年度末のプチ旅が定番に。

Category : 気まぐれ日記
どうやら年度末になると、パワースポットを絡めた旅に行きたくなるようです。
いつも新年度になっても特に変わり映えがしないので、せめて旅をして神社で参拝して、メリハリを
つけようとするのが行動に出ているのではと、なんとなく分析しています。

昨年は千葉、一昨年は茨城、いずれも日帰りで出掛けていて、今年は関東近県つながりで静岡へ。
まずは伊豆国一の宮である「三嶋大社」へ。広い境内ではないですが、ココではゆっくり歩くとよいと
されていて、それを知らなかったのに、なぜかスローペースでまわっていました。
※新東名から伊豆縦貫道の利用が正解だったようですが、カーナビどおりに東名の沼津インターから一般道経由でした。
shizuok1603a.jpg shizuok1603b.jpg
左/絞り:F6.3、SS:1/1250秒、ISO:200、焦点距離:28mm相当、露出補正:+0.3、WB:Auto/A-3/G-1
右/絞り:F6.3、SS:1/1000秒、ISO:200、焦点距離:24mm相当、露出補正:+0.3、WB:Auto/A-3/G-2
※写真左はコントラストを+1、仕上がりをi-Finishにしました。両方ともトーンカーブを修正しました。

本殿の脇にわりと目立つ木があって魚眼レンズを使ってみましたが、御神木は見つけられなかった
金木犀のようです。池の周りは桜が見事だそうですが、時期的に早かったので亀と鳩の集合写真を。
※おみくじは「小吉」でした。「意気盛んな時、むしろすべてに勢いが強すぎるのが難点」だそうです(汗)
shizuok1603c.jpg shizuok1603d.jpg
左/絞り:F3.5、SS:1/640秒、ISO:200、焦点距離:16mm相当、露出補正:+0.3、WB:Auto/A+4
右/絞り:F5.6、SS:1/320秒、ISO:200、焦点距離:68mm相当、露出補正:0.0、WB:Auto/A+3/G+1
※写真左はトーンカーブを修正しました。写真右はアートフィルターのヴィンテージⅢを適用しました。

続いて、最近オープンした「箱根西麓・三島大吊橋 三島スカイウォーク」に行ってみました。
箱根越えした国道1号線沿いですが、オープン前のわりと最近通ったときは全く気づきませんでした。
全体的に雲が出始めていましたが、かろうじて雲に邪魔されずに富士山が見えたのはラッキーでした。
shizuok1603e.jpg shizuok1603f.jpg
左/絞り:F6.3、SS:1/1250秒、ISO:200、焦点距離:32mm相当、露出補正:-0.3、WB:Auto/A-4/G-1
右/絞り:F6.3、SS:1/800秒、ISO:200、焦点距離:84mm相当、露出補正:-0.7、WB:Auto/A-3/G-2
※写真右は仕上がりをi-Finishにしました。両方ともコントラストを+2して、トーンカーブを修正しました。

長さ400mの吊り橋、幅が1.6mと狭いので左側通行です。歩いているときは感じませんが、立ち止まると
揺れているのが分かります。途中は風が吹きっさらしなので、橋のたもとが暖かくて油断すると悲惨です。
橋を渡り切ると、展望台・展望デッキが3ヶ所あるので、そこからの眺めを。どうしても富士山を絡めたくなり
ますが、橋の正面から見ると、渡る人々が望遠レンズの圧縮効果で大挙しているように見えますね。
shizuok1603g.jpg shizuok1603h.jpg
左/絞り:F8.0、SS:1/1000秒、ISO:200、焦点距離:200mm相当、露出補正:-0.5、WB:Auto/A-3
右/絞り:F6.3、SS:1/500秒、ISO:200、焦点距離:78mm相当、露出補正:-1.0、WB:Auto/A-3/G-2
※写真左はコントラストを+1しました。両方ともトーンカーブを修正しました。

久しぶりにパノラマ撮影をしてみましたが、クロップ処理をしたら下のほうが切れてしまいました。
切れることを想定して、もう少し広角で撮っておけば良かったです。
shizuok1603i.jpg
絞り:F5.6、SS:1/1000~1/2000秒、ISO:200、焦点距離:32mm相当、WB:Auto/A-3/G-1
※仕上がりをi-Finishに変更した7枚をMicrosoft ICEでStitch。露出補正は後から-0.5EV~-0.3EVに調整しました。

最後に、flower dropを販売しているワゴンと富士山を絡めて(写真左)。一人だと購入には至りませんね。
そして、散策路のいたるところにあった「kicoro/キコロ」(写真右)。なにかと構図を考えさせてくれました。
shizuok1603j.jpg shizuok1603k.jpg
左/絞り:F8.0、SS:1/1000秒、ISO:200、焦点距離:76mm相当、露出補正:-0.3、WB:Auto/A-4/G-2
右/絞り:F4.5、SS:1/1600秒、ISO:200、焦点距離:24mm相当、露出補正:-0.7、WB:Auto/A+5/G+1
※写真左は仕上がりをi-Finishに変更しました。両方ともトーンカーブを修正しました。

橋を渡り終えてゲートを出ると、SKY GARDENや展示コーナーがありましたが、こういうのは一人だと
スルーしてしまいます。風景撮影には絶好スポットですが、一人で来るところではないと思いました。
夜間は閉鎖されてしまうので星空撮影はできません。橋は危険なので渡れなくて当然ですが、入口部分
だけでも開放してほしいものです。

続いて「沼津港深海水族館」へ。まずは(水族館に駐車場がなく)有料駐車場に停めて昼食にしました。
駐車場代は良心的ですが、食事代がどの店も高かったです。都会から来る観光客が相手だと、強気でも
成立しちゃうのでしょうね。
※「ぶり+サーモン+なめろう丼」「桜海老の味噌汁」で\1,898でした。ネタが山盛りで新鮮でしたが丼は小さかったです。
shizuok1603l.jpg shizuok1603m.jpg
左/絞り:F2.8、SS:1/15秒、ISO:200、焦点距離:42mm相当、露出補正:+0.3、WB:Auto/A+5/G-2
右/絞り:F5.6、SS:1/800秒、ISO:200、焦点距離:24mm相当、露出補正:0.0、WB:Auto/A-3/G-1

深海魚というとグロテスクなイメージがありますが、水族館なのでいい意味で想像と違っていました。
想像したようなタイプはサイズが大きいし、研究用として標本になっているのでしょうね。
暗いなかで泳ぐ魚を撮影するのは、照明があるとはいえ難易度が高く、撮っていて楽しかったです。
shizuok1603n.jpg shizuok1603o.jpg
左/絞り:F2.8、SS:1/30秒、ISO:800、焦点距離:72mm相当、露出補正:0.0、WB:Auto/A+3
右/絞り:F2.8、SS:1/320秒、ISO:800、焦点距離:72mm相当、露出補正:-0.3、WB:Auto/A+4/G-2
※コントラストを写真左は+1、写真右は+2しました。

この水族館の2Fはシーラカンス・ミュージアムになっていて、途中からの説明を聞くことができました。
ウロコが固いかわりに脊柱が竹輪ぐらい柔らかいとか、体重80kgで脳が5gしかないなど、進化のカギ
となる生物なんだと興味深く聞きました。最後はダイオウグソクムシ。グロテスクですが、今やマスコット
ができるくらい有名になりました。
shizuok1603p.jpg shizuok1603q.jpg
左/絞り:F2.8、SS:1/13秒、ISO:800、焦点距離:30mm相当、露出補正:-0.5、WB:Auto/A-3/G+3
右/絞り:F2.8、SS:1/6秒、ISO:800、焦点距離:24mm相当、露出補正:0.0
※写真左はコントラストを+2して、アートフィルターのトイフォトを適用しました。

このあとは、東名高速・沼津インターチェンジ近くの「沼津・湯河原温泉 万葉の湯」でマッタリして、
夕食を食べて渋滞が解消したころに出発して帰りました。もっとノンビリしていても良かったですが、夜は
雨が降るという予報を思い出して、現実に戻ってしまいました。

プラン作成はプチ旅でも楽しいですが、出発直前や現地では「なんで一人で行かなきゃいけないんだ?」
と悩む瞬間もあったり。現地で色々な新鮮なことに遭遇すると、「誰かと」よりも「どこへ」行くかを優先して
しまうのが永遠の課題のようです。

        

Comment

非公開コメント

プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR