ふたご座流星群

Category : 気まぐれ日記
最近は寒い日が続くようになり、星空撮影に適した季節になりました。
新たなスポット開拓は「海で撮る星景」をテーマに、伊豆半島南端の大瀬漁港に遠征しました

「ふたご座流星群」が12月14日にピークとなりますが、日曜日に遠征するのは厳しいので、前日の
土曜日に行ってきました。昨年の同じ時期に行った「天城高原駐車場」よりさらに遠く、まだ明るい
時間帯に出発して、着いたのは20時半ごろ。15分ほどの休憩を含めて、なんと4時間40分
※標高が高くないので気温は8度ぐらいでしたが、自宅からの距離は165kmもありました。

流星は狙って撮れないので、ひたすら連写して偶然を期待したのですが、テーマの「海で撮る星景」で
蓑掛岩(みのかけいわ)を入れると、高い位置からの流星が画角に入らないというジレンマに…。
そんなわけで約2時間。432枚を撮り続けて、写った流星は薄いのも含めて 8枚でした。
※撮り始めのコマから1枚。分かりにくいので拡大して見てください。左の岩の上のほうに薄く流れています。
minokake14a.jpg
絞り:F2.0、SS:15秒、ISO:4000、焦点距離:24mm相当、マニュアル露出 ※RAW現像、以降すべて同様

蓑掛岩を入れたら、オリオン座が下半分しか入りませんでした
しかもソフトフィルターを使うと、漁船の照明が残念なことになり、灯台の光が複数箇所から届いて…。
さらにこの場所は飛行機の航路で、光跡が半端なく多かったです。これに冷たくて強い風に邪魔され、
連動して動きの早い雲が頻繁に流れていく始末。撮影条件としては最悪でした。

流星撮影が目的のひとつでソフトフィルターを使ったのと、方角が南だったので、比較明合成は考えて
いなかったですが、この撮影条件では「しなくて正解」でした。枚数が多かったので、タイムラプス動画
を作ってみました。


そんな中で、もっとも明るく写った流星がこちら。残念ながら雲に邪魔されました。
右側は撮影場所と撮影時間を合わせたステラナビゲータの画面(白枠がレンズの画角)です。
minokake14b.jpg sttera_oose14.jpg

撮影を始めてから約2時間。20時52分に東の方角で下弦の月が出始めました。
もともと月が出るまでと考えていて、「月が出たら明るくて星空が撮れないから」で終了時間を決めました
が、この時間になると寒さが限界だったので、最後に月が出ている方角を撮って撤収することにしました。
※ソフトフィルター効果で分かりませんが半円です。月が出るところは、星空撮影ぐらいしか見ることがないです(^^)
minokake14c.jpg

星空撮影はチャンスがあればいつでも撮りたいのですが、今年は撮りに行ける日が天候に恵まれず、
まともに撮れたのが少なかったですが、今回の撮影でなんとか今年の締めくくりとすることができました。
ただ、星空撮影「だけ」を考えた場合、もう一度この場所に4時間以上かけて行くかというと…。
ちょっと微妙です。もっと腕が良くなれば、考え方が変わるかも知れませんが、「海で撮る星景」としては
他の場所を開拓したいと思います。

        

Comment

非公開コメント

プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR