道が広くなっている場所までバックすることになります。
一度だけ50mほどバックしましたが、これは運が良いほうかも知れません。

この道は左が山肌で右が崖になっている箇所が続き、カーブが多く路肩が崩れた箇所もあり、
「転落死亡事故多発、注意して運転してください」という看板がありました。
ここではマジで死を覚悟しました。
途中、落石工事中で止められたときはヒヤッとしましたが、
待っていると道路に散乱した石をブルドーザーが除去してくれて、先に進むことができました。

それと関係あるか分かりませんが、しばらくして工事関係車両が後ろに付いて煽られました。
避けたくても、そんな場所はないので、冷や汗もので逃げるように走りました。
カーナビで目的地を設定すると、残り距離が表示されるのですが、
なぜかそれが減っていかず、とにかく必死でした。

途中から国道168号線に合流し、
旅館まであと少しというところには「熊野本宮大社」があったようですが、
有名なスポットであることを知らず、また必死で走っていたので気付かずに通過していました。

17:06 川湯温泉・冨士屋着。
040430fuziya.jpg
川沿いに旅館があって、文字どおり河原を掘ると温泉が湧き出るところですが、
遮るものが何もなく旅館や道路から丸見えです。
040430kawayu.jpg
水着で入りますが、持っていなかったし、一人だったので行きませんでした。
駐車場はすぐ隣にあり、荷物が多くても苦痛はありません。
チェックイン時に風呂の場所を説明され、すぐに部屋まで案内してくれました。

部屋は2階のひまわり。
040430room.jpg
入口と部屋の間に3畳の畳の間があります。部屋の広さは12.5畳で広縁つき。
さらに広く見えるように2.5畳分ぐらいの板の間があります。
窓からは露天風呂になる川が良く見えます。館内では雪駄のようなものを使用します。
冷蔵庫はフロント直結の自動カウントで、値段は旅館の相場どおりです。
浴衣の上に着る丹前は毛糸で編んだものでした。

仲居さんがお茶の準備をしに行っている間に、
すっかり忘れていた心づけを用意して渡すと、「まだ3日目で・・」とのこと。
これは、このあと面白エピソードが展開する予兆でした。
風呂にはタオルがないので、部屋備え付けのものを持参するとのことでした。

風呂は1階にあり、フロントを挟んで内湯と露天風呂があります。
広さは旅館の規模に見合っていて、それほど大きくありません。温度はちょうどよかったです。
露天風呂には屋根があります。
道路沿いにあって目隠しの柵がありますが、立ち上がって外を見ると丸見えです。

夕食は部屋出しで、レベルとしては普通かな。
献立がなかったので、覚えている範囲で説明を付けました。
040430meal1.jpg
※最初に並べられた品
 食前酒<梅酒>(写真右下)刺身(写真右の皿)、煮物(写真中央の小鉢)、
 胡麻豆腐にエビが乗っている小鉢(煮物の奥)、ホタルイカの辛子味噌和え(その左隣)、
 寿司(写真手前の左)、鯛せんべい(写真中央の奥)、陶板焼(写真左端)
以下、順番にアップで撮った写真です。
040430meal1a.jpg 040430meal1b.jpg
※左/刺身(マグロ、イカ、エビ、タイ)~同じ器になぜか胡麻豆腐、右/煮物(里芋、オクラ、筍、鶏肉)

040430meal1c.jpg 040430meal1d.jpg
※左/胡麻豆腐にエビが乗っている小鉢、右/ホタルイカの辛子味噌和え

040430meal1e.jpg 040430meal1f.jpg
※左/寿司(ウロコがない光もの)、右/鯛せんべい

040430meal1g.jpg
※陶板焼(帆立貝、エビ、イカ、椎茸、獅子唐)

その後、次々に並べられた品は以下のとおりです。
040430meal2.jpg 040430meal3.jpg
※左/かつおのたたき、右/蕎麦を魚で包んで蒸した山芋を乗せたもの

040430meal4.jpg 040430meal5.jpg
※左/釜飯(たけのこ、鶏肉ほか)、右/お吸い物

040430meal4a.jpg 040430meal6.jpg
※左/香の物、右/フルーツ(いちご、メロン、みかんゼリー)

何だか物足りない感じがしましたが、釜飯とお吸い物を頂く頃には満腹になりました。
最後にフルーツが来たとき、仲居さんの携帯が鳴りました。
焼き物を忘れたようで、最後に持ってきました。ニジマスと言っていましたが鮭でした。
040430meal7.jpg
※忘れていて最後に出てきた焼き物

さらにお茶を急須に用意しておいて、入れるのを忘れたようです。
厨房で怒られたようで、相当動揺していたみたいです。
食事が終わってフロントに電話すると、片付けにきた仲居さんがそのまま布団を敷いて行きました。

        
プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR