出発~パールロード

Category : たま~に放浪記
天気:曇り時々小雨

今年7月~9月は月曜日から休みなので、夏休みもそれに合わせてとって、
日曜日の仕事から帰ってすぐ出発となりました(19:40発)。

東名高速を利用する際に、日曜日の夜に横浜町田へ出るのと、
湘南を経由して秦野中井に出るルートのどちらが渋滞に遭わないかを考えて、
後者で計画しましたが、前日からの雨で大井松田~御殿場間が通行止めとなっていて、
両方ダメだったので、R134→西湘バイパス→R1とR138で箱根越えのルートで御殿場に向かいました。

西湘バイパスに入ってから前方が見えない程の土砂降りでしたが、箱根越えのときは小雨になり、
反対車線は混雑していたものの、御殿場方面は渋滞もなく走れました
(御殿場インターチェンジ 21:35通過)

21:41 駒門パーキングエリア(静岡県)着。
※予定では通行止め区間の足柄サービスエリアで休憩の予定でしたが、
御殿場から最も近いここで休憩しました。
110904komakd.jpg
サービスエリアと違って、トイレと自販機だけの殺風景な感じでした(22:28発)。

23:37 牧之原サービスエリア(静岡県)着。
110904makin.jpg

「東名高速って、こんなに空いていた?」というぐらい空いていました。
途中が通行止めだったのと、日曜日の夜ということが関係しているのでしょうか?
この写真を撮って建物に入った直後、土砂降りの雨が降ってきて車に戻れなくなりました。
雨が少し弱まった隙に濡れながら車に戻って、短めの仮眠をとって出発しました(00:30発)。

01:50 刈谷パーキングエリア(愛知県)着。
110905kariya.jpg
雨が降っているところと、そうでないところを繰り返し、注意しながらで体力を消耗しました。
豊田ジャンクション手前で、東名阪自動車道に通行止めの情報

伊勢湾岸自動車道を利用したので、桑名~四日市ジャンクションの通行止めはセーフでしたが、
鈴鹿~亀山ジャンクションの通行止めは途中で降りることになるため、鈴鹿インターチェンジから
伊勢関インターチェンジまで一般道のルートがあることをPCで調べました
迂回ルートを調べていて仮眠もとれず、一般道で時間がかかるので少し早く出発しました(02:30発)。

一般道は伊勢関の一つ手前の亀山インターチェンジ付近で名阪国道から合流できました。
(伊勢関インターチェンジ 03:33通過)

03:42 安濃サービスエリア(三重県)着。
※予定では通行止め区間の亀山パーキングエリアで休憩の予定でしたが、
ふたたび東名阪自動車道に合流してから最も近いここで休憩となりました。
110905ano.jpg
ここまで「雨で通行止め」といっても、雨はほとんど降っていませんでした。
安全を考慮してのことでしょうか。
ここでは今までの情報にはなかった、松阪~勢和多気ジャンクションが通行止めとのこと
勢和多気ジャンクションから伊勢自動車道を利用する予定でしたが、ふたたびPCで調べると、
必ずしも高速道路に合流しなくても良さそうだったので、ルートはカーナビに任せました(04:08発)。

次は最初の目的地、二見・夫婦岩。
松阪インターチェンジから全て一般道でしたが、早朝で空いていたので、
予定より少し遅れた程度で着きました。ただ、睡魔がピークに達していました


05:13 二見・夫婦岩。
110905meoto1.jpg
日の出を期待して来てみましたが、曇っているうえに、前日まで海が荒れて「しめ縄」が切れていました
カメラを構えた人が2名ほどいて、「縄がない岩が見られるのは珍しい」と言っていましたが、
ココは夫婦岩、ふたつが繋がっていて意味があるので、逆に縁起が悪いイメージでした。

「しめ縄」はちょうどこの日に張り替えることになっていたので、日の出は諦めて
他の日にスケジュールしなおして、リベンジすることにしました。
日の出時刻まで待っても、その気配がないので引き上げることにしました(05:36発)。

05:51 伊勢神宮・外宮。
※正式名称は「豊受大神宮」。伊勢神宮も正式には「神宮」といいます。こちらは左側通行。
110905gekuu1.jpg 110905gekuu2.jpg
駐車場からは裏参道を通って北御門鳥居(写真左)からのアプローチとなります。
内宮に比べて小規模とはいえ結構歩きました。気温23度で涼しいはずが、歩いていて汗だくに。
御正宮(写真右)は正面だと撮影禁止なので側面から。
敷地内は神域ということで、建物以外の地面にも手を合わせている人をよく見かけました。

110905gekuu3.jpg 110905gekuu4.jpg
写真左:別宮の多賀宮(たかのみや)、写真右:土宮(つちのみや)、写真下:風宮(かぜのみや)
110905gekuu5.jpg

早朝だからか人は少なめでした。それでも一周して20人以上には会いました。
雨はやんでいましたが、木立から降ってくる雫と汗でビショ濡れになりながら、
帰りは表参道(写真は神楽殿そばの第二鳥居)から出てきました(06:49発)。
110905gekuu6.jpg

06:56 伊勢神宮・内宮。
※正式名称は「皇大神宮」。こちらは右側通行。
110905naikuu1.jpg 110905naikuu2.jpg
写真左:道路からも見える宇治橋鳥居。宇治橋の上から濁った五十鈴川の轟音が響いていました。
写真右:神苑。これがまた長い。曇り空でしたが、少しだけ青空がのぞいていました。

110905naikuu3.jpg 110905naikuu4.jpg
写真左:火除橋から第一鳥居。右側に見えるのが手水舎です。
写真右:第二鳥居。御正宮にはまだまだ歩きます。

110905naikuu5.jpg
ようやく御正宮に着きました。この石段下だけ撮影可能で、石段を登ったところでお参りします。

110905naikuu6.jpg 110905naikuu7.jpg
写真左:別宮の荒祭宮(あらまつりのみや)、写真右:御池に群がる鯉(これも神の使い?)

110905naikuu8.jpg 110905naikuu9.jpg
内宮の外に出て、おはらい町通り(写真左)を通って、赤福本店(写真右)まで歩きました。
早朝で店が開いていないので、人通りもありません。

ここで赤福餅3個と番茶のセット(\280)を注文。
ここしか店が開いていなかったので、これが朝食がわりです。ここで15分ほど休憩しました。
110905akafuku.jpg
期間限定の「赤福氷」は、道路を挟んだ反対側の店が9時開店ということで食べられませんでした

赤福本店前から、おかげ横丁にも足を踏み入れてみましたが、
同じく店が閉まっていたので、まったく人通りがありませんでした。
110905naikuuA.jpg
最終日の昼食に再訪する予定の店をチェックしてから、駐車場に戻って出発しました(08:40発)。

09:04 鳥羽水族館
110905tobasui1.jpg 110905tobasui2.jpg

入口を入ってすぐカラフルな魚が出迎えてくれました。
110905tobasui3.jpg

110905tobasui4.jpg 110905tobasui5.jpg
写真左:コブシメ(イカ)は威嚇すると色が変わります。
写真右:青いザリガニ。イタズラされたわけではありません。

110905tobasui6.jpg 110905tobasui7.jpg
写真左:エサのレタスに集まる魚たち。写真右:ガラス越しに合図すると反応してくれるスナメリ。

110905tobasui8.jpg 110905tobasui9.jpg
写真左:初めて見ました立ち上がったカピバラ。写真右:エサをむさぼり食うジュゴン。

110905tobasuiA.jpg 110905tobasuiB.jpg
写真左:寒いところにいるペンギンも日向ぼっこ?
写真右:昔はラッコ目当てで行きましたが、今回は最後までどこにいるか分かりませんでした。

110905tobasuiC.jpg
10時半からアシカショーをやっているということで、ちょっと覗いてみましたが、
「どこからそんなに集まったの?」というぐらい客席が埋まっていました(10:54発)。

11:14 タラサ志摩
110905tarasa1.jpg
ここまでパールロードを走りましたが、せっかくの景色も小雨で台無しでした。
ここで、日帰りタラソ「タラソ&ランチ」というのを体験してきました。

到着後はタラソテラピーの前にレストランでの食事でした。
110905tarasa2.jpg 110905tarasa3.jpg
コースは、前菜が「マグロのタルタル」、パン2種類(アオサのバゲットとフォカッチャ)、
ビシソワーズスープ、写真のパスタ(ウニのクリームパスタ)とデザート、コーヒーでした。

コース料理はじっくり味わうので十分満腹になりましたが、あの気取った感じがどうも馴染めません
食事後はタラソテラピーの受付でアンケート記入や血圧測定、
プールに入って水中ウォーキングなどのアクア・エクササイズ、
ジェットプールに移動して強い水圧を受けながら体を動かしたり、個室での背面ボディトリートメント、
最後に海藻パックを塗られてビニールに包まれたりと、合計2時間のコースでリフレッシュしました。
終わってからはプールやサウナなど自由に使えるので適当に過ごしましたが、
水着でサウナに入るのは、なんとなく落ち着きませんでした(16:45発)。

17:00 サン浦島・悠季の里
110905yuuki_sato.jpg
#撮り忘れたので翌朝撮影

この旅館はフロントが5階で、最上階が9階、泊まった部屋は8階の角部屋でした。
10畳の広縁付きでバス・トイレは別々。部屋でインターネットが使えないのが残念でした。
110905yado1.jpg 110905yado2.jpg
位置的には鳥羽の南東になり、部屋から見える景色(写真右)で牡蠣の養殖いかだが見えました。

食事前に風呂に行きましたが、渡り廊下を歩いた別棟にあって、
110905yado3.jpg 110905yado4.jpg
内風呂も露天風呂もわりと広めで、定員5名ほどのかなり熱いサウナもありました。
18時までは風呂あがりに「ところてん」の無料サービスがありましたが、
時間が過ぎていて食べられませんでした。

そして19時からは夕食でした。
110905dinner1.jpg 110905dinner2.jpg
(写真左)食前酒:自家製果実酒、酒肴:菊花豆乳豆腐、取り合わせに季節の五種盛り
(写真右)刺身:鯛姿盛り、伊勢海老、サザエほか二種盛り
110905dinner3.jpg 110905dinner4.jpg
(写真左)煮物:穴子蓮蒸し、菊菜、鼈甲餡
(写真右)温物:すき煮鍋、エリンギ、豆腐、水菜
110905dinner5.jpg 110905dinner6.jpg
(写真左)焼物:鱸(すずき)オイル焼き、サザエつぼ焼き、丸十(薩摩芋の甘煮)、畦豆(枝豆)
(写真右)洋皿:車海老と秋茄子サラダ仕立て、季節の野菜いろいろ、葱ソース
110905dinner7.jpg 110905dinner8.jpg
(写真左)留肴:目板鰈(めいたかれい)から揚げ、獅子唐、薬味、ポン酢
(写真右)松茸御飯、赤出汁(なめこ、青さ、葱)、香の物
110905dinner9.jpg 110905dinnerA.jpg
(写真左)水菓子:梨、葡萄、フルーツゼリー、自家製プリン
(写真右)献立記載なし:調理長からの一品(冷やしぜんざい)

いやー、トータルで2時間近くの闘いでした。大変美味しかったです
嫌いな食べ物がないのって、こういうときに幸せです。

前日の夜からほとんど寝ずに長い1日でしたので、疲れていたせいもあって、
22時過ぎには寝てしまいました

        

Comment

非公開コメント

プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR