続・富士山撮影オフ会

Category : 気まぐれ日記
バーベキューでお腹が満たされ、缶ビールで少し酔っぱらいましたが、外に出てみると
夕方には全く見えなかった富士山が姿をあらわし、空にはたくさんの星が広がっていました
星座には詳しくなく、赤道儀も持ってなくて何が見えたか???ですが、純粋に感動しました。

お風呂に行った時間(18時少し前)で、周囲に照明がなく真っ暗で、これなら星がたくさん見える!
と、雲が取れることを期待していました。ただ、星空撮影となると、今までまともに撮れたことがなく、
説明を聞いて試してみたくても、天気に恵まれなかったので、なんとなくトラウマ状態でした。

そんなとき、富士山が目の前にあって満天の星空が広がり、さらに星空撮影に詳しい人がそばにいる。
これはチャンス、今回は失敗したくないという思いで、牧場特有の「芳醇な香り」のなか、
寒さを気にせずチャレンジしました。
※自分のための備忘録ということで、教えていただいた撮影ノウハウとか設定を書いておきます。

オートフォーカスが効かないので、まずはピントを合わせます。星で合わせるのは難しいので、
10mぐらい離れた明るい対象物で、拡大ボタンを駆使して合わせました。
次に構図を決めます。夜だとシャッタースピードが遅くて、確認するのに時間がかかるので、
ISOを目いっぱい上げて、早めのシャッタースピードで確認しながら、カメラの向きを調整しました。
最後に露出を決定します。撮った画像は、必ずヒストグラムを使って確認すると教えていただき、
左端から1/3ぐらいに山のピークがくるような設定にしました。
(2番目と3番目は逆でもいいかな。構図を決めてからピント合わせだと、面倒なことになります)

撮影モード:マニュアル、仕上がり:Natural、フォーカスモード:マニュアル、
長秒時ノイズ低減:OFF、低振動モード:2秒、液晶はチルトして撮影(ノイズを少なくする効果)
画質モード:RAW+JPEG(あとで編集できるように)

まずは富士山とオリオン座。正しく撮影すれば、目に見えない星も写るんですね!
※富士山の左側に見える明るい星は金星です。右下の赤っぽいのは、たき火が写り込みました。
asa_mtfuji17.jpg
絞り:F2.0、SS:15秒、ISO:1600、焦点距離:24mm相当、露出補正:0.0

続いて富士山に背を向けて、見上げたら天の川が見えました。
先ほどより構図決めやピント合わせが難しかったですが、冬でも見えたことに感動です。
asa_mtfuji18.jpg
絞り:F2.0、SS:15秒、ISO:2000、焦点距離:24mm相当、露出補正:0.0

先ほどの写真から少し撮影場所を変えましたが、オリオン座は50分間でかなり昇りました。
月が出てくると星が見えずらくなるのと、寒さが限界になってきたので、これで最後にしました。
※富士山の右側に見えるスジは飛行機雲です。22時近くても飛んでいるんですね…
asa_mtfuji19.jpg
絞り:F2.0、SS:15秒、ISO:1600、焦点距離:24mm相当、露出補正:0.0

次は明け方のアイソン彗星を狙うため、バンガローに戻って23時には寝てしまいました
しかし、布団があったものの寒くてほとんど眠れず、出発準備をするため 3時に起きました。

アイソン彗星は、かなり太陽に近づいていて、この場所では林が邪魔で見えない可能性が高い
ということで、早朝 4時、パラグライダーのランディング地点に移動しました。
昨夜より、かなり寒かったですが、機材をセッティングして、構図は水星と土星が左側に見えるのが
よいと聞いて決めました。
※撮った写真が左側で、拡大してトーンカーブを修正したのが右側です。黄色い丸のあたりにあるはずですが・・・。
asa_mtfuji20.jpg asa_mtfuji21a.jpg
絞り:F2.2、SS:2秒、ISO:200、焦点距離:90mm相当、露出補正:0.0、WB:蛍光灯

トーンカーブで強調したうえで、頑張って「心の眼」で見ても発掘は難しかったです
水星と土星が肉眼で見えただけでも、寒さに耐えた甲斐がありました。

そのうち、富士山の稜線が明るくなり、撮るのが難しくなったので撤収ということになりました。
宿泊場所に戻って朝食をとり、少し仮眠してから、反省会のような復習のようなことをして、
楽しかったオフ会が終了しました。
企画してくださったコミュニティ管理人さん、星空撮影ノウハウを詳しく教えてくださったかた、
一緒に参加された方々に感謝・感謝&お疲れ様でした。

帰りは渋滞に巻き込まれることを懸念して、出発を遅らせようと何度か行ったことがある
日帰り温泉施設でノンビリ。いちおう道路情報をチェックして出発したら、渋滞が解消するどころか、
さらに延長していました

ということで、東名高速を御殿場インターチェンジで降りて、想定外の箱根ドライブで帰ってきました
西湘バイパスの終点から一車線区間が渋滞したぐらいで、3時間半ぐらいで帰着となりました。

星空撮影のノウハウは実践しないと忘れてしまいそうなので、地元(またはベランダ)で練習
したいと思います。さらに、アイソン彗星は来月になると太陽から離れていきますが、まだ
見られるチャンスがあるので、機会があればリベンジしたいと思います

        

Comment

非公開コメント

プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR