ロールスクリーン (Roll Screen)

Category : 気まぐれ日記
床の間を目隠ししたいという母親の要望で、「引っ張ったら上から幕が下りてくるやつ」
というイメージを伝えられ、なんとなく「それっぽいもの」の感触が掴めました。

調べていくうちに、「ロールスクリーン」という名前だと分かり、
市内のホームセンターとかカーテン売場を探し回り、扱っているところはあったものの・・・。
床の間を覆うようなサイズで丁度よいものが見つからず

唯一、平成町のホームズ2階でサイズが合うのを見つけました。
和テイストのブラウンで、和室にはいい色合いでしたが、意外と光を通してしまうタイプでした

それを扱っているメーカーには、遮光タイプがあるということで注文することに。
こちらのミスで留守番電話を消してしまい注文が遅れたり、メーカーが休みで日数がかかったり。
色々あって、なんとかゲットすることができました

サイズは幅が165cm、高さが220cmの遮光タイプ。商品名は「アルティス」といいます。
rollScreen1.jpg

幅が165cmだと、取り付けるブラケットの数が4ヶ所になります。
柱の正面から取り付けることもできますが、外したときに跡が残るのを避けるため、
下向きに取り付けることにしました。
rollScreen2.jpg

どこにブラケットを付けるか算出して、ガイド穴をあけて木ネジでとめる。
簡単な作業に見えますが、直線上にポジションを決めるのがちょっと大変で、
トータルで2時間ぐらいかかったかな。

床の間の内側に蛍光灯があって、これが眩しいので遮光タイプにしました。
蛍光灯を消せばいいのですが、小まめに消していると10ワットだとすぐに寿命になって
取り替える頻度が高いのです。10ワットなので消費電力は高くないし、点けたままにしてあります。

写真ではスクリーンの色が薄いバイオレットに見えますが、本当の色は「遮光ブラウン」という色です。
カメラのホワイトバランスを「オート」にしたのが原因でしょうか。

ホワイトバランスをマニュアル設定して、改めてマクロ撮影しました。
rollScreen3.jpg

これが本来の色です。
室内の撮影ではホワイトバランスを丁寧に設定しないと全然違う色になってしまいますね。


        

Comment

こんにちは。
最初映画のスクリーンかと・・・(^o^;
下から取り付けたんですね。
引っ掛けたり、引っ張り過ぎないように注意してくださいね。
やっぱ、ネジは刺さってる方向の逆向きに引っ張られるのが弱いです。

>やんぼーさん
そういえば、下向きに引くから常にテンションがかかりますね。
ブラケットがどれだけ強度に貢献してくれるかですね。
考えようによってはプロジェクターのスクリーンになりますが、、、
色がブラウンじゃダメですね(笑)
非公開コメント

プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR