日本海で旅のルーツを探る(9月1日~2日)

Category : たま~に放浪記
今年の夏休みの旅行先は、節目となる12年&24年で再訪した日本海の「北近畿・鳥取」です
※「XX年前は~」のように、当時と対比する表現を多用しています。記録として残す意味で出かけた日にちでエントリします。

この地を選んだ理由は予告篇を見ていただくとして、全行程を通して天候が悪くて、
写真を撮ることができなかったり、写欲が湧かなかったりしたので、はじめにお断りしておきます。
出発は 9月1日(日曜日)の夜ですが、翌日とセットの 9月2日(月曜日)としてエントリしました。

天気:雨ときどき曇り

いつもの関西方面ルートで、新東名高速道路を全ルート利用してみました。
日曜日の夜ということで、秦野中井からではなく、横浜町田からのルートにしました(19:10発)。
※新東名はアップダウンが少なく、カーブもゆるく、一車線が広いので、長い距離でも走りやすくて疲れが少なかったですよ。

20:27 足柄サービスエリア(静岡県)着、21:25発(写真上段)。
22:50 浜松サービスエリア(静岡県)着、00:04発(写真下段)。
130901asig.jpg

130901hama1.jpg 130901hama2.jpg
上段/絞り:F1.7、SS:1/25秒、ISO:200、焦点距離:40mm相当、露出補正:-0.7
下段左/絞り:F1.7、SS:1/40秒、ISO:200、焦点距離:40mm相当、露出補正:-0.7
下段右/絞り:F1.7、SS:1/80秒、ISO:200、焦点距離:40mm相当、露出補正:+0.3、WB:曇天
※浜松は楽器の町だから外観がピアノなんですね。初めてなので軽く探検しちゃいました(汗)

01:19 湾岸長島パーキングエリア(三重県)着、02:38発(写真左)。
03:45 大津サービスエリア(滋賀県)着、04:48発(写真右)。
130902nagsima.jpg 130902ootsu.jpg
左/絞り:F1.8、SS:1/60秒、ISO:200、焦点距離:90mm相当、露出補正:-1.0
右/絞り:F1.7、SS:1/250秒、ISO:200、焦点距離:40mm相当、露出補正:-0.7
※1 湾岸長島パーキングエリアは、場所を示す特徴がなかったので、併設するインターチェンジ入口を撮りました。
※2 大津サービスエリアは、見慣れた古い建物が見当たらず、ついに下り線も改装して来年完成するそうです。

ここが最後の休憩地点。名神高速道路から京都縦貫自動車道に分岐して、一部の途切れたところは
一般道ですが、ほぼ高速道路で目的地まで行けました。
分岐点から先は、今年の 5月に開通したばかりで、ナビに登録がないうえに、大山崎ジャンクションは
構造が複雑怪奇だそうで、緊張しましたがすべて左選択で攻略できました

07:04 天橋立(あまのはしだて)。
日本三景の「股のぞき」ができる傘松公園へのケーブル・リフト乗り場近くには、
12年前は気付かなかった神社があって、今回の旅の安全(と良縁成就)を祈願しました。

元伊勢籠神社(もといせ このじんじゃ)は、ここから伊勢神宮の神々が移されたそうです(写真左)。
その奥宮にあたる眞名井神社(まないじんじゃ)は、日本最古のパワースポット(写真右)といわれ、
境内にはご霊水が湧き出ていたので、お清めとしていただきました。
130902motoise.jpg 130902manai.jpg
左/絞り:F8.0、SS:1/6秒、ISO:800、焦点距離:28mm相当、露出補正:0.0、WB:日陰
右/絞り:F8.0、SS:1/2秒、ISO:1600、焦点距離:32mm相当、露出補正:+0.3、WB:日陰
※眞名井神社の写真でボーッと写りこんだのは、雨の水滴でしょうか。それとも?? 水滴は付いてなかったハズですが…

【後日談】
2つの神社参拝では雨に降られ、残念な気分でしたが、参拝翌日に放送されたテレビ番組で、眞名井神社は
狛犬ならぬ狛龍で護られていて、龍は水神だからココで雨が降ると縁起が良いと紹介されていて、なんだか救われました。
ただ、雨に阻まれたのか、神が宿るといわれる磐座(いわくら)まで行けなくて、心残りとなってしまいました。

朝食は神社近くの「つるや食堂」で「金樽イワシ丼(赤米うどん付) \1000」をいただきました。
漁獲量が少ない幻の「金樽イワシ」は、甘辛タレで美味しかったです。ボリュームは少なめ
でしたが、朝食にはちょうどよかったです。一人だけの客にも店の人が親切でしたよ
130902bfast.jpg
絞り:F1.7、SS:1/15秒、ISO:200、焦点距離:40mm相当、露出補正:0.0

傘松公園へのケーブル・リフト乗り場に着いた頃には、雨が上がりました(神社参拝のおかげ?)。
12年前は往復リフトを利用しましたが、まだリフトが動いてなかったのと、天候により動くかどうか
分からないということで、頂上に向かうときはケーブルカー(写真左)でした。帰りはリフトに
乗れたので(写真右)、それぞれからの眺めを撮ってみました。リフトは帰りのほうが面白かったです
130902amano1.jpg 130902amano2.jpg
左/絞り:F8.0、SS:1/60秒、ISO:200、焦点距離:28mm相当、露出補正:0.0
右/絞り:F8.0、SS:1/200秒、ISO:200、焦点距離:30mm相当、露出補正:+0.7

もちろん傘松公園の股のぞきから(写真左)と、12年前にはなかった「願いの鐘」(写真右)も
撮りましたが、「願いの鐘」は相手もいないのに一人で撮る姿が間抜けですね
130902amano3.jpg 130902amano4.jpg
左/絞り:F8.0、SS:1/320秒、ISO:200、焦点距離:34mm相当、露出補正:+1.3、WB:曇天
右/絞り:F8.0、SS:1/125秒、ISO:200、焦点距離:48mm相当、露出補正:+1.7

車は神社の駐車場に停めておいて、1回500円と表示がありましたが無料でした(09:40発)。

10:00 道の駅・「舟屋の里」伊根
丹後半島の伊根漁港を囲む家々は、1階に船が係留できる「伊根の舟屋群」として有名ですが、
この道の駅からは、それらを高台から見ることができます(写真上段)。隣接の「舟屋の里公園」には
キツイ階段をのぼって行きますが、それに見合うだけの見晴らしが待っていました(写真下段)。
130902funaya1.jpg 130902funaya2.jpg

130902funaya3.jpg
上段左/絞り:F8.0、SS:1/40秒、ISO:200、焦点距離:214mm相当、露出補正:+0.7、WB:曇天
上段右/絞り:F5.0、SS:1/160秒、ISO:200、焦点距離:166mm相当、露出補正:+0.7、WB:曇天
下段/絞り:F8.0、SS:1/40秒、ISO:200、焦点距離:50mm相当、露出補正:+0.7、WB:曇天

写真を撮っている間は、雨が降らずに済みましたが、少し時間があったので車内でノンビリして
いたら、急に強い雨が降ってきました。これも神社に参拝したおかげでしょうか(10:45発)。

11:24 碇高原ステーキハウス
碇高原牧場を眺めながら、昼食で「特製サーロインステーキ \4500」をいただきました
※クルマのほうは先に食事(1回目の給油)をして、燃費は14.1km/Lでした。
130902ikari2.jpg 130902ikari3.jpg
左/絞り:F2.8、SS:1/160秒、ISO:200、焦点距離:40mm相当、露出補正:+0.3
右/絞り:F8.0、SS:1/640秒、ISO:200、焦点距離:28mm相当、露出補正:0.0
※牧場の広さを広角レンズで表現するのって難しいです。青空だったら少しはゴマかせたかも

海辺の伊根に寄ったのに、海鮮系を食べずに高原まで行ってステーキにしたのにはワケがあります。
伊根では12年前に「なぎさ鮨」という店で美味しい寿司をいただきましたが、そこで出会った常連客さん
にココのステーキがお勧めと教えてもらい、12年の時を経てようやく実現したのでした

ステーキはソースが2種類付いて、肉が柔らかくて美味しかったです。牧場の写真に黒い牛が小さく
写っていますが、イメージ的に少し複雑でした。ほかにカボチャスープと、ところてんサラダ付きでした。
食事後は、牧場の外側を散歩しながら、ほかの動物達を寄って撮ってみました(12:35発)。
130902ikari4.jpg 130902ikari5.jpg
左/絞り:F5.6、SS:1/160秒、ISO:200、焦点距離:250mm相当、露出補正:0.0、WB:曇天
右/絞り:F5.6、SS:1/640秒、ISO:200、焦点距離:108mm相当、露出補正:0.0、WB:曇天

12:52 屏風岩(専用の展望所)。
天候が回復したばかりで波が荒く、雨上がりで滝が確認できたので、普通に撮ってから(写真左)、
最大に絞ったうえにND4+ND8を2枚重ねにして、さらにスローシャッターにしたくて、
マイナス補正をかけてシャッター優先モードにして、水の流れを柔らかく表現してみました(写真右)。
※望遠レンズだとゴリラポッドは重さに耐えられなかったので、三脚を使いました。
130902byobu1.jpg 130902byobu2.jpg
左/絞り:F8.0、SS:1/250秒、ISO:200、焦点距離:210mm相当、露出補正:+0.3
右/絞り:F22、SS:1.0秒、ISO:200、焦点距離:214mm相当、露出補正:-0.7、ND4+ND8使用

海で波と滝の両方が見られるトコロって、北海道の知床ぐらいしか思い浮かばなかったので、
こればかりは、先ほどまで雨が降っていたのが良かったのかも知れません(13:27発)。

13:31 道の駅・てんきてんき丹後
間人(たいざ)の後ヶ浜海岸にある「立岩」を観たくて、ここに車を停めました。
駐車場から細かい砂利道を歩いて行きますが、平坦とはいえ長かったです。天気がイマイチで
光線の状態が悪かったこともありますが、ちょっと期待外れだったかな。
海岸では荒れた波が茶色い砂を洗う姿が美しくなかったです。地元の「立石」と比べてしまいました
130902tateiwa1.jpg 130902tateiwa2.jpg
左/絞り:F8.0、SS:1/250秒、ISO:200、焦点距離:58mm相当、露出補正:+1.0、WB:7100K
右/絞り:F8.0、SS:1/200秒、ISO:200、焦点距離:32mm相当、露出補正:+1.0、WB:6750K

写真は、どこのアングルがいいのか分からず 2ヶ所から撮って、どのホワイトバランスが
適切なのか分からなかったので、RAWで撮ってあとで再設定しました。
夏はオートキャンプ場で賑わったようですが、行ったときは閑散としていました(14:30発)。

15:40 城崎温泉・小林屋
130902kobayasi1.jpg
絞り:F8.0、SS:1/10秒、ISO:200、焦点距離:34mm相当、露出補正:0.0

12年前にも泊まった城崎温泉。当時泊まった旅館は一人宿泊の予約ができず、
違う旅館となりましたが、長かった一日が終わりに近づいてきました。
城崎温泉でのできごとは「→続きを読む」のところに載せておきますので、読んで行ってくださいね。

【城崎にて】 ※志賀直哉の小説タイトルをパクりました(笑)

城崎温泉に来たら必ずといっていいほど、外湯めぐりは外せないですが、その前にまずはカメラを持って
旅館の周りを散歩してみました。特に 4枚目の写真は、もはや城崎温泉か分かりませんが、
ホワイトバランスを意図的に変えたら、旅雑誌で使われそうな感じになったので気に入っています
130902kinosaki1.jpg 130902kinosaki2.jpg
左/絞り:F8.0、SS:1/40秒、ISO:200、焦点距離:34mm相当、露出補正:0.0
右/絞り:F3.6、SS:1/200秒、ISO:200、焦点距離:30mm相当、露出補正:0.0

130902kinosaki3.jpg 130902kinosaki4.jpg
左/絞り:F8.0、SS:1/40秒、ISO:200、焦点距離:28mm相当、露出補正:0.0
右/絞り:F5.6、SS:1/30秒、ISO:200、焦点距離:84mm相当、露出補正:0.0、WB:蛍光灯

ちなみに旅館の部屋を超広角レンズで撮ってみました。作りの古い感じが味を出していました。
※トイレはウォシュレットでしたが、リモコンの場所が悪いのか作動しませんでした。
130902kobayasi2.jpg
絞り:F5.6、SS:1/13秒、ISO:640、焦点距離:18mm相当、露出補正:+0.3

先ほどの散策から戻って、浴衣に着替えて部屋に備え付けのタオルを持って外湯めぐりへ。
いまは「ゆめぱ」というバーコードが発行されて、それぞれの外湯でかざして利用することになります。
何ヶ所かある外湯のうち、旅館に近い「柳湯」「一の湯」と、12年前にも入った「御所の湯」の 3ヶ所
をまわって、足早でしたが風情を味わいました

旅館に戻ると、ちょうど夕食の時間でした。
「但馬牛・牛しゃぶプラン」に「焼ガニ」のオプションを付けたはずでしたが、焼ガニは付いて
なかったです。オプション付けた記憶があいまいで、その場で確認できなかったのが痛かったです
※WBはすべて「蛍光灯」です。肉が美味しそうに赤く表現できたのは、まさにホワイトバランス・マジックです。
130902dinner1.jpg 130902dinner2.jpg

130902dinner3.jpg 130902dinner4.jpg
上段左/絞り:F2.8、SS:1/20秒、ISO:200、焦点距離:40mm相当、露出補正:0.0
上段右/絞り:F2.8、SS:1/30秒、ISO:200、焦点距離:40mm相当、露出補正:0.0
下段左/絞り:F2.8、SS:1/30秒、ISO:200、焦点距離:40mm相当、露出補正:0.0
下段右/絞り:F2.8、SS:1/13秒、ISO:200、焦点距離:40mm相当、露出補正:0.0

しゃぶしゃぶは、チェーン店で出てくるより肉厚なのに、柔らかくて美味しかったですよ。
他のサービスとかを含め、細かいところに気が回っていないのかなと感じました。
規模が小さい旅館なら、その辺を強みとするのだろうと思っていました。
それでも不満というほどではないので、12年前の思い出を裏切ることはなかったです。

        

Comment

非公開コメント

プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR