夕張~小樽~登別

Category : たま~に放浪記
天気:晴れ

朝風呂は06:00からとのことでその時間に行ったら、また貸し切り状態でした(さすがに早過ぎるか?)。
昨日は気付きませんでしたがココ(夕張)は温泉のようです。

朝食もバイキングで和洋食が揃って充分といった感じでした。
洋食メニューを選択したのですが、生野菜の種類が少ないと感じました。
090909viking.jpg 090909bfast.jpg

やはりコーヒーは普段飲まない人間でも「あれ?」という味でした(08:43発)。

夕張から小樽へは岩見沢インターチェンジに出て、道央自動車道と札樽自動車道を利用しました。
道央自動車道は長い直線が走りやすく、110km/hでも追い越されました。
札樽自動車道に入ってから工事が多く、
路肩や車線規制が数ヶ所ありました(岩見沢インターチェンジ 09:30通過)。

10:23 小樽市街地(駐車場)着。
小樽には昼食で寿司を食べるために立ち寄ったのですが、
予定より1時間近く早いので、ベタですが運河を散歩してみました。
090909unga1.jpg 090909unga2.jpg

よく見かけるのとは反対方向からも撮ってみました。
まだ時間があってトイレに行きたかったので、金融資料館(旧日銀小樽支店)へ。
090909kinyuu.jpg
この辺は運河と違って人通りがまばらでした。入場無料だからか、あまり集中して見学しませんでした。

さらに道路を渡ったあたりが「手宮線跡地」で一部区間の線路が残っていました。
090909temiya.jpg
小樽駅の少し手前から分岐していて、写真右上のほうが在来線になります。

昼食は金融資料館から近い「鮨処よし」へ。
090909yoshi.jpg
念のため小樽に着いてすぐ電話で予約したので、7席あるカウンターに通されました。

注文したのは一番人気の「楓」 \3,150です。
2階に団体がいたので握り始めが遅れましたが、写真のように次々と握ってくれました。
090909lunch1.jpg 090909lunch2.jpg
※左/中トロ、白身魚(不明)、甘エビ、帆立貝
※右/カニ、イカ、シャコ

090909lunch3.jpg 090909lunch4.jpg
※左/貝2品(不明)
※右/イクラ、ウニ、玉子

090909lunch5.jpg
※追加・生サンマ \320

「ホームページを見た」と言ったらマグロ赤身を一貫をサービス、さらに袋入りの裂きイカをくれました。
どれもネタが新鮮で美味しかったです。
大将はつっけんどんですが、顔つきの優しい人でした。
店は事前に調べましたが、
小樽には寿司店が150以上あって「ココがオススメ」というのは難しいと思います(12:32発)。

次に立ち寄る中山峠まで、
道道1号線で定山渓温泉を経由する予定でしたが、トンネル工事で通行止めでした。
そこで札樽自動車道を札幌西インターチェンジで降りて札幌市街地を通り、
国道230号線で定山渓温泉を経由するという遠回りルートとなりました。

定山渓温泉では対向車が2台続けてパッシングしたので、
速度を落としたところネズミ捕りを発見しました。
元々スピードは出していませんでしたが、ホント助かりました。

14:26 中山峠・道の駅 望羊中山着。
090909nkym.jpg
遠回りの影響で予定より10分ほど遅れました。
山の上なので晴れて日差しが強くても気温が13度しかありませんでした。しかも風が強くて寒かったです。

売店で変なモノを発見したので購入しました。
090909guarana.jpg
「北海道限定ガラナ・熊出没注意」です。意外に高くて\210もしました。

中山峠は数年前のテレビ番組「水曜どうでしょう」、
深夜バスの旅で休憩していたところだったと思います。
深夜バスがこんな山奥を走るのがビックリです(15:01発)。

ここから喜茂別、広島峠、オロフレ峠を経由するルートで登別を目指しました。
峠のアップダウンや林道コースは走りやすく、ところどころ見晴らしもよくドライブには最適でした。

道道2号線の途中、予定になかった黄鶏駐車場に車を停めたところ、
洞爺湖が見えたので写真を撮ってみました。
090909tohya.jpg

16:40 登別・登別グランドホテル
090909hotel.jpg
ホテルの玄関前まで係の人が車を誘導してくれて、大きい荷物をフロントまで運んでくれました。
チェックイン後は部屋まで荷物を持ってくれました。
部屋は一人には広すぎる和室の10畳に広縁付きでした。
090909room.jpg

風呂はドーム型の丸い大きな浴槽(循環)を囲むように
洗い場と源泉かけ流しの風呂(硫黄泉・食塩泉・鉄泉)がありました。
さらにサウナと水風呂、露天風呂がありました。食事の時間があるので足早にすべての風呂に入りました。

食事は久しぶりの部屋出しでしたが、改めて量の多さにビックリ。
090909din1.jpg 090909din2.jpg
左/先付:ホテル特製烏賊塩辛、右/酒菜:五種盛り(その1)

090909din3.jpg 090909din4.jpg
※左/酒菜:五種盛り(その2)、右/吸物:土瓶蒸し

090909din5.jpg 090909din6.jpg
※左/造里:海の幸四種盛り、右/強肴:毛蟹・鱈場蟹合せ盛り

090909din7.jpg 090909din8.jpg
※左/焼物:朴葉焼き、右/洋物:テールシチュー

090909din9.jpg 090909din10.jpg
※左/油皿:天婦羅(舞茸、海老、アスパラ、キス)
※右/酢の物:サーモン絹田巻、北寄貝、黄身酢ほか

090909din11.jpg 090909din12.jpg
※左/蒸し物:松前蒸し、銀あん、天盛り山葵
※右/香の物:二種盛り

090909din13.jpg 090909din14.jpg
※左/止碗:汁物(カニ汁)、右/食事:ホテル特製蝦夷飯

090909din15.jpg
※水菓子:三種盛り(メロン、オレンジ、ムース)

この旅はじめてのカニが強敵で、完食しましたが1時間以上もかかってしまいました。

やはり周りに旅館・ホテルがあると競争力がはたらくのでしょうか。
このホテルだけが「一人での予約可能」「食事が部屋出し」の条件を満たしていました。

        
プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR