お江戸の桜はどんな感じ?

Category : 気まぐれ日記
いろいろな撮影でお世話になっていたフォトパスのコミュニティが終了してから、撮影オフ会から
遠ざかっていましたが、新たなフィールドで再開されたことに伴って開催された第一弾イベントが
新宿御苑でのお花見だったので、参加してきました。
※参加登録方法をミスって参加メンバーに入っていなかったので、「同行させていただいた」が正しいかな。

新宿御苑の近くに昼ごろ着いて、食事する店を探しながら入口付近を見ると、行列ができていて
焦りましたが、混雑する新宿門ではなく、集合場所に近い大木戸門は拍子抜けするほど空いて
いました。簡単な荷物チェックのあと、チケット購入で2~3分並んだ程度ですぐに入れました。

3月31日撮影。並ばずに入れて時間が早かったので、集合時間の前に少し撮っておきました。
gyoen_saku18a.jpg gyoen_saku18b.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO200、24mm相当、-0.7EV、AWB/A-2/G-2、Vivid
右/F5.6、1/640秒、ISO200、24mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-2、Vivid

集合してから、ほぼ揃って行動開始。「初めにアメリカに向かいます」と、桜の品種名とは分からずに
付いていきました。園内マップを見て歩きましたが、次の枝垂れ桜はどこで撮ったのか思い出せず(笑)
gyoen_saku18c.jpg gyoen_saku18d.jpg
左/F5.6、1/800秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-3、Vivid、コントラスト-2
右/F5.6、1/1000秒、ISO200、30mm相当、-0.7EV、AWB/A-3/G-2、Vivid

「せっかく東京まで来たから」と、桜そのものを撮るより、都会ならではの背景を意識してしまいます。
特徴的は建物はドコモの代々木ビル。写真左を撮ったあとにグループから逸れてしまい、再び合流して
から、別の場所から写真右を撮りました。
gyoen_saku18e.jpg gyoen_saku18f.jpg
左/F5.6、1/1600秒、ISO200、94mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、Vivid
右/F6.3、1/1600秒、ISO200、126mm相当、-0.3EV、AWB/A-2/G-2

東京の桜は地元より早く開花、満開宣言が出たこともあり、すでにピークは過ぎていた感がありましたが、
咲く時期が異なる色々な品種があって撮影も楽しめました。写真右は休憩中、なにげなく撮りました。
桜の木が多くて花吹雪も豪快でしたが、背景が暗くないと撮れないし、撮ってもイメージが伝わらず、
表現するには難易度が高い部類なのだと思いました。
gyoen_saku18g.jpg gyoen_saku18h.jpg
左/F6.3、1/320秒、ISO200、270mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-2、Vivid、コントラスト-2
右/F2.8、1/1000秒、ISO200、68mm相当、-0.5EV、AWB/A+4/G-2、コントラスト+1

入園する前に行列していたのを見て、人が多くて写真が撮れるのか心配しましたが、園内が広いので
問題なく撮れました。写真右は、撮ったあとの表現が難しかったですが、逆光で撮ってみました。
gyoen_saku18i.jpg gyoen_saku18j.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO200、52mm相当、-0.7EV、AWB/A+3/G-2、Vivid
右/F8.0、1/640秒、ISO200、24mm相当、-0.7EV、AWB/A+3/G-2

都会の背景を意識していたせいか、寄りの写真をあまり撮っていなかったので、終盤は寄って撮ったのが
中心となりました。集合時間から早くも3時間、帰りの集合時間が近くなり終了となりました。
gyoen_saku18k.jpg gyoen_saku18l.jpg
左/F3.5、1/800秒、ISO200、48mm相当、-0.3EV、AWB/A+3/G-2、Vivid
右/F5.6、1/160秒、ISO200、64mm相当、-0.3EV、AWB/A+3/G-2、Vivid、コントラスト-2

gyoen_saku18m.jpg
F5.6、1/60秒、ISO200、140mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-2、コントラスト-2

今まで、風景を撮ったときに太陽光の当たりかたによって、何となく眠い感じになるのを解決するために、
RAW現像でコントラストをプラスしていましたが、桜を寄って撮ったときに柔らかい感じを出したくて、
コントラストをマイナスする手法を使ってみました。
今回イベントを主催していただいた、写真家の先生からのヒントが参考になりました。

広大な新宿御苑なので、新宿門を出て帰る人たちでごった返し、駅までが遠く感じました。
久しぶりの撮影オフ会で楽しめました。今後もこのようなイベントには参加したいと思います。

        

名残惜しい今年の桜

Category : 気まぐれ日記
満開だったソメイヨシノは、数日前からの強風で見事に散ってしまいましたが、撮影した写真が
まだまだ残っているということで、前回エントリの走水水源地と同じ日の桜をいくつか撮影してきました。

3月25日撮影。まずは、中央公園です。
駅から近いし、天気が良かったのに、時期が早かったのか花見客はほとんどいませんでした。
cpark_saku18a.jpg cpark_saku18b.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、40mm相当、-0.7EV、AWB/A-2/G-3、i-Finish
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、94mm相当、-0.7EV、AWB/A+3/G-2

この公園は高台にあって、ここからも海が見渡せます。またしても海の向こうの猿島を臨んでみました。
そして、1枚目のオブジェがある辺りからの眺め。例年は桜まつりで賑わいますが、やや見劣りしますね。
cpark_saku18c.jpg cpark_saku18d.jpg
左/F6.3、1/1600秒、ISO200、98mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、Vivid
右/F6.3、1/640秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A+3/G-2、Vivid

同じく3月25日撮影。続いては三笠公園です。
いわゆる桜の名所ではありませんが、昼に用事を済ませてそこから近いというので行ってみました。
mkpark_saku18a.jpg mkpark_saku18b.jpg
左/F6.3、1/500秒、ISO200、160mm相当、-0.7EV、AWB/A+3/G-2
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、140mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2

公園の奥のほうには、米海軍横須賀基地が見えます。この日は、ここだけ2~3分咲きという感じでした。
本日(4月7日)は、スプリングフェスタで基地が開放され花見ができますが、さすがに2週間も経って
いたら葉桜でしょうね。それでもツアー客が大挙して訪れるのでしょうけど…。
mkpark_saku18c.jpg mkpark_saku18d.jpg
左/F6.3、1/500秒、ISO200、300mm相当、-0.5EV、AWB/A+3/G-2
右/F6.3、1/800秒、ISO200、270mm相当、-0.3EV、AWB/A+3/G-2

このあとも色々撮りましたが、それを出す前に撮り納め(?)となった本日の桜。
4月7日撮影。海上自衛隊・田戸台分庁舎は期間限定の一般公開でしたが、タイミングが遅すぎました。
昨年とほぼ同じ日なのに葉桜で、散った花びらも強風でどこかにすっ飛んでしまったようです。
ということで、苦肉の策といったところでしょうか。どこで撮ったのかも分かりません(笑)
tadodai_saku18a.jpg tadodai_saku18b.jpg
左/F2.8、1/1000秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A-2/G-2、Vivid、コントラスト+2
右/F2.8、1/640秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-2、Vivid、コントラスト+1

桜の写真はまだ続きますが、時期も時期なので撮り納めを先に出してしまいました。
今年は撮りに行けた日が完璧な満開ではなかったものの、天気に恵まれた日が多くて写真としての
満足度は高かったように思います。来年の桜はどこで撮れるのか、ちょっと楽しみです。

        

こちら、ほぼ満開の桜

Category : 気まぐれ日記
今年のソメイヨシノは開花が早いといっても、地元では東京のように早くなく、まだ先だと思っていたら、
ブルーインパルスの撮影に行った走水水源地では、わりと咲いていた記憶があります。
ちょうど東京で開花宣言が発表された日でした。
それから約1週間後。前回のエントリの翌日なのに、ほぼ満開だった施設開放日に撮ってきました。

3月25日撮影。まずは駐車場から。いつもは空いているのに、この日は早い時間から混み合っていました。
hsrmz_saku18a.jpg hsrmz_saku18b.jpg
左/F5.6、1/1000秒、ISO200、14mm相当、-0.7EV、AWB/A-4/G-1、i-Finish
右/F5.6、1/1000秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、Vivid

そして水源地の中へ。桜の向こうに大型タンカーが行きかう東京湾が見渡せるのがステキでした。
hsrmz_saku18c.jpg hsrmz_saku18d.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、64mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、Vivid
右/F6.3、1/800秒、ISO200、200mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish

近づくと蕾が目立ちますが、一週間後となると散り始めそうなので、この日で正解だと思いました。
hsrmz_saku18e.jpg hsrmz_saku18f.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-1、Vivid
右/F8.0、1/640秒、ISO200、240mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-1、Vivid

東京湾なので遠くに猿島も見えました(写真左)。
ふだん入れない敷地内では、花見客や散策する人で賑わっていました(写真右)。
hsrmz_saku18g.jpg hsrmz_saku18h.jpg
左/F8.0、1/800秒、ISO200、300mm相当、-0.3EV、AWB/A-2/G-2、i-Finish
右/F6.3、1/800秒、ISO200、240mm相当、-1.5EV、AWB/A+3/G-2、Vivid

敷地内を端まで行くと、国道に面した歩道に出られます。
車で走りながら見慣れた風景も、じっくり歩きながらだと新鮮な風景に見えてきました。
※下段右、すでに海水浴場は存在しませんので、ある意味貴重な風景かも知れません。
hsrmz_saku18i.jpg hsrmz_saku18j.jpg
左/F6.3、1/1600秒、ISO200、150mm相当、-0.7EV、AWB/A-2/G-2、Vivid
右/F8.0、1/1000秒、ISO200、60mm相当、-0.7EV、AWB/A+2/G-2、Vivid

hsrmz_saku18k.jpg hsrmz_saku18l.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、300mm相当、-1.0EV、AWB/A+3/G-2、Vivid
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、126mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-2、Vivid

ここまでで約1時間半。まだ午前中でしたが、駐車場待ちの行列ができていました。
出口が渋滞していたので、駐車場は空いていても入ってこられなかったようです。
桜は短期集中型なので、このあと、他のスポットでも桜を撮ってきましたが、それはまた別の機会に…。

        

開花が早かった桜、満開まであと一歩

Category : 気まぐれ日記
今年のソメイヨシノは開花が早くて、東京ではすでに満開宣言が出ていました
こちらは東京より南ですが期待しないほうがいいです。期待して行きましたが、まだ五分咲きでした。
いつも身近すぎて後回しになる、岩戸中学への桜のトンネルと、通研通りの桜が今年最初になりました。

3月24日撮影。まずは桜のトンネルから。といっても五分咲きなので、トンネルには見えませんが…。
iwato_saku18a.jpg iwato_saku18b.jpg
左/F5.6、1/320秒、ISO200、300mm相当、-0.7EV、AWB/A+2/G-2、Vivid
右/F6.3、1/250秒、ISO200、108mm相当、-0.5EV、AWB/A+3/G-2、Vivid

昨年は途中から雨が降り出して中断しましたが、今年は何とか晴れてくれました。
午後3時ごろという、あまり撮らない時間帯でしたが、なんとか太陽を有効活用しようと考えて撮りました。
※写真右は真ん中に鳥がいるのが分かりますでしょうか。
iwato_saku18c.jpg iwato_saku18d.jpg
左/F5.6、1/1600秒、ISO200、140mm相当、-0.5EV、AWB/A-2/G-2、Vivid
右/F6.3、1/800秒、ISO200、300mm相当、-0.7EV、AWB/A+2/G-2、Vivid

続いてこの場所から坂を上って通研通りへ。
今まで撮っていなかったエリアから撮りたくて、昨年は天候により断念したので、やっと念願が叶いました。
※望遠レンズの圧縮効果で坂道が強調されているのが伝わったでしょうか。坂の上から撮っています。
ecl_saku18a.jpg ecl_saku18b.jpg
左/F6.3、1/400秒、ISO200、300mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-2
右/F5.6、1/400秒、ISO200、112mm相当、-0.5EV、AWB/A+3/G-2

坂道を下りながら、今まで撮っていた辺りまで撮り歩きました。
夕方近い時間帯だと、けっこうクルマが通りますね。道路ばかりではなく、寄りでも撮ってみました。
ecl_saku18c.jpg ecl_saku18d.jpg
左/F5.6、1/1000秒、ISO200、180mm相当、-0.7EV、AWB/A+2/G-2、Vivid
右/F6.3、1/800秒、ISO200、60mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G-2、Vivid

坂を下り切って、一昨年も撮ったところまで辿り着くと、ただでさえ五分咲きなのに、さらに桜が少ない
感じがしました。平坦な道路の周辺は、桜の木そのものが細くてボリューム感がないように感じました。
ecl_saku18e.jpg ecl_saku18f.jpg
左/F6.3、1/250秒、ISO200、240mm相当、-0.5EV、AWB/A+3/G-2
右/F6.3、1/320秒、ISO200、134mm相当、-0.7EV、AWB/A+3/G-2

通勤用の駐車場が使えるので、満開の頃を狙うこともできますが、他にも続々と咲いているところがあって、
そこで写真を撮って出したら、同じ場所の写真を出せる日がなくなってしまう気がします。
ということで、今年はここからの写真は終わりにして、他にも色々出掛けたいと思います。

        

年度末といえば定番の

Category : 気まぐれ日記
年度末というにはまだ少し早いですが、来週になるとバタバタしそうだし、すでに桜も咲いて待ったナシ
の状態だったので、定番となったパワースポットには、23日に休みをとって行ってきました

行き先は、22日に仕事から帰って星空撮影に行った関係で、そのまま行けそうな場所にしました。
日帰りで関東近県という前提で、昨年は箱根にしましたが、今年はすぐ近く、熱海の「伊豆山神社」へ。
※星空撮影のほうは曇天で残念な結果でしたが、機会があれば出したいと思います。

星空撮影の後ということで、仮眠をとったとはいえ、かなり早く着いてしまいました。
少し眠かったですが、数少ない駐車場には余裕で停められ、清々しい気分が味わえました。
※熱海という土地柄で高台にあるので、東海道線と新幹線、さらには初島と遠く伊豆大島も見えました。
izusan18a.jpg izusan18b.jpg
左/F5.6、1/15秒、ISO400、50mm相当、-1.5EV、AWB/A-2/G+1
右/F2.8、1/200秒、ISO640、80mm相当、-1.0EV、AWB/A+3/G+1、Vivid

源頼朝と北条政子ゆかりのパワースポットは、強運守護や縁結びで人気だそうですが、まだ時間が早く
社務所も開いていなかったので、参拝者は誰もいませんでした。
izusan18c.jpg izusan18d.jpg
左/F5.6、1/60秒、ISO400、40mm相当、-1.0EV、AWB/A+2/G-1
右/F6.3、1/125秒、ISO200、72mm相当、-0.5EV、AWB/A+2/G-2

じつは、この時間に訪れたのには目的がありました。
本殿の奥から山道を登って、「白山神社」、「結明神本社」、「本宮社」まで1時間かけて歩きました。
ハイキングコースとはいえ、すれ違えないほど細くて、足を滑らせたら転落しそうな道もあって、修験道
だったことを身を持って体験できました。前日からほぼ徹夜だったことも、影響していたかも知れません。
途中で写真を撮る余裕はなく、最後の元宮「本宮社」だけは行ったことの証しとして撮りました。
izusan18e.jpg
F5.6、1/60秒、ISO200、62mm相当、-1.0EV、AWB/A+2/G-1

帰りは途中の「子恋の森公園」へ向かう手前から、ショートカットできるハイキングコースで30分ほどで
本殿の近くまで戻れました。この時間には社務所が開いていたので、おみくじ引いて、お守りを購入
して次の目的地へ向かいました。

伊豆山神社へ行ったら、ぜひセットで行きたいと思っていた「来宮(きのみや)神社」へ。
ネットでは駐車場が5台ぐらいと書いてありましたが、少し進んだ大型車用の駐車場に案内されました。
時間は9時半ごろで駅から近いこともあって、平日でも賑わっていて、若い女性が目立ちました。
※縁結びにご利益がありそうなのは伊豆山神社だと思いましたが、この神社もそうなのかな?
kinomiya18a.jpg kinomiya18b.jpg
左/F2.8、1/80秒、ISO200、80mm相当、+0.3EV、AWB/A+3/G-2、Vivid
右/F5.6、1/80秒、ISO200、38mm相当、-0.7EV、AWB/A+2/G-1

写真左のようなフォトジェニックがさりげなく用意されていたので、若い女性が目立つのも分かります。
この神社の御神木「大楠」へ向かう竹林の道も風情がありました(写真右)。
kinomiya18c.jpg kinomiya18d.jpg
左/F2.8、1/400秒、ISO200、24mm相当、0.0EV、AWB/A+2/G-1
右/F2.8、1/200秒、ISO200、56mm相当、-1.3EV、AWB/A+3/G+1、コントラスト+2

そして、そのご神木は樹齢2000年超で、幹の周囲23.9mは本州一の巨樹だそうです。
幹を一周すると寿命が一年延命するといった伝説があるそうです。もちろん2周ほどグルっとしました。
最後は、疲れて甘いものを欲していたので、茶店で「麦こがし+お汁粉アイス」をいただきました。
※小銭がなくて、おみくじ引くのを忘れてしまいました。
kinomiya18e.jpg kinomiya18f.jpg
左/F5.6、1/60秒、ISO200、46mm相当、-3.0EV、AWB/A+3/G+1
右/F2.8、1/1000秒、ISO200、34mm相当、-1.5EV、AWB/A+5/G-1、Vivid

このあと、湯河原の日帰り入浴施設で温泉を楽しんでから帰りました。
この界隈は旅館やホテルが日帰り入浴をやっていて、いわゆる健康ランドとは形態が違いますが、
適当に探して行った「日帰り温泉・いずみの湯」は、サウナもあってノンビリできました。

今年は桜の開花が早かったので、湯河原はほぼ満開でした。地元でも続々と咲いているようなので、
このエントリの賞味期限はほどほどで、桜を撮りに行こうと思います。

        

ドブ板通りを駆け抜け、走水を翔ける

Category : 気まぐれ日記
地元でクラシックカーのラリー「Classic Japan Rally 2018 R134」があって、そういえば過去に偶然
見たことがあっても、写真を撮ろうと出掛けたのは今回が初めてでした。
コース的には後半のほうが家から近いですが、その時間帯は別の予定があったので、午前中に
ドブ板通りのチェックポイントで撮影してきました。

チェックポイントで1台ずつ停まってくれるので、撮影には向いていました。
しかも、ドブ板通りの景色とか、初めて見る「ゆるキャラ」が写真に色を添えてくれました。
cjrally18a.jpg cjrally18c.jpg
左/F5.6、1/320秒、ISO200、76mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G-1、コントラスト+1、トーンカーブ補正
右/F5.6、1/1250秒、ISO200、44mm相当、-0.3EV、AWB/A-2/G-1、i-Finish、コントラスト+1

cjrally18d.jpg cjrally18e.jpg
左/F5.6、1/1000秒、ISO200、44mm相当、-0.5EV、AWB/A-3/G-1、Vivid、コントラスト+1
右/F5.6、1/800秒、ISO200、64mm相当、-0.5EV、AWB/A-2/G-1、Vivid、コントラスト+2

クラシックカーだけではなく、ドブ板通りの「らしさ」を出したかったので、場所を少し移動しました。
エントリーナンバー65が堺 正章氏のクルマと後で分かりましたが、撮り損ねてしまったようです。
cjrally18f.jpg cjrally18g.jpg
左/F5.6、1/400秒、ISO200、50mm相当、-0.3EV、AWB/A-2/G-1、コントラスト+1
右/F5.6、1/250秒、ISO200、42mm相当、-0.7EV、AWB/A-3/G-1、Vivid、コントラスト+2

わりと狭い道にギャラリーが多くて、たぶん走りづらかったと思います。
それでも手を振ってくれるドライバーさんとナビゲーターさん、楽しんでいましたね。もちろん撮るほうも。
告知では73台とありましたが、入口には「79台が通過」と書いてあって、最後のほうに写っている
スペシャルゲストのクルマが6台ぐらいたのかな。
cjrally18h.jpg cjrally18i.jpg
左/F5.6、1/500秒、ISO200、28mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G-1、Vivid、コントラスト+1
右/F5.6、1/500秒、ISO200、52mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、Vivid、コントラスト+1、彩度+2

cjrally18j.jpg cjrally18k.jpg
左/F5.6、1/1600秒、ISO200、30mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-1、コントラスト+1
右/F5.6、1/250秒、ISO200、48mm相当、-0.5EV、AWB/A-3/G-1、Vivid、彩度+2

このあと、本町山中道路~横浜横須賀道路~三浦縦貫道を通って、長井海の手公園ソレイユの丘へ
向かい、さらにR134沿いに鎌倉まで行って、少し戻って逗子マリーナがゴールだったようです。
土曜日だから渋滞は必至だったでしょうね。
---

午後は翌日の防衛大学卒業式のイベント、ブルーインパルス飛行展示の練習飛行を撮ってきました。
地元にブルーインパルスが飛来したのは何年ぶりでしょうか。
まだコンデジしか持っていなかった頃と同じく、横須賀美術館の屋上で狙いましたが、山に隠れてしまって
シャッターチャンスが少なく、ピントが合わない写真を量産したものの、なんとか撮れました。
※トリミングしています。
blueimpulse18a.jpg
F5.6、1/2500秒、ISO200、456mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、Vivid、コントラスト+2、彩度+2

そして本日、イベント当日は走水水源地に移動しました。どこから飛来するのか分からず、
いきなり山の向こうから飛来したので、自分には難易度が高くて、編隊の6機すべてをフレーム内に入れる
ことができませんでした。35mm換算600mmでトリミングなしなので、腕が伴えば撮影場所は正解でした。
blueimpulse18b.jpg blueimpulse18c.jpg
左/F5.6、1/2000秒、ISO200、600mm相当、0.0EV、AWB/A-4/G-1、i-Finish、コントラスト+2
右/F5.6、1/1600秒、ISO200、600mm相当、-0.3EV、AWB/A-4/G-2、i-Finish

かなり遠くでスモークも出ていませんでしたが、旋回するところが見える位置だったので楽しめました。
写真右は飛来する前の様子です。少し離れた橋の上に、こんなに人が多いのは初めて見ました(笑)
※写真左はトリミングしています。
blueimpulse18d.jpg blueimpulse18e.jpg
左/F5.6、1/2500秒、ISO200、600mm相当、-0.3EV、AWB/A-4/G-1、i-Finish、コントラスト+2
右/F5.6、1/2000秒、ISO200、300mm相当、-0.5EV、AWB/A-3/G-1、Vivid、コントラスト+2

練習飛行では2回通過だけでしたが、今回は下手っぴな自分のために(笑)、4回も通過してくれました。
数年ぶりということで、みなさん楽しみだったようですね。間隔が空いたのは、住民の騒音クレームも影響
していたようですが、今回の機体は配慮したのか、音が小さかったです。
撮り終わって駐車場を出るときは、渋滞して20分もかかりました。水汲みデーじゃなくて良かったかな。

        

葉山で梅を撮る

Category : 気まぐれ日記
三浦海岸の河津桜を先週撮ったので、次はほぼ同じ時期の「田浦・梅の里」。というのが毎年の
パターンでしたが、今年はCP+の翌日に行くスタミナが無かったのと、ブログ仲間のイナさんが撮って
いた湘南国際村の梅が気になり、体力的にも時間的にも楽ができるかな?と行ってみたら…。

思っていた場所では梅の木を見つけられず、仕方なく葉山しおさい公園まで行ってみました
園内には20本程度の梅の木があったので、時間をかけずパパっと撮ってきました。
※写真左、背景の青空に意識が行ってしまい、主役にピントが合っていませんでした(笑)
hayama_ume18a.jpg hayama_ume18b.jpg
左/F8.0、1/640秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、Vivid
右/F6.3、1/800秒、ISO200、34mm相当、-1.0EV、AWB/A-3/G-2、Vivid

梅は桜に比べて地味なので、撮りかたが難しいような気がします。田浦・梅の里でハードな登山をした
のに収穫が少なかったと感じるのは、そのせいかも知れません。ここはスケールが小さく感動は薄い
ですが、そのぶん静かなのでノンビリ撮ることができました。
※一本の木に白とピンクが咲く「源平咲き」というらしいですが、思わずカメラを向けてしまいます。
hayama_ume18c.jpg hayama_ume18d.jpg
左/F8.0、1/640秒、ISO200、80mm相当、-0.7EV、AWB/A+2/G-2、Vivid
右/F8.0、1/640秒、ISO200、24mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、Vivid、コントラスト+1

パパっとだったので、梅はこれで終わりですが、ちょっと寂しいので梅ではない風景も撮りました。
ここは3年前にも行ってました。小さい庭園なので撮ったものが同じですが、構図選びは進化しなかな?
hayama_ume18e.jpg hayama_ume18f.jpg
左/F6.3、1/320秒、ISO200、14mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、コントラスト+1
右/F6.3、1/250秒、ISO200、14mm相当、-1.0EV、AWB/A+2/G+1

最後は人工の滝ですが、もともと梅を撮るのが目的で、三脚もNDフィルターも持っていなかったので、
絞ってスジを出したり、近づいて躍動感を出したりと、いちおう工夫はしてみました。
※写真右、飛沫から虹が出ているのが見えますでしょうか。
hayama_ume18g.jpg hayama_ume18h.jpg
左/F16、1/15秒、ISO100、72mm相当、0.0EV、AWB/A+4/G-1
右/F2.8、1/2500秒、ISO200、80mm相当、-1.0EV、AWB/A+3/G-1、彩度+2

湘南国際村で空振り散歩してから行ったので、1時間も撮っていないのに昼近くになってしまい、次の予定
があったので茶店や博物館はスルーしてしまいました。長閑な場所ですが、一眼のカメラを持った人は
ぼちぼち見掛けました。最近は実現できていないですが、雰囲気に合わせてノンビリ撮ってみたいです。

        

CP+2018@横浜

Category : 気まぐれ日記
「カメラと写真映像のワールドプレミアショー シーピープラス」
(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2018)を見るため、今年もパシフィコ横浜に行ってきました。
今年も混雑を避けようと仕事を休んで金曜日に行きましたが、平日でもかなり混んでいました。
2012年2013年2014年2015年2016年2017年

会場までの手段、みなとみらい駅に着いたときの行動、会場に着いてから入場までの様子が
すべて昨年と同じでした。最初の写真も何年か前と同じ構図ですが、青空が印象的だったので…。
※写真右は数日前のアップデートで追加されたアートフィルター「ブリーチバイパス」を早速使いました。
18cpp01.jpg 18cpp02.jpg
左/F6.3、1/2000秒、ISO200、40mm相当、-0.7EV、AWB/A-3/G-1、Vivid
右/F5.6、1/60秒、ISO640、24mm相当、-1.7EV、AWB/A+3/G-1、ブリーチバイパス2

今年のオリンパスブースは、会場の端になってしまったものの昨年より広くなったと思いました。
ただ、興味を引く新製品もなかったので、午前中は中を適当に見て、他のブース巡りに切り替えました。
18cpp03.jpg 18cpp04.jpg
左/F4.5、1/320秒、ISO800、24mm相当、-1.3EV、AWB/A+2/G-1
右/F4.5、1/1000秒、ISO800、54mm相当、-1.3EV、AWB/A+3/G-1

今年も興味のあるブースだけを絞って見たら、撮影したのは写真左のドローンの編隊だけでした。
それでも午前中でまわり切るプランが少し遅れ、慌てて食事をすることになり、予定していたトークイベント
「[PEN・OM-Dで撮る] ~やさしい花火の撮り方~」に少し遅れてしまいました。
18cpp05.jpg 18cpp06.jpg
左/F5.0、1/80秒、ISO800、68mm相当、-2.3EV、AWB/A-3/G-2
右/F2.8、1/320秒、ISO200、52mm相当、-1.0EV、AWB/A+4/G-2、Vivid

花火撮影でのライブコンポジットについて力説していましたが、BULB撮影しかしたことがなく、メリットは
伝わったものの、操作に手間取るので、長い時間で撮れる有名な大会で試してみたいと思いました。

このあと、会場を抜け出して歩いて10分ほどの横浜美術館へ。
地元・横須賀の昔々を写した写真展を見てきました。小学生時代でしたが、風景から伝わる古さが懐かしさ
とは違う、こんな時代に生きていたのかと、もう戻らない過去に傷心的になりました。
ymuseum18a.jpg ymuseum18b.jpg
左/F2.8、1/40秒、ISO200、24mm相当、-1.0EV、AWB/A+3/G+1
右/F2.8、1/20秒、ISO200、24mm相当、-1.0EV、AWB/A+3/G+1、コントラスト+2

1時間ほどでパシフィコ横浜に戻り、珍しくオリンパス以外のトークイベントを聞くため、Adobeブースへ。
通常のRAW現像はOLYMPUS Viewer3を使用していますが、特に星景写真ではLightroomを使うので、
まさにドンピシャなテーマ。各コマ20分間と短かったですが、季節や場所に応じたホワイトバランスにする
というアドバイスが刺さりました(正しくはホワイトバランスではなく、グレーバランスだそうです)。
18cpp07.jpg 18cpp08.jpg
左/F2.8、1/640秒、ISO640、36mm相当、-1.0EV、AWB/A+2/G-1
右/F2.8、1/400秒、ISO200、28mm相当、-0.3EV、AWB/A-2/G+1

終盤はオリンパスブースでトークイベントを2つ。
風景写真家と野鳥写真家が、冬の日光で撮った写真でトークバトルというテーマ。雪景色を絡めて撮る
機会はほぼないですが、トークが面白かったし、共感できるところや、参考になる話も聞けました。
18cpp09.jpg
F2.8、1/200秒、ISO400、24mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G+1

そして、むらいさち氏の「ファンタジック星空写真の世界」。星空ということで聞きましたが、ここは女性
ファンというか「追っかけ」が多かったです。カメラ女子が増えるのは嬉しいですが、「星空を撮りたい」
と思った女性が果たして何人いたのでしょうか。トーク内容はもちろん面白かったです。
18cpp10.jpg 18cpp11.jpg
左/F6.3、1/20秒、ISO400、30mm相当、-1.5EV、AWB/A-2/G-1
右/F8.0、1/80秒、ISO400、30mm相当、-1.0EV、AWB/A+2/G-2

最後に会場を出て少し撮りました。コスモクロックは相変わらず人気のようで、三脚まで立てている人が
いたので、撮っている人を撮ってみました。さらに、この日は満月だったので月が出ているほうに向かうと、
良さげなシーンに巡り会えました。ただ、露出が厳しかったのでLightroomでRAW現像しました。
18cpp12.jpg 18cpp13.jpg
左/F2.8、1/20秒、ISO800、44mm相当、-1.0EV、AWB/A-3/G-2
右/F5.6、1/13秒、ISO1600、120mm相当、-2.3EV、4350K/色被り補正+10、各種フィルタ使用

今回、オリンパスブースでアンケートに答えてポンチョを貰ったほかは、積極的には貰いませんでした。
あとは、空き時間でフォトアクセサリーのアウトレットに行って、あまり使う機会がないレンズフィルターを
2種類ほど購入しました(クローズアップ、ND400の両方で800円)。

そして、恒例の特別篇も今回は人数が少ないですが、興味があれば見て行ってくださいね

→続きを読む

        

三浦海岸桜まつり2018

Category : 気まぐれ日記
三浦海岸の河津桜、今年は駅前周辺と小松ヶ池周辺の両方を一度に行く時間がなかったのと、
なかなか満開にならなかったこともあって、先週は駅前周辺、本日が小松ヶ池周辺と2週にわたって、
混雑を避けるためにどちらも午前中の早い時間に撮ってきました

今年は咲き始めが早かったのに、その後に寒い日が続いて見頃が遅くなり、桜まつり開催から
20日後で一つの木に葉桜と蕾が同居している、不思議な感じの「ほぼ満開」となりました。
まずは先週、まだ五分咲きだった駅前から。
※今年は京急の駅名看板が昨年よりカラフルになりました。
miura_sakura18a.jpg miura_sakura18b.jpg
左/F5.6、1/320秒、ISO200、40mm相当、-1.0EV、AWB/A-4/G-1、Vivid
右/F5.6、1/320秒、ISO200、64mm相当、-1.0EV、AWB/A-3/G-2、Vivid

まだ時間が早かったせいか、テント屋台は賑わう前でしたが、駅前ということでスマホで写真を撮る人で
賑わっていました。今年は昨年のようなメジロが見当たらず、鳴き声がうるさいヒヨドリだけでした。
miura_sakura18c.jpg miura_sakura18d.jpg
左/F5.6、1/1000秒、ISO200、98mm相当、-0.5EV、AWB/A-3/G-1、Vivid
右/F5.6、1/800秒、ISO200、116mm相当、-0.5EV、AWB/A-2/G-1、Vivid

電車と絡めて撮るのは構図が悩みどころ。桜がメインで電車はほどほどに。昨年よりは進歩したかな?
最後は桜まつりの臨時駐車場の奥に広がっていた菜の花で締めくくりました。
miura_sakura18e.jpg miura_sakura18f.jpg
左/F5.6、1/1000秒、ISO200、36mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、Vivid
右/F5.6、1/2000秒、ISO200、24mm相当、-0.7EV、AWB/A-2/G-1、Vivid、コントラスト+1

---

そして小松ヶ池周辺は混雑するので早めに到着しましたが、駐車場が開いてから15分で半分ほど
埋まっていました。人出が多いなら、それを利用して構図に彩りを添える手法にしてみました。
miura_sakura18g.jpg miura_sakura18h.jpg
左/F6.3、1/500秒、ISO200、240mm相当、-1.0EV、AWB/A+1/G-2、Vivid
右/F5.6、1/800秒、ISO200、120mm相当、-0.7EV、AWB/A+1/G-2、Vivid

菜の花と河津桜のコラボで、良さげな構図を求めながら歩くのは楽しいですが、撮るときは邪魔にならない
ようにしたいですね。せっかくの青空だから、それも表現しないと。駅の看板でも使われているように。
miura_sakura18i.jpg miura_sakura18j.jpg
左/F5.6、1/1250秒、ISO200、108mm相当、-0.5EV、AWB/A-2/G-2、Vivid
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、50mm相当、-0.5EV、AWB/A-3/G-2、Vivid、コントラスト+1

混雑していた歩道から小松ヶ池公園に入ると、見頃の低い木がノンビリと撮れました。
miura_sakura18k.jpg miura_sakura18l.jpg
左/F6.3、1/640秒、ISO200、60mm相当、-0.5EV、AWB/A-3/G-2、Vivid
右/F2.8、1/3200秒、ISO200、80mm相当、-0.5EV、AWB/A-3/G-2、Vivid、コントラスト+2

そして定番となった陸橋ですが、今年は撮影禁止とは書いてなかったですが、写真を撮らず椅子を置いて
陣取っていた年配者がいました。ちょうど「河津桜ラッピング号」が来る時間だったのがラッキーでした。
miura_sakura18m.jpg miura_sakura18n.jpg
左/F5.6、1/1250秒、ISO200、180mm相当、-0.7EV、AWB/A+1/G-2、Vivid
右/F5.6、1/800秒、ISO200、44mm相当、-0.7EV、AWB/A+1/G-1、Vivid

そして最後は小松ヶ池へ。あまり見かけない構図を探るのは楽しいですが、現場でイマイチと思っても、
帰ってから選定していて発見する場合もあります。今年は屋台が多く賑わっていたように思います。
昨年見かけたカワセミを期待して望遠レンズを持っていきましたが、今年は見かけなくなりました。
どうやらエサ場がなくなったようです。
miura_sakura18o.jpg miura_sakura18p.jpg
左/F5.6、1/1000秒、ISO200、180mm相当、-0.7EV、AWB/A-1/G-3、Vivid
右/F6.3、1/500秒、ISO200、76mm相当、-0.7EV、AWB/A-2/G-2、Vivid

今年もブログに載せた数やボツの数が多くなりましたが、それだけ収穫があったのだと思います。
最近は寒い日が続いていましたが、本日は暖かくて春を感じられて、撮影日和でもありました。
ソメイヨシノの時期は撮影スポットが色々ありますが、縁起物なのでなるべく多く撮りたいです。

        

晴れを信じて千葉に渡った日

Category : 気まぐれ日記
今月の新月期は平日に休みがとれなくて、候補としては昨日の土曜日だけでした。
GPVで調べたら何とも魅力的な予報だったので、用事の合間で房総半島に突撃してきました

初めて行く場所は日没前に着きたかったですが、フェリーの時間の関係などで19時ごろに着きました。
その場所は、外房の鴨川に近い「魚見塚展望台」。たしかに夜景はキレイですが、星空・星景の
撮影には、強烈なライトアップと冷たい強風で最悪なコンディションでした。

まずはライトアップ終了の21時より前に、ライトの影から影響を受けないように撮った夜景と、
その構図でライブコンポジットを撮ってみました。
※手前の木が風で激しくブレていて、風の強さが分かっていただけるでしょうか。
uomizuka18a.jpg uomizuka18b.jpg
左/F3.5、1.3秒、ISO800、24mm相当、マニュアル露出、5650K/色被り補正+50、ハイライト等を補正
右/写真左と同様の撮影データで1153コマ(25分間)比較明合成、写真左とは現像パラメータを少し変更

そして21時すぎ、ライトアップが終了して星々が見えるようになると、意外と雲が出ていたことが判明。
まだ雲が掛かっていなかった北斗七星のまわりを急いで撮りました。
写真左は足元のタイルが光っていたのと一緒に。タイルはライトアップ終了から1時間だけ光るそうです。
写真右は露出が極端に違う夜景と一緒に撮りたくて、「ライブ覆い焼き」で撮影して、補正をかけました。
uomizuka18c.jpg uomizuka18d.jpg
左/F2.0、13秒、ISO1250、24mm相当、マニュアル露出、5050K/色被り補正+55、トーンカーブ補正など
右/F2.0、10秒、ISO1600、24mm相当、マニュアル露出、4600K/色被り補正+60、他いろいろ補正
※夜景部分の露出は2秒ぐらいです。あとから段階フィルターで補正をかけています。

さらに女神像を絡めてみました。辿り着くときにライトアップして見えたのが何の像だか分からなくて、
正面からの写真を現像していて初めて「女神像」だと分かりました。「魚見塚」の意味を考えれば、海のほう
に向かっているのは当然ですが、あまりその方向から観なかったので、ずっと分かりませんでした。
※つまり、写真左は背中だったんですね。うっすら冬の天の川が確認できるでしょうか。
uomizuka18e.jpg uomizuka18f.jpg
左/F2.0、13秒、ISO2000、24mm相当、マニュアル露出、5350K/色被り補正+55、トーンカーブ補正ほか
右/F2.0、13秒、ISO2500、24mm相当、マニュアル露出、5350K/色被り補正+50、トーンカーブ補正ほか

撮れる方角と撮りたいモノがだいたい撮れたのと、雲が出てきたので23時半過ぎに撤収することにしました。
ライトアップ終了までの待ち時間がなければ、他にも行きたいところがあったので、ロケハンだけでも
と大山千枚田まで行ってみました。2013年に昼間のロケハンをしましたが、夜に行ったのは初めてでした。
ココもライトアップが強烈で星景には不向きですが、撮らずに帰るのが勿体なくて、少しだけ撮りました。
※時間的に見えなくなる直前のオリオン座が撮れて良かったです。
senmaida18a.jpg senmaida18b.jpg
左/F2.0、13秒、ISO1600、24mm相当、マニュアル露出、4450K/色被り補正+50、トーンカーブ補正ほか
右/F1.8、10秒、ISO2000、16mm相当、マニュアル露出、4550K/色被り補正+55、トーンカーブ補正ほか

続いて2013年のロケハンでも行った「をくずれ水仙郷」にも行ってみました。
水仙が咲いている時期なので少し期待しましたが、照明はないものの星景になりうる地上物がイマイチで
何も撮りませんでした。ただ、照明がないだけあって、天体観測・撮影に来ていた車が多数いました。

最初の魚見塚展望台で、オリンパスカメラ2台持ちで星空撮影に来られた人に遭遇しました。
寒くて心が折れそうなところ、初対面でしたが色々な話ができて6時間ほどを耐えることができました。
最後の「をくずれ水仙郷」を出たのは午前1時を過ぎていましたが、陸づたいに1時間半で帰宅できました。

        
プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活に疲れ気味な独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR