入院2日目・手術日

Category : たま~に放浪記
朝は6時に明かりがつきますが、よく眠れなかったのか、既に明るい5時半ごろに目が覚めました。

朝食は8時からですが、点滴のため食べることができません。
点滴の前に手術着に着替える必要があります。
手術着は半袖・膝丈、前で合わせるタイプで、肩から袖をマジックテープで止めます。
下着1枚の上に着用ですが、テープのつきが悪く、すぐにビリッと脱げそうになりました。
10時すぎに医師の回診があり、ここから点滴が始まりました。

点滴は100mL程度しか経験がないのに、今回は500mLに挑戦です。
手術前までということで、減り方がかなり遅かったと記憶しています。
手術は16時半からの予定でしたが、その時間に「前の人が今入った」と看護師から聞かされました。
1時間程度遅れているようで、
ただでさえ不安でいっぱいなのに、この1時間は生きた心地がしませんでした。

いよいよ「お呼び」がかかり、点滴をしたまま歩いて手術室へ向かいます。
手術後に使うベッド、看護師と一緒に2階までエレベーターで降ります。
看護師から「行ってらっしゃい」と言われ、
中に入って行くと執刀医(と思われる)から名前を確認された後、紙製の帽子を被せてもらい、
さらに奥へ入って行きます。時間は17時35分でした。

ベッドに横たわると、また名前の確認です。本人に名乗らせて間違い防止を果たしているようです。
リラックスさせるためか、曲名は分かりませんが J-POPが流れていました。
左腕に血圧測定のバンドを巻かれ、胸に心電図のシールを付けられ、
指先に何かのクリップを挟んで、酸素マスクのカップが添えられました。
さらに、全身麻酔ということで手首と足首が固定されました。執刀医のほか、徐々に人が増えてきました。

全身麻酔の前に体重を聞かれました。
麻酔薬は点滴から注入するようで、「ちょっと痛みがありますよ~」と聞こえ、
確かにそんな感じがした直後から全く記憶ナシ。
名前を呼ぶ声が聞こえたとき、「これから始まるんだな」と思いましたが、
「終わりましたよ~」と聞こえたような気がしました。
そのときはノドが痛く、痰がからんでいたのを覚えています。
かすかに声が聞こえて、「エレベーターでガタガタしますよ~」と聞こえた記憶があります。
病室に着いて、19時15分という時間を聞きだすのがやっとでした。

ノドの痛みは、麻酔が効いたあと気管にチューブを入れて酸素吸入していたためだそうです。
手術は1時間の予定と聞いていたので、
予定どおりだとしても、麻酔が醒めるまで30分かかったことになります。
酸素マスクを付けていましたが、苦しいので看護師に聞くと、21時なら外せるとのこと。
ついでにテレビをつけてもらいました。その後は消灯時間を迎えた記憶がありません。
弾力性のないベッドに替わり、
枕も外されていたので、床に寝ている感覚で腰が痛くなり、夜中に何度も目が覚めました。
電気毛布がかかっていて、熱かったのも一因のようです。

        
プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR