今年は残念でした。

Category : 気まぐれ日記
毎年、この時期は「ふたご座流星群」で、今年のピークが12月14日で新月から間もないということで、
例年にないチャンスと騒がれていれば、もちろん撮りに行くことになるのですが…。

場所をどこにしようか、ふたご座の方角を踏まえて考えを巡らせながら、土曜日の週間天気予報が
雨だったので、日曜日に行くつもりで翌日の月曜日に休みまでとって準備していたら、土曜日のほう
が良さそうな予報に変わり、あわてて山梨・富士五湖のひとつ、精進湖まで出掛けてきました
※ちなみに、昨年は5時間近くかけて伊豆半島南端まで出掛け、まずまずの成果がありました。

しかし、2時間半かけて18時ごろ現地に到着すると、予報で雲に覆われるという24時ごろより早く、
すでに雲がほとんど一面に広がっていて、富士山も裾野のほうが少し見えただけでした
仕方ないので、せめてココに来たことの証しとして、駐車場の看板だけ撮って帰ろうと考えていました。
※レンズは12-40mmF2.8のPROレンズですが、カメラ2台体制だったので、かなり久しぶりにE-P5で撮りました。
lake_shoji15a.jpg
絞り:F2.8、SS:1/3秒、ISO:1600、焦点距離:30mm相当、露出補正:0.0、WB:Auto/A+2/G-1

撮影は諦める覚悟をして、車内で食事をとってから外に出てみると、雲の少ないところがありました。
それではと、8mmF1.8のFisheyeで構図を確認したかったのと、自作のフィルターポケットの効果が
どんな感じか確認したかったので、次に来たときのためのロケハンを兼ねて、少しだけ撮ってみました。
※フィルターポケットは、夏はE-P5に工作していましたが、その後E-M5mark2でも工作していました。

まずは駐車場から(写真左)と、湖への道路を渡った歩道の上から(写真右)。
lake_shoji15b.jpg lake_shoji15c.jpg
左右とも/絞り:F1.8、SS:6秒、ISO:2500、焦点距離:16mm相当、マニュアル露出、WB:4200K+2STEP
※両方ともトーンカーブを修正しました。

もはや流星群はどうでも良くなっていて、湖畔からは北東の方角(写真左)では分かりにくいですが、
カシオペヤ座とふたご座が写りました。南東の方角(写真右)では正面に富士山の裾野と、オリオン座と
すばるが写りました。
lake_shoji15d.jpg lake_shoji15e.jpg
左/絞り:F1.8、SS:8秒、ISO:2500、焦点距離:16mm相当、マニュアル露出、WB:4300K+2STEP
右/絞り:F1.8、SS:8秒、ISO:3200、焦点距離:16mm相当、マニュアル露出、WB:4400K+1STEP
※両方ともトーンカーブを修正しました。

ここまで撮ってみると、ソフトフィルター効果は必須だと思いました。そして、視野の広いレンズを使った
こともあり、この場所では周囲の照明を多く取り込んでしまうので、撮影やRAW現像の難易度が高くなると
感じました。ほかには、湖畔に降りてくる車のヘッドライトと、キャンプ客の明かりぐらいでしょうか。

低い位置から撮りたくて、低いタイプの三脚を使っていたら、立ち上がったときに足腰がガクガクになって
いたり、最近の暖冬で冬の寒さに体が慣れておらず、このあたりの気温5度で、2時間弱が精一杯でした。

例年なら寒くて晴れた日が続くはずなのに、今年は星空・星景撮影には向かない天気が続きました。
これで正月を迎えるのは、やや心残りがありますが、今年の星空・星景はたぶん撮り納めだと思います

        

Comment

非公開コメント

プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR