東京運河探検そして…

Category : 気まぐれ日記
先日、天気予報で雨マークがついていた日に「東京運河探検クルーズ+奥の細道体験」のオフ会
が開催されましたので、参加してきました。
※「奥の細道体験」のほうは、あまり写真を撮らなかったので、タイトルでは省略しています(^^;

集合場所は東京・日本橋。電車で 1本ですが、朝9:15集合でわりと早めに家を出発。土曜日の朝なのに、
意外と電車が混んでいましたが時間前に到着。ごらんのとおり、空は今にも降りそうな曇天でした。
のりばでは「予報で雨マークがついているため、クルーズは中止」の貼り紙があったので、今回のクルーズ
が決行できたのは特別なのかな。首都高速の下にあるのりばから、運河クルーズ専用船で出航です
canal_tour1401.jpg canal_tour1402.jpg
左/絞り:F6.3、SS:1/13秒、ISO:200、焦点距離:34mm相当、露出補正:0.0
右/絞り:F6.3、SS:1/8秒、ISO:200、焦点距離:34mm相当、露出補正:0.0
※初体験ゆえ、レンズを色々持ち込みましたが、天候の関係で単焦点 1本での勝負となりました。

この周辺は川が入り組んでいて、地下鉄よりも馴染みがなく土地勘が全くなかったですが、ガイドさんの
軽快なトークで、撮影の参考になりました。ちなみに、出航したところが「日本橋川」で、そのまま下れば
隅田川に合流しますが、途中で日本橋水門から亀島川へ。地上では地下鉄「茅場町」のあたりです。
※写真右は曇天に合うアートフィルター「ドラマチックトーン」を適用してみました。
canal_tour1403.jpg canal_tour1404.jpg
左/絞り:F6.3、SS:1/800秒、ISO:800、焦点距離:34mm相当、露出補正:0.0
右/絞り:F6.3、SS:1/5000秒、ISO:800、焦点距離:34mm相当、露出補正:0.0、WB:曇天

亀島川から隅田川に合流して、中央大橋(写真左)、永代橋、隅田川大橋を通過すると、清洲橋越しに
東京スカイツリーが見えてきました(写真右)。
※スッキリしない空だったので、写真左はアートフィルター「ライトトーン」、写真右は「トイフォト」を適用しました。
canal_tour1405.jpg canal_tour1406.jpg
左/絞り:F6.3、SS:1/1000秒、ISO:400、焦点距離:34mm相当、露出補正:+0.7、WB:曇天
右/絞り:F8.0、SS:1/640秒、ISO:400、焦点距離:34mm相当、露出補正:+0.7、WB:日陰

いったん隅田川から分かれて、小名木川(おなぎがわ)へ(写真左)。
この先には、日本版パナマ運河といわれる扇橋閘門(おおぎばしこうもん)があって、アトラクション的に
コースに組み込まれていました(写真右)。事前知識ナシだったので、これは貴重な体験ができました。
※写真左はアートフィルター「ドラマチックトーン」を適用しました。
canal_tour1407.jpg canal_tour1408.jpg
左/絞り:F8.0、SS:1/320秒、ISO:400、焦点距離:34mm相当、露出補正:-1.0、WB:曇天
右/絞り:F8.0、SS:1/125秒、ISO:400、焦点距離:34mm相当、露出補正:-0.7

小名木川の先に進むには、ここに入って両側の水門を閉めてから、水を抜くことで水位を下げていきます。
今回は1.9mも下がってから、先ほど入った水門とは反対側から出ることになります。
これが「日本版パナマ運河」といわれていて、写真左から写真右へ水位が下がったのが分かるでしょうか。
※予約不要で通行料も無料ですが、通行可能な時間帯が決められているようです。
canal_tour1409.jpg canal_tour1410.jpg
左/絞り:F8.0、SS:1/160秒、ISO:400、焦点距離:34mm相当、露出補正:-0.7、WB:曇天
右/絞り:F8.0、SS:1/100秒、ISO:400、焦点距離:34mm相当、露出補正:-0.7、WB:曇天

水門が開いたときは、扉からの水が滝のように降ってくる(写真左)ので、通過するときは傘を使いました。
この閘門を通るのが目的だったので、少し先でUターンしてきて、今度は水位を上げてから戻りました。
水を抜いているのは見えませんでしたが、入れるときは隅田川側からというのが見えました(写真右)。
※写真右の左のほうにある、ロープから垂れ下がった鉄輪に船を係留して水位の昇降を待ちました。
canal_tour1411.jpg canal_tour1412.jpg
左右とも/絞り:F8.0、SS:1/125秒、ISO:400、焦点距離:34mm相当、露出補正:-0.7、WB:曇天

ふたたび隅田川に戻り、東京スカイツリーを眺めるコースへ。
首都高・両国ジャンクションの下(写真左)から、いくつかの橋を通過すると、アサヒビール本社のオブジェ
とともに、スカイツリーが近づいてきました(写真右)。
※写真左はアートフィルター「ドラマチックトーン」、写真右は「ポップアート」を適用しました。
canal_tour1413.jpg canal_tour1414.jpg
左/絞り:F8.0、SS:1/320秒、ISO:400、焦点距離:34mm相当、露出補正:-0.7、WB:曇天
右/絞り:F8.0、SS:1/1000秒、ISO:400、焦点距離:34mm相当、露出補正:0.0、WB:曇天

アサヒビール本社ビルに東京スカイツリーが映し出されるという、一瞬のチャンス(写真左)をゲットしたあと
は、正面に見える位置に差し掛かると、左右が非対称になっていることが分かりました(写真右)。
これは、一番下が三角形で上のほうが円形なので、そのように見えるそうです。スカイツリーの近くまで
行ったのが初めてだったので、これは新たな発見でした。
※写真右はアートフィルター「ドラマチックトーン」を適用しました。上のほうが偶然シルエットになり印象的に仕上がりました。
canal_tour1415.jpg canal_tour1416.jpg
左/絞り:F8.0、SS:1/1000秒、ISO:400、焦点距離:34mm相当、露出補正:0.0、WB:曇天
右/絞り:F8.0、SS:1/2500秒、ISO:400、焦点距離:34mm相当、露出補正:0.0、WB:曇天

途中で雨が降ってきたり、船の上で風が冷たかったのに、終盤では晴れ間も見えたりして(写真左)、
なんだか変な天気でした。そんなクルーズも隅田川を大きく蛇行すると、まもなく千住大橋に着いて、
ここで船を降りました。ここは松尾芭蕉が「奥の細道」執筆の旅を始めたところだそうです(写真右)。
※写真右はアートフィルター「ジェントルセピア」にソフトフォーカス効果を適用しました。
canal_tour1417.jpg canal_tour1418.jpg
左/絞り:F8.0、SS:1/1000秒、ISO:400、焦点距離:34mm相当、露出補正:+0.7、WB:晴天、Vivid
右/絞り:F8.0、SS:1/80秒、ISO:400、焦点距離:34mm相当、露出補正:+0.3、WB:曇天

ここからは、第二部「奥の細道を体験する」お散歩ツアーのスタートです。
国道4号線(現・日光街道)にかかる千住大橋(写真左)から旧・日光街道に入りました(写真右)。
※写真左はアートフィルター「ライトトーン」を適用しました。
senju_walk1401.jpg senju_walk1402.jpg
左/絞り:F8.0、SS:1/125秒、ISO:400、焦点距離:34mm相当、露出補正:-0.3、WB:曇天
右/絞り:F8.0、SS:1/50秒、ISO:400、焦点距離:34mm相当、露出補正:0.0、WB:曇天

この先は天候も影響したのか、何を撮ればいいかイメージが浮かばず、写欲がわかないまま荒川の
河川敷まで歩いてきました。河川敷では、地上だけど地下鉄・千代田線、JR常磐線、つくばエクスプレス、
東武スカイツリー線と色々な電車が通るので、カメラを向けましたが、いまいち撮り鉄になり切れず…。
※写真左はアートフィルター「リーニュクレール」、写真右は「ジオラマ」を適用しました。
senju_walk1403.jpg senju_walk1404.jpg
左/絞り:F3.5、SS:1/800秒、ISO:640、焦点距離:34mm相当、露出補正:-0.7、WB:日陰
右/絞り:F8.0、SS:1/320秒、ISO:640、焦点距離:34mm相当、露出補正:0.0、WB:曇天

最後に「3年B組金八先生」のロケ地となった、荒川土手(写真左)で参加者の集合写真を撮って終わり
になりました。このあと、北千住の駅前まで歩いてひと休みして、第三部の忘年会へと続きます。
日本橋を出てから、北千住で休憩するまでのルート(画像右)は、Androidアプリ「My Tracks」で記録
しました。クリックするとGoogle mapが開くので、拡大して確認することができます。
senju_walk1405.jpg canal_walk14_map.jpg
左/絞り:F8.0、SS:1/400秒、ISO:640、焦点距離:34mm相当、露出補正:-0.7、WB:曇天

そして15時の少し前、タイ料理の店ででちょっと早めの忘年会が始まりました。
※盛り上がって楽しんでいたので、最初の海鮮春雨サラダと、最後のデザート・タピオカしか撮れませんでした。
yearend_party14a.jpg yearend_party14b.jpg
左/絞り:F2.8、SS:1/50秒、ISO:640、焦点距離:34mm相当、露出補正:-0.3
右/絞り:F2.8、SS:1/60秒、ISO:640、焦点距離:34mm相当、露出補正:0.0

外は強めの雨が降ってきた約2時間後、忘年会がお開きとなりました。
この時間に終わったのは、翌日に開催されるイベントに、忘年会に参加したメンバーがほとんど参加する
ことになっていたから。もちろんワタクシも参加です。そのイベントについては、次回エントリします。

そんなわけで、翌日のイベント会場近くにホテルを確保して、帰宅せずに直接参戦することにしました。
クリスマスが近い週末ということで、予約が取れたホテルは料金が割高でした。
※大浴場があるホテルで、見晴らしのいい海側の部屋なので、割高でも仕方なしかも。雨で夜景はイマイチでしたが…。
hotel1412a.jpg hotel1412b.jpg
左/絞り:F1.8、SS:1/13秒、ISO:640、焦点距離:50mm相当、露出補正:-0.4、WB:蛍光灯/A-3/G-1
右/絞り:F2.8、SS:1/3秒、ISO:1250、焦点距離:50mm相当、露出補正:-0.6
※写真左はトーンカーブ修正しました。写真右はアートフィルター「ドラマチックトーン」に調色:セピアを適用しました。

ホテルに着いたのが18時過ぎで遅い時間ではないので、一日が長く感じたのは、それだけ盛りだくさんで
色々なことが体験できたからだと思います。屋外イベントは寒かったですが、一人で撮っていたら到底でき
ないし、市販のツアーに参加したとしても経験できない趣向が凝らされたオフ会で、一年の最後を飾るのに
ふさわしいイベントでした。

        

Comment

非公開コメント

プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR