CP+2014@横浜

Category : 気まぐれ日記
「カメラと写真映像の情報発信イベント<シーピープラス>」
(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2014)を見るため、今年もパシフィコ横浜まで行ってきました。
 2012年2013年
※今年は朝から雪で交通機関が心配でしたが、横浜までは往復とも高速バスを利用しました。

高速バスがYCATに着いて、東口ターミナルから会場までバスに乗ろうとしたら、次が10時台だったので、
みなとみらい線を利用しました。昔はもっと本数あったのに、みなとみらい線ができて減ったのかな?
※駅から会場まで屋根があっても、雪が吹き込んできてカメラを出せず。今年は屋外の写真がありません。

所有カメラメーカーのコミュニティ「フォトパス」で知り合った人達も何名か行くと言っていましたが、
土日は混雑すると考え、今年も雪にもめげず平日に行きました。土曜日が交通機関の影響で
中止になり、その関係で日曜日は大混雑が予想されるので、今となっては金曜日に行って正解でした。
まずは開場待ちの行列と、入口のすぐ左にあるオリンパスのブースからスタート
14cpp01.jpg 14cpp02.jpg
左/絞り:F1.8、SS:1/25秒、ISO:200、焦点距離:34mm相当、露出補正:0.0
右/絞り:F2.5、SS:1/100秒、ISO:200、焦点距離:34mm相当、露出補正:0.0

今年は新しいレンズが発売間近なので、あまり並んでいないうちに試し撮りをしてきました。
まずは25mm/F1.8から。絞り解放(写真左)は、腕のせいだと思いますが、どこにピントが合って
いたのか、いまいち魅力が伝わらない感じになってしまいました。絞った場合は、トリミングして
やっと分かるぐらいの光芒が出せました。
14cpp03.jpg 14cpp04.jpg
左/絞り:F1.8、SS:1/40秒、ISO:100、焦点距離:50mm相当、露出補正:0.0
右/絞り:F18、SS:1/2.5秒、ISO:1600、焦点距離:50mm相当、露出補正:0.0 ※トリミング画像

あとはボディキャップレンズが9mmの魚眼で出るというので使ってみましたが、あくまでも
ボディキャップなので、過度の期待はしないほうが良さそうです。標準ズームレンズに付けられる
フィッシュアイコンバーターも試してみましたが、さらにイマイチで画像も不採用にしました
※ボディキャップレンズはEXIF情報の絞り(F8固定)と焦点距離(9mm)が記録されていませんでした。
14cpp05.jpg
絞り:F8.0、SS:1/50秒、ISO:1600、焦点距離:18mm相当、露出補正:0.0

そして発表されたばかりのPROシリーズレンズ、7-14mm/F2.8をガラス越しに(写真左)。
タッチ&トライコーナーでは、E-M1に12-40mm/F2.8のPROレンズで試し撮り(写真右)。
※新製品のE-M10に12-42mmのパンケーキレンズで撮った画像もあって、カメラ内では確認できたのに、SDカード内
 を確認すると存在が確認できず、Olympus Viewer3でも表示されず。カメラから救済できたら載せます。
14cpp07.jpg 14cpp06.jpg
左/絞り:F1.8、SS:1/60秒、ISO:200、焦点距離:34mm相当、露出補正:-1.0
右/絞り:F2.8、SS:1/100秒、ISO:500、焦点距離:80mm相当、露出補正:+0.1(RAWで編集)

今年も楽しみのひとつであった、会場のお姉さん達をポートレート撮影の練習と称して、
撮ってきました。「続きを読む→」のところに、昨年より少ないですが、まとめて載せました

続いて、偶然見つけて興味を持った、Kenkoの接写リング。
マクロレンズが不要になりますが、手持ちのオートフォーカスではピントが合いにくかったです。
今回は45mm/F1.8の最短撮影距離50cmで試しましたが、すごく近づけるのが魅力的ですね。
※写真左が50cm離れて、写真右が接写リング装着のオートフォーカスで合焦した距離から。説明員さんの言うとおり、
 マニュアルフォーカスで三脚を使ったほうがいいのかも(写真右の文字が滲んでいるのは、手ブレかも知れません)。
14cpp09.jpg 14cpp08.jpg
左/絞り:F5.6、SS:1/8秒、ISO:200、焦点距離:90mm相当、露出補正:0.0
右/絞り:F5.6、SS:1/2秒、ISO:200、焦点距離:90mm相当、露出補正:0.0 ※接写リング使用

昨年のように会場の紹介ではなく、興味を持ったところだけ時間をかけて撮っていたら時間が
経ってしまい、お昼を過ぎてしまいました。この日、ブログ仲間のやんぼーさんも来ているということで、
一緒にと思いましたが、午後からのステージを聞く予定があったので、お先に失礼しました。

昨年と同じく2階の「横濱ミルクホール」で食べましたが、今年は会場内にあったクーポンを使って
「プチ・ケーキ」が付いてきました。メニューは昨年と全く同じになってしまいましたが
14cpp10.jpg
絞り:F1.8、SS:1/160、ISO:200、焦点距離:34mm相当、露出補正:+0.3

食事が終わってからは、オリンパス・ブースでのステージが始まるまで、少しブラブラして撮った
写真でちょっと遊んでみたり(写真左)、こんな機材での空撮も面白そうですね(写真右)。
14cpp11a.jpg 14cpp12.jpg
左/絞り:F5.6、SS:1/15秒、ISO:640、焦点距離:34mm相当、露出補正:-0.3、アートフィルター:ジオラマ
右/絞り:F1.8、SS:1/60秒、ISO:200、焦点距離:34mm相当、露出補正:+0.3

まずは13:30からのデジタルカレッジで夜景撮影編。10分前に着いたときは、カブりつきの一番前の席が
ひとつしかなかったですが、テクニックはもちろん、構図決めのポイントが参考になりました(写真左)。
そして、立て続けにライブステージで「一眼カメラトークライブステージ~PEN~」が14:20から(写真右)。
こちらは、PENを所有しているので聞いてみたら、講師の吉住さんが撮った写真の説明に終始してしまい、
ちょっと期待外れでした。今後のステップアップを考えて、OM-D編も聞いておけば良かったかな?
14cpp13.jpg 14cpp14.jpg
左/絞り:F5.6、SS:1/15秒、ISO:200、焦点距離:34mm相当、露出補正:+0.7
右/絞り:F2.8、SS:1/60秒、ISO:200、焦点距離:34mm相当、露出補正:+0.7

次のステージまで時間があったので、ニコンのブースで中井精也先生のステージを聞いてから(写真左)、
最後は帰りの足を心配しながらも、デジタルカレッジでレンズ活用編を聞きました(写真右)。
こちらは、単焦点レンズの活用方法で、E-P5になってから主に単焦点レンズを使用するようになった
自分にはピッタリの内容でした。ただ、説明した中で所有していない、60mm/F2.8Macroと75mm/F1.8は、
たぶん購入しないと思いますが…
14cpp15.jpg 14cpp16.jpg
左/絞り:F1.8、SS:1/1000秒、ISO:800、焦点距離:34mm相当、露出補正:-0.3
右/絞り:F1.8、SS:1/250秒、ISO:200、焦点距離:34mm相当、露出補正:+0.3

これが終わったのが17:20過ぎ。18時にYCATを出発する高速バスに乗ろうと、急いで会場を出ました。
本来なら、会場外にも魅力的なスポットがあって、撮り歩きたかったですが、帰宅難民にならない
ようにと余韻に浸ることもできませんでした。
高速バスは定刻で出発して横々を走り、たった10分遅れただけで着きました。スーパー京急ですね
写真は会場でゲットしたものです。
※オリンパスの来場記念でミニチュアカメラ付き携帯ストラップ、HAKUBAのトートバッグ、ボールペン(EPSON)、
 消せるマーカーペン(CASIO)、オリンパスのレンズ体験コーナーでもらったトートバッグ、メモ帳、ステッカー
14cpp17.jpg
絞り:F1.8、SS:1/60秒、ISO:640、焦点距離:34mm相当、露出補正:-0.3

この日は雪でしたが、平日でも混んでいたという印象でした。それでも空いていたほうだそうです。
たしかに雪が積もり始めた15時以降は、人が少なくなっていった感じがしました。
今年はいままでと違って、興味のあるものを見つけて回るブースを絞ったり、ステージを色々聞いて勉強
したりと、3回目にしてようやく目的が定まってきたような気がします。
写真の勉強は、インターネットだけが情報源だと、分かったつもりになっても、実際には身に付いていない
ことを実感しているので、短い時間でも人から聞けて良かったです

もし興味があれば、ですが。特別篇の続きも見ていってくださいね

【特別篇】
これも楽しみのひとつです。すべて45mm/F1.8の単焦点レンズで撮りました。
写真を撮らせてもらうのに声を掛けるまでは、すんなりできますが、そのあとが慣れてないのか、
すぐに撮り終えようと設定を気にしなくなっていたりで、それが進歩しない要因のひとつでもあります

左:オリンパス。所有カメラメーカーだからか、唯一少しだけ会話ができました。
右:キヤノン。背が高くて目立っていたので、声を掛けてしまいました。
14cpp18.jpg 14cpp19.jpg
左/絞り:F1.8、SS:1/100秒、ISO:200、焦点距離:90mm相当、露出補正:-1.0
右/絞り:F1.8、SS:1/30秒、ISO:200、焦点距離:90mm相当、露出補正:+0.3

左:ブラックラピッド。ISOを上げたけど、まだ足りなかったみたい。微妙にブレました
右:EIZO。声を掛けたわけではないので、目線はもらえませんでした。
14cpp20.jpg 14cpp21.jpg
左/絞り:F1.8、SS:1/25秒、ISO:400、焦点距離:90mm相当、露出補正:+0.7
右/絞り:F1.8、SS:1/80秒、ISO:400、焦点距離:90mm相当、露出補正:+0.3

慣れた感じで声を掛けて、話し込んでいる人がいましたが、コンパニオン目的で来ているのでしょうね。
カメラの祭典で、ほぼ100%カメラ持ってきているから、断ることもできないのでしょうけれど。
※ネット検索すると名前まで出てきますが、自分はそこまで興味ないです。というか、区別がつかない人もいます(爆)

左:アスカネット。この写真の飴を貰いましたが、この日がバレンタインデーだとココで気づきました
右:シグマ。露出が少ないのも、たまにはヨイのではないでしょうか。
14cpp22.jpg 14cpp23.jpg
左/絞り:F1.8、SS:1/20秒、ISO:400、焦点距離:90mm相当、露出補正:+0.7
右/絞り:F1.8、SS:1/50秒、ISO:200、焦点距離:90mm相当、露出補正:+0.3

ラスト:カシオ計算機。説明を聞いたあとで、かなり近かったですが、もう少し離れたほうが良かったかな。
14cpp24.jpg
絞り:F1.8、SS:1/100秒、ISO:200、焦点距離:90mm相当、露出補正:-0.7

シャッタースピードが稼げなくて失敗した過去があるので、絞り開放のプラス露出で撮りましたが、
場所によってはマイナス露出のほうが良かったところがありました。美人を目の前にすると、細かいところ
まで気が回らなかったのかな。風景よりも時間をかけないで撮るので、まだまだ修行が必要ですね。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。


        

Comment

おはようございます。
早いですねぇ~。私はまだカメラの中です・・・
土曜日中止になってしまって、ほんと金曜日行けてラッキーでしたね。
まぁあんな天候でもありましたが、無事帰れたんでいい思い出かと(^o^;
お昼は、私が逆に昼のセミナーで時間取られちゃって、
連絡が遅くなってしまって、すみませんでした。
ミルクホールで食べられたんですねぇ~。
私は時間確保で、結局今年もコンビニおにぎりでした・・・
キヤノンが色んな高級紙で印刷体験やってて、2回計6枚印刷してきました。
コレが今回のCP+で一番嬉しかったことかなぁ?

そうそう、オリンパスのSTYLUS1のストラップはもらわなかったんですか?
スマホにオリのソフト入れるか、
写真展で2枚お好みのを選べば、もらえたんで、2個手元にあります(^o^;

さぁーて、私も写真整理しないと・・・・

>やんぼーさん
写真は帰宅当日に整理して、記事は昨日仕上げました。
遅くなると内容忘れちゃうし、書くのが面倒になったりするので…
まさか土曜が中止とは。東横線の事故の影響で、直通のみなとみらい駅まで
来られないとかあったのかもですね。金曜日は心配しながら帰りの高速バスに乗っていました。
お昼はお電話いただき、ありがとうございます。
時間を決めておくのは難しいですが、また機会があったらよろしくです。
キヤノンのブースで、そんなことやっていたんですね。ニコンを含め、
あの辺は大御所な感じがして、ズカズカ入っていくのをためらってしまいます(笑)

STYLUS1のストラップ、写真展の投票でももらえたのは知りませんでした。
スマホは持ってないので、最初から諦めていました。ただ、E-P5のオーナーズブック
を買ったときに、STYLUS1のストラップが付いてきたので、1つ持っているんです。

やんぼーさんのエントリ、楽しみにしています!
非公開コメント

プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR