出発~下北半島・むつ

Category : たま~に放浪記
※出発は8月28日でしたが、ほとんどが8月29日の行程なので、この日の登録としました。

天気:雨のち晴れ

ETCを使用して、初めて首都高速から東北自動車道に入ります。
横浜横須賀道路→首都高速湾岸線、中央環状線、川口線というコースですが、
首都高速湾岸線には並木→幸浦経由で入ります。ほぼ定刻どおりで出発しました(16:57発)。

ETCを利用しているだけで、首都高速は5パーセント割引になりました。
神奈川区間が\570、東京・埼玉区間が\660でした。
中央環状線で渋滞しましたが、他の首都高速は車が多いもののスムーズに流れていました。
過去データがとても参考になり、
ほぼスケジュールどおりに東北自動車道に入りました(川口ジャンクション 18:31通過)。

19:08 佐野サービスエリア(栃木県)着。
050828sano.jpg
埼玉県内で部分的に雨が降っていました。ここで夕食にします。
油淋鶏(ユーリンチー)定食(\980)はネギが強烈で、
この後の仮眠では自身の口臭が気になって眠れませんでした。
050828sanom.jpg

レストランから出ると、ここでも雨が降り始めました。
休憩を終えて出る頃には雨がやみました(20:27発)。

22:12 安達太良サービスエリア(福島県)着。
050828adatara.jpg
前の休憩地点を出たときは雨がやんでいたのに、
すぐに30kmぐらいは雨が続き、その後は那須付近でも雨。福島県に入ってから雨はやみました。
写真では分かりませんが、思ったより車が多かったです(23:05発)。

00:40 長者原サービスエリア(宮城県)着。
050829choja.jpg
駐車車両ではトラック以外が少なく、15台ぐらいしかいません。
眠くなってきたので、出発する前に眠気覚ましガムを噛んだら、強烈すぎてむせてしまいました(01:29発)。

02:39 紫波サービスエリア(岩手県)着。
ガソリンスタンドがコスモ石油でカードが使えたので、給油のためだけに立ち寄りました。
出発時に満タンにして、ここまでの燃費は15.99km/Lでした。
ちなみにハイオクの値段は\137/Lでした(02:46発)。

03:17 岩手山サービスエリア(岩手県)着。
050829iwate3.jpg
ここに来るまでの間、濃霧で視界がほぼゼロになり恐怖を味わいました。
センターラインを頼りに走りました。この時間帯になると、対向車線を含め車がゼロでした。
ここで、ついに気温が20度を下回りました。
次の休憩地点では店が開いていないことをリサーチ済みだったので、朝食を購入しました(04:17発)。

05:27 津軽サービスエリア(青森県)着。
050829tsugaru.jpg
またしても霧が出ましたが先ほどより軽く、なんとか切り抜けました。
自販機があるだけで本当に何も売っていません。
朝食は菓子パン3個で、今までの旅で最安かも知れず、むなしいです。
そんなワケで食欲より眠気の方が強かったです(06:22発)。

東北自動車道を青森インターチェンジで降りました。
ETCの深夜割引は、0時から4時の間の利用で3割引になるそうです。
進行方向に怪しい雲が見えます。
その雲の下に入って真っ暗になり、
雷が光り、雨が土砂降りになりました(青森インターチェンジ 06:44通過)。

08:10 竜飛崎着。
雨は途中でやみ、最初に着いたのが「竜飛崎」です。
050829tappim2.jpg
周りに何もなく低地なのとテトラポットに阻まれて、景色は分かりません。
車で5分走ったこちらが「龍飛岬」です。
050829tappim.jpg
駐車場に停めた途端に土砂降りになりましたが、時間が早いので雨がやむまで仮眠しました。

まだ雲が厚く稲光が見えましたが、雨がやんだので再開です。
写真のモニュメントからは「津軽海峡冬景色」が流れてきます。
すぐそばに階段国道という、車が通れない国道339号線の一部がありました。
050829r339.jpg
灯台のある高台からは、北海道がかすかに見えましたが、そのとき撮った写真では確認できませんでした。

風の岬というだけあって、確かに風が強いです。そしてカラスがうるさいです。
ここを離れるときに、ようやく太陽が出てきました(09:16発)。

09:18 青函トンネル記念館着。
050829tn-museum.jpg
トンネルに関する展示をしばらく見てから、
050829museum2.jpg
ケーブルカーに乗って体験坑道に向かいました(片道約7分)。
050829cablecar.jpg
ケーブルカーの乗り心地は悪く、最前部から進行方向を撮った写真の手ぶれ状態から伝わると思います。
050829tn-cable.jpg
下に着くとガイドが案内してくれて、
050829ko-do.jpg
最後まで見るとちょうど帰りのケーブルカーの出発時間です(往復45分)。

体験坑道の説明がひととおり終わったあたり、この扉の向こう側に「竜飛海底駅」があるそうです。
050829ko-do2.jpg
竜飛海底駅は乗降できず火災時の避難用で、ここからケーブルカーで避難するそうです。

ケーブルカーは前の便、次の便ともに混雑していましたが、今回乗った便は他に一人だけでした。
併設でウィンドパーク(入館無料)がありますが、東北電力の企業展示でした(10:50発)。

11:41 十三湖着。
050829lake13.jpg
目の前にある「しじみ亭奈良屋」(ホームページ)で昼食です。
050829naraya.jpg
注文したのは「しじみ三昧」というコースです。
しじみチャウダーに始まり、バター炒め・しじみ汁・しじみ釜飯・南蛮漬・佃煮などが出て、
050829naraya1.jpg 050829naraya2.jpg
最後にコーヒーでした。コーヒーは深みのある味でした。
050829naraya3.jpg
しじみチャウダーの塩味が濃かったほかは、美味しかったです。
席が埋まっていて、囲炉裏のある席を案内されました。
忙しかったのか、しじみチャウダーの後、次が出るまでかなり時間がかかりました(12:42発)。

13:09 蟹田フェリーターミナル着。
050829kanita.jpg
乗船手続きを済ませたところ、運賃が約3割引(\9530→\6960)になっていました。
車を載せる場合は事前予約が必要で、予約して行ったのですが、
車は1台(自分)だけ、他にバイクが2台しか載っていませんでした。
徒歩の客が数名いたと思いますが、こんな状態で割引してもよいのでしょうか。

二等客室はイス席で快適でした。
禁煙なのはありがたいのですが、入った瞬間に異臭がしました。裂きイカのニオイだと思います。
最前列の席は出航まで日当たりが良過ぎて暑かったです(定刻13:50出航)。

フェリーは津軽半島を後にして、定刻どおり14:50に下北半島の脇野沢フェリーターミナルに着きました。
信号がない海沿いの道を快適にドライブして、ホテルに向かいます。

旅館ではなくホテルに泊まるのは久しぶりです。
下北半島のプラン作成では、どこを宿泊地にして動き回るか何度も検討しました。
結局、下北半島西側の仏ヶ浦と、
中央に位置する薬研温泉は断念して、宿泊地をむつ市の中心部にしました。

15:49 むつグランドホテル着。
050829mgh.jpg
高台にある11階建ての近代的な作りのシティホテルです。目の前に駐車場があります。
部屋は10階で、ツイン部屋のシングルユース(シングル料金)でした。
見晴らしがよく、むつ市内が見渡せます。
050829room.jpg
西日が強かったので、この部屋は西向きということになります。

冷蔵庫はテレビ下のキャビネット内にありますが、中に何も入っていません。
風呂は別館にあり、日帰り入浴施設を兼ねているので、宿泊者以外も見かけました。
キーをフロントに預けることになっているので、一人で行っても安心して入れます。
16:30すぎで、かなり混みあっていました。

風呂の広さはホテルの規模に合っていてわりと広く、内風呂が4種類と露天風呂、サウナがあります。
シャンプー類は用意されていますが、タオルは部屋から持参することになります。
風呂そのものは良いのですが、乾式サウナ内で濡れたタオルを絞ったり、
浴槽の外(タイルの上)で寝そべる常識知らずの「オジ様」達が目立ちました。

夕食は1階のホールで、決められた席に用意されていました(献立表がないので画像説明省略します)。
前菜 煮物
寿司 茶碗蒸し
刺身 鍋
ステーキ お吸い物
ご飯 味噌汁
デザート

内容はかなりボリュームがありましたが、
茶碗蒸しが甘かったり、お新香が塩辛かったりと、妙な味付けでした。
網焼きの時間が短くて、完全に焼けないものがありました。
その他はほぼ満足で、係りの人が手際よく品物を追加してくれました。

食事が終わって部屋に戻り、三脚をひっぱり出して夜景を撮ってみました。
050829nview.jpg

        
プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR