東京ベイクルーズ(後編)

Category : 気まぐれ日記
(前編からつづく)

クルーズは羽田空港を離れ、東京ゲートブリッジが見えたと思ったら、東京ディズニーシーが見え、
あれれ?という間に浦安の少し先にある、エアレースの機体が飛び立つ「ハンガー」と呼ばれる、
F1でいうピットのようなところの近くへ…。はるか遠くにエアレース会場のパイロンが見えました。
エアレースの観戦はできませんが、ここで少しだけ感じを味わってから、クルーズ再開となりました。
Cruise17062a.jpg Cruise17062b.jpg
左/F6.3、1/640秒、ISO200、600mm相当、-0.3EV、AWB/A-4/G-2、i-Finish、コントラスト+1
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、600mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、i-Finish、コントラスト+2

前編と同じく、飛行機の撮影に少し時間をかけていただけたので、東京ゲートブリッジの周囲でも、羽田に
向かう飛行機を撮っていました。続いて、さらに奥へと進んでいったところ、クルーザーの水しぶきに
虹が見えていたので、思わずパシャリと。そして、ビルの間から東京タワーが下のほうまで見えるという
奇跡的な構図があったので、こちらもチャンスを逃さず撮っておきました。
※水しぶきの虹は中央あたりですが、分かりにくかったのでLightroomで調整してみましたが…。なかなか難しいです。
Cruise17062c.jpg Cruise17062d.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、28mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish
右/F6.3、1/1250秒、ISO200、200mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、Vivid、コントラスト+2

Cruise17062e.jpg Cruise17062f.jpg
左/F4.0、1/2000秒、ISO200、28mm相当、0.0EV、4600K、色かぶり補正+43、ほか各種フィルター使用
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、300mm相当、-0.5EV、AWB/A-4/G-2、Vivid、コントラスト+2

そして話題の豊洲市場を脇に見て、隅田川を上って築地市場へ。地図上では大したことない距離ですが、
色々な意味で両者に距離感があります。川から見ると、たしかに築地市場の老朽化は否めないです。
築地で昼食を調達していただいている間、写真はないですが浜離宮恩賜庭園の中にも入りました。
そのあとで見かけた観光船が目を惹きました。松本零士氏のデザインだそうですが暑そうですね。
※15時半を過ぎて遅い昼食になりましたが、海鮮丼は新鮮なネタでとっても美味しかったです。
Cruise17062g.jpg Cruise17062h.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、58mm相当、0.0EV、AWB/A-4/G-2、Vivid、コントラスト+2
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、50mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、Vivid

Cruise17062i.jpg
F6.3、1/1000秒、ISO200、240mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、Vivid、コントラスト+1

さらに隅田川を上って、アサヒビールのビール色のビル(ややこしい…)に写り込んだ、東京スカイツリーで
ダブル・スカイツリー。雲が増えてきたのでドラマチックトーンで仕上げてみました。
その雲はすぐに晴れたので、さらに上流のほうで「ちゃんとした」スカイツリーも撮りましたよ。
※ダブル・スカイツリーはもう少し広角で撮りたかったです。
Cruise17062j.jpg Cruise17062k.jpg
左/F6.3、1/500秒、ISO200、28mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-1、Vivid、ドラマチックトーン2
右/F6.3、1/800秒、ISO200、44mm相当、+0.3EV、AWB/A-4/G-2、Vivid

続いて隅田川をUターンして下流に向かい、JR総武線と東京スカイツリー、さらに水上バスまで入れた
豪華な構図でパシャリと。電車が通過するのを待つ間、ふと横を見ると神田川に佇む屋形船に、川の
キラキラ感が幻想的だったので、思わずシャッターを押してしまいました。
Cruise17062m.jpg Cruise17062l.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、78mm相当、-0.7EV、AWB/A-3/G-2、Vivid
右/F11、1/500秒、ISO200、62mm相当、-1.0EV、AWB/A-3/G-1、Flat、ファンタジックフォーカス
※写真右はスターライト効果を追加し、さらにシャープネス-2、彩度+2、トーンカーブ補正しました。

いよいよクルーズは終盤へ。レインボーブリッジをくぐって、お台場を経由したあと、
前編のときも撮った大井ふ頭のガントリークレーンを脇に見て、運河に入って天王洲へと戻りました。
同じ被写体でも時間帯で大きく変わりますね。下段の右は天王洲の直前にある水門で、クジラの
絵が描いてあります。ここに文字が隠れているそうですが、自分には分かりませんでした…。
※文字は左半分に「しな」、右半分に「がわ」が隠れているそうです。言われればそんなようにも見える…。
Cruise17062n.jpg Cruise17062o.jpg
左/F6.3、1/640秒、ISO200、40mm相当、0.0EV、AWB/A-4/G-2、Vivid
右/F6.3、1/1600秒、ISO200、44mm相当、-0.7EV、AWB/A-4/G-2、i-Finish

この水門を入ってすぐのところが、今回お世話になった「天王洲ヤマツピア」さんです。
Cruise17062p.jpg Cruise17062q.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO200、108mm相当、0.0EV、AWB/A+3/G-2、Vivid
右/F6.3、1/320秒、ISO200、98mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、ハイライト-7

【おまけ】
船を降りたのが17時30分。ちょうど7時間の長いクルーズでした。
その後、天王洲アイル駅からモノレールで羽田空港へ。
第一ターミナルの展望デッキから、まだ使い慣れない望遠レンズで、着陸機を撮って自主練習しました。
日没を迎え、シャッタースピードが稼げずブレブレ写真が増えてきたので、30分ほどで切り上げました。
※写真右は雲間から差し込む光が印象的だったので、Lightroomで現像してみました。
hnd_ap1706a.jpg hnd_ap1706b.jpg
左/F6.3、1/160秒、ISO200、456mm相当、0.0EV、AWB/A+3/G-1、コントラスト+1
右/F5.6、1/200秒、ISO200、600mm相当、-1.5EV、7500K、色かぶり補正+40、ほか数種類を補正

この日の土曜日はエアレースの予選で、観戦できなかったのは残念でしたが、それを忘れさせてくれる
クルーズが楽しめました。そんな気分を象徴するかのように、日曜日の決勝では日本人パイロットの
室屋選手が優勝を果たしました。その模様は録画したビデオで楽しむことにしましょうか。

クルーズに参加された皆様、お疲れ様でした。
そして、クルーズを企画されたスタッフの皆様、急な予定変更による対応をありがとうございました。

        

東京ベイクルーズ(前編)

Category : 気まぐれ日記
先週の土曜日は、幕張で開催されるエアレースを船上から撮影するクルーズの予定でしたが…。
大人の事情によりクルーズが中止になってしまい、同じ時間に出航する東京ベイクルーズに変更
となりましたので、そちらに参加してきました。

エアレースの日本開催は今年で3年目となり、一昨年は夢の島マリーナから出航したクルーズに
参加しましたが、今年は天王洲からの出航でした。ここからは3年以上前にクルーズに参加した
のが初めてですが、カメラのコミュニティ関連で何度かお世話になっています。

まずは、のんびりと運河をクルージング。そしてモノレールを撮って、大井ふ頭に出るコースです。
※大井ふ頭に出るまでのコースを記憶を頼りに載せてみました。
Cruise17061a.jpg Cruise17061b.jpg
左/F8.0、1/2000秒、ISO200、24mm相当、-2.3EV、AWB/A-2/G-1、デイドリーム+ピンホール効果
右/F8.0、1/320秒、ISO200、24mm相当、-0.7EV、AWB/A-4/G-2、ポップアート+ソフトフォーカス効果

天王洲アイル駅を出たばかりのモノレール。タイミングを少しずらせば、駅名まで入ったのに…。
右側の画像が大井ふ頭までのルートです(たぶん)。頭上スレスレの橋を通ったり、海洋大学カッター船の
練習風景に出会えるなど、スタート早々から盛り上がりを予感させてくれました。
Cruise17061c.jpg Cruise1706map1.png
左/F6.3、1/640秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-1、トーンカーブ補正

大井ふ頭のコンテナターミナルでは、ズラっと並んだガントリークレーン(通称:赤白キリン)が圧巻でした。
コンテナ船への積み込み風景も撮りましたが、側面から広角で撮れなかったことが悔やまれます。
Cruise17061d.jpg Cruise17061e.jpg
左/F8.0、1/1000秒、ISO200、30mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish
右/F6.3、1/1250秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A-4/G-2、i-Finish

続いて、城南島海浜公園の近くから、羽田空港のB滑走路に着陸する飛行機を撮りました。
100-300mmレンズの出番ですが、使い慣れない上に揺れる船からでは、難易度が高かったです。
※下段右のルフトハンザB747、B滑走路への着陸はレアだそうです。ラッキーな場面に出会うことができました。
Cruise17061f.jpg Cruise17061g.jpg
左/F6.3、1/1250秒、ISO200、600mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish、トーンカーブ補正
右/F6.3、1/1600秒、ISO200、560mm相当、+0.3EV、AWB/A-4/G-2、i-Finish、コントラスト+1

Cruise17061h.jpg Cruise17061i.jpg
左/F6.3、1/1600秒、ISO200、254mm相当、-0.5EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish
右/F6.3、1/1600秒、ISO200、240mm相当、0.0EV、AWB/A-4/G-2、i-Finish

続いて、C滑走路の沖合から離陸する飛行機を撮りました。
新たに仲間入りした望遠レンズに慣れるのに必死で、流し撮りをする余裕どころか、まともに撮れたのが
少なく、下段右の写真だけはD滑走路に移動して撮った着陸機です。この場所は空港の展望デッキから
では遠すぎるので、撮れた枚数は少ないながらも貴重なアングルでの撮影が楽しめました。
Cruise17061j.jpg Cruise17061k.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、600mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish、コントラスト+1
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、600mm相当、-0.3EV、AWB/A-4/G-2、i-Finish、コントラスト+1

Cruise17061l.jpg Cruise17061m.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、600mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-1、i-Finish、コントラスト+1
右/F6.3、1/2000秒、ISO200、342mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-2、i-Finish、コントラスト+1

この時点で、すでに昼を過ぎていましたが、夢中で撮影していて時間を忘れていました。
東京ベイクルーズの続きをということで、羽田空港の沖合での撮影はここで切り上げました。
残りの写真がどのぐらいか確認していませんが、ブログのほうも前編はここまでにしようと思います。

(後編につづく)
        

リベンジ果たせず@山梨

Category : 気まぐれ日記
すでに一週間経ってしまいましたが、5月の新月期でクルマが変わってから初めての星景撮影として、
遠征しようと思い立って、当日の雲予報を見て行き先を決めようと、出発直前まで悩んでいました。

午前中に地元から見えた富士山に結構雪が残っていたし、長野の野辺山は雨雲がかかる予報だった
ので、昨年初めて行った「全国育樹祭記念広場」に目的地を決めて、昨年とは逆に東名高速を経由
するルートを選択しました
※出発した時間が早かったので渋滞でもいいと思いましたが、ハマり過ぎて思ったより時間がかかりました。

駐車場に着いたのが20時ごろ。初めての場所ではないので、暗闇でも撮影ポイントまで辿り着いて、
30分後にはポイントが決まり、まずは定番の12mmF2.0レンズで撮影(写真左)。
この時間帯は富士山の真上に木星が輝き、おとめ座、てんびん座と、さそり座が少し見え始めました。
昨年はもう少し富士山が大きければ…と思ったので、25mmF1.8レンズでも撮影(写真右)。
※12mmのレンズで使っていたソフトフィルターがそのまま使えてラッキーでした。25mmでも星空撮影で活躍しますね。
nt_fmpark17a.jpg nt_fmpark17b.jpg
左/F2.0、20秒、ISO3200、24mm相当、マニュアル露出、4400K、トーンカーブなど色々補正
右/F1.8、13秒、ISO3200、50mm相当、マニュアル露出、4400K、トーンカーブなど色々補正

もちろんFisheyeレンズでも撮影しました。富士山や地面はLightroomの段階フィルターで少し明るく
しています。富士山の方角は南ですが、北斗七星まで写ってしまう画角の広さはスゴいです。
このあとに訪れる悲劇など、知る由もなく3種類のレンズで夢中になって撮っていました。
nt_fmpark17c.jpg nt_fmpark17d.jpg
左/F1.8、15秒、ISO3200、16mm相当、マニュアル露出、4400K、トーンカーブなど色々補正
右/F1.8、20秒、ISO3200、16mm相当、マニュアル露出、4400K、トーンカーブなど色々補正

さそり座が富士山に近づいて、いよいよ天の川が見え始めるかという21時半ごろ。
急に雲がかかり始め、明るい星と富士山が辛うじて見えるレベルになってしまいました。
nt_fmpark17e.jpg
F2.0、15秒、ISO3200、24mm相当、マニュアル露出、4200K、トーンカーブなど色々補正

なかなか雲が取れなくて時間を持て余していたのと、カメラバッグに触れて結露を確認したので、
購入してから約2年、初めてレンズヒーターをセッティングして使用感を確かめたり…。
今回は富士山に背を向けても、ポラリス(北極星)が確認できないぐらい雲が広がり、ぐるぐる撮影も
できない状態でした

上の写真から1時間半以上経って、少しだけ星が見えたチャンスを狙って撮ってみました。
土星のなかに天の川の濃い部分が辛うじて見えましたが、雲の量が多くて富士山もチラっとしか
見えませんでした。最初は順調だったのに、天の川の撮影リベンジは果たせませんでした。
nt_fmpark17f.jpg nt_fmpark17g.jpg
左/F2.0、20秒、ISO3200、24mm相当、マニュアル露出、4200K、トーンカーブなど色々補正
右/F2.0、20秒、ISO3200、24mm相当、マニュアル露出、4200K、トーンカーブなど色々補正

その後、24時を過ぎても空が晴れる気配が全くなく、ついに富士山が完全に隠れてしまったので、
「こういう芝生の広場で撮っていましたよ」という写真で締めくくり、撤収することにしました。
※Fisheyeレンズを上に向けず、空の割合を少なく芝生がメインになるように撮りました。正面は富士山のはずですが…。
nt_fmpark17h.jpg
F1.8、25秒、ISO5000、16mm相当、マニュアル露出、4200K、トーンカーブなど色々補正

今回は初めてのときのように移動せず、というか移動できずに1ヶ所で撮りつづけました。
4時間以上も立ちっぱなしで、クルマに戻ってすぐに出発すると、疲れが出て運転に影響が出ると思い、
車内で休憩していると寒くて震えてきました。昼間は25度以上あったのに、この標高では冷えますね。

昨年とは逆に、帰りは中央自動車道を利用しましたが、所々で雨が降っていました。このスポットは、
富士山の北側で、富士山と天の川を絡めて撮れると思いましたが、そろそろ雪が溶けてしまうので、
今年はもうココには行かないと思います。

今週にも梅雨入りすると言われていますが、今回の遠征では消化不良だったのと、ある目標に向けて
今年はあと何回かは星景撮影で遠征したいと思います。

        

春のローズフェスタ2017

Category : 気まぐれ日記
毎年、久里浜のポピーと咲く時期が重なるので、ブログでもエントリが続きますが、今年も
ヴェルニー公園で撮ってきました。狙ったわけではなく、今年はローズフェスタが開催されていました。
ローズフェスタ開催日なのに少しピークが過ぎていましたが、春は彩りが多いぶん、まだ楽しめました。
※今年は用事があって、昨年のようにポピーとバラを一日で撮るというわけに行きませんでした(^^;;
rose_spr17a.jpg rose_spr17b.jpg
左/F8.0、1/400秒、ISO200、80mm相当、-0.5EV、AWB/A-5/G-3、Vivid
右/F5.6、1/2000秒、ISO100、270mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-2、Vivid

風景を撮っていると広角レンズが活躍しますが、昨年のココとか先週のポピーを撮って思ったのは、
広角レンズを使うと空を入れたくなるし、花を撮るには使いこなせていないので、今日はお留守番です。
定番ですが、ヴェルニー公園らしく構図に潜水艦や護衛艦を入れてみました。
rose_spr17c.jpg rose_spr17d.jpg
左/F11、1/200秒、ISO200、150mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、彩度+1
右/F8.0、1/500秒、ISO200、150mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、Vivid

広角レンズの呪縛から解放されたら(笑)、今度は望遠レンズでどのように切り取るかが課題になります。
満員の軍港めぐりのクルーズ船がちょうど帰ってきたのでパシャリ。奥のほうで護衛艦を主役にパシャリ。
この日は気温が急上昇したので、噴き出てくる汗と格闘しながら撮っていました。
rose_spr17e.jpg rose_spr17f.jpg
左/F8.0、1/200秒、ISO200、134mm相当、-0.3EV、AWB/A-4/G-2、i-Finish
右/F8.0、1/500秒、ISO200、300mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-2、Vivid

今年は戦艦「陸奥」の主砲が新たな撮影スポットに加わって、過去にも少しだけ登場しましたが、
バラと一緒というのもいいですね。そして、お留守番している広角レンズの代わりに、新たに加わった
超(?)望遠レンズをデビューさせてみましたが、いまいち使いこなせていないです。
rose_spr17g.jpg rose_spr17h.jpg
左/F6.3、1/640秒、ISO200、160mm相当、-0.5EV、AWB/A-4/G-2、Vivid、コントラスト+1
右/F8.0、1/500秒、ISO200、446mm相当、-1.0EV、AWB/A-3/G-2、モノトーン(調色:紫)

ヴェルニー公園らしい構図というと毎年同じような感じになるので、少しだけ体勢を変えてみたり、
RAW現像で少し加工してみたりと工夫はしていますが、暑くて発想力が乏しいです。
rose_spr17i.jpg rose_spr17j.jpg
左/F6.3、1/320秒、ISO200、180mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-2、パートカラー(5)適用
右/F10.0、1/320秒、ISO200、180mm相当、-0.5EV、AWB/A-3/G-3、i-Finish

【おまけ】
今年はたまたまローズフェスタ開催日でしたが、それを避けると観ることができないステージ風景も
撮ってみました。ただ、主役がどれか分からなくなるので、アートフィルターで加工してみました。
※ゴスペルらしいのですが、キーワード自体は知っていても曲の感じは初体験でした。
rose_spr17k.jpg
F8.0、1/500秒、ISO200、270mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-2、パートカラー(4)適用

ヴェルニー公園ではバラを撮る機会が年2回あって、写真を撮っている人も多いので、他の人が撮った
写真も参考にして、スキルアップに繋げたいですね。動かない花ですが、撮影は難しいと思います。

この日は横須賀中央周辺でお祭りがあって、用事を済ませたあとでそちらの露店もぶらつきました。
他の地域より開催が早いとはいえ、いち早く夏の訪れを連想してしまいます。

        

ポピーまつり2017

Category : 気まぐれ日記
土曜日が一日じゅう雨で撮影に行けなくて、翌日の日曜日(つまり本日)は母の日でしたが、前日が
雨だったおかげで一日早く「それなりのこと」ができたので、駐車場待ちになる前の早い時間帯に
「くりはま花の国」に到着して撮り歩いてきました。

だいたい時期が重なる「ヴェルニー公園」のバラは、昨年のようにダブルヘッダーではなく、今週末
にでも行ってみようと思います。ただ、ポピーを撮ったあとに墓参りというのは、なぜか今年も同じでした。
poppy17a.jpg poppy17b.jpg
左/F5.6、1/640秒、ISO400、150mm相当、-0.7EV、AWB/A+2/G-2、Vivid
右/F5.6、1/800秒、ISO400、134mm相当、-0.5EV、AWB/A+2/G-2、コントラスト+1

時間が早かったのか、前日が雨で本日は曇天だったので出足が鈍かったのか、まだ人出が少なく
通路を入れた構図が余裕で撮れました。ちょうど10時始発のフラワートレインがスタンバイ中でした。
poppy17c.jpg poppy17d.jpg
左/F5.6、1/800秒、ISO400、300mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-3、Vivid、コントラスト+1
右/F6.3、1/320秒、ISO200、300mm相当、-0.7EV、AWB/A+3/G-2、Vivid
※写真左はファンタジックフォーカスを適用しました。

曇天だったこともあり、今回採用した写真には空を入れた構図がありません。
そのかわり、久しぶりにアートフィルターを多用してみました。
poppy17e.jpg poppy17f.jpg
左/F6.3、1/250秒、ISO200、104mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-2、Vivid、ジオラマ、トーンカーブ補正
右/F6.3、1/640秒、ISO200、300mm相当、0.0EV、AWB/A+3/G-2

始発のフラワートレインが出発したところを狙ってみましたが、日曜日でポピーまつりということもあって、
ハーブ号(写真)とコスモス号が2編成で運行していました。名前が分からないオレンジの花は昨年も
撮りましたが、やはりポピーとは違う色味で目を惹いてしまいます。
poppy17g.jpg poppy17h.jpg
左/F6.3、1/800秒、ISO200、300mm相当、-1.0EV、AWB/A+2/G-2、Vivid
右/F5.6、1/800秒、ISO200、300mm相当、0.0EV、AWB/A+3/G-2、Vivid

そしてポピー園の奥にはネモフィラ畑、ここまで来れば終盤です。
茨城のひたち海浜公園と比べるほどの広さはありませんが、ポピーと一緒に撮れるのが魅力的です。
poppy17i.jpg poppy17j.jpg
左/F6.3、1/400秒、ISO200、300mm相当、-0.3EV、AWB/A-4/G-2、Vivid
右/F3.2、1/2000秒、ISO200、80mm相当、0.0EV、AWB/A-4/G-1、i-Finish

レンズを変えて超広角から望遠まで、切り取りかたを考えながら色々撮りましたが、今の撮影スキルでは
いまいち満足できない点があります。毎年恒例ですが、今年は高いところには上りませんでした。
poppy17k.jpg poppy17l.jpg
左/F5.6、1/800秒、ISO200、270mm相当、-0.3EV、AWB/A-3/G-3、Vivid、コントラスト+1
右/F5.6、1/800秒、ISO200、108mm相当、0.0EV、AWB/A-4/G-3、i-Finish、コントラスト+2

最後にフラワートレインが通る道で撮るのは定番化していますが、それは鯉のぼりを見下ろす構図で
撮れるからです。ただ、今年はどうも出来が悪かったのでボツにして、アートフィルターを使った写真で
締めくくってみました。
poppy17m.jpg poppy17n.jpg
左/F6.3、1/400秒、ISO200、150mm相当、-0.5EV、AWB/A+2/G-2、ジェントルセピア
右/F6.3、1/500秒、ISO200、94mm相当、-0.7EV、AWB/A+2/G+1、ジオラマ

時々日が差すこともありましたが、まったく青空がなく「気持ち良く」撮れたとはいえないですが、
今回採用した枚数から見ても、満足できるレベルだったと思います。駐車場に2時間ぐらい停めていた
ことからも、それを物語っていると思います。
曇天だったせいか、駐車場を出る時間帯の入庫待ちはそれほどありませんでした。

        

村さんぽ

Category : 気まぐれ日記
連休の最終日。どこか行きたいと思っても、渋滞と混雑を考えるとどこにも行けなくなる。
特に海へ向かうと帰りに殺人的な渋滞に巻き込まれる…ということで、完全に思い付きで
湘南国際村へ行ってみました ここまで渋滞もなく、20分ほどで駐車場に到着

高台で開けているので景色が良くて、まわりに店がなく駐車場も無料なのでお金も遣わないし、
混雑もなく適度な運動ができたし、短時間でしたが満足できるレベルでした。
sk_vil1705a.jpg sk_vil1705b.jpg
左/F5.6、1/1600秒、ISO200、44mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-2、Vivid、コントラスト+2、トーンカーブ補正
右/F5.6、1/1000秒、ISO200、150mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G-2、コントラスト+1、トーンカーブ補正

湘南国際村には何回も来ていますが、何となく歩き始めてココまで辿り着いたのは初めてです。
結果的にはツツジを絡めた写真になりましたが、気持ちに余裕があると落ち着いて構図が考えられます。
sk_vil1705c.jpg sk_vil1705d.jpg
左/F4.5、1/1600秒、ISO200、14mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-3、コントラスト+1、トーンカーブ補正
右/F5.6、1/1600秒、ISO200、140mm相当、0.0EV、AWB/A-3/G-2、Vivid、コントラスト+2

少し見えた青空も境目がハッキリせず、ほとんど雲っていて、残念ながら富士山は見えませんでした。
黄砂の影響なのか色合いがおかしくて、拙いスキルですがRAW現像で追い込んでみました。
sk_vil1705e.jpg sk_vil1705f.jpg
左/F6.3、1/250秒、ISO200、30mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G-2、コントラスト+1、トーンカーブ補正
右/F5.6、1/640秒、ISO200、46mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G-2、Vivid、コントラスト+1、トーンカーブ補正

昼近くなっても霞がかかっていて、海のほうを見ても江の島が見えませんでした。
最後に「よこすか水道水の広場」という施設に初めて行ってみました(ここだけ横須賀市です)。
sk_vil1705g.jpg sk_vil1705h.jpg
左/F8.0、1/500秒、ISO200、64mm相当、+0.3EV、AWB/A-3/G-3、Vivid、コントラスト+2、トーンカーブ補正
右/F6.3、1/800秒、ISO200、24mm相当、0.0EV、AWB/A-2/G-2、トーンカーブ補正

お金がかからなかった分、ランチは奮発してしまいました。
「よこすか水道水の広場」の建物2Fにある、ベラビスタというレストランでGW特別メニューの昼食です。
店の存在は知っていましたが初めて行きました。野菜中心のメニューで、選べるパスタとビュッフェで
美味しくいただき、お腹も満たされました。
帰りは葉山ステーションに寄り道、ケーキの切り落とし&旭屋牛肉店のコロッケをお土産にしました。
sk_vil1705i.jpg sk_vil1705j.jpg
左/F3.2、1/200秒、ISO200、38mm相当、+0.3EV、AWB/A+2/G-2、Vivid
右/F2.8、1/60秒、ISO200、44mm相当、+0.3EV、AWB/A+5/G-1、Vivid

昼過ぎの時間帯で、渋滞もなく帰ることができました。ただ、葉山ステーションから長柄までの道路で
速度違反したことがあったので慎重に走りました。新しい車で違反なんてシャレになりませんから。
大型連休で開放的になると、色々なところへ行きたくなりますが、連休を過ぎると人出が落ち着くこと
が経験上分かっていたので、グッと我慢して近場にしました。そこそこ満足できたので良かったのかな。

        

フジノハナ

Category : 気まぐれ日記
旅行から午前3時半に帰って少し寝たあと、地元にある「横須賀しょうぶ園」の開園時間を調べたら
午前9時と分かり、急いで朝食をとって…この時期ピークだった藤の花を撮りに出掛けました
数年前に近くを通ったとき、駐車場待ちの列ができていたことを思い出し、なるべく早く行こうと、
ちょうど 9時ごろ駐車場に着いたときは、残り台数わずかのほぼ満車状態でした。

園の名前どおり、菖蒲なら2年前に撮りに行きましたが、藤の時期に行ったのは初めてで、
「どこから」「どうやって」撮ろうか彷徨っていました。それもまた楽しかったりするのですけどね。
wisteria17a.jpg wisteria17b.jpg
左/F5.6、1/200秒、ISO200、14mm相当、-0.5EV、Auto/A+3/G-2、Vivid
右/F2.8、1/1250秒、ISO100、42mm相当、-0.5EV、Auto/A-2/G-3、Vivid

藤にも色々な種類があるようですが、覚えられませんでした。
有名な「あしかがフラワーパーク」は2年前に行きましたが、こちらは簡単に行けて色々な種類が
近くから撮れるのがいいですね。彼の地のように長く伸びた大藤が欲しいところですが…。
wisteria17c.jpg wisteria17d.jpg
左/F3.2、1/800秒、ISO200、30mm相当、-0.5EV、Auto/A+2/G-2、Vivid
右/F6.3、1/250秒、ISO200、24mm相当、-0.5EV、Auto/A-2/G-2、Vivid

藤が咲いているエリアを風景として切り取るのも、テクニック向上のためには必要だと思います。
高台から見下ろした風景は、もう少し数があったほうがキレイでしたが、なかなか良かったです。
wisteria17e.jpg wisteria17f.jpg
左/F6.3、1/500秒、ISO200、50mm相当、-0.7EV、Auto/A-2/G-2、Vivid
右/F6.3、1/1000秒、ISO200、62mm相当、-1.0EV、Auto/A-1/G-2、Vivid

ココはあくまでも「しょうぶ園」なので、藤が咲いているエリアをぐるっと周るのに時間はかかりません。
他の花を探して撮ってもよいのですが、なぜか「今日はフジを撮る」と決めていたので、1時間ほどで
撮り終えることにしました。睡眠不足で少し眠かったというのもありましたが…。
wisteria17g.jpg wisteria17h.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、48mm相当、-0.5EV、Auto/A-1/G-2
右/F5.6、1/1000秒、ISO200、24mm相当、-1.0EV、Auto/A-2/G-2、i-Finish

この日は「ふじまつり」の期間中で、入口付近にお店が出ていたので、少し買い物をして帰りました。
駐車場を出たところ、開園から1時間少々しか経っていないのに、入庫待ちの行列ができていました。
次は来月の菖蒲の時期でしょうか。昨年は行けなかったので、今年はなるべく行きたいと思います。

        

初めて県外へ脱出 (2)

Category : たま~に放浪記
5月1日(月曜)は昼過ぎまで島根県をまわって、次の目的地である鳥取県の境港へ
ここへ向かうルートに江島大橋(通称:ベタ踏み坂)がありましたが、あまり急坂ではなかった記憶で、
普通に50km/hほどで走れました。勾配があって周りに何もない橋だから、急坂に見えるのでしょうか。

境港駅前駐車場に停めて、水木しげるロードを散策しながら、水木しげる記念館を目指しました。
昔ながらの商店街を進化させた形になっていました。途中の「妖怪神社」にも立ち寄りました
※記念館に駐車場がないので、必然的に水木しげるロードを歩くことになります。
170501mizuki-r1.jpg 170501mizuki-r2.jpg
左/F2.8、1/3200秒、ISO100、80mm相当、-1.0EV、Auto/A-3/G-1
右/F2.8、1/3200秒、ISO100、64mm相当、-2.0EV、Auto/A-2/G+1

神社めぐりでは曇り空だったのに、ここを歩き始めた頃から晴れて暑くなってきました。
水木しげる記念館では、ざっと見ただけですが、彼のことや鬼太郎ファミリーのことなど、
あらためて知ることができました。水木しげるロードでは、お店などもう少し時間をかけたかったです。
170501mizuki-m1.jpg 170501mizuki-m2.jpg
左/F5.6、1/500秒、ISO100、24mm相当、-0.7EV、Auto/A-2/G-2、i-Finish
右/F2.8、1/50秒、ISO640、40mm相当、-1.0EV、Auto/A+2/G-2

そして、皆生温泉の日帰り温泉オーシャンで今までの疲れを癒したあと、
敷地内のビジネスホテルオーシャンに宿泊しました。大型連休とはいえ平日だからか、一週間前でも
奇跡的に予約がとれました。素泊まりなので、近くのコンビニで朝食を調達しておきました。
---
翌朝、フロント前のスペースでパンとコーヒーの無料サービスがありました。
コンビニの朝食を食べた後、さらにパン(1人2個まで)をいただき、短い時間でもノンビリ過ごせました。
しかし、クルマのナビが設定できなくて、途方に暮れたり対策をとったりで30分出発が遅れました

当初の予定より20分以上遅れて、道の駅「神話の里白うさぎ」に着きました。
駐車場のすぐ横が白兎神社(はくとじんじゃ)への参道になっていて、その参道沿いは色々なうさぎの
像があって、足元には「縁」と書かれた石が積まれていました。この神社も出雲大社とともに、縁結びの
パワースポットとして有名だそうです。この参道を歩いていて、空気が変わったような気がしました。
170502hakuto1.jpg 170502hakuto2.jpg
左/F6.3、1/1000秒、ISO200、26mm相当、-1.3EV、Auto/A-3/G-2、Vivid
右/F6.3、1/400秒、ISO200、44mm相当、-1.3EV、Auto/A-3/G-2

拝殿は大きくはなく、参拝後にぐるっと一周してパワーを戴いてきました。境内の前には神話に出てくる
「御身洗池(みたらしいけ)」がありました。小さい池ですが、このあたりも空気が澄んでいました。
引いたおみくじは「第一番 大吉」で、「朝日が昇るような大運勢です」だそうです。
※出発時間が遅れたトラブルは、おみくじで最高の結果が出ることを予告したものだと、都合よく解釈しました。
170502hakuto3.jpg 170502hakuto4.jpg
左/F6.3、1/250秒、ISO200、48mm相当、-1.3EV、Auto/A-3/G-2
右/F2.8、1/1000秒、ISO100、62mm相当、-1.0EV、Auto/A-1/G+1

到着が遅れたものの、参拝を済ませてもまだ時間があったので、道の駅から歩道橋を渡って白兎海岸を
見下ろしてみました。砂浜を歩いたり、展望台まで行くほど余裕がなかったので、白兎が流れ着いたと
される「淤岐ノ島(おきのしま)」を遠くから撮って、道の駅にあるレストランで昼食をとりました。
※白兎海岸の海岸線をパノラマ撮影しましたが、超広角で撮ったせいでキレイに繋がらずボツになりました。
170502hakuto5.jpg 170502hakuto6.jpg
左/F6.3、1/1600秒、ISO200、80mm相当、-0.7EV、Auto/A-2/G-1、i-Finish
右/F6.3、1/1250秒、ISO200、34mm相当、-1.3EV、Auto/A-3/G-2、i-Finish

ちょっと高かったですが、この日はこれで最後、あとは帰路となるので、奮発しました。
「海鮮彩丼」というだけあって、色々な具材が楽しめて美味しかったです。
170502lunch.jpg
F2.8、1/80秒、ISO200、50mm相当、-0.3EV、Auto/A+4/G-2、Vivid

ここを出発するときには、なぜかクルマのナビ設定ができるようになっていて助かりました。
渋滞を避けたくて平日に限定しましたが、新名神高速と東名阪道との接続と、それ以降で渋滞にハマリ、
昼食後は予定より40分早く出発したのに、夕食を予定していた休憩ポイントで20分遅れでした。

それでも、最後の休憩ポイント足柄サービスエリアでは、風呂に入ってノンビリして、湘南を経由するルート
で、5月3日(水曜)の午前3時半に無事に到着しました。総走行距離は1637.1kmでした。

(おまけ)
帰路の高速道路を走行した部分について、ドライブレコーダーの動画を編集する予定でしたが、4GBの
microSDカードには、直前の3時間半しか残っておらず、夜の高速道路は不鮮明でフロントガラスの
映り込みを拾っていたので、この企画は断念しました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

        

初めて県外へ脱出 (1)

Category : たま~に放浪記
新車が納車されてから2ヶ月。それまで北は横浜・みなとみらい、西は箱根と、神奈川県から
出ていなかったですが、大型連休をを迎えるタイミングで走行距離が1000kmに到達したので、
「可愛い子には旅をさせよ」ってことで、長距離走行を一番の目的にGo West してきました

連休の混雑を避けたくて、行った先で1泊しただけなので、今までの放浪記とは趣向を変えて、
その日の出来事すべてではなく、県境で分割して二部作でエントリーします。

出発は4月30日(日曜)の夕方。出発して6kmで早くも渋滞して焦りましたが、東名高速に乗ってからは
順調に走れました。ただ、スケジュール作成を間違え、1時間ズレてしまったので、途中6ヶ所で休憩を
少しずつ切り詰め、なんとか遅れ解消できました。その中の2ヶ所で撮影しておきました。
※浜松サービスエリア(写真左)、最後の休憩は翌日の蒜山高原サービスエリア(写真右)
170430hamamatsu.jpg 170501hiruzen.jpg
左/F2.8、1/60秒、ISO400、30mm相当、-2.0EV、Auto/A+3/G-5、トーンカーブ補正
右/F2.8、1/50秒、ISO400、80mm相当、-1.5EV、Auto/A-3/G-2

最初の目的地に着く前にコンビニ朝食を食べて、8時前には出雲大社に到着。曇り空でした。
6年前にも行って初めてではないですが、休憩を含めて所要16時間ほどは、まぁまぁ遠かったです。
170501izt1.jpg 170501izt2.jpg
左/F5.6、1/60秒、ISO200、30mm相当、-1.0EV、Auto/A+2/G-1、コントラスト+1
右/F5.6、1/40秒、ISO400、56mm相当、-0.3EV、Auto/A+2/G-1、コントラスト+1、トーンカーブ補正

被写体は6年前とあまり変わらないですが、構図が微妙に変わりました。進化しているのかな?
2013年に終わった平成大遷宮のあと、改めて色々なことへのリセットと、良縁祈願をしてきました。
170501izt3.jpg 170501izt4.jpg
左/F5.6、1/80秒、ISO400、72mm相当、-1.0EV、Auto/A+2/G-1
右/F5.6、1/100秒、ISO200、54mm相当、-0.7EV、Auto/A-2/G-2

170501izt5.jpg 170501izt6.jpg
左/F5.6、1/40秒、ISO200、68mm相当、-0.7EV、Auto/A+2/G-2
右/F3.5、1/160秒、ISO200、50mm相当、-1.0EV、Auto/A-3/G+1、トーンカーブ補正

続いて、すぐ近くの島根県立古代出雲歴史博物館へ。
ここは初めてでしたが、出雲大社がかつて巨大神殿だったという謎など、常設展だけでも楽しめました。
170501rekihaku1.jpg 170501rekihaku2.jpg
左/F2.8、1/15秒、ISO200、14mm相当、-1.3EV、Auto/A+3/G-1
右/F2.8、1/25秒、ISO640、56mm相当、-1.0EV、Auto/A-6/G-3

続いて八重垣神社。こちらも縁結びの御利益があるといわれています。
時間帯のせいか、こちらの神社のほうが、明らかに縁結びが目的という人たちが目立ちました。

境内奥にある「鏡の池」で、半紙に硬貨をおいて沈み方で縁結びなどの成就が占えるというのですが、
まさかの半紙が破れて硬貨が落ちてしまうという、絶対に沈まない状態に…。
半紙に浮かんだ文字には「誠実な人をさずかる 西と南 吉」と書かれていましたが、写真を撮るほうに
気が向いていたから、このような結果になったのでしょうか。
170501yaegaki1.jpg 170501yaegaki2.jpg
左/F5.6、1/125秒、ISO200、34mm相当、-0.7EV、Auto/A+2/G-1、トーンカーブ補正
右/F2.8、1/60秒、ISO400、76mm相当、-0.3EV、Auto/A+2/G+1、コントラスト+2

続いてすぐ近くで昼食をとりましたが、メニュー選択を間違えたような気がしました。
「八重垣そばセット」はライス付きでお得だと思いましたが、関西風のだしで少し物足りなかったのと、
ライスのお供にはきびしいアッサリ系のおかずで、何となく先ほどの結果が反映されているようでした。
※「八重垣そば」は、湯葉に三つ葉と鰹節を乗せて、鏡の池での占いを表しているそうです。
170501lunch.jpg
F2.8、1/60秒、ISO200、58mm相当、-0.3EV、6000K/A+4/G-2

続いて、さらに山奥へ走って熊野大社へ。
ご利益がどうとかではなく、出雲大社とともに出雲國一之宮なので、一緒に参拝したいと思いました。
170501kumano1.jpg 170501kumano2.jpg
左/F5.6、1/200秒、ISO200、36mm相当、-0.7EV、Auto/A+2/G+1
右/F5.6、1/100秒、ISO200、72mm相当、-1.7EV、Auto/A+2/G+1

島根県で巡ったところはここまで。
まだ昼過ぎでしたが、続いて鳥取県へ向かいましたので、次回エントリーに続きます。
神社が中心のコースでしたが、旧暦10月を神在月と呼ぶことで、これは必然だったようにも思えました。

        

ちょっと早かった@つつじの丘

Category : 気まぐれ日記
桜の開花が遅かったので、まだピンと来ていなかったですが、あと1週間で4月も終わります。
ということは、ツツジが見頃になるので、歩いて行けるという理由で毎年恒例になっている
「太田和つつじの丘」へ今年も行ってきました。
※そういえば、昨年は思わぬ形で平日に出掛けていました。今年は休みに晴れて良かったです。

入口周辺と丘を上がったところでは、品種が異なるため咲く時期がズレるのですが、今年は大部分を
占めるヒラドツツジ(目がチカチカするほう)は、まだ蕾が目立ちました。
※「あずまや」に近いトイレ前に屋台が出ていて、画角の切り取りに手間取りました(写真右)。
ootawa22g_17a.jpg ootawa22g_17b.jpg
左/F5.6、1/1600秒、ISO200、50mm相当、-0.5EV、AWB/A-3/G-2、Vivid
右/F5.6、1/800秒、ISO200、58mm相当、-0.5EV、AWB/A-3/G-2

見上げて撮るスポットでは、広角か魚眼レンズを使いたいところですが、今年の咲きっぷりでは
近づくことになりました。しかし、前日に降った雨で少しだけ滴が残っていたので、そこは助かりました。
ootawa22g_17c.jpg ootawa22g_17d.jpg
左/F6.3、1/640秒、ISO200、34mm相当、-0.5EV、AWB/A-4/G-3、Vivid
右/F2.8、1/4000秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G-3、Vivid、コントラスト+2

やはり斜面の途中は蕾が目立ちました。高台に出ると、昼近くに弁当を広げる家族連れを見かけますが、
時間が早かったせいか、その気配さえ感じませんでした。
ootawa22g_17e.jpg ootawa22g_17f.jpg
左/F6.3、1/400秒、ISO200、50mm相当、-0.5EV、AWB/A-2/G-3、Vivid、ハイライト-5
右/F6.3、1/640秒、ISO200、14mm相当、-0.7EV、AWB/A+3/G-2

一旦ツツジ以外を撮ってみることにしましたが、そういえば今年はネモフィラを見かけませんでした。
ootawa22g_17g.jpg ootawa22g_17h.jpg
左/F8.0、1/320秒、ISO200、80mm相当、0.0EV、AWB/A+2/G+1、コントラスト+2
右/F5.6、1/1250秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A+2/G+2、ファンタジックフォーカス

ootawa22g_17i.jpg ootawa22g_17j.jpg
左/F4.0、1/2500秒、ISO200、24mm相当、-0.5EV、AWB/A-2/G+1、i-Finish
右/F5.6、1/1600秒、ISO200、80mm相当、-0.7EV、AWB/A+2/G-1、Vivid

今回は魚眼レンズではなく超広角レンズで撮ってみましたが、少し周辺が流れますね。
順路にしたがって山を下りていく途中でも、ヒラドツツジが咲くのはもう少し先のようでした。
ootawa22g_17k.jpg ootawa22g_17l.jpg
左/F6.3、1/640秒、ISO200、14mm相当、-1.0EV、AWB/A-3/G-2、Vivid
右/F8.0、1/250秒、ISO200、80mm相当、-0.3EV、AWB/A-2/G-2、Vivid、コントラスト+2

ヒラドツツジは蕾が目立って消化不良な感じでしたが、クルメツツジは満開だったので、最後は
それで締めくくってみました。
ootawa22g_17m.jpg ootawa22g_17n.jpg
左/F5.6、1/1600秒、ISO200、108mm相当、-1.3EV、AWB/A+2/G-2、Vivid
右/F5.6、1/1250秒、ISO200、24mm相当、-0.3EV、AWB/A-2/G-2、Vivid

写真を撮りに行ける休みの日に、久しぶりの青空だったので、喜び勇んで出掛けましたが、ピークは
もう少し先のようでした。歩いて行けるのでリベンジも考えましたが、今回これだけの写真を載せて
しまうと、このスポットでは達成感のような気分になってしまい、昨年も書いた葉山のスポットにも
行ってみたくなりました。

        
プロフィール

ゆうづき

Author:ゆうづき
ワープロ専用機でテキスト・オンリーのパソコン通信「よこすかヒューネット」を始めてネットに目覚め、自分探しで作り始めたホームページを地元の会社に転職するタイミングで公開してから10年目、時代の流れでブログに移行。
写真撮影・温泉・スパ施設・旅行・地図が好きな、婚活をちょっと再開した独身オトコ(^^;

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR