入院初日

Category : たま~に放浪記
入院が必要との診断から日程的に余裕があったので、入院グッズを事前に購入しましたが、
初体験の不安もあって、当日の朝は準備に身が入りません。
朝10時までに病院へ来るようにということで、
10分前ぐらいに横須賀市立市民病院の入院案内に到着しました。
受付は数分で終了して、入院する病棟まで行くよう指示されました。

病棟は西棟6階。整形外科の患者が入院しているフロアです。
ナースセンターに必要書類を提出して、手続きが終了しました。
テレビや自販機のあるスペースで待つよう指示され、数分で事務員(看護師ではない)がきました。
身長と体重を計測後、病室に案内されました。
この日が蒸し暑かったせいか、汗だくだったように記憶しています。

病室は6人部屋でした。
「○○さんでーす。」と事務員が紹介しましたが、
声が小さかったのか、反応が薄かったように記憶しています。
あとで看護師が説明にくるということで、とりあえず着替えて待ちました。
看護師からは、手術に備えて必要なものを指示されました。
バスタオル2枚、浴衣、三角巾、ストローだったと思います。
手術後は手に器具が付くので、パジャマのほかに袖口が広くて前で合わせられる浴衣が必要だそうです。

携帯電話が使えないので、テレホンカードとテレビカードを購入しました。
\1000でテレビが20時間視聴できるようです。12時を少し過ぎたころ、昼食が運ばれてきました。
いわゆる「病院食」ですが、整形外科の患者は食事制限がないので、そこそこのレベルでした。
ただし、利き手が使えないので、
次回からスプーン・フォークを付け、ご飯はにぎり飯にしてもらうことになりました。

午後は全身麻酔の方法について説明を受け、薬剤師からは点滴の説明を受けました。
手術前日の本日22時から、手術翌日の朝まで飲食禁止なので、点滴で栄養補給するそうです。
16時半すぎ、右腕にビニール袋をかぶせて風呂に入りました。
広さは3人が同時に入れる程度でした。なりゆきで介添ナシとなり、やや不便でした。

18時には夕食となりました。
22時以降は飲食禁止になるので、
ささやかな抵抗でペットボトル飲料を買ってきましたが、左手だけでフタを開けるのに苦戦しました。
22時の消灯でテレビから漏れた光が天井に映っていました。
周りに迷惑かと思いましたが、
他にも見ている人がいたので見続けていると、22時15分ごろ砂嵐になりました。
諦めて寝ることにしました。

        
プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR